私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
大麻の糸産み講座 その1
「ガラス」のブログにおいでくださった皆様、
有難うございました。
おかげで一位になることが出来ました!m(_ _)m

一位といっても、もともと極小規模のランキングですので、
えばれることは全くないのですが、
それでも、皆さまのおかげです。(^_^)

あちらのブログでは、
ゆるーい事を書くつもりでして、
超簡単なお菓子レシピを乗せようと思いたちました。

まずは一番簡単な「ごまおこし」。
クッキーみたいなゴマのお菓子です。

材料は、ゴマと米飴(砂糖代用可)の2種類だけでして、
超絶、簡単に作れるのです。

そのわりには、砂糖不使用なのでヘルシー、味も良いため、(想像通りの味ですが、笑)
周囲の評判が良かったりします。

簡単にいうと、材料をゴマ2、米飴1の割合で混ぜて、
平たくのばし、包丁でカット、焼いて水分を飛ばすだけ。

簡単、失敗しらず!!

…でした。……昨日まで

よりによって、昨日写真を取るために作ってみたら、
焼きすぎて失敗…なんたること!!

そもそも、私が作るお菓子は、適当すぎるのです。
なかでも、焼き時間がそうで、
見てみて判断することが多いです。(^_^;)

でも、焼き時間がはっきりしなきゃ、レシピにはならないですよねぇ。
実際、今回焼き過ぎましたし。(^_^;)


ってことで、あちらのブログは、お菓子作り、アクセサリーづくり、
動植物が好きな方が、興味をもってもらえるのにしたいです。

もし、ご興味がありましたら、
ぜひ、お越しくださいませ。(^_^)

■ガラス細工はじめました♪■


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

さて、先日、9月20日、
自由が丘へ、麻糸産み後継者養成講座のために行ってきました。

ご存じの方も大勢いると思いますが、
麻は、ヒッピーや一部スピリチュアルの人たちの中で、
絶大な人気を誇る植物です。

それには、ドラッグとしての効用もあるのかもしれませんが、
それ以上に、丈夫な繊維としての利用はもちろん、
健康食品としての食材、畑の緑肥、
石油に代わるエコな天然資源として、また多様な効能の医療薬など、
多方面で活用できる植物だからです。

また大麻は、日本では、古来から神聖なものでした。

神社では、穢れを祓う大麻(おおぬさ)や御幣(ごへい)、
聖域を囲む結界としての麻紐として使われます。

また、伊勢神宮では、おふだの事を「神宮大麻」
もしくはそのまま「大麻」と呼ぶそうです。

スピリチュアルでいうと、麻を炭にした麻炭は、
その波動の高さから人気です。
(例によって、私には分からないけれど。(^_^;) )

以前、友人に麻炭でペンダントヘッドを作ることを勧められて、
作ってみたりしました。

160923.jpg
黒いし、あまりセンスがなくて、今一つ可愛くできないんですよね、汗

麻炭のペンダントヘッドなら、麻糸のひもを合わせたほうがいいだろうと
その友人と一緒に講座に行ってみました。

行けば、マクラメ編みのペンダントひもが
一つくらいは出来るんじゃない、くらいの気持ちで…。


そしたら、組みひもではなく
ほんとに、糸だけを作る講座でした! Σ(゚д゚;) ガビーン!!

もちろん、作った糸から、マクラメ編みすることも、
カギ編みすることも可能なんですが、それを教える講座ではなかったんです、汗

とにかく繊維をよって、つなげ、糸を作る。
糸を績む(うむ)。
(糸を作ることを、糸産み、糸績みというらしいです。)

そんな、伝統の技を、後世に伝える講座だったのです。



昔の日本人は、大麻を種から育て、繊維を取り、糸にし、
布を織るのが当たり前にできました。

しかし、その全行程を、一人でこなすことの出来る人間は、
いまや、会津のおばあちゃん一人だけになってしまったそうです。

そしてもし、その技術が途絶えれば、
それとともに国産大麻の品種も失われてしまいます。

今にも失われそうな、伝統の技と、国産大麻を次世代につなげようと、
今回の講師、大麻博物館の高安淳一さんは、活躍されています。


長くなりそうなので、次回へ続きます。
page top
「私」という苦しみ
さて、これは私だけでないと思うのですが…。

子供のころ、
なんで私は「私」なんだろうと思っていました。

たとえば、よっし~という存在がいて、
今と全く同じ人生を歩んでいるとします。

でも、よっし~は、「私」の意識ではなく、
ほかの「誰か」の意識を持っていたとしたら、
「私」は、どんなにか楽であろうと。

「私」っていったい何?

