私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
笑ってなんぼ!
この間、セールだったので、つい天然石を買ってしまいました…。
意味なく石を集めるのは、やめようと思っているんですが…なぜ買ってしまうのか!?
(単に意思が弱いって言ううわさ…石だけに。……(≧o≦;)アチャー。…こりゃまた失礼しましたっ)

でもね、カルサイトっていう石は、本当に色バリエーションが豊富なんですヨ!
あんだけあれば、コンプリートすべきだって、思っちゃうじゃないですか?
(以前セッションで、マナさんにそう言ったら即効「思いません」ですって…泣)

calcite
これ、ぜんぶカルサイト。右上のひしもちみたいなのがかわいいです。

で、買った石、コバルトカルサイト(写真中央右)が届いた日、
「結晶生活のススメ」っていう石のブログサイトでも、その日その石が記事になってて…。

オー、シンクロ二シティー!

でもさ、シンクロって「意味ある偶然の一致」って聞いたけど…。
偶然であるのは確かだけど、意味は無さそうだなぁ。


…ま、私の石自慢は置いておきまして(自慢したかっただけかよっ!)

目覚め体験(ソースと繋がる体験)ってのは、
わたしら素人が思っているほど、特殊じゃないようです。(なにっ?素人って?)

黒斎さんの言うことには、ソースとの繋がりは、誰もがしている事だそうで。
たとえば、深いノンレム睡眠時。
まぁ、これはしかし、意識できませんね。
それ以外には、笑ったり、我慢していたトイレをすませてホッとした時もそう。

そんなときにソースに繋がり、そこから膨大なエネルギーを得て、
私たちは生きているそうなのです。
つまり人は皆、自覚のあるなしに関わらず悟り体験をしている…。



まぁ、「悟りってなによ」って言われちゃうと、
定義からして、あいまいなんで、こんなの悟りじゃないって言われる人もいると思いますが。

正直、私も「至福の体験で、ずっとその後の人生に影響を及ぼすもの」が
悟りだと思ってましたし、
そうなると、また話が違ってきちゃいますしね。

まぁ、そこの違いを書くと長くなるし、
「笑い」に焦点を当てたいんで、ご都合主義である私は省きます。(^_^;)



さて、笑っているときというのは、
「不安もなく、思考もなく、未来への期待、過去への後悔もない」状態。
ただ、ここにいる。そして、不安がないから、今への信頼がある。

そして、もうひとつ、笑いには、降参の意味が含まれる時もある。
苦しくてどうしようもなくて、笑う事しかできないとき…。
そんなとき、人は降参します。

降参とは、自我ではどうする事も出来ないことを悟り、
ソースへ力を明け渡す、ということ。
自我を捨てて、ソースから生きることを選んだということ。

自我は、実質、ゲームのコマのようなもので、
自分で動いているつもりですが、動かされているだけなのです。
動かしているのは、ソースなので、ソースから生きるというのは、すごい事なのです。

…どう「すごい」かは……そうなった人から聞いて下さい(^_^;)
残念ながら、私はまだ知らないので。(←調べて書くのも、めんどくさくなった様子)


では、笑いがそんなに、ソースに近いなら…。
色々な物事を、笑ってみようと考えました。
(イメージ内でですよ、本当に笑っていたら、病院につれていかれるので。
それくらいなら、よっし~にだって、分かるのです。)

時間に追われて生きている自分、将来の見えない自分、
あれが正しい、これが間違っていると思っていた自分。
そのイメージを笑う。
なんだか、重くとらえていた事が、少しだけど軽くなった気がしました。

もしかしたら、ソースからしてみれば、どんな生き方や主義主張も、
笑える娯楽にすぎないのかな、と感じたりもして。

…で、原発の事を笑おうとして…。
それを笑うのに罪悪感が出ました。
やっぱり深刻なことは、リアルに思えるし、難しいですね。
軽く思おうとしたり、幻想だと思おうとすると、周囲の人に対しても罪悪感が出る…。

でも、現実はすべて、幻想のはずだよね。
原発にしても何にしても、行動できる事はやったあと (←これ重要)
あとはソースに任せて、気持ちを軽くしなきゃ本当じゃないよね。

深刻さって、つまり…自分ではどうにもならない事態って事だもの。
つまりは被害者だって認めるって事ですよね。



で、そんな重い事も楽しめちゃうソースって一体なんなの、と思った時、
バイオハザードをプレイしていた自分を思い出しました、汗。

あれって、3人生き残れるのがベストエンディングなんです。
(いっちゃん初めのバイオハザードです)
そう、そして確かに初プレイは、ベストエンディングを目指しましたが…。

ベストエンディング後、他のストーリーを見るために一人一人、殺してました、私。
2人生き残りバージョン、1人バージョン…。
どうやったら、死ねるのかなと考えつつ、バッドエンディングにたどり着く。

…鬼っすね、私。

でも、基本はね、やっぱりベストエンディングがいいですよ。
だから、ベストエンディングを目指しつつ、笑って生きたいと思うのれす、うん。
(無理に笑っていて、ちょっとアホになった様子 (;´◇`))
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。