私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
エゴが嫌いな話


もし…。もしねっ(^_^;)

先月の黒斎さんの講演の記事を
楽しみにしている方がいらしたら、ごめんなさい〜。(>_<)

その記事は書かなくていいかなーと思っちゃってます。
というのも、皆の興味を惹かないと思うから。

前回の月イチ☆は、毒舌編と銘打たれていたんですね。

ただ毒舌といっても、誰かに対してではなく、
自分…つまりエゴに対して辛口ということだったのです。

簡単にいうと、一元論の話だったのですが、
それは自身の存在を脅かすので、
エゴにとって面白くない訳です。

もちろん、話が面白くないとなると、
講演としては成り立ちません。
人が集まらないと講演になりませんからね。

だから、黒斎さんはあえて、
エゴにとっても、興味深い二元論の話も織り交ぜて、
面白い講演にしているのです。

でも、先月は一元論ぶっちぎりにしたらしい…。
だから、そのお話は、エゴには面白くないわけです。


さて…。
エゴにとって面白くない話題ってなに?という方のために、
ちょっと私の体験を話したいと思います。

今回、講演に行く前からずっと、
私自身、やる気が起きないというか、
気分が低迷していたのですね。

なんでだろうと思っていたのですが、
ある時「私」を成長させることに、
興味が薄くなった事に気づいたのです。

もちろん、以前からエゴ(私)というのは、
幻想だとは知っていました。
でもそれは、単に本で読んだ知識だったんです。

それが、ごくわずかですが、
感情部分で腑に落ちたのかもしれません、
自分の重要性がやや希薄になったのです。

むろん、悟りを開いたわけでもなく、
ニルヴァーナなる絶対的安心感を得たわけでもありません。
だから、よけい始末に悪いんでしょうけど…(^◇^;)

で、自分という重要性が希薄になると、
世間の考え方と、本当にずれちゃうんです。

世間のすべての活動は、
すべて自分という属性を増やすためだということが、
はっきりくっきり感じられてしまう。
(もちろん、スピリチュアル業界も例外ではありません)

自分の金、自分の物、自分の意見、自分価値やスキル、
自分の家族、自分の子孫、自分の……自分のモノを、もっともっと!!


とにかく、自分を増やすための活動ばかりしている。
というか、それしかやっていない。

人がやることは、多種多様な活動に見えますけれど、
つきつめて考えると、最終的にはそれが原動力なんです。

考えれば考えるほど、
その価値観は、それは「単純に生きる事」に比べたら、
あまり大したもので無い…。

それに気づいてしまうと、
まるで、みんなが野球をやっているなかで、
自分だけ、ゲームの外に出てしまった違和感が生まれます。

ゲームから抜けたことで、
どんなゲームをしていたかが、客観的にハッキリ見える。
けれども、仲間に入れなくなったことで、生きることがより苦しい…。

エゴは、楽しくゲームをしていたいのです。
ゲームから外れる話など、聞きたくありません。
ましてや、その行為が自分の優越感を打ち砕くものなら、なおのこと。

(一元論では、誰かより優れることが出来ません。
全ては一つなんですから、平等だし比較など出来ないのです。)


以上が、エゴが一元論を聞きたくない理由です。



しかし、その痛みを超えてなお、
エゴが、本質を見なければならない時代が来たと思います。

エゴが悪いからでも、エゴが不要だからでもありません。
単純に、エゴが強くなり過ぎて、
自身と世界を滅ぼすほど、バランスが悪くなったからです。


今の世では、「単純に生きること」が軽んじられています。
現在の地球の資源であれば、全人類の最低限の生きる糧は、
まかなえるはずです。

でも、エゴには、そこには興味がない。
「単なる命」には、興味はないから。

それより「萌え」みたいな、架空のものが大好きなのです。
必要以上の金品を集めたがるのも、
それに付随する「萌え」を得たい為なのです。

それは、名声とか、羨望とか、人々からの愛、
ステータスといったものでもあります。

そのような「萌え」は、「生きること」の現実性に比べたら、まったく幻想です。

考えてみてください、現実の紙には、裏も表もありますね。
しかし、「萌え」とは「表しかない紙がある」と考えるようなものです。
ある事象において、ポジティブだけを切り取れると信じる行為です。

もちろん、幻想と知って「萌え」を楽しむことは良いことです。
すでに、アニメやアイドルなどでは、
皆がそれを、ある種の幻想として楽しんでいますよね。

ただ、現実にたいし、努力すればポジティブだけ得られると信じることは、
まったく現実的ではありません。
でもまだ多くの人が、現実社会で幻想を追い求めているのです!
だから、リアルな命が、ここまでおろそかにされるのかもしれません。



そして、エゴは、上に立ちたいがゆえに下を欲しています。
人々がそう考える理由は、邪悪だからではありません。

その根底には、底知れない飢えがあるのです。

自分はもっと沢山得て、もっと他人から愛されないとダメ。

でないと…
でないと…生き残れないかもしれないから!

ほら、降り出しに戻りました!!
だって、今あなたが生き残っている、
つまりゴールにいるんです!

生き残っているのに、さらに生き残りたいから
優越感を求め、他者を軽蔑し、
隣人や隣国といさかいを起こすのです。


では、初めから、
生き残りをずっと保証されている社会なら?

人類の誰しもが、最低限の生活を保証されていたら?
生きる事に、誰も不自由していなかったら?

誰かを見下すことも、優越感を求めることも、
必要以上のお金、社会的地位、
名声を求めることも、もはや必要なくなるでしょう。

そうなれば、自分も他人も傷つけることなく、
ゆったり生活できます。
義務感からではなく、喜びから仕事をするでしょう。


でも、その前に、私たちは、優越感を諦めなくては!
そして、他者の不幸を望むことも、ゴシップも、
誰かを見下すことも。

それはつまり、エゴの欲求を認めつつ、
自分がエゴでないと知ること。

エゴがやっているゲームを知りつつも、
そのゲームが全てだと思い込まないこと。


さて、あなたは「生きる事」を重視しますか、
それより「他者より優れる事(萌え)」を望むのでしょうか?



本日は56位でした、
拍手や応援クリック、いつもありがとうございます♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。