私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
黒斎さんの「月イチ☆」の話 完
さて、黒斎さんは
以下のような絵を、ホワイトボードに描きました。

ひもか棒のような線と、それについている丸。

pinnponnA

その丸は人を表します、と黒斎さん。

その絵が表しているのは、
現世においての私たちの価値観。

その一つ一つの丸(人)が、
幸せや獲得、さらなる成長を目指して、
上へ上へと、上がろうとしている。

もちろん、上を見れば上がいるし、
その人達には、羨望の眼差しを向けます。

そして、下を見れば、やはり下も沢山居て、
優越感や憐れみを感じます。

そんな自分は、さらなる上を目指しつつ、
これ以上、落ちてなるものかと、
必死にロープにしがみついている…。



さて。

これを現世的な目でなく、
あの世な目で見るとどうなるでしょう?

そう言って、黒斎さんは、図を書いたボードを
上下に回転させ、図を裏返しにしました。

そして、図が裏になっているボードを、
左右に回して、こちらに向けると…。

あら、不思議?!

さっきまで一番上にあった丸が一番下に、
一番下だった丸が一番上になりました。

アッメージング!(@_@)ビックシ……な訳ないすね、
それくらいは、よっし~にも理解できます、汗。

「そして、ここは水に満たされていると思ってください。
そしてこの丸は、実は、ピンポン玉みたいな中空の玉です。
私たちは、実は、努力して下に沈もうとしているのです。」

pinnponB


ピンポン玉の中の空気は、
外の空気(全体性の空、ソース、神)と同じもの。
だから、水中に沈もうとすること自体、
水圧がかかって、苦です。

深みに行けば行く程、水圧が増して苦しさも増す。

苦しみが極まって、
余りの苦しさになす術がなくなると…。

ついにしがみついていた棒を離す!
(委ねる、サレンダーが起こる)
玉は浮力で、一気に浮き上がります。

勢いあまった玉が、水中より浮き上がって、
空中に放りだされる(全体性の空、ソースに包まれる)。

それが、目覚め体験と呼ばれるもの。

その時、人は確実にハイテンションになる、
と黒斎さんは言います。
まさに「ヒャッホー!!」な感覚なんだとか。

それは、失われたプレイヤー意識を取り戻した歓喜。
全てを知っていたという感じ、
全ては自分が望んだ事だったという感覚。

しかし、重力により、その玉が水面に落ちると
その感動や歓喜も薄れてしまい…。

あの感動を再び、と思いつつも、
同じレベルの強い歓喜は、得られないそうです。



これが「絶望から引き起こされる悟り」です。
阿部さんや黒斎さんの目覚め体験はこれに当たります。

徹底的な絶望は悟りにつながる…。

とはいえ、「自殺は、絶望とは違う」と黒斎さんは言います。
「死ねば何とかなる、という希望を持っているから死ぬので、
ゆだねが起こらず、目覚め体験が起きることもありません」とのこと。

しかも、自殺はリセットと同じなので、
今まで、生きてきた年数がチャラになる。

また、輪廻しても、
以前の年月分と同じ苦しみを再体験しなければならない。

普通なら、どんな生き方であっても、
その生きた年月分は、ゲームクリアだったはずなのに。



さて、徹底的に絶望したとき…。

本当に何をやっても無駄だ、
死でさえも自分を救うことはない、という感情が芽生えた時…
その時やっと、人は、握りしめた棒を離す事ができます。

そこまで、徹底的に絶望しない限り、
人はしがみついているものを手放せないのです。

なぜかと言うと「委ねる」という体験は非常に怖いものなのです。

(ここからは、私の解釈なのですが…)
そう、今まで、棒から手を離したという体験がないし、
そして何より、しがみついている棒が、
何よりも大切なものだからです。

握っているのは、「私」や「私のもの」にまつわる全てのものだから。
それはつまり、自分(と思っているもの)を捨てることだから。



さて、絶望の道以外にも、悟りのパターンはあるようで。

例えば、カルマを究極に集めて行っても
悟りに辿りつくことが出来る、と言います。


それはどういうことかというと…。

徹底的に、現世的な欲を追い続ける。
多くの名声や物や金を集めまくる。
もしくは、霊的成長を目指す。
そうして、自我の強化し、自分の属性を増やしてゆく。


それを図で例えるなら、
ピンポン玉を深く沈ませてゆくということ。

深く沈めば沈むほど、どんどん水圧は増し、
どんどん沈み辛く、苦しくなっていきます。

それでも、無理やり深く深くへと、沈めてゆくと…。

ぼんっ!!

ついには、水圧に耐えきれなくなったピンポン玉の殻(自我)がはじけ、
中の空気が飛びだします。

その空気は一挙に、水面に上がってゆき、
ついには、大いなる空と交わる。

それは、いわゆる大悟。

(自我の)殻が完全に無くなってしまう、この劇的な悟り方は、
もはや完全に生まれ変わることが無いそうです。

pinnponC


たぶん…。
悟りを求めての苦行もきっとこれに当たりますよね?
悟りたい、という欲を究極に高める。
んで、自分を痛めつける事で「自己」を肥大させて
結果として「自己」を破壊する、みたいな。

大悟に対して、黒斎さんや阿部さんのは小悟。
空と同じエリアにいつつも、自我の殻は壊れていない。



さて、2つのタイプの悟り方を書きましたが、もう一つ。

世の中には、ヒーリングと呼ばれるものや、
悟りのメソッドなるモノがあります。

それはどのような位置にあるかと言いますと…。

(正しい)メソッドは行うことで、
徐々に玉を、空の方へ進ませます。

少しずつ、ゆっくりと空の方へ進ませるので、
勢い余って、空へ飛び出すことがない。

いつの間にか、生るのが楽になったなぁ、
な~んて感じているうちに、
いつの間にか空と同じエリアに居たりする。

そうすると、突然、空に包まれるという体験は起きません。
つまり、ヒャッホー!って感じもないし、
分かったとも感じない。

………
 ………ガーン!ガーン、ガーン

そ、それって、悟りなんすか~!(@_@;)
感動、快感があってこそ、悟りじゃないの??


「ヒャッホー!!」の無い悟りは、
塩っけを無くした塩くらい、味気ない感じですよネ?!

…その、どこいらへんが面白いんすか?
(面白さを求めてる段階でダメダメ)

…でもさ、自覚のない覚醒者がいるのなら、
悟った人って、もっともっと、
いっぱいいたりするんだね、きっと…。



さて、玉を潜らせているのはプレイヤー意識です。
自我である、キャラクターではありません。

なので、上昇志向の人や、現世的成功を求める人に
「成長を目指すのは苦しむからやめなさい」と言うのは意味がありません。

だって、その人たちは、それをやるために居るわけですから。

始めは誰しも、潜ってみたいのです。
それが、限界を経験したかった神の、第一段階のゲームだから。

苦しみ、怖れは忌むべきものでなく、
経験(ゲーム)として必要なのです。


しかし…。

それを味わい尽くして、
それでも求めるものが無かった、と感じる時がきます。
すると、ようやく空への回帰が始まります。

それが第二段階のゲーム。

悟りを求めていたり、
黒斎さんのブログに惹かれる人たちは、この段階です。

第一段階と第二段階では、
ゲームのルールが、まったく変わります。


それゆえに、どちらの人向けに話をするかで、
同じ真理を表現しても、
真逆の事を、言わざるおえない時があります。

実は、私も黒斎さんのブログを
「霊的成長や、獲得を目指すもの」と思って、
軽視していた時がありました。

「魂の目的は、黒かった色を修行して、白くしていく事」
みたいな事が書かれていたから。

ア・コース・イン・ミラクルズの教えに
影響を受けていた私にとって、
これは究極の真理ではありませんでした。

なので、彼の黄色い本に「この世には意味がない」
と書かれていた時にはびっくり!

ああ、そこまで分かっていて、
でも表現として、ああだったんだ。

立ち読みだけのつもりが、なぜか買ってしまった…(^_^;)

…何を言いたいかと言うと…

精神世界ってさ、「矛盾に満ちた言葉だらけ!」なんです、もう!
ほんと、迷いやすい。

でも矛盾に満ちて見えるのは、
受け取り手が千差万別だからなんです。

だから、相手に合わせて表現しようとすると、
言葉が正反対になったりもする。

なので、分からない事を言っている人がいたら、
思いっきりスルーしてOK!
なんです。

それは、たぶん、今のあなた向けではありません。
もしくは、不要なだけかもしれません。

…えっ、だったら、このブログも、たった今スルー決定!?
うわぁん、自分で自分の墓穴を掘ってしまった…(~_~;)



でもね、でもね、絵まで作って、今回よっし~、頑張ったんじゃなくって?

うん、と同意してくれる方は、拍手プリーズ。
まだまだじゃあ~!っていう、サドなあなたは放置プレイで (^_^;)いけずぅ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめましてー
ようやくたどり着けました。/黒斎さん、やっぱり分かりやすい!今度、月いちに参加してみようと思います。どこまで行っても際限ない欲望の世界。手に入れても、満足感は長続きしない。あー自分の感覚は間違っていないんだなぁ。今は「全然金持ちでもなければ、有名でもないけど、そうなる前に違和感を覚えた私って、いいセンスしてる~」といい聞かせている段階です(汗)。
たけうちみほ | URL | 2012/08/24/Fri 13:38 [編集]
たけうちさん、有難う♪
わーい!来てくれて有難うございます(^_^)
今日、プロス、受けちゃいました、汗
5時に終わったのだけど、6時に黒斎さんも
違うの受けにくるんだって!
おお〜!と思ったけど、待ち伏せしても仕方ないし
帰りました。(当たり前か、汗)

今月の月イチは行きます、
来月は行かないけど。
都合が合えば、一緒に行きましょうね♪
よっし〜 | URL | 2012/08/24/Fri 19:32 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。