私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
魚を求める子に、蛇を与える親はいるか? 2
air_rank[1]

寄生獣のアニメがやっていたので、見始めました。

寄生獣の影響で、無感情になりつつあるはずなのに、
静かな教室で「ばかやろー!!」と怒りを爆発させ、
周りをドン引かせるしんいちくん
が、好きです。
つか、もうちょいTPOをわきまえなさいってば、笑

でもやっぱり、グロい部分は、
けっこうダメージきますぅ〜(;^_^A


さて、前々回の続きです。

アインシュタインの言葉に、
「実際、科学が答えを求める唯一の問いは
『宇宙は友好的な場所なのか』ということだ」

というのがあるそうです。

この宇宙は、究極的にみて愛に満ちた場所なのか、
そうでなくて悪意に満ちた場所なのか?

それが科学が追い求める、究極の問いだというのです。

でも、これは科学がというよりは、
宗教はもとより、
世界や人生、自分に対して疑問をもつ人にとっても
重要な問いだろうと思います。


ごく普通に考えれば、人生は苦しいものです。
生老病死、四苦八苦。
全ては変化するし、自分も愛するものも、
やがては滅んでしまいます。

だから、そこから発想するなら、
世界は悪意に満ちている、という結論になっても
当然かもしれません。

実際、そう考えて戦っている人たちもいます。
神は愛であると謳う宗教や
スピリチュアルの世界でさえ例外ではありません。

宗教戦争などはわかりやすい例ですし、
そこまで極端でなくとも、
多くのスピ系のブログでも、そういう発想が見受けられます。

相手は悪霊だったり、悪い宇宙人だったり、
間違った(と信じる)教えやスピリチュアルリーダーだったり、
自分自身だということさえあるでしょう。

残酷な世界から大事なものを守るために戦う。
そういう思想は、なにも間違った事でないと思うものの…。

でも、それはやはり、大いなる宇宙の中で紡がれる、
たくさんの物語の一つにすぎないのではと、私は思います。

つまり、宇宙の真理と、
人間が現実に対して信じている真実は、
別物ではないか
と思うのです。


わかりやすく例えると、人間が信じる真実は、
たくさんの映画が流れるシネマコンプレックスで上演される、
一映画に似ています。

つまり、一つの映画には、外せないルールや世界観がありますが、
映画館自体には、なんの影響も及ぼせないでしょう。

アