私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
天使が語る、認知症
air_rank[1]

前回、◾︎ガブリエルの庭◾︎のtomokoさんを介して
天使に質問していた事の続きです。

認知症とは何か、なぜ増えているのかを聞いてみました。

tomokoさんは、
青い石のタンブルを手のなかで握りしめながら、
目を閉じて集中します。

「…すごい悲しい波動が降りてくるの。
天使さんたちも、これには心を痛めている感じがするね。
そして、よっし〜さん自身も、心を痛めているんだよね。

……。
…やっぱり魂の逃避みたいです。」


「じゃあ、逃げなければ大丈夫?」

「そうね…。
今の人生と、魂の求める人生の相違が大きければ大きいほど、
魂が逃避を始めてしまうみたい。
それが痴呆状態っていうのかな…。」


「じゃあ、日本人は、かなり逃避している人が多い?」

「そう、集団意識が出来上がっている…。

なんか、日本の意識がここにあるとするでしょ。
そのちょっと上に灰色の雲のような塊があって、
それが不安の塊だったりするのね。

その中に、一部白い塊があって、
そこが認知症になることを選んだ魂さんが、
集まった場所という感じがします。

そしてね、このような集合意識が形成されてしまったことを、
天使がとても憂いています。」

「では、そうでない人たちも引きずられやすい?」

「それはあるね。」

「じゃあ、各自が、自分の本当に好きなことをすれば、
その集合意識を正していけるの?」

「うん、ちょっとでも小さくなるよね。」

「でも、やっぱり、みんな不安なんだよね、
だから、こんなにココナッツオイルや、エゴマ油がブームになるんだよね…。」

「不安があるってことは、
自分の人生に納得していないってことだよね。

でも、介護している側が大変だよね…。

…ああ、面白いね。
介護する側の意識も大切みたい。

介護する側の人たちが、
自分の人生をイキイキ生きていること、
魂の望みに沿った生き方を創造していることが大事。


そして、私はこんな風に楽しく生きているよ、と
認知症の人に話しかけてあげるといいみたい。
いくら意識が届かなくても…ね。

表層意識では分からなくても、魂レベルに訴えるの。
すると、魂さんに、あれっ?っていう気づきが起こる。
えっ?って振り向いて戻ってくるような感覚。

それで治るかは分からないけれど、そういう声かけをするのが大事です。

ここで愚痴を言ったら、逆効果。
やっぱりこの世界は嫌だって、なっちゃうんだって。」


「一人一人が自分の人生に責任を持たないといけないのね。

今の日本人は、どうすれば自分の道を見つけられるのかな…。
日本人に対して、そして自分に対して出来るサポートはあるのだろうか?」

「そうねー。
……。
気付いて下さい、貴方がどれだけ素晴らしい存在ということ、
日本がどれだけ素晴らしい国ということを。

これほど霊性が古くから引き継がれ、根付いている国は
他にはないんですよ、
って言っているよ。

日本という国に生まれ、この時代に生きていることに
感謝と愛と誇りを持つべきなんだよね。
どれだけ幸せかは、まわりの国をみればよく分かるでしょ?」


「じゃあ、幸せだと気付いていないから、
逃避したくなるってこと?」

「幸せが感じにくいのは、マスコミに踊らされていたり、
いろんな形で搾取されてたりするからだよね。
でも、そこに甘えたり、被害者のままでいてもしょうがない。

自分の幸せは自分で作る気持ちと、
本当は、どれだけ守られ、満たされているのかに、
自分で気付いていくしかない。」


「満たされていることで、逃避をしなくなる?」

「うん。
あなた方が持っている、
満たされたい欲求を、まず自分で満たしましょう。
他者から奪う、奪い合いの連鎖をやめましょう、
って言っているよ。」

「満たされていないから、逃げる…それが認知症につながる?」

「そうそう。
私達は、満たされていないと思わされているよね。
欠乏感を受け付けられ、そのために、
もっともっとと、上を目指すように言われる。

でも、本当は全てがここにある。

そして…。
あなたの望む人生を作るための全ての要素が、
既にあるんですよ
ってことを、天使は言っているんだよね。
でも、そこに気づけず、痴呆になってしまう事を憂いている…。
認知症は、現代社会が作り出した病気ですって言っています。」