「私」の人生は、些細なことでも大変なくせに、
「他人」だったら苦しんでいる人がいても、
平気なのは、いったいどうした訳だろう?



仏教は、人生が苦であると説きます。

生老病死の四つの苦と、あと他の四つの苦しみを合わせて、
四苦八苦であると説くのです。

でも、それも…。

生まれるのも、老いるのも、病気も死も、
それ自体が、苦しみなのでは無いでしょう。

実際のところ、「私」に降りかかるから、それが苦しみになるのです。

(家族、知人のものは、「私の」が頭についたときだけ苦しみになります。
「私の友人」だから苦しいといったふうに。)

ということは、「私」が苦しみの元凶なんでしょうね。


私は、前回、taraさんのコメントのお返事を考えていたとき、
途中から、ある事に気づきました。

黒斎さんをある種、
「私」と同一視していた、ということです。

まったくの同一視、というと語弊があるかもしれませんが、
「私」が同意する『黒斎さんの意見』なら、イコール
『私の意見』であると錯覚していたのです。

つまり、私自身の事であるから、弁護せねばならないと
思い込んでいたのです。

でも、考えていて、気がついたのです。

私は、『黒斎さんの意見』ではありません。
なぜ、同意しているということだけで、
黒斎さんの弁護をしなくてはいけないんだろうと。

いや待てよ、それどころか、「私」は「私の意見」ですらも、
無いのかもしれません。

時間とともに移ろい消えてゆく思想など、
いったい私であると言えるのでしょうか。

しかし、「私」はいともたやすく、
私であるものを求め、私という属性をふやし、
私を肥やしていきます。

そして、それを守るため、戦いはじめるのです。

「私」の意見、「私」の国、「私」の信仰。

そんな「私」のために、
いったい、何人の人間が、戦争で死んだことでしょう。
自分と同一視したそれを守るため、命をかけて戦ったのでしょう?

そして、私たちは、他人にもそれを求めています。

だから、有名人が、
自らの子供の失態のために、自分が責任をとったりするのです。

とっくに成人した子供の責任を、親がとるのも変だと気づいているものの、
やはり世間はそれを求めているのです。


私のもの、私の意見、私のお金、私の国、私の子供、私の家族…
わたしの、わたしの…。

大人になるにつれ、「私」と「私のもの」は肥え太り、
比例して、苦しみも増します。

以前、「お金は人をイヤなやつにする?」という
tedのスピーチ番組を取り上げましたが、なるほど、といったところです。

■お金と苦しみ6 ~お金が人を意地悪にする?~■

「私」のモノとともに、苦しみが増えるのなら、、
お金持ちが意地悪になるのも、いたしかたない事かもしれませんね。


~・~・~・~・~


さてさて、スピ系でないのですが
ゆっるーいブログを立ち上げてみました。(^_^;)

まったく人が来ないので、
ハンドメイド初心者ランキングに登録しましたが、
やっぱり来ません。(^_^;)

ためしにちょこっと、私自身がランキングボタンをクリックしたところ、
思いのほか上位になりました。

なんか………。
詐欺してるようで申し訳ありませぬ…汗汗

(それでも、誰も来ないけどね、爆
でも、誰もこないから、自分のクリックだけで上位なんですね。)


もし、よかったら、おいでくださいませ。

ランキングクリックしていただけると、
さらに喜びます。(自作自演しなくてもすむから、笑)

■ガラス細工はじめました♪■

皆さまの拍手クリック、励みになります、有難う♪
page top
楽しみと依存
台風の影響からか、
関東では、今日は、豪雨がふったり晴れたりの変な天気が続いております。
皆さまのお住まいはいかがでしょうか?
今回は、どの地域にも、被害など出ませんように…。


さて、前回の記事にコメントをいただきました。
taraさん、有難うございます!

