私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
諏訪での神事 その2
特急あずさで、10時過ぎに、茅野駅に到着。

今回のミッションで、あらかじめ聞いていたのは、
諏訪湖に納める玉を忘れないこと、
回る所が多くて、昼ご飯をちゃんと食べる時間はないだろう、という事くらい。

忙しそうだけど、それ以外の指示は無いので、
よっし~は、ただtomokoさん(旧ハンドルネーム : kunikoさん)の後を
ついて行くだけです。

なのでミッションと言っても、気楽なものです。



前日、3月19日の東京の気候は、
驚くほど暖かったため、この日の服装にも迷いました。

でも、長野は寒いだろうと、冬用のコートを選択。
同じくRinkoさんも重装備でしたが、他の皆は、もう少し軽装でした。

ただ、実際来てみると、日も射していて暖かい。
予報でも、「時々雨」とは言うものの、降る気配はありません。



さて、道すがら、
うさぎさんと話していて、オオカミの話が出ました。

数日前、tomokoさんのところに
オオカミが来たという話です。

このオオカミは、tomokoさんのクライアントさんが
三峯神社から連れてきたと言います。

そして、諏訪に帰りたがっているというのです。
(もちろん本物のオオカミでなく、眷族、霊体です。…あたりまえか、汗)


う~む、帰りたいってことは、三峰のオオカミの故郷は諏訪?!
…謎だぁ!


さて、うさぎさんが聞いてきます。
「ねえ、オオカミさんって、自分で帰れないの??」と。

よっし〜「う~ん、そうね…。………。
じゃあさ、うさぎさん、オオカミさんに言ってやってよ!
足があるんだから、自分で帰れって!

もちろん、優しきうさぎさんは、言ってくれません…チェッ!

それを聞いたユカリさんが言います。
「眷属は、人についてないと動けないらしいよ」



何だか、眷属の世界も、めんどくさそうですね~(^_^;)

でも、今回、聞いた話では、鼓舞ちゃんも、ハヤシくんも、
単独で諏訪と東京を往復してたらしいし。

眷属には、眷属なりのルールがあるのかもしれません。



さて、上社前宮に着きました。

鳥居を入ってすぐに、木造の舞台みたいな建物がありました。

SUWAzyukkannrou.gif

前宮十間廊というそうで、
七十五頭の鹿の頭を供える儀式をした、という説明書きがあります。


それを見ていると、
掃除をしていたおじさんが、いきなり建物の説明をはじめます。

長年経過している木造の建物なのに、今だに寸分も狂わないこと。
丸い柱が何本も使われているが、
昔は角材にしてから、丸く削るので、
元は、とても太い木を使っていること…。



始めはちゃんと聞いてましたが、
ほんっとうに、長いこと説明するので、だんだん飽きてきました。

急いでいるし、早く終わってくれないかなぁと
不謹慎なことを考えている、よっし~。

たいして、tomokoさんはきちんと聞いています、まじめです。



ようやく、おじさんから解放されて拝殿へお参り。

SUWAkamisyamae.gif

その後、山の方へ登ります。
もちろん、私はどこへ行くか知らず、
皆が歩いているから、付いてゆくだけです…(^_^;)

途中、ひと気もないのに、
おがくずを燃やしている畑があり、煙がもくもく。

…人もいないのに、危なくね?

ちょうど、私たちがとおる山道に、カーテンのように煙がふさがり、
みんな煙の中をくぐってゆきます。

「なんか、無理やり浄化させられてるみたいだね」とユカリさん。


しばらく山道を上り…。
どうやら、迷い始めた様子です。

で、突き当たりにあった小さな祠へ、皆でお参り。

「もう、時間も無くなるから、ここは諦めよう」

ポツリとtomokoさんが言って、道を戻ることにしました。



この時は知りませんでしたが、tomokoさんのブログには…。

~~~~~~~~
■諏訪早春譜 その6 ~タケミナカタ様~■

途中に小さな祠があってですね、
お参りしたら、小さな狛犬みたいな存在がいて、 
『 ここから先はまかりならぬ。 』
って言ってたんですね。
~~~~~~~~


なるほど、それで引き返したのね。



そういや、この山道の間ずっと、ずっとユカリさんが
木の枝をもって、ぐるぐる回していました。

「なんか、回っちゃうの」と言いつつ、
彼女自身、不思議そうにやっていましたが…。

もしかすると、ここは、入っちゃいけない所だったのかもですね。

そういう結界に反応して、
ユカリさんは、無意識に、やってたのかもしれない。

ちなみに、帰りには、おがくずは、
まったく煙っていませんでした。



さて、清流があるところまで降りてくると、
皆、玉や持ってきた石を、浸しはじめました。

あとから来たtomokoさんも、それを見て笑い、同じようにしました。

「すごい、きれいになった!」石を水に付けたとたん、tomokoさんはそう言います。

うぉ、分かる人から見ると、そんなすぐに、きれいになるものなのかぁ!!
変な所で、かんど~しました、笑


さて、この「水眼」の水は良質で、美味しい水だそうです。
皆、空いたペットボトルに入れはじめます。

すると、横にいたtomokoさんが、「ねぇ、ねぇ」と囁く。

「あのね、今、言われたんだけどね…。
『この水は、諏訪の土地を潤し、田畑を豊かにした水。
私もここに移されてきたものだけれど、この土地を守っている。

(↑この一文は、よっし~のうろ覚え。あってるかしら、tokomoさん?)
この水を持ちかえるならば、
あなた方も、周りに豊かさと平和を与えるようにしなさい』
ですって」


