私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お勧めドキュメンタリー番組


この間、あるドキュメンタリー番組に感動したのですが、
また、再放送するようなので、書かせて下さいー。

明日、11/23(月)13:05から、NHKで放送します。

◾︎認知症の私からあなたへ◾︎

これは、51歳でアルツハイマーになった方が、
以後10年間、書かれた手記を元にした番組です。
緒方直人出演の、ドラマパートもあります。

内容は、こんなお話です。

51歳、突然アルツハイマーになってしまった男性。
一人暮らしをしていた彼は、会社も辞めざるおえず、
そして医者にも、一人暮らしは難しいだろうと言われてしまうしまつ…。

はかりしれない絶望感に苛まれながらも、
スマホやパソコンなどを活用し、創意工夫して、
一人暮らしを続けていく彼。

そんな彼の生き様は、
周りの人々に勇気を与えてゆきます。

それでも、時間は、確実かつ残酷に、
彼から能力を奪ってゆき…。


自身が絶望のどん底にありながら、
それでも誰かの助けになりたいと、
認知症理解への講演をし続ける姿に、
はかりしれない人間の強さと、愛を感じます。

何なんだ、この強さ!
マジ勇者としか言いようがない!!


自分がいつ、自分でなくなるか分からない中で、
他人のため、自分のため、力一杯生きていっている…。

ボーディ・サットヴァという言葉が浮かびます。

日本語では「菩薩」となりますが、本来は、
悟りを求める、修行者のことを指すそうです。

ただ、別の違う理解では、すでに悟りを得ているのに、
衆生を助けるため、彼岸に渡らず、
現世で活動している存在のことも指すと言います。

「認知症は不自由ではあるけれど、不幸ではない」
そう語るこの方は、
明らかに、普通の人の何倍も何十倍も、強い魂です。

この方も、自分は大丈夫なのに、
他者を助けたくて次元を下った
ボーディ・サットヴァなのかもしれない、と思うのです。

自身も深い暗闇に落ちながらも、
病気による偏見から分離感をいだく認知症患者と、
健常者双方の心を癒していく彼。

変な話ね、スーパーマンとかはね、
スーパーマンという自分のアイデンティティーを保ったまま、
人間を助けるわけです。
それだと、かなり気が楽だと思うのです、
凄いパワーの自分が、弱い人間を助けるならば、ね。

でもこの人は、スーパーマンなどではなく、
普通の人よりも、ずっとずっと深い苦しみの中で悶えていた。
そして、そこから立ち上がっていった。

もう凄すぎるとしか、言いようがないです。


でもね、凄い、かっこいい、と手放しで喜ぶには、
私自身ヘタレすぎたのも事実で…。

ドラマを見ていて、強さに感動するよりも
ここまでの痛みを経験しなくてはいけないのかと、
そこばかり辛くて胸が痛かったです。

強さを表すには、困難が必要なのも分かる、
にしても、過酷すぎる状況じゃあないのか、と。

けれどこの方は、「アルツハイマーにかかる前の生き方よりも、
その後の人生が好き」と言い切るのです。

ほんと、まじ勇者すぎますよね!!



本日は59位でした、皆さまいつも有難うございます!
もし良ければ、番組、見てみてくださいー(^ ^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。