私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
欠乏感と時間
仕事で忙しかったので、クリスマスケーキ、今日作りました。
…ってか、今日作ったものをクリスマスケーキと呼んでいいか、謎です。
でも世の中じゅう、ケーキを食べたのかと思うと、
食べずにはいられません。
食い意地なんかじゃ、ないんだもん!!



さて、黒斎さんの「月イチ」を聞いて、
思ったことのお話です。

願望を叶えるためには、
時間が無いことを実感するのが、カギらしいです!

まぁ、ぶっちゃけ悟れってことらしいですね。

でも、こう言うと
とたんに難易度が上がってきたぞっ、汗


さて、時間がない次元からだと、
「~するためにはどうしたらいいですか」といった質問が通用しなくなります。

何故かというと、ハウツーというものは、
「動機(願い)があって、プロセスをおこして、叶う状況がくる」
という時間内で働くものだから。

そんな時間ありきの世界で、私たちは
黒斎さんに質問するわけです。
「願望実現するにはどうしたらいい?」と。

しかし、彼からみたら、
時間のない所(いまここ)へ来なさい
という話なわけです。

だから、その質問自体がありえない。
次元が違う場所からの質問である、と。

さて、時間がないと、原因と結果がなくなるので、
特定の願いや、望む結果が、持てなくなってしまいます。

つまり、願い事がない状態になってしまいます。
なのに、幸せだという。


…自我にはまったく理解できませんね。
ある特定のものやシュチュエーションで、願いが叶えたいと思うのが自我だから。

ガンの人に、「ガンが治らなくても幸せになりますよ」と言っても
理解されないでしょう。
うん、絶対に「治ってから」幸せになろうとするはずです。

「○○を得るため、こういう行動をして、こういう結果で叶えるつもりです!」
などと言っているうちは、
なんだかんだ言って、因果のゲームに囚われているのです。

なのでね、わたくし思うに、
あらゆる引き寄せの法則は、
そこが罠なわけですよ、むふふふっ


(↑なぜ、いやらしい笑いなのか…。
それはね、引き寄せは、私には効かないと思っていたので、理由が分かって嬉しい。
…いやみな奴だっ)

だから、時間ありきの次元で、引き寄せをしようとしても、
思い通りになるとは限らない。

とはいえ、因果のゲームが楽しければ、それも全然問題ないわけですが。


……などと言ったことを、図入りで書こうと思ったら、
むっちゃ時間がかかりそうなので、また今度…。(^_^;)


でも、どうやら、私たちが欠乏感を感じるのは、
時間があるためらしい、と感じました。


もし、いまここという楽屋にいれば

あなたもわたしも ひもじさぐらいがまんできる

もしいまここにいなければ

どんなに食べ物をお腹いっぱいに詰めこんでも 絶対に足りっこない

それが西洋人の気分なんです

足りない!

大急ぎで何から何までかきこめるだけかきこみ

あらゆる官能の喜びを手に入れても

まだ それでも足りない

そのわけは そこに

いまここないからです



ビーヒアナウより引用。強調も原文ままです。

この本、改めてみて、やっぱり良い本ですね~!
古典なのに、まったく古さがなく、
読みやすいユーモアのある文章も、素敵です♪



さて、黒斎さんの話を聞いていて、
未来と過去という時間軸を広げれば広げるほど、
より欠乏感も強まるな、と思いました。


発展途上の子供たちの笑顔って、
なんであんなに幸せそうなんだろう、

って思ったことありませんか?

物もなく、未来も保障されていないのに、天真爛漫な笑顔。

それに比べたら、日本の子供たちは、
物に恵まれ、未来も保障されているのに、あまり幸せそうじゃない。


先進国と、発展途上の人の違いって…
もしかしたら、考えなくてはならない時間枠の広さの違い
なのでは、と思ったのです。

日本人は若いときから、もう老後の事まで考えてるでしょう?
40年後、年金貰えるかな?とか。

発展途上の子供たちも、未来設計はあると思いますが、
そこまで長いスパンではないと思います。

想定する未来の時間枠(イメージの世界)が、
先進国の人は、発展国の人にくらべて広い。
だから、欠乏感もより深くなったのでは、と思うのですが、どうかしら。


イメージっていうのは、リアルじゃないだけに、
満たされないもの
です。

リアルにお腹がへったら、どんぶりいっぱいの食事があれば、満ち足ります。

でも、イメージの世界で、
明日のご飯や明後日や、そのまた次の日の心配までしたら、
どんだけご飯をかき集めても、足りないですよね~、きっと。


人類が、本当に「いまここ」で機能しはじめたら、
全人類が、食うに困る事は無くなる
と思います。

イメージの欠乏感に振り回されず、
リアルの豊かさを分け合う事ができれば、ね。

でも、欠乏感という怖れは根強いから、
なかなか難しいでしょうけれども…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。