私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
得って、いったい何?


ココナッツオイルと、
エゴマ油や亜麻仁油などといったオメガ3系オイルの
フィーバーが落ち着いてきました。

やれやれ!
ようやく問屋で、ココナッツオイルの発注制限数がなくなり、
自由に注文できると思った矢先のことです。

ふと気づくと、その問屋さんでは、
ココナッツオイルがセールになっていました。

これはもしや…

問屋でココナッツオイルが
売れずに余っているって事?!


確かに最近は、店頭でも、
ココナッツオイルやエゴマ油はほどんど売れません。

想像してみるに…

ブームになったから、品切れになってしまう。
それを間に合わすために海外へ大量発注する。
しかし、それが日本につく頃にはブームが去って売れなくなる。
ゆえに不良在庫の山を抱える…。


もしかしたら、地道に商売をしていた業者さんは、
そんな憂き目に合っているのかもしれません。

小さな会社なら潰れてしまうかもしれません、
以前、記事で書いた高野豆腐メーカーさんのように。

◾︎ 自分の為に生きるということ 2 ◾︎

では、ココナッツオイルが売れて得をしたのは、
一体誰なんでしょうか。

前もってブームがいつ来て、
いつ去るかを知っていた人ではないでしょうか。

あらかじめ、沢山のココナッツオイルを輸入しておき、
(ブーム前なら値段も安いでしょうし)ブームが来たら一気に放出する。
その在庫がはけるまでは、マスコミで何度も取り上げさせておく。


でも、フィーバー(熱病)はその名の通り、いつか去ります。

恩恵は、どこぞの力ある人だけが受け、
ツケは、地道に商売をしてきた人たちが払う…。

現代の世の中は、情報が先んじて得られれば得をします。
株などは分かりやすいですよね。

でもそれは誰かの損の上の成り立った得なのです。
それは、本当に得と言えるのでしょうか?



情報を制する人は、
確かに大きな力を手にするのでしょうが、
その大きな力によって、
自らの首を絞めているだけかもしれません。

だって、私たちは本質では一つなのですから。
本当の得とは、winwinの関係でなくてはならないはずですから。


人は人から、飽くことなく搾取していますが、
それより大規模に奪っているのは、声なき自然や動物からです。
そして、その結果が今の地球環境です。

環境汚染のなかでは、もはや勝者は誰もいません。
もう、そこから何かを学んでも良い時期ではないでしょうか。


分け合えば、
皆が心配せずに暮らせる豊かさが地球上にはあります。


考えてみてください。
昔にさかのぼると、住民全員が食糧の生産や収集に関わらないと、
食べてゆけない時代もあったのです。

ところが、今の日本はどうでしょう?
マスコミやゲーム関係、映画やアミューズメントパーク、
直接生存とは関係のない、娯楽に特化した職業が沢山あります。

食料生産に関わりのない職業従事者が、こんなに多いのに、
皆それなりに食べてゆけるのです。

むろん、日本には輸入品が多いせいもありますが
地球規模でみても、第一次産業で働く人数は限られています。
なのに、70億の人たちが生きています。

もちろん、飢えている人も多いですが
これは、技術や食料不足のせいではないでしょう。
単に心の問題であり、私たちの心の飢えが原因だと思います。

例えば、生産した穀物全体の40%が、食肉用の家畜の飼料に回されます。
もし、一人一人が食肉をちょっとでも減られば、
穀物はかなり余るでしょう。
その穀物を直接人が食べれば、食糧危機はなくなるはずです。

また、農業用地や家畜の飼育用地として、
貴重な原生林を、切り開くことも無くなるでしょう。


誰かより優位に立とう、
誰かより贅沢をしたいという一人一人の思いが
この世界を作ったのです。

誰かの上に立つというのは羨ましい事、
幸せな事だと世間は言いますが、本当でしょうか。

何が自分にとって本当の幸せかを、
一人一人が考えるべき時だと思うのです。

皆が上に立ちたい、
もっと得たいと思っているからこそ、
私たちは、必死で働いています。

その結果、仕事が苦しみになり、同じ人間を見下すようになります。
自分より持っていない人間を、です。
誰でも、地位、お金、物、美しさ、力を持っていなければ、
尊敬するに値しないというわけです。


さらに、今の社会では、
持たないものは、
生きる上での基本的なサポートも受けられません。


だからこそ、人々はいつも不安でいっぱいです。
見下されないように見栄を張り、
将来のために、コマネズミのように働くしかないのです。
それこそ、忙しさで心や命を失うほどにまでに。

でも、本来、人は「生きている事自体」が
敬われるべきです。

「持っているもの」でなく「命」が素晴らしいから、
互いの存在を尊敬しあうべきなのです。

それがもし出来きるのなら、
あとは放っておいても、
生きるためのサポートは無償でする社会に
なってゆくことでしょう。

だって、分け合えば、
それくらいの豊かさはこの地球にはあるのですから。

それが、本当の文明だと思うのです。
それは、一人一人が命の心配などせずに、互いに支え合う社会です。

物を持たなくても、なんら心配でなく、軽蔑もされない。
だから、自分に自信を持てるし、
他人にも愛と敬意を持つことが出来る。

そしてもし、自分や他人を愛しているのなら、
皆のためになる仕事が、喜びにならないはずがないのです。

こうして、誰もが幸せな世の中が生まれます。

それは、一人一人の意識が変わることによって。
曇りない目で、今の間違いを見据えることによって。




本日は58位でした♪
応援してくださる皆様、いつも有難うございます♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。