私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
その後のにょろちゃん グラウンディングできない危険性
私の働いている食品店には、カフェがあります。
で、私は、食品販売店(ショップ)で働くのが主ですが、
ときには、カフェの仕事に入ることもあります。
そんなに難しい仕事ではないので、入って1ヶ月くらいで
私は、カフェを回せるようにはなっていました。

問題は…にょろちゃんです。(にょろちゃんについては、「ココ」を見てね♪
彼女は、入って4ヶ月目ですが、ショップの仕事が手いっぱいで
カフェの仕事をまったく覚えていない。
ぼんやりキャラなので、なんとなくそれが許されていましたが…。

しかし、人手が足りないせいもあり、
少しでもいいから覚えてもらおうと、カフェスタッフが教えることに。
が、すぐにカフェスタッフが困りました。

なぜかと言えば…。
教えようとすると話はきいている様子で、素直な感じはする。
しかし、その後、やらせるとまったく出来ない。
「覚えられないならメモをとって」と言っても、うなずきはするけど、
あいまいに濁して、結局はメモをとらずに済ます。

実は、ショップでも、そんな態度であまり仕事を覚えないのです。
でも、カフェの人は、そのことは詳しく知りません。

それで、社員Yさんと私とで、やる気があるかどうか、
彼女の真意をただそうという話になりました。
しかし、ウルトラスーパーナイーブ少女(でも30代)なので、
私たち二人から聞かれたら、胃痛を起こして休んでしまうかもしれません。

で、社員Yさんが、一人で聞いてみる事に。
そして、その状況をその日休みだった私にメールしてくれました。

Yさんが「カフェの仕事を、多少でも覚えてもらわないとみんなが困る」と伝えると
何やら悩む様子。
で「悩む事があれば言って」というと、
「将来的にフェイスエステをやりたくて、お金がたまったら、ここを辞めてそっちを勉強したい。
ただ、それがいつかは決められない。
でも辞めるなら、皆が教えてくれたことが、無駄になって
迷惑をかけて申し訳ないから、カフェの仕事はやれない。
今はショップの仕事だけでも手いっぱい」と言ったそうで。

でもね、彼女、店の仕事も十分やれてないんです。
そして、カフェのみならず、ショップの仕事も覚えないから、
今の時点で、すでに迷惑がかかっている。

今まで、この人すごいボケキャラだから、
仕事が覚えられないのだと思っていたの。

どれくらいのボケっぷりかというと…
宅配便の荷物の大きさの測り方が、なかなか覚えられなかったり、
(縦、横、奥行きの合計をメジャーで測るだけ)
ポイント計算に必要な「500円の100分の1は幾つか?」が計算できなかったり。

でも、覚えられないだけでなく、覚える気もなかったのだと知り…。
マナさんが言っていた「この人、自分のことしか考えていない」って、本当だったとガッカリ…。

それで、すごく感じたことがあって。
にょろちゃん、現実がうまく行っていないのは、自分でも分かってる。
でも、自分が変わる気はまったくない。
そして、スピ系に傾倒している感じからして…。

霊的に敏感な自分を特別視しているから、
変わらなくてもいいと思っているかも、
って事。

現実がどうであるかが見れない、地に足がつかない、グラウンディングしてない。

うまくゆかないのは、私が霊的に敏感なためで、悪いのはまわり。

スピリチュアル系で一番、怖い落とし穴…。

もちろん、自分は特別とか凄いって感じたり、エゴを肥大させる事なんて誰しもあることです。
思春期なんて、誰もがそう。

しかし、怖いのは、それにスピ系や宗教が加わること。
「正しさ」が入ると、エゴの肥大は歯止めがきかなくなる。
霊的に優れていたり、真理を知っているという「正しさ」は、時に人を殺めもする。

オウム事件の時は、ほんとに考えました。
私も、宗教や真理に興味があったから、人ごとでは無かったのです。
たぶん、オウムに入った人もはじめは「人生とは、真理とは何か」を真剣に求めていたと思うし…。

道を間違えることなく、精神世界を歩むにはどうすればいいのだろう?
ずいぶん考えて出た結論は…。神聖さを持つ事。

英語の「神聖な holy」はもともと「全体 whole」から派生した言葉だそうで。
そう、神聖であるとは、全体性である、という事なのです。

「私」、「私」のもの、「私」の宗教…。それらは分離した個、エゴを強化します。

しかし、本当に神聖(全体)でありたいなら、
「私」をぬけて、より大きなものに貢献する必要がある。
「私」よりも大きな「私の家族」へ、それが出来たらもっと「大きな組織」へ、
そして「人類全体」、「地球全体」へと広がるような貢献に。

そして、皆が幸せに、という願いは、
自我を縮小させるだけでなく、「危険な思想」とは、かけ離れた願いでもあります。

目覚め体験をした人は、自分は特別ではない、と知るそうです。
人は誰しも、特別さなどなく、同等で同じものである、と。
それを実感できることが、本当に特別で素晴らしい事なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

え〜、疲れますねぇ;
自分もにょろちゃんみたいにならないようにしようっと!
can | URL | 2012/06/11/Mon 19:27 [編集]
canさん♪
こちらに帰ってきたんですか?(^∇^)
コメントいっぱい有難う♪
また、ぜひ、会いましょうね!!

あと、canさんは、気をつけなくても大丈夫!
にょろちゃんみたいな人には、まずなりません!

でもさ、私に、何らかの要因があって
にょろちゃんを引きつけているなら
どうにかしないとだよね…(^_^;)
試練だなぁ。
よっし〜 | URL | 2012/06/11/Mon 22:48 [編集]
まだ、ちょっと行ったり来たりな感じです(^_^;)
よっし〜さんは、何で今までブログをやってなかったんだろうと
思うくらい、書くこと沢山あっていいですね☆

う〜ん、引き寄せてるのを自分のせいにするとちょっと苦しいですよね。
試練ですね〜(>_<)
あまり無理せず、お体ご自愛ください。
can | URL | 2012/06/12/Tue 21:46 [編集]
そっか、
canさん、しばらくは大変そうですね…
家族が病気っていうのは、やっぱり試練ですよね。
でも、振り返って見て、
良かったと思える時がくるかもしれませんよね。
早くそうなるといいですよね〜祈ってます!
よっし〜 | URL | 2012/06/13/Wed 00:09 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。