訪問者の少ないブログなので、
コメントいただくと、
読者がいる事を実感できますです、笑


また、話はかわりますが、
コメント非表示にされている方のお返事には悩みます。

コメント頂いたのだから、お返事したいと思うものの、
コメント返しされたくなくて、非表示?とも思うので、
非表示希望の方へは、いまのところ、お返事は書かないでおります。

どうかご了承くださいませ。

もちろん、非表示コメントも有り難く読ませていただいております、
本当に感謝です。(*^_^*)


さて、taraさんから、以下のようなコメントをいただきました。

「ところで、”雲黒斎さん”(名前・・・)が「今後、状況的にはいろいろ大変になっていく」と講演で言ったとの事ですが、それ、鵜呑みにされているのでしょうか。
読んでいて、「誰かの言った事を何の疑いもなく信じている」という感じがするのですが。

~中略~

よっしーさんのブログを読んでいて、実は違和感を感じるのが雲黒斎さん関係の記事なんです。
「(悟りを開いているとか何らかの理由で)”自分より優れている”と信じている人の言葉をそのまま鵜呑みにしている」「その人をご自分より”上”に置いてしまっている」という印象があります。 」


そういえば…。

私の中では、黒斎さんは人気ブロガーであり、
で、私は無名の弱小ブロガーであるわけで
黒斎さんを知らずに、ここを読まれているパターンは、
あんまり考えてませんでした。(;´Д`)

つか、しらない人からみたら、雲黒斎…そりゃ、あやしいわな、爆

彼は、スピリチュアルといっても、理詰めの話が多く、怪しくない印象です。
(注:当社比…私の方がずっと怪しいから、笑)

少なくとも、いまのところはそう感じています。
哲学的な、上座(初期)仏教が好きな方にも向いていると感じます。

たいして、前世や天使とか、オーラとかが好きな方は
やや不向きかもしれません。(そういう話はしないから)

黒斎さんに関しては、日々の感じたことを
共感出来るのが好きなんですね。
もちろん、悟り体験などの共有できないものは別ですが。

「そうそう、常々思ってたことだけど、そう表現するのか!」って感じです。

彼の話は、哲学的なので、理屈っぽい私には向いています。
講演会を聞きに来る方も、男性が多い気がします。

また状況が悪くなる、というのは、
地球環境など総合的に考えて、私もそう感じていたので
軽い気持ちで書いちゃったんですよね、ごめんなさい。

黒斎さんは、彼流の言い方の、『気持ち悪い話』 は、
ほとんど言わない人です。

特にネットでは、まず言わないです。
(もっと気持ち悪いことを書いている私から言わせると
講演では、もっとぶっちゃけて欲しいけど、笑)


なので、これは書いちゃった私が悪いです。(>_<)

あと、黒斎さんの話題が多くなる理由として
「講演が安くて近い」んです。

これ、何気に重要(^_^;)

というのも、私に、新しい情報が欲しいという、
がつがつした気持ちが無くなってきちゃったんです。

なので、ある程度の手軽さがないと、講演やワークショップに行く気が起きなくて…。

もちろん、ガンガジだの、エックハルト・トールだのが、
近場で安い講演をやってれば、行きたいです♪

…やってないですけど。(^_^;)

だから、共感できて楽しくて、手軽ということを考えると、
黒斎さんの話が多くなっちゃうんですよね。
(「わかりかけのRadio」も無料だし…(^_^;) )


もっとも、ノンデュアリティスピーカー
(非二元を語る人)ということだけであれば、
大和田菜穂さんの方が、純度が高いと思います。

でも、あの人は宇宙人…いや、人(個人)ですら無いからなぁ。

(あ、けっして、馬鹿にしてる訳じゃないですよ~。
たぶん、大和田菜穂さんの動画を見た方なら分かりますよねっ。)

言っていることが楽しめない。
次元が違うから分からない。

そういう意味で、私は真理を追い求めているんじゃなくて、
楽しめるもの、共感できることを追っかけているだけなんでしょうね…。



さて、このブログでは、
「自分を主体にするのが、
精神世界に歩むのに一番危険のない道である」

書いているつもりでした。

なので、依存や信奉を勧めるように見られる記事は、
まずかったと思います。
もっと誤解のないように書かなきゃ、と強く反省しております。

…しかしながら…
よくよく考えて、考えが一周してきました。

つか、私自身も、いろんなメッセンジャー(と呼ばれる人)の
話を、曲解しつづけてきたじゃん!!