「欠乏から始まる病気?」

「そうみたいね。」

「一人一人が満たされないとそれが終わらない?」

「うん、でも、物やお金では心は満たされないってことを
気付いている人は、増えてきているよ。
ただ、それが認知症につながることまでは、分からないかもしれないね。

あと、こうも言っている。

あなた方は、あなた方のもつ知恵と叡智、思いの強さ、行動力、エネルギーを、
もっともっと信頼する必要があります。
創造を忘れてはいけません。
創造することは、神様から与えられたギフトです。
そのために、あなた方は、
沢山の知恵とエネルギーを使うことが出来るのですよ、
って」



やっぱり、私たちは、互いに繋がっていて、
影響を与えあっているんですね。

だからこそ、一人でも多くの人が、
イキイキと幸せに生きられますように、と願わずにはいられません。

それが、人類全体、ひいては地球全体の幸福へと繋がるのですから。

そして逃避から引き起こされる、すべての残酷な病気や事象に、
終止符が打たれることを、心から祈っています。

air_rank[1]
いつもクリック応援、有難うございます♪
もし、良ければ、認知症の人とその家族の人たちのためにも
祈ってくださるとさらに嬉しいです♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます
はじめまして。

雲黒斎さんで検索していたとき、こちらのBLOGにつながり、それ以来、ちょくちょく訪問させて頂いております。

認知症の記事、涙しながら読ませて頂きました。
私は、強迫性障害と鬱で外出もままならずで…。そんな中、母に肺がんが昨年見つかり、同時に認知症の症状が出てきました。

現実と妄想の区別もつかない時もあり、しっかり意識がある日はかなり、落ち込み、卑下をしたり、自分を責めたりしますので、日々、楽になるよう楽しく感謝を持って生きるよう励ましています。
これは、私自身に向けての言葉でもあります。

認知症は、私も「喜びがなく、現実から目をそ向けたいがためになる症状」と考えていましたので、すごく納得したのと同時に、根の深いことに胸が痛みました。

今後、母との生活において、母に対してさらに深い思いをもって、対応していけます。

私が、考えてた事、行っていた事の方向と同じだったので、この方向で良かったのだと、後押しのエネルギーをいただきました。もちろん、集合意識までは、思っていませんでしたので、深く知ることができました。

この記事を書いて頂いて、感謝です。

本当に有難うございます。
nano | URL | 2015/03/03/Tue 02:59 [編集]
こちらこそ、有難うございます。
nanoさん、コメント有難うございます。

本当に大変な状況で、おかけする言葉も見つかりません(´・_・`)

せめて、最善のことが起こりますようにとお祈りさせてくださいね…。

認知症に限らず、家族が病気になることは、
いろんな面で辛いですよね。

ましてや、ご自身もご病気の方に、
喜びを持って生きろ、なんてとてもじゃないけれど言えません。
そもそもそんな生き方、私には絶対できないですし。(>_<)

なので、どうかご無理なさらないで下さいね。

また、逃避ゆえに病気になる人がいても、
その人たちが悪いとも思えず、
逃避せざるおえない社会構造に問題を感じます。

誰かが困ったり、病気になったとしても、
皆が繋がりあってサポートし合えるような、
生きることに不安のない世界が来るといいな、と願っています。
よっし~ | URL | 2015/03/04/Wed 00:23 [編集]
こんにちは
よっし~さん、ご返信ありがとうございます。

ひとつ、質問させてください。
よっし~さんのお母様も、モノ覚えが悪くなってきたと、記事に書かれていたと思いますが、何か治療されていますか?
nano | URL | 2015/03/09/Mon 21:33 [編集]
nanoさん、
気にかけていただいて、有難うございます♪

ただ、家族のことを
ここで語りあうのは、場所的に変な気もしますので、
遠慮させてくださいませ。

もちろん、メールでしたら問題ないので、
必要があればご連絡下さいね。(^_^)
よっし~ | URL | 2015/03/11/Wed 19:45 [編集]
よっし~さん、不躾な質問をして申し訳ありません!!
配慮が足りませんでした。
なのに、返答頂いてありがとうございます。<(_ _)>
nano | URL | 2015/03/12/Thu 00:27 [編集]
いえいえ!
nanoさん、気にしないで下さいね(^_^)
母の性格からして、誰もが読める場所で、
噂されたくないだろうと思っただけですので…。
こちらこそ、ごめんなさいね。
よっし~ | URL | 2015/03/13/Fri 22:58 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。