私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
助け合うか、奪い合うか。


私のブログを、
読んでいただけるのは、本当にありがたい事です。

だって、スピリチュアルブログと言いつつ、
霊感も特殊な才能もまったくないわ、
理屈っぽいは、なんですものーー!
\∑( ̄Д ̄;)/

うぉぉー誰か、私に超能力をくださいっ!
あ、ついつい心の声がっ。(^_^;)ゞ



ブログを書く事や、有り難く感じられる事。

考えてみると、これって他者がいるから出来るんですよね。
読む人がいなければ、
私は「書く」行動も出来ないと思います。


改めて思うのですが、
他者がいるって凄いです!


喜んでくれる人がいるから、行動する事が出来ます。
(喜ぶ人が自分であっても、もちろんいいですが。)

私はお菓子作りをしますが、
これも、食べてくれる人がいるから出来るんです。
自分だけなら作らないかもしれません。



ただ私が変なのは、あげる事はたやすく出来ますが、
貰うのは抵抗があり、いつも恐縮してしまう事です…。

たぶん、あげることで良いことで、
貰うことは悪いことって思ってるんですよね。
(>_<)

本来あげる事も貰う事も同等のはずなのに。
吸う息も吐く息も、同じ価値のように…。

その同等さが実感できないからこそ、
私は、生き辛さを感じるのかもしれません。


「吐く息が良く、吸う息が悪い」と感じれば、
とたんに息苦しくなってしまうように。



「与える事は素晴らしいが、貰う事は申し訳ない。
助けることは良い事で、助けられることは卑下すべき事。
買う人は強くて、売る人は弱い。」


たぶん、みんなが無意識に思っています。
つまり、片方だけが一方的に恩を売り、
もう片方が「有難う」と言うべきと思われています。

でも、その常識は、
持てる者には価値があり、持てない者は価値がない
という発想からきているんです。
金持ちは有り難く、貧乏人は有り難くないという…。

でも、本当はお互いさまのはず。
あげるほうも貰うほうも、どちらも「有り難い」のです。




人を助けることは、自分を助けることでもあります。

自分の子供やペットには、
自然と喜ぶことをしてあげますよね。

助ける喜びを与えるという意味で、
子供やペットは、私たちを助けてくれています。

ならば、誰が助けていて、
誰が助けれているのでしょう?

分からなくなって当然かもしれません、
だって、私たちは本当は一つなのですから。

助ける時点で助けられ、
助けられると同時に助けているのです。




他者がいることの醍醐味は、ここにあります。

どちらも、支えあっている事に気づく事。

すると、競争社会で常識とされている、
勝者と敗者が居なくなります。

持とうが持つまいが、助けようが、助けられようが…。

どの立場に居ようが、どちらも有難く感じられるほど、
私たちは同等で、素晴らしくなるんです。

貧乏でも自分を卑下しなくていい。
他人の身なりを見て、
媚びたり、さげすむ事もしなくていい。

誰であれ、同じ敬意を抱けるのです。



今までの社会の常識は「持つために奪いあうべし」でした。

この見方ゆえに他者は敵となり、
争いがうまれて、人生は不安になります。

でも、本当の人生の目的が実は、
互いに喜ばせあうことだったら?

誰もが出し惜しみなく、
与え、受け取るようになるのではないでしょうか。

全ての人が、自分の協力者と気づいた時、
地上にパラダイスが生まれるのかもしれません。
(^_^)


本日は56位でした、いつも有難うございますーー♪(*^_^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。