私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
魚を求める子に、蛇を与える親はいるか? 3
air_rank[1]

新宿など大きな駅では、
見知った道からちょっとそれるだけで、
すぐ方向感覚を失う私…。

そんな駅で、時おりびっくりすることがあります。
それは、止まっている電車に乗りこんだ時。

帰りなら、この方向に進むはずと固く信じていた電車が、
唐突に、逆方向に進みはじめるのですっ。

その時の驚きたるや、もうはんぱありません!!

「か、帰りたいのに
どこに連れて行くんだあぁぁ~!」と、一瞬まじ焦ります(^_^;)

むろん、電車が逆走するはずもなく、
よっし~の方向感覚がズレ過ぎなだけですけどね…、汗

何を隠そう、この前の日曜も新宿でびびってました!
(何度行く場所でも、入る改札が違うだけで
もう方向音痴になれてしまう、すんごい能力が私にはあるのです…)


方向音痴おそるべし!

ま、そんな残念よっし〜はさておき、
本題に戻りまーす。

宇宙は友好的か否か?

そんな、根元について問うことが、
なぜ大事かといえば、
自分にぶれない芯を作るためです。

揺るぎない基準が定まれば、
迷いやすく流されやすいスピリチュアルの世界も、
自分で審神者(さにわ)することが出来ます。

そのためにしっかり地に足を付ける事が大切なのです。

何か物を測りたいと思った時、
自分がぶれていないことは大切でしょう?

例えば、岸辺の木の高さを知りたくても、
揺れる小舟に乗っていては、正確に測れません。

つまり、周りをきちんと把握するために、
地に足を付けた、ぶれない視点を持つ必要があるのです。



ちなみに今は、私たち一人一人は、
他者が作り上げた世界観(その多くは恐怖に由来しています)を
土台に生きています。

そして、通常の社会的な組織でも、
宗教やスピリチュアルな団体でもそうですが、
多くの組織(または力ある個人)は、
それらの世界観に乗っかった形で人々を支配しています。

彼らは、無意識もしくは意図的に作った世界観で、
人々をとらえ(もしくは魅了し)、エネルギーを奪っているのです。

その良し悪しはさておき、
個人がそれに気づき、自覚することが大事です。

その上で、それらに同意するかどうかを各自が判断するのが、
今の時代は大事だと思うのです。

これほどまでに、地球環境が危なくなった時代だからこそ…です。


『汝の欲することをなせ』

「はてしない物語」に書かれている、この象徴的な言葉。
主人公バスチアンは、これをエゴのために使って、破壊を招きました。

しかし、自分(もちろんエゴでない方の)に主導権を取り戻し、
本当に望む道を進んでいる感覚を取り戻す、という意味で使えば、
この言葉は、むしろ調和をもたらすのではないでしょうか。

つまり自分が、本当にやりたいことをする事が、
結局は周り(人間関係、地球環境など)を守ることに繋がるのでは、と。

ちなみに何から守るか、というと…。

それは、自身(エゴ)の恐怖に由来する自虐行動からです。
貪っても貪っても、なお満たされない欠乏感からです。

しかし、したいことが分かる前に、
世界観や思考の洗い直しが必要で、
その審議をするためには、ぶれない視点が必要になります。

審神者するためのぶれない視点とは、
真理とは何かという理解でもあります。

例えば、宇宙は友好的なのか、そうでないのかという事もそうです。

そのどちらを出発点にするかで、
生き方そのものが変わってしまいます。

えーと、終わりそうもないので
また続きまーす、汗汗


ええと、ちなみに…。
間違った視点からは、
行きたい場所にたどり着けません。

なぜ、それがわかるかといえば…
地図を見つつも、
目的地と真逆に力強く進む、よっし~
だから言えるのですっ!
…それでどれくらい辛酸を舐めたことかっ (T^T)g

ええ、まさに体験者は語る…でした、
お、おそまつさまぁ〜〜(^_^;)

air_rank[1]
本日は46位でした♪
拍手とボタン、押してくださる方ありがとう〜♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。