私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
裁く事と、視野の狭さ


先日、弁護士であり、
ホメオパス(ホメオパシーを使っての診断や治療をする人)でもある、
秋山佳胤氏のセッションを受けてきました!

秋山さんのセッションの話は、以前友人から聞いたものの、
その時は聞き流していました。
というのも、ホメオパシーのセッションは
他で受けたことがあったからです。

んが…。
後に、秋山さんは、不食の人と聞いて俄然興味がっ!

た、食べないですとー!?


友人に勧められた、彼の本を読んでみたところ、
水さえ飲まないとの事でした。

うおー、これは会ってみるしかない!

すぐに予約をし、待ち続けて半年後、
ようやくセッションを受けられたのでした。

んが……まだ全然まとめてないので、
この話は、またちょいと先ですー。

なので、今日は書きかけていた記事にしますね。
でも、これも、秋山さんのセッションのお話に、
繋がるかなーと思っています。

~・~・~・~・~

裁く行為は、まるで、
巧みな手品師が行う、マジックショーのようです。

マジックには、実際にはタネがあるのに、それを悟らせず、
観客をイリュージョンの世界に、どっぷり惹きつけます。

裁く事(批判や敵対)は、
真実から目を逸らすためのトリックです。

また、「批判」の逆にも見える、
「賞賛、絶賛、盲信」といったものも、同じ効果を生みます。

腕の良い手品師は、
マジックにタネがあることを悟らせません。
タネが見えそうなときは、
観客の目を、ある一ヶ所へ釘付けにします。

観客がそこに集中しているときに、
こっそり別の場所で、トリックを仕掛けるのです。

手品師の思惑通り、その一点(批判)に集中していれば、
私たちは、タネを仕込むところ(真実)を見ることはありません。

真実を見るには、
批判や盲信といったもの(一点に集中する事)をやめ、
全体を見る必要があるのです。



私が気になるのは、真理を説いていると言いながら、
誰かを裁いたり、または、神のように祭りあげる人たちです。

善意である場合が多く、そういう面で仕方ないものの、
しかし実際、彼らがやっていることいえば、
トリックに集中し、イリュージョンを継続するように、と教えているのです。

軽やかになるための翼のかわりに、
重たい鎖(社会意識や常識)へ繋ぎ、
個人の喜びよりも、重たい社会意識に隷属することを教えるのです。

もっとも、イリュージョン自体は悪いものではありません。
マジックショーはタネが分からないから不思議で面白く、魅了されるのです。

このように自覚してトリックを楽しむ分には、問題がないのですが、
しかし、無自覚にショーを観るならば、それは苦しみになります。

マジックショーでは、美女が真っ二つに切られたり、
刀で串刺しになったり、首が切られたりします。
それを真に受けるならば、まさに地獄ですよね。


さて…。
スピリチュアルを説くものが、
自らもイリュージョンに埋没してゆくさまは、滑稽ではあります。

しかし、こういうやり方…つまり、批判や敵対は、万人受けします。
世間では、馴染みの考え方だからですね。

巨大掲示板の2ちゃんねるでは、
批判合戦は「祭り」と呼ばれ、
たくさんの人が参加したり、見に来ますが、それもそのせいです。

このように大衆に支持されるものですから、
説く人も、真実と思い込めるのです。


でも、もしも、スピリチュアルとは、
「よりよい生への追求」と定義するなら…。

やっぱり、従来続けてきた考え方から、脱する必要があります。

無意識の感情的反応にかわって、
自覚的に、自分の好きな感情を選ばなくてはいけません。

反射的に起こる「批判」や「盲信」が、
どのように自分の人生に作用するのかを知らなくては。

批判をすることで、
自らを無力な被害者と見なすことも出来ます。
また、何かを絶賛することで、
自分を取るに足りない存在と感じることも。

しかし、それを
「真のあなたは、パワフルな霊的存在であり、
神そのものである」
というマスター達の教えと、
どのように整合させたらよいのでしょう?


社会意識、常識、集合意識、無意識、自我。

そういった過去から生まれる反応(カルマ)を、
距離を持って見る必要があるのです。

でないと、いつまでも同じことを繰り返すばかりで、
好みの現実を創ることが出来ません。

もちろん、批判したり、絶賛するのは仕方ありません。
(実際、よっし〜もよくやってしまいます (^_^;) )

ただそれを「静かな今」から、距離をおいて見ましょう。
それは、過去の反応が起きたのだと、「今」観察しましょう。

「今に居る」時は、過去のマニュアルは参照していません。
するともはや、鎖に縛られていない事に気づけるのです。



本日は31位でした、読んでくださる皆さま、有難うございます♪

実は、人気ブロガーのノラドラさんが、前回の記事を紹介してくれたおかげで、
この数日間、来客数が凄いことになってましたー。
一番多い日で来客数が198と、いつもの約3〜4倍でしたし、
ランキングが31位は、ここのランキングに移ってからの最高値です。

ノラドラさん、ありがとー!
でも、こんな怪しすぎるブログを紹介して、
ノラドラさんの方は大丈夫なのかが、かなり心配です…(;^_^A
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。