私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
常識という鎖


最近は、灼熱地獄のような暑さがすぎて、
ようやく過ごしやすくなってきましたね!


これは2週間ほど前、まだ暑かった時のお話です。

まるで陽射しが刺すように痛い昼すぎ、
植木に霧状モードのホースで水をやっていたら、
とかげくんが物陰から顔を出しました。

何となく出来心で、とかげくんに霧を吹きかけたところ、
思いのほか、心地よかったようです。
どんどん身を乗り出してきました。

で、全身に水びたしにしたあと、
霧を噛むように、口をパクパクさせてから、
物陰へ隠れてしまいました。

あー行っちゃった…ちょっと残念に思う私。

すると、それが通じたのでしょうか、またも出てきて、
今度は、私の足元までやって来たのです。

おおう、臆病者のとかげ君にしては、
なんたる大胆! Σ(゚д゚lll)


さっそく水をかけてあげると、
今度は身体をよじらせて、背中とお腹にまんべんなく水をこすりつけ、
口をパクパクさせてから、ゆっくり去っていったのです。

あー涼しくて、気持ちいー!

言葉が分かる訳じゃないけれど、
確かにそう言ったように感じられて、満足したよっし~なのでした。

あーかわゆいな!
どんなに小さくても、誰かを喜ばせられると、
こっちも嬉しくなるものだよなぁ。


それに、これって、誰でも皆そう感じるはずだよな。
暑いなか、ぼんやりそう思っていました。

もちろん…。
沢山の人間が他人の足をひっぱっています。
他人の不幸が好きだったりするし、他人を妬んだり、ゴシップ好きです。

でもそれは、この競争社会において、
誰かが不幸にならないと、
自分が幸せになれないと教わったからだ、と思うのです。
そして、誰かを蔑まないと、自分を肯定出来ないからだと…。

でも、自分の利害に関係ないところなら…。
そして誰かが自分の存在を喜んでくれるなら、
自然に人は、誰かの喜ぶことをしてしまうものじゃないでしょうか。

小さな動物や赤ちゃんに接する人々を見ていて、そう思います。

みんながみんなの喜びを願う。

それが出来れば、この世は一瞬にして
天国になるのだろうと思うのです。


もちろん、その前に、
自分をニュートラルな状態へ戻す…
つまり、心の傷を癒さないといけないとは思いますが。

でないと、自分の価値を高める為には他者を蔑むべきだ、
という世間の常識に取り込まれてしまいます。

世間がどのようにして自分をコントロールしていたか、
そして、自分の本当の望みは何なのか…。


それに気づいてやっと、常識という鎖から、
自分を自由にすることが出来るのだと思うのです。

どうか「全ての人が幸せになるなんて、絶対に不可能だ」という常識から、
全人類が解き放たれることが出来ますように。



本日は93位でした♪読んでくださってありがとうございます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。