私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
人生に対する指針
一昨日の小池百合子知事の初登庁で、
都議会議員や自民党が、
異例の出迎え拒否をした事にはがっかりでした。

川井議長も、小池知事との記念撮影を断っていましたね。

彼らのあまりにも子供じみた嫌がらせには、
本当にがっかりします。

そして驚きもしました。

それは、彼らはこの行為が、
都民、そして日本国民にどう受け取られるかを、
想像できなかったという事です。

だから、テレビカメラの前で、
どうどうと醜態をさらせたのです。

そこから嫌でもわかってしまうのは、
彼らには、それが当たり前の行動であったという事。

つまり自分たちが恥ずかしい行為をしたとは、
思っていないのです。
だって、いつも通りのことをしただけなんですから…。



ふつう、自分がどんな存在かを知るには、
自分以外の人と比べなくてはいけません。

周囲の人々の差異から、
自分がどんな性質であるか知る事ができます。

よく、外国人からは「日本人は親切だ」と聞きますが、
ずっと日本で暮らしていたら、気づけなかったりしますよね。

でも「日本より治安が悪い国が沢山ある」と知ることが出来れば、
「日本人は親切だ」と理解できます。



たぶん、東京都連という伏魔殿は、
日本じゃない場所にあったんでしょう。(^_^;)

だから、一般的な日本人の感情や心情も
おもんぱかれなかったのです。

彼らの集団では、
「自分の都合の悪い人間へは、集団で意地悪をして排除する」のが、
ごくごく当たり前の事でした。
弱肉強食の世界だったんでしょう。
(だから私たちを食い物にするのも、ごく当然なわけです……)


そんな思考の浅はかな、
未熟さゆえの高慢なプライドの人々が、
国を動かしているのは、残念なことです。

と同時に彼らは、滑稽なほど分かりやすく「ネガティブ(分離)とは何か」を
私たちに見せてくれました。

そしてそれは、程度の差はあれ、私たちにもあります。

だからこそ、それがどのようなもので、
どこに私たちを連れていくのかを
冷静に見てゆく必要があるのです。

今回は少なくとも、人を陥れようとする彼らの、
心の闇と飢えに気づけたかと思います。



昔から、人生の指針として善を求め悪を避けよ、
と人は言ってきました。

そうは言っても、それで人類が幸せになったように思いません。
この教えで、東京都連が
都知事に優しくなるとも思えません、笑

だって、善を目指せと言われてもこまるのは、
善も悪も、定義があいまいだからです。

立場によって、善悪は真逆になったりします。
宗教によっても、善悪の概念は違います。
聖戦という訳の分からない言葉さえあります。


また次の問題としては、
二元である、この世界の性質にあります。

右に行った振り子は、次は左に振れます。
左に行った振り子は、次は右に振れます。

善さえ、突き詰めて追い求めると、
反転して悪になります。

また、悪を極めようとすると、
やがてはそれに飽きて、善に戻っていきます。

二元の世界は、陰陽太極図のように、
常に陰陽を内包し、二つを繰り返します。

というわけで、「善を求めよ」という指針は
つかみどころがありません。
また、善になれたとしても
それさえ、固定された状態ではないのです。



では、生きるにあたり、
何を指針にすればいいのでしょうか?

でこぼこのない、平坦な道を歩むにはどうしたらいいか、
考えてみたときがありました。

で、こう結論付けたのです。
「人生を俯瞰しつつ、Holyでいること」だと。

Holy(神聖)の語源は、whole(全体)と言われています。

自我に執着しすぎることなく、全体のために生きること。
始めは家族、それから人類、地球などといったように、
出来るだけ大きな視点へ奉仕できるようにすること。

そして、日常の物事(ドラマ)への
自己の同一視をやめること。


まぁ、私が出来ているかは、非常に疑問ですけれども、汗汗


でも物事を「善悪」でなく、
「統合か、分離か」で基準に見てゆくのは、
非常に分かりやすいです。

人には、動物愛護を謳って、別の人間を傷つける者や、
神のためといって、人々を分離させる人もいます。

この基準でみると、
彼らは、口では愛(統合)といいつつも、
はっきりと分離を選んでいるのがわかります。




………。

ここまで書いていてなんですが、
本当の幸せの達人は、幼子かと思います。(^_^;)

こういったマニュアル(作為)もなく、
ただ、今を楽しんでいるんですもの。

求める物がなくなったとき、
このようなマニュアル(作為)もなくなり、
純粋に、幸せでいられるんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。