私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アレルギーと発達障害 その2


またまた、更新遅れてすみませぬ!(>_<)

ではでは、前回の続きを書きますねー。


近年になって倍増するアレルギーというのも不思議でした。

一世代前は、アトピーも花粉症も食物アレルギーだって、
めったにいなかったのに!

それが今では、人類が昔から食べていた物でさえ、
人によっては、命を奪うものになってしまった…。

本来、食物だったものに、
免疫系が、敵と認識して攻撃する。
自身の過剰反応が、自分を死に至らしめる。

それは、同じ人間を、敵とみなすゆえに滅ぼしあう、
人類へのメタファーではないかとさえ、思っていました。


まぁ、そこまででなくとも、
少なくとも、身体の反乱、免疫の誤作動と思っていたのです。

しかし、それは違っていたようで
秋山さんのお話では、
身体は最善のことをやっているようです。

彼の話だと、あるべきでない場所に、
食物や花粉が入り込んでしまうから、アレルギーになると言うのです。

あるべきでないところ…。それは、血管内。

「現代医学では、アトピーは皮膚の病気と思われていて、
皮膚科に行きます。
でも、ホリスティックな医療だと血液の汚れの病気なんです。
血液の汚れを皮膚から排泄しようする、毒出しの反応。

アトピー自体が悪いのではなく、出しきれずに、
だらだら反応が続いてしまうのが問題なんです。

でも、医者は、原因を探ろうとしません。
今起きている反応を止めることしか興味がない。
だから、抗炎症剤を塗るんです。

でも、アトピーにステロイドを塗ると、
皮膚の炎症は治りますが、
喘息になることが多いんです。

それは、毒の出口が、皮膚から肺の方に移動するからです。
これは、病理を深くすることです。」



そして、血管内に、
異物を入れてしまう原因を作ったのが、
巷に溢れている化学物質。

秋山さんは、予防接種、抗生物質や医薬と言っていましたが、
農薬、添加物も、きっとそうでしょう。

そして、もう、それを直接摂取しなくても、
汚染は、次世代に引き継がれています。
だから、生まれながらにアレルギーの子供がいるのです。



アレルギーは、血液の汚れ。
ならば、なぜ、血は汚れてしまうのでしょう?

例えば…。
蚊に刺されると、毒物が皮膚に入ります。

kekkann1.gif

すると、血管内の白血球が、血管から出てきて、毒物を食べます。
そのとき、血管壁に、白血球が通る穴が一瞬開きます。

それが「腫れ」です。
その腫れが神経を圧迫すると、痛みや痒みを覚えます。

kekkann2.gif

通常は、白血球が毒物を取り除くと、
腫れが引き、血管のスキマも閉じます。

しかし、人は痛みを止めようと、抗炎症剤を塗るので、
この反応が無理に抑えられます。
身体は、毒出しの反応を起こしたいれけど、薬で起こせなくなる。
これは、一緒に、アクセルとブレーキをかけているような状態です。

この緊張で、急性炎症だったものが、慢性炎症になります。
血管のスキマも、開きっぱなしです。

だから、粘膜や皮膚から、
食べ物や花粉のタンパク質が、血液に入るようになるのです。

その異物に対抗して、免疫が抗体を作ります。
それが、アレルギーです。

くしゃみ、鼻水、腫れといった症状は、
異物を外に出そうとする、身体の知性なのです。



むろん、異物、毒物であっても、
体外にあるのなら、問題はありません。

例えば、口から肛門といった消化器は、一本の管です。
消化管の内側は、身体からみたら、外部・外側。

その外側を、食べ物や空気などの異物が通過するぶんには、
問題はありません。
食べ物が、血管に入りこめないからです。

もちろん、これは身体が正常な場合です。

現代人は、血管壁に、スキマが空いているのが普通になっているから、
鼻や腸といった粘膜から、容易に異物が入り込んでしまうのです。


私たちは、抗生物質や化学物質を餌にまぜ、
食べ物である家畜や卵、牛乳を汚染させています。
野菜だって、土地や肥料が汚染されていたら、安全ではないでしょう。


私たちがアレルギーに苦しむとき…。
対処療法的に、症状を緩和させるだけでなく、
本当の原因まで思いをはせることが出来たら、と思います。

自らと地球環境を、汚しきってしまったのが原因なのですから。
気づけば、やめる事も出来るはずですから。



本日は62位でした、皆さまいつも有難うございます!(*^_^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。