私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゆとり(遊び)としてのヒトを楽しむ
air_rank[1]

きゃー、ついに、アニメの寄生獣が終わってしまいました…。(>_<)
楽しみだったので、すごく残念です。

私は面白かったですが、
時間の都合上、原作をかなり端折ったようで、
原作を読んだ人からは、評価は低いようです。

もう1、2クール長かったら、
もっと長く楽しめたし、良かったなぁ〜!

さて、私の感想ですが…。
ぎゃー加奈! うわぁん、玲子! ええっミギー?! わぁ、ミギー♪ ミ、ミギーっ!!
という一言(?)になります。

よく分かる説明でしょ、笑?


さて、ホスティングエンジェル時以来、
まったくゾロ目数字に遭遇しなくなった私ですが…。

ある時、2、3日の間に、
911の数字を数回、見ました。

まぁ、印象的な数字だから、
たまたま記憶に残ったんだろうな、と思いました。

しかし、22日の朝も、またその数字を見たので、
なんとなく感慨にふけっていたところ…。
ちょうど一ヶ月前の22日に、
ホスティングエンジェルを始めたことに、気付きました。

で、同日のその後も、ポイントカードナンバーが
911のお客さまが、いらしゃったりもして。

ただ、あとで調べたところ、
それは使えないはずの旧カード番号だったので、
そこは少しがっかりしたんですけれどね。

(旧カードは、通常、使えないように店側で停止設定するのですが、
たまたまその設定をし忘れたようです…。)

ちなみに911のエンジェルナンバーは、
プラス思考でいなさい、ということらしい。

…むう。

たしか、ホスティングエンジェル時に見た、
1414と1111の数字も、ポジティブシンキングの意味だったような気が。

エンジェルナンバーってその意味しかないのだろうかと、
しばし悩むよっし~なのでした。

さて、「ポジティブ思考になりなさい」というメッセージは、
実はあまり好きではありません。

意味的には好い事だし、言いたいことも理解できるのですが、
人によっては、誤解されそうなのが嫌なのです。

だって、人間、ポジティブになんかなれない時があるでしょ?

でも真面目な人ほど、
そんな時にでも、無理にポジティブになろうとして、
余計、落ち込む事があると思うのです。

真にポジティブである、とは、
本当の意味で「自分は誰であるか」ということが
理解できている事かもしれない、と思ったりしています。

それは、必要なものは全て持っているという理解。
本来は満たされていて、
今ある不都合は、単にアドベンチャーとしての、
ハラハラドキドキを味わうためのものに過ぎないという理解。

でも、もしそうなら、真理の一瞥がないと、
真にポジティブになるのは、少々難しい事なのかもしれません。


それに関しては、バシャールも動画でこう言っています。

必要な物は全て、すでに持っている。
しかし、現実がそうでないように見えるのは、
単に、その波動に同調していない
(既に満たされている事への理解と、それに伴う感謝がない)からだ、
と言うのです。

◾︎波動を上げる祈り バシャール◾︎


さて…。

本当は満たされている、という理解があれば、
もはや、ポジティブになろうとする必要すらありません。

逆に、ポジティブになりたいと願うなら、
その想いが強いものであればあるだけ、
「今はネガティブだ」という現実にフォーカスせざるおえません。

つまり、ポジティブになりたいときはなれなくて、
その必要がなくなったら、既にその状態という訳です。

なんというパラドックス!笑

そして、ポジティブとは、自分を肯定的に受け止められること、
愛に値することを理解している事だと、私は考えます。

だから、逆にネガティブな時には、
修行僧のようなことがやれるのでしょう。

つまり、自分をいじめるくらい頑張らせて、
愛(または評価や自信)を獲得しようという…。


…なーんて、書いてはいるものの。
かくいう私も、偉そうに言える立場ではないですぅ…(^_^;)

というのは、今に始まった事ではありませんが、
ただいま、やる気がないモードになっております、汗汗

しなくちゃいけないことが、後回し。
本当のところ、何もしたくなーい!
つか、生きるって、なんて面倒なんすかね!!

