私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
幸せに気づけば、問題は不要になる
「神は最善で最良があたりまえ。だから嬉しくも何ともない。
だから、自分がどれだけ幸せか再確認したくって、
わざわざ僕らのこの姿になっている。」
と月イチ会で、話し始めた黒斎さん。

神は出来ないということが出来なくて、
それゆえに、それを体験したがっているのだと、言います。

黒斎さんが、スリにあってお財布を盗まれた事を、ブログに書いた時、
「目覚め体験をした人でも、ハプニングが起こるんですね」という反応があって、
びっくりしたそうです。
目覚め体験者に、どんなイメージを抱いているのかと。



私たち、というか自我は、ついつい悟りを得れば、
全てを得たり、全て思い通りになるだろうと考えています。

だって、自我の願いは、自身が生き延びることだから。

だから「より多くを得て、周りを思い通りにコントロールすること」が
自我にとっては究極の願いなんです。
そうでないと、自我はいつかは消えてしまう儚いものだから。

もし自我が、悟りを、自分にとって都合の良いものと信じたなら。
自我の究極の目的「コントロールすること」が
出来るようになると思っても、不思議じゃない。

しかし自我目線でなく…。
神目線でみた、この世界の目的が、
「思い通りにいかない世界を楽しむ」ことだとすれば。

自我が望んだような、100%コントロールできる現実は、
この次元では、あり得ないのかもしれません。
(形をもたないワンネス、神の次元では、当たり前の世界でしょうが)

てなわけで!
以上の理由で、黒斎さんも、お財布が盗まれる訳ですね!爆

さて、
ルイーズ・L・ヘイのDVD「ユー・キャン・ヒール・ユア・ライフ」が、
凄いという話になりました。

ちなみに、ルイーズ・L・ヘイは、
スピリチュアルの草分け的存在で、
思考と信念が現実となることや、
自身を愛する事の大切さを伝えている人のようです。

「うちの奥さんは凄くてね、
こういうものは一切見ないんだけど、
生き方として、そういう事が、できちゃっている人なの」

奥さんは、風邪をひいて、高熱を出しても、
病院にも行かずに、一日で治してしまう人だそうです。

不思議に思った黒斎さんが尋ねると、
「神様にお願いしている」と教えてくれたそうです。

気持ち悪いですよね~、と黒斎さんが笑って話します。

さらに奥さんはこう言います。

「治すには、コツがあるんだよ。治してとは言わないの。
やることは、思い出せる今現状の素晴らしいところ、
幸せな所に対して、感謝するようにしている。
そうすると一日で治るよ」

病気になると気付くことがあります、と黒斎さん。
それは、健康は、すばらしいってこと。
健康であることが、当たり前のときには、それに気づけずにいる。

幸せというものは、存在しない。
健康と同じで、幸せというのは、実はものすごく当たり前のことだから。
なので幸せな時、幸せだという実感は生まれない。

ではどうやって幸せに気づけるか?
それは、幸せじゃない事を体験して、はじめてそれに気付けるのだと。

つまり病気っていうのは、何かっていうと、
当たり前(健康)が素晴らしいというのを
再確認するために出てくるのだ、と。

だから、奥さんみたく、
幸せに気づけば、病気という問題は不要になり、
病気が治るという事なのかもしれませんよね。


そういえば、
ホオポノポノとか、引き寄せやアファメーションとかだと、
「感謝の言葉」がキーワードですよね。

…なるほど、こういう意味だったのか~。

実は前々から、
自我が唱えたがる「感謝の言葉」ってのは、
感謝じゃないな、って感じていました。

ホオポノポノの「有難う」なんて言葉も、
望む現実を作りだすために唱えるマントラだと思っていたのです。

だから、アファメーションは、あまり好きじゃありませんでした。
唱えれば唱えるほど、自分が欠乏しているのが自覚できて。

だってもし、望む現実を求めて、感謝の言葉を言うのであれば、
それは「感謝」じゃなく「取引」なんです。

「有難う」って言っても、感謝で言っているとは限らない。

本当に感謝の気持ちが芽生えるのは、
自我のもつ、コントロール欲が手放せた時なのでしょうね。
幸不幸も、どっちも素晴らしいと気付けないと、無理かもしれません。

だって、この世界では、不自由さや問題は無くならないのだから。

ときどき、問題いっぱいのよっし〜なんぞが、
人を諭すような文章なんか、書いてていいのかと思います。

でも、しょうがないよね~?
だって、問題は、無くならないんだもんねぇ~!
(←開き直ってみた (^_^;) )

ということは、問題を無くそうとして必死で頑張るという、
今までのやり方は、使えないやり方かもしれません。

幸せに気付くための、スパイスとして見るか、
問題を楽しむ事に、シフトしてゆかないと…。

「ビーヒアナウ」でラムダスも言っています。
 サーフィン
 それをのしかかる重荷としてやるか、
 それともダンスの一部としてやるか


波を問題として背負うのもあり、
喜びの一部として捉えるのもあり。

同じく、人生を重荷と捉えるのもあり、
それか、重荷好きなマゾッ気を自覚しつつ、
マゾとして正々堂々と楽しんで生きるか、

のどちらかでしょうね♪

(ってか、それもなんか嫌ぁ~~!(^_^;) )
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。