さて、帰るとき、先ほどの前宮十間廊の横を、再び通りました。

すると、tomokoさんがそこを振り返って、
「私、この建物に昔いた。夜にね、何かの儀式をしていたの」と。

それでかぁ!

さっきの掃除のおじさん、
あんなに熱心に話してたのは、tomokoさんが居たからなんだね。

妙に納得したのでした、笑



ここまでの文章だと、みんな、急いでいるような印象ですが、
実際には、かなりのんびり歩いています。

なので、本当に、楽しい散歩みたいでした。

うさぎさんなどは、色々確認をしに、
横道にそれるなど、ハイパーアクティブだったため、
「さすが、忍者!先駆けて情報集めだね」と、
皆に突っ込まれてました、笑。

ただ、tomokoさんだけは、終始、真面目な印象でしたね。
やっぱり、大変だったんだと、
彼女のブログを読んで改めて思いました。


うぉぉ~。全然、話が前に進みません。
なんとか、頑張ります!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

眷属さん達は、出張は出来るけど移住はできないってことかしらね?^^;

諏訪では色々ちゃんと説明も出来なくてスミマセン。。。

前宮の神様のメッセージはそんな感じでした^^

受け取る人によって解釈が違ってくるので、よっし~さんの感じたことが真実デス☆

tomoko | URL | 2013/04/08/Mon 08:22 [編集]
tomokoさんへ
> 眷属さん達は、出張は出来るけど移住はできないってことかしらね?^^;

面白いね。眷属とかも、人間が祀ったものだから、
人間の意識に影響されて、本来あるはずの自由が制限されているのかもね。
人間が神と契約(願い事)をして自由が減少するみたいに…。

> 諏訪では色々ちゃんと説明も出来なくてスミマセン。。。

とんでもない!!
聞いても分からなかっただろうし、知らなくって正解かも。(^_^;)
おかげさまで、お気楽ごくらく旅になりましたヨ♪

> 受け取る人によって解釈が違ってくるので、よっし~さんの感じたことが真実デス☆

そうなんですか、有難う♪

それでは、赤城山、頑張ってくださいね〜!
影ながら応援&愛を送ってます♪
よっし~ | URL | 2013/04/08/Mon 22:16 [編集]
眷属
眷属神、眷属って私もしくみがよくわからないなあ!
だだ、まだ修行中という事で位をあげるには人間の力が必要で、人間も高い意識を持たないと良い成果は得られないという事なんですかねえ?

だとすると、契約するもお互いの自己責任なのかしら? お互い見る目ももたなくちゃいけないわけね。そんな自由もあるのかも謎だけど。
誰か私は眷属だった経験ありますと覚えてる人いないかしら?
なんか不思議な制度。
誰がきめたのかしら?
よっし〜さんの視点はやっぱり面白い(^-^)/ 次回も待ってます!
deko | URL | 2013/04/09/Tue 00:00 [編集]
オオカミ
よっし~さんとそんな話してたせいか、諏訪から帰った夜、オオカミの夢見ました。
細めで、エジプトの壁画にあるアヌビス神みたいなのだったけど…

オオカミさん、怒ってないよね?
うさぎ | URL | 2013/04/09/Tue 00:14 [編集]
Re: 眷属
> 眷属神、眷属って私もしくみがよくわからないなあ!

> だとすると、契約するもお互いの自己責任なのかしら?

人が一方的に使う場合もある気がするよね〜。
ムカデさんとか、どうなんだろう?
人に使われてメリットあったのかな?神として祀られることとか??
ほんとう、謎ですね!
よっし~ | URL | 2013/04/10/Wed 00:36 [編集]
Re: オオカミ
> よっし~さんとそんな話してたせいか、諏訪から帰った夜、オオカミの夢見ました。
> 細めで、エジプトの壁画にあるアヌビス神みたいなのだったけど…

マナさんもそんな絵をブログに書いてたね〜。
ちなみに、三峯の狛犬は、オオカミのはずだけど、
ハウンドドックそっくりの垂れ耳のもいたよ〜。
イメージ上では、なんでもありだよね、笑


> オオカミさん、怒ってないよね?

怒ってたんじゃない?!

なんつーて、笑
よっし~ | URL | 2013/04/10/Wed 00:50 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。