かといって、何もしないとなると、
何もしていない自分に自己嫌悪になります。

活動をしていない(世間的な価値がない)と、
自分を認められない、愛せないという訳です。

つまり、これってね、
ブレーキとアクセルを同時に踏んでるってことですヨ!

やりたくなければ、やらないことを徹底的に満喫すれば、
それはそれで、その体験は終えられるものなのに…。

大抵の人は、私みたく、
「やるべき(アクセル)」と、「でもやりたくない(ブレーキ)」を
同時にやろうとして、「気持ち(エンジン)」だけ空回りします。

そして、どこにも行けないのはもちろん、
それが高じると、しまいにはエンジン(心)がヒートアップして壊れる…。

これが、鬱という病気なのだと
黒斎さんは言っていました。


さて、なぜ、何もしたくないのか…。
それはたぶん、自分は何も出来ないと思っているから…なんです。

以前、tomokoさんのワークに行った時、
(認知症やHエンジェルについて聞いた回の話です)
tomokoさんが、ワーク中に私の前世を二つ語ってくれたのですね。

どちらも天使的存在であったと言い、
大きな戦争と、文明の崩壊を傍観者として見ている、との事です。

もちろん、私には記憶も実感もないですが、
双方の生にある「私は何も出来ない、ただ見ているだけなのだ」という
強い無力感だけは、心底共感できたのです。

もちろん、前世があるから、
こんな私でもしょうがない…ということは、全くありませんが。

逆に、たった今、この想いを問題として捉えているから、
その生へと、繋がりが出来たのだと思われます。

(時間は幻想であり直線的に進むものでもない、というのが真理ならば、
どのように今世と前世が絡んでゆくのか…。
それに関して、考えたことを書きたいと思いましたが、長くなりそうなので、またいつか…(^_^;) )


…あれ、
なんか言いたかったこととズレてきた…。

ええと、どうやってまとめよう(^_^;)

無理にポジティブになろうとして、
いや、なんでもいいけれど、無理に◯◯になろうと頑張って、
自分をいじめるのはやめませんか、
という話でした!


寄生獣のアニメの中で、新一が問います。
出会って関わった生き物が死んだ時、なぜ悲しくなるんだろう、と。

それに答えて、パラサイトのミギーは答えるのです。

そりゃあ、人間がそれだけ暇な動物だからさ。
だがな、それこそが人間の最大の取り柄なんだ。
心にヒマのある生物、なんと素晴らしい。
だからなぁ、いつまでもめそめそしてるんじゃない。


それを聞いて、黒斎さんと木内鶴彦さんのコラボ講演で、
木内さんがこんなことを言っていたのを思い出しました。

生き物には、それぞれ役割があって、
生態系に貢献しています。
しかし、人間だけは違う。
人間がいなくても、自然は上手く回っていきます。
だから、人間は遊びであり、ゆとりの存在にすぎない、
と。

私たちは神々が夢見る、
ゆとりとしての、遊びとしての生き物なのかもしれません。


だとすれば、自ら首を絞め、
プレッシャーをかけて生き続けるなんて、愚かではないでしょうか。

◯◯にならなくては、とか、
◯◯を得てなくては幸せになれないのだ、という事は真実なのでしょうか。

ゆとり、遊び、余暇としての存在が人間だとすれば…。

ただ存在するだけで、生きているだけで、
幸せになっても良いのではないでしょうか。


「心にヒマのある生物、なんと素晴らしい。
だからなぁ、
いつまでもめそめそしてるんじゃない。


ミギーのこの言葉は、
欠乏感に苦しむ、人類全てに向けられた言葉なのかもしれません。

air_rank[1]
やる気がないので、やる気スイッチを入れていただくと、
この上ない幸せでございます。(^◇^;)
皆様いつもありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。