私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
知るほどに、知らない…汗


今日、ある人と話していて、
スピリチュアルに馴染みがない人は、
スピ的な考え方は、まったく受けつけない事を実感。

まぁ、当たり前ですけれども。(^_^;)

かと思えば、黒斎さんや、秋山さんなどのように、
思考モードが上すぎて、私などでは理解できない人もいる。

いろんな人がいて、いろんな価値観がある。

で、どれも間違っていないけど、きっと、どれも本当でもないのだろう。
もちろん、まっさきに私の考えからしてそうですが。

…結局、私は何も知らないんだなぁ。

何かを知れば知るほど「知らないという事」だけが身に染みて分かり、
なんだか、うつうつとします。

このブログにしたって、
事実をきちんと書こうと思えば思うほど、
それは、絶対に出来ないことを感じてしまう。

例えば、今度書く予定の
高野山旅行の記事だってそうです。

私の知ることは、私の主観にすぎず、
事実の断片化、ごく一部にすぎません。

全体が真実なのに、何かにフォーカスしているから、
切り取られて、何か違うものに変わってしまう。
私という主体が断片だから、仕方ないのですが…。


かつて…私の中で、白黒がはっきりしていた時代。
何が真実で、何が悪か分かっていた頃。

そんな時だったら、迷うことなく、
自分の事実を、世界の真実と言い切ったでしょう。
自分の意見を、誰かにむりやり押し付けることもしたでしょう。

ネットに溢れている、
スピリチュアルリーダーや宗教などにたいする、
強烈な批判や、熱烈な盲信の記事。

そういう事を、好んで書いたかもしれません。

でも、今の私は何も知らないから、書きようがないのです。

強烈な批判や、熱烈な信奉。

今の私からみると、それらの行動は、
清々しいまでの一本気であり、
その迷いのなさには、美しささえ感じます。

でも、自分がその価値観に戻りたいかと聞かれれば、
迷わず、NOなんですけれども。(^_^;)

それは、結局、苦しみに繋がることを知っているから。
それは、真実でない事を知ってしまったから。


今回、高野山に行ったのは、
前々から、一度は行きたかったこともあり、
高野山の節目の年でもあり、行きたい友人がいたからです。

で、人から勧められて、高野山で、
サイマーさんという聖者のダルシャンも受けることになりました。
(結果的に、先に東京でもダルシャンを受けましたが、高野山行きを決めたのが先です。)

サイマーさんは、信者が欲しいのではなく
私たち一人一人が、マスター(覚者)になることを目指しているそうです。

これは、イエスが言っているメッセージ、
私と同じわざがあなた方も出来るであろう、
というのを彷彿とさせて、とても好きです。

イエスもサイマーさんも、
自分も皆も、まったく同じであると言っている聖者。

しかし、力ある師であればあるほど、
受け手は、その力強いメッセージよりも、
師のもつ力の方に、惹かれる面もあるわけで…。

高野山の記事は、ゆくゆく書きたいと思います。


あれ、その前に、秋山さんの記事も書くはずだったよね。(^_^;)
ってことで、次はがんばります!

また、私とご一緒してくれたtomokoさんが
高野山の旅の記事を、既に書いてくれています。

◼︎節目の聖地 第2章  丹の女神◼︎

なるほど、こんな風にtomokoさんは、感じていたのだなーと面白いです。
一緒にいても、感じることはさまざまだし、真実は一つじゃない。
それもまた楽しいですよね。(^ ^)



本日は45位でした、皆さま有難うございます!
こんな遅い更新速度なのに、感謝です。(*^_^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。