私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
一人立つということ
瞑想のことを書くのは、難しいなと思います。
なぜなら、やっぱりすごく怪しいから… (;^_^A 

今回は、この怪しさについて、
ちょっと突っ込んで書いてみます。
瞑想伝授のしくみについては、またいつか…(^_^;)ありゃ~

さて、瞑想伝授がなぜ怪しいかですが…。

それはつまり、教師側がお金目的に、
顧客を騙していると思われる
可能性が高いからです。

まぁ、こればかりは騙されている、いないを証明することは出来ません。
(目に見えるものと違って、瞑想効果を提示することはできないため)

それに、私も瞑想をお勧めできるほどの経験もなく、
真偽を語る資格はありません。

もし、何かを書けるとしたら…。

なぜ、これほどまでに、私たちは、戦々恐々として、
精神世界内で物事を審議しなくてはいけないのか、
なぜ、カルトや占い等、精神世界で搾取される人が出続けるのか?


それを、私なりに考えたことだけです。

まず、根本的な問題として…。

なぜ私たちは、
裏切られたり、騙された、と感じてしまうのでしょう?

それは、私たちに欠乏感があるから
、ではないでしょうか?

たいていは、自分にないものが、
他人やモノにあると思い、
それを得るために犠牲を払う(自分の力を譲り渡す)、
といったふうに始まります。

これは、なにも精神世界に限らず、
恋愛なんかもそうですし、物質に執着している時もそうです。

そして、自分の力を相手に譲り渡して、
望むものを得られれば、満足しますが、
そうでなかった場合、騙された、裏切られたと感じます。

恋愛や物の場合、執着がよほど激しい場合を除けば、
それを得られなくても、
一生がめちゃくちゃになることはありません。

しかし、カルトや精神世界の場合、
本人のみならず、その家族の人生までも狂わすことが、ままあります。

なぜ、カルトは、他の現世的なものより、入れ込み易いのでしょう?

一つの理由として、
目に見えない、イマジネーションの世界のものを目標にしている、
というのがあります。

恋愛だったら、手に入れるべき異性が見えます。
得るかもしれないし、失うかもしれませんが、
その結果は、はっきり分かります。
それについては空想の余地がありません。

カルトや精神世界の場合、
得たいものが「良い来世」だったり「祟る先祖の浄化」など、
具体性の無いものだからやっかい
です。

見えない…つまり求めたものが手に入ったか分からない…。
そもそも存在してるかすら分からない…
(いいえ、実際に、「祟る先祖」は存在しています!
ええ、それを信じる頭の中に!)


そして、解らないものがあった時、
人は想像で補おうとします。

そして、人は安心よりも不安の方へフォーカスしやすい性質を持ち…
結果、悪い方の想像をしてしまうのです。
(もちろん、搾取する側も、強烈な恐れを吹き込むでしょうが)

とは言え、カルトも、物質的な執着も、程度の違いこそあれ、
期待したものが得られなければ、裏切られたと感じるのは同じ。

では、どうすれば裏切られないですむのか。

それは、相手に力を与えないこと、です。

言いかえれば、
外のものを切望し、ソレなしにはやっていけない、
という思い込みを捨てる
ことです。

ソレなしでは生きられない、そう思った時、
人は、ソレを「神」にしています。


運が悪ければ、ソレ(神)の言いなりになって、
行きたくない方向へ行かされるはめになるかもしれません。

聖書に書かれている十戒の
「わたしのほかに、なにものをも神としてはならない。」
これを破ったイスラエルの民は、
荒野で、放浪し続けることになります。

私たちも、「私」以外のものを神にして、
居たくもない荒野でさまよってはいないでしょうか?


自分が主体であり、
深い部分では何も必要としていないのだ、と理解出来れば、
自分の人生を売ってまで、何かを得ようとはしなくなるでしょう。

それが、一人立つということだと思うのです。
(あくまでも精神的にですが)

でも、それを理解できても、
実感ができない時、教師を求めたりします。

教師を「神」にしない限り、
そして、正しい教師を選ぶ限り、それは良いことです。

でも、正しい教師、間違った教師は、
どう見分ければいいでしょう?

…ええと、「正しい」「間違った」という言葉は、
具体性がなくて、あやふやすぎました。

では、こう言いかえましょう。
不幸へ導く教師をさけ、
幸せへ導く教師を見つけるにはどうしたらいいのか、と。

これは、あくまでも私の考えなのですが。

なるべく「必要性の無い」、
そして「全体性」に貢献している人である事が
重要だと思うのです。

逆に、極度の「必要性(欠乏感)のある」、
つまり自分や自分のもの、という「一部」に執着する教師は、
自身と他人を苦しめるでしょう。

餓鬼のように、どんなに、
食べても食べても満たされる事のない欠乏感…。

それは、誰かの財産をまるごと奪っても、たぶん、止む事はありません。
そして、満足感のない者が、他人に、
「満ちたりた気持ち」を教えれるはずもなく…。
結果、騙された、となります。


さて、お気づきでしょうか?

前者が「ソース・空」の特徴を持ち、
後者が「自我」の特徴を持つということに。


ソース : 全体性 満足感 愛
自我 : 
局部性 欠乏感 恐れ


しかし、初期の段階では、
恐れを教師にしたほうが、受け入れやすい人もいます。
苦しんで始めて、違う選択が出来る人もいるのでしょう。
そういった意味では、「悪」「間違い」はないと言えます。


さて、信頼できる教師を見つけたという、幸運な貴方!

教師のいうことだからと、何もかも絶賛していませんか?

黒斎さんの言う事だから、阿部さんだから、
もしくは人気チャネラーの言う事だから、全部信じてもいいと…

ほら、荒野で、さまよってますヨ!
神はどこですか、神は!


え!よっし〜の言う事だから、信じますですって?!(@_@)

……
……それは、、、例外的に許す!

そういう奇特な方は、
よっし〜を絶賛する余り、
よっし〜の口座に100万振り込んでくれても結構!!
というか、ぜひ、振り込んでみて下さい!爆

一緒に、荒野で彷徨おうではありませぬか、( ̄ー ̄)ニヤリッ
(100万円で、いとも簡単に信念を売ってしまう女、それがよっし~)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

朝方、黒斎さんの講演会の記事にお礼を申し上げましたふうです。
この記事でよっし~さんのおっしゃる、あべさんだから、黒斎さんだから、全部丸呑みで崇め奉るのはどうなんですか?と言う言葉(合ってます?)にとても賛同しました。またよっし~さんのお考えが私に似ていて、似ている方が見つけられて良かったなぁと思いました。(あべさんも黒斎さんも私は信頼していますよ。)
黒斎さんのブログのコメントらんから、よっし~さんのブログを知りましたから、順番が逆になってしまいましたが、これからも楽しみによっし~さんのブログを読ませていただきます。
ふう | URL | 2012/10/24/Wed 13:19 [編集]
ふうさん、有難うございます♪
コメント有難うございます!
喜んでいただけると、書く張り合いがあります (^_^ゞ
もちろん、書いてもいいって言って下さる黒斎さんや
阿部さんにも感謝です♪

あと、FC2ブログやってて、いまさらなんですが…。
拍手ボタンでコメントを送れるという仕組みを
ふうさんのおかげで、ようやく今理解しました、汗。

あれはどこから送られてくるのか、謎でした(;^_^A アホだ
よっし~ | URL | 2012/10/24/Wed 20:16 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。