なのに、なぜ他人が自分を曲解するのは許さないのかって。

たとえば、黒斎さんの初期のブログでは、
彼を完全に、二元論のスピリチュアルリーダーだと思い、
「面白いブログだけど、真理ではないな」と軽んじていました。

また、もっと昔、学生のころは、ラムダスの「ビーヒアナウ」や
タデウス・ゴラスの「なまけ者のさとり方」は
役に立たない、つまらない本だと感じていました。

なのに、年を重ねたら、いつのまにか、
超分かりやすい上に好きになっていて、びっくりしたものです。

一番、評価が変わったのがバシャールで、
昔は、そりゃーもー大嫌いでした。

宇宙人ってのもそうだけど(笑)、
地に足のつかない夢想的な感じが、かなり危険に思えたのです。

当時は、バシャール以外、チャネリング本がなかった為に、
チャネリング自体にアレルギーを持ったほどです。

なのに今となっては、共感している訳で…。
人ってわからないものですね、汗汗。


となると、私だって誤解されても仕方ないです(*´з`)ゞテヘッ
思う事は人ぞれぞれですしね~。

なら、この記事も書かなくてもいいじゃん、ってことですけど、
まぁ、お返事書かないのは、それはそれで失礼なので、
書いてみました、えへっ(^_^;)ゞ

また、共感や楽しみも、それが極端になれば依存に変化するので
そういう意味で、taraさんのいう事にも一理あります。



ちなみに、依存についての過去記事、探してみました~↓

■自分で考えるということ■

■依存するか楽しむか。(メソッドについて)■


いつも読んでくれる皆さま、有難うございますー、
それでは(^◇^)/
page top
先が見通せない不安の中で…
今日は、月初めで新月。
なんとなく、きりがいいですね♪

ってことで、石の波動水(エリクサー)を仕込んでみました~。
ブラックトルマリン、エリットシュンガイト、MGMのエリクサーです。

保護をイメージしています、上手く出来るといいな。


また、手作り委託販売サイトのminneにも登録してみました。

…と言ってもまだ一点だけなんですけどね(;´Д`)

本当は、もっと沢山アップしてから、
お知らせすべきですが、
それだと、ずるずる先延ばししちゃいそうなので…。

とりあえず今日踏み切って、
徐々に増やすつもりでいます。(^_^;)ゞ

glass1-1.jpg

■minne■

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

さて、台風10号、岩手県や北海道など、
本当に大きな被害を出しましたね。
被害にあわれた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。
それとともに、一刻も早い心の安らぎと
復興をお祈りしております。

災害のニュースを見ていると、本当に不安になります。

個人の努力や人柄とはまったく関係なく、
悪い事は、降りかかってくるのが分かるからです。

「今、努力すれば、未来は良い人生になる。」
今まで社会は、私たちにそう教えてきました。

だからこそ、私たちは「今」を犠牲にし、
「未来」へ希望を託すことが出来たのです。

しかし、どうあっても、ハプニングやイベントは起き続ける…。
悟りを一瞥した者でさえ、それは無くなることはないのです。
(とはいえ、それを苦として受け取らなくなる可能性はありますが。)



「今後、状況的にはいろいろ大変になってゆく。」
以前、黒斎さんが講演で言っていました。

陰陽太極図のように、陽に移る直前には、
一番濃い陰を通過しなくてはならないからです。

また、このような混乱、悪夢のような状況は、
人類に目覚めを促すのに必要でもあるそうです。

いい夢だったら、
まず人は、目覚めないでしょうから…。



今を捨てて、未来へ希望を託す。
かつてのそんなやり方が通じなくなってきました。

未来のための修行、未来のための努力、未来のための苦行…
反対に、過去(カルマ解放)のための、「今」という消費…

それをやっている時間は、
私たちには、もう無いのかもしれません。

とにかく、今、幸せでいる必要があるのです。


とはいえ、すごく難しいですよね。
私にもなかなかできません…。
それは、やはり、守るべき「個人」がいるからだと思うのです。

長くなりそうなので、続きます。


※ みなさま、前回は拍手有難うございます!!
感謝感激でございます、励みになります\(^o^)/
page top
「重要さ」という重荷
疲れたもの、重荷を負う者は、
だれでもわたしのもとに来なさい。休ませて上げよう。
               マタイ11章28節



さてさて、時間って大切ですよね。

幼いころは、下らない遊びばかりしていましたが、
今考えると、あれは時間の無駄ってもんです。

で、私のような知恵をつけた大人は、
なるべく重要な事だけしようと、努力をしています。
(でも結局出来ないんだけど、汗)


そして、大人の言う「重要なこと」とは、
大抵、生存に有利になることです。

つまりはお金を稼ぐことだったり、
自分を磨く努力だったり、
(技術や知識を得たり、外見を磨いたり、修行したり等々)です。

正直、それ以外はくだらないし、
暇な人がやることです!
ね、ね、そうでしょ?

でも…

「ポケモンGOで、
一日中ポケモンをやっていたら、暇な人と言われるけど、
もしそれが仕事になったとしたら、忙しい人になる」

そんな風に、黒斎さんは「わかりかけのRadio」で言っていました。

とすると、行動自体に、
重要さ、非重要さがある訳ではないみたいですね。

つまり、現世的な利益を産むか否かで、
社会的な見方が変わるようです。

趣味は軽んじられ、仕事だったら、尊敬されるという風に。



前回、黒斎さんの月イチ☆に出たとき、
なるほどなー、と思ったことがありました。

「今日は運動しましょう」との黒斎さんの呼びかけに、
みんなが、彼の指示通りに動きました。

すると、最後にはみな、両手を招き猫のように丸めて、
耳の横につけた可愛らしい(?)ポーズとなりました。

いい年をした大人たちが、
揃いも揃って、萌えポーズっぽい事をしてるんです、笑

「くだらないと思うでしょ?
でも、大人になって、くだらないことをやらなくなるから、
どんどん重くなるんです。」

な、なるほど!

そう、人生がどんどん重くなって、
どんどん押し潰されそうになるのは、
重要な事で、時間を埋め尽くそうとしているからなんです。

重大なこと、大変なことばかりで人生が埋まってしまう。
すると重みで身動きが取れなくなる…。
これは真面目な人ほど、そうなります。

行動が子供のころと変わったからではありません、
人間なんて、動き自体はそんなに変えられないものですし。

ほら、子供の時は飛べないけど、大人になったら飛べた、
なんて事は無いはずでしょ?

だから、大きく変わったのは意識なんです。

重要なことをしなきゃ、努力しなきゃ!成長しなきゃ!!

でないと、生き残れないかもしれないぞ。
でないと、勝ち残れないかもしれないぞ。

でも、重要なことさえしていれば、
我慢し続けたり、身体を壊すことも厭いません。
なぜなら、それは社会からは称賛されることだからです。

その概念が現代社会を支えています。
だから、みんな仕事を頑張ります。
努力もします、成長もします、修行だってします。

そのせいで、過労死になろうとも…。



対して、くだらないと言われる事は
たいがいお金を産みません。

ちなみに、私は、人からたまーに「器用ですね」と言われます。
が、そのどれも、お金にならないくらいの低精度の趣味なので、
褒められても、一向に自信が持てません…(;´Д`)

軽い(くだらない)ことだから、重要に思えないわけなんですね。


このようにして
私たちは、どんどんどんどん重くなります。

また、重くなりたいとも思っています。

そうすれば、将来は重荷を背負わなくてすむかもしれないから。
そうすれば、未来は傷つかなくなるかもしれないから。

黒斎さんは、「わかりかけのRadio」でこう言っています。

「人がどうして、努力や学習や修行や成長、進歩が好きかっていうと、
今までの人生に納得がいっていないからなの。
で、幸せじゃないの。
自分が深く傷ついているからこそ、
そこに意味や価値がないとやりきれない。」


かつて、イエスは言いました、
「疲れたもの、重荷を負う者は、
だれでもわたしのもとに来なさい。休ませて上げよう。」と。

しかし、重荷を負わない者、軽く生きる者
(遊ぶ人、お金にならない事をする人)を
私たちは、軽んじてはいないでしょうか?

そうだとすれば、誰がイエスのもとに
行きたがるというのでしょう?


そしてまた、現代人のうち、いったいどれくらいの人が、
「人生に意味なんかいらない」と言えるくらい、
軽くて、幸せな人生を送れているでしょう?

それともやはり、意味の方が
幸せなんかより、重要だということでしょうか…。

~・~・~・~・~・~

話は変わって、お知らせですぅー(^_^;)

中身が入れ替えられるガラスドームペンダント
(中に入れるさざれ石で色が変わります)や、
液体や麻炭を閉じ込めたペンダントトップを作ってみました。

ガラスドームペンダントは、中身をアロマオイルにすると、
アロマペンダントになります。

いつか、ネット販売でも出来たらいいなと思っております、汗

そう、このようにして、稼ぐという深刻さを抱えるよっし〜が、
できていく訳ですね(;´◇`)ゞアチャ

自信は全くございませんが、
もし、拍手等で励ましていただけましたら、
感激至極でございます、汗汗汗

glass8-25.jpg
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。