私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
思考内の幸せ
うちの庭に、キジバトがエサを食べにやってきます。

けっこう人慣れしていて、
人が出てくるのを待っていて、エサをねだったりして可愛いです♪

ハトが来るようになったきっかけは、
カラスに襲われて飛べなくなったドバトを
父が庭で保護していたことがあったから。

こぼれたエサを目当てに、キジバトが来るようになり、
ドバトが居なくなった今も、キジバトは来続けています。

さらには、キジバト内で話が広まっているのか(?)
数も増えているようす…。

といっても、どれも同じ顔と模様をしているため、
何羽来ているか、さっぱり分からないんですけどね。(^_^;)

でも、おどおどしているハトから、
ずうずうしく、玄関に入ろうとするハトまで、みんな性格が違うみたいです。

kizibato

で、来るのはキジバトばかりで、ドバトは来ないのが不思議ですね。

近所には、ドバトの群れがいたりするのに。

やはり、キジバトコミュニティ(?)だけで
餌場情報が広がっているのかもしれません。

なーんて、話し合っている妄想をしましたけど、
実際は、キジバトは同種にたいして、
びっくりするほど不寛容みたいです。(^_^;)

ある一羽のハトは、お腹いっぱいなのに、ずっと庭に居座っていたりします。

そして、あとから来るカップル鳩を
ブーブー言いながら、(本当にそう鳴くの!)追い出したりするんです。

自分は食べないなら、あげてもいいのにー。

実際のハトは、
平和の象徴らしからぬ行動をしていますね。(^_^;)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

さてさて、8月ですね。
テレビでは、戦争の関連番組が多くやっています。

こうした戦争や、またはテロや殺傷事件の話を聞くと、ついつい思ってしまいます。

頭だけでの理解でいいから、
「私たちは一つ」という概念が、人類に広まればいいな、と。

それが広まったなら、
いがみ合ったり、傷つけたり、いじめたりなどの事件は
大幅に減るに違いありません。

そしてまた、この概念さえあれば、
社会の構造も、ガラリと変わってしまうことでしょう。

でも大半の人にとって、それは思いもよらない事です。
だから、社会には深い分離と批判と比較があります。

そしてまた、「分離と比較」から、
「絶対的な」幸福が得られると、私たちは信じてもいます。

「比較しないと存在しないモノ」なら、
「絶対的なモノ」で有るはずがないのに…。




さて、幼子であれば、
幸せは「比較」じゃないことを知っています。

陽がゆっくり傾いて、雲が金やバラ色に染まりつつあるのを見たり、
どこからか、夕食の香りが漂うのを感じたり、
お母さんに抱きしめられるだけでも、
子供は幸せを感じます。

これらは、当たり前ですが、
他者との比較で、感じるものではありません。

しかし、大人になり、
競争や比較が当たり前になると、
幸せさえ、競争して奪い取るものになってしまいます。

幼子が成長し、友達が持っているオモチャが
自分だけ持っていないと気づいてしまった時のように…。

それに気づいた子供は不機嫌になります。
でも、知り(比較)さえしなかったら、不幸にならずに済んだのに…。



さて、もし幸せが、他者との「比較」でしか生まれないとすれば、
生きることは、果てしない戦いでしかありません。

「比較」ゆえに、全員が上位にはなれず、
必ず、下位の者が生まれるからです。

それは、自分の幸せには、
自分より格下の誰かが必要ということです。

さらに言えば、自分より幸せな人を見ても、嫌な気持ちになります、
自分の幸せを取られたように感じるからです。

上にならなければ(比較しなければ)
幸せになれない。


これこそ、差別や偏見、理由なき軽蔑が生まれる原因です。

この思考に気づかないかぎり、
どんなに戦争やテロの恐ろしさを説いたところで、
それらは無くならないでしょう。

自分と違う、人種や国籍、宗教や性別や性格、
セクシャリティーに対する偏見と迫害も、やまないでしょう。

幸せが、他者との比較や優越感、
何らかのステータスから、生まれると信じているかぎりは…。

誰かを蔑まないと、自分が愛せないと信じているかぎりは…。



思考がこねくり回して生まれた、「幸せ」の定義。

それは、自分にとって本当のことなのか、
各自が考える時期なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。