私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
一元論と二元論


ひさびさに先月末、
黒斎さんの月イチ☆講演に行ってきましたー!

(今は黒斎さんじゃなくて、黒澤さんだけど、
旧HNも捨ててないみたいなので、黒斎さんのままにします。)


今回のテーマは、
上座部仏教(初期仏教)と、大乗仏教の違いでした。

おう、私のためにあるような講演だ!

というのも、かなーり昔の話ですが、
ちょこっとだけ、ヴィパッサナー(上座部仏教の瞑想)の瞑想会に
行っていた時があったのです。

そして同じ頃、大乗仏教のお坊さんから、
気功や、ちょっとした仏教の所作を習っていました。

ちなみに、上座部仏教とは、
初期仏教やテーラワーダなどと呼ばれ、
ブッダの教えが色濃く残っている教えです。
スリランカやタイなどに伝わるものが、この仏教だそうです。

一方、大乗仏教は、
中国で儒教の影響を受けて日本へ伝わった仏教です。
大乗には、衆生を救うという意味があります。

個人的には、記憶力が必要な大乗仏教に比べ、
(お経、細々とした所作、膨大な知識を記憶することが必要…そう私向きでないの、汗汗)
哲学的でシステマティック、
大乗よりもシンプルに思える初期仏教の方に共感していました。

そして、大乗仏教のお坊さんが、
しょせん小乗(自分一人の救済を意味する)と、
初期仏教を軽んじていたのも、気になりました。

自分が救われてなくても、他人を救えるのだろうかと思ったのです。

さて、初期仏教の方に心引かれていたものの
初期仏教なら、全部同意できたかというと、それも違いました。

というのも、守らなくてはいけない戒律(五戒)が、
あまりにも厳格だったからです。

例えば、嘘はついてはいけないのですが、
お世辞はもちろん、愛情からでも嘘をつくことは許されません。
たとえば、病人を思いやって
病名を偽って伝えるのもNGなのです。

また、ちょっとのアルコール摂取も禁止ですが、
もちろん作ったり売ったりもいけません。
そのため、その瞑想会では、
酒造を生業にしていた人が、職替えしてしまったとも聞きました。

ここまで厳密に、戒律を守ることに注意していたら、
日常生活がかなり制限されてしまう…。
やっぱり宗教になると、どこかしら窮屈だなぁ。
自由に生きることを目指して、学びはじめたことなのに、
ますます不自由になるのはやっぱり変だ。

って思ったら、行かなくなっちゃいました…(^_^;)



さて、黒斎さんの講演では、
二つの仏教の話から、一元論と二元論の話になってゆきます。

一元論である初期仏教と、二元論である大乗仏教。

ちょっと難しいので、まとめられるか分からないけれど、
もし出来たら、他の機会にでもやりたいです。

自我の存在が、苦の原因であるとし、
自我の解体を目指す一元論。
たいして、自我のニーズを叶えることで、
幸せになろうとする二元論。


精神世界の教えは、
これらの反対の方向性のものを混同、混合していたりします。
(無意識の場合もあるし、自我の反発を恐れて意図的に変えている場合もあります)
だから、スピリチュアルは、理論的でないというか、
よく分からないものも多いのです。

分からないから怪しさにつながる、と黒斎さんは言います。

(ちなみに、一元論、二元論の違いについては、
奇跡のコースの解説本とも言える「神の使者 ゲイリー・R・レナード著」が
一番わかりやすいと私は思います。)

黒斎さんは、一元論は本当に人気がない、
それについてブログに触れようとすると、コメ欄がすぐ荒れるといいます。

一元論がなぜ、ここまでの抵抗にあうのか。
また、本来一元論だった教えでさえ、なぜ二元論に替わってしまうか。

このあたりも、「神の使者」がとてもわかりやすく説明しているので、
ご興味がある方はぜひ。



さて、このような自我の抵抗とは、いかなるものでしょう?
もし、興味がある方がいましたら、
試しに以下の思考実験をしてみて下さい。(^_^)

◾︎哲学者「この世界は5分前にできた」 ←感情論抜きで論破できる?◾︎

◾︎哲学的な何か、あと科学とか 思考実験(2)どこでもドア◾︎

どちらも真剣に考えると、
なんだか、ちょっと不安になりますよね。

もしかしたら、自分の記憶は全て作られたものかもしれない?
(自分というアイデンティティーは確固たる存在じゃない?)
身体の物質全てが置き換わった自分は、本当に自分なの?

ここで不安になるのは、自分は幻想かもしれないということを
自我が感じるからなのです。

もし、初期仏教や奇跡のコースがいうように、
自我が本当に幻想であるならば…
そして、覚者や学者が言うように、時間が幻想であるならば…

この思考実験の仮説も、あながち間違ってないってなるのが
ある意味シュールですよね…(^_^;)



本日は60位でしたー。
拍手や応援クリック、励みになります、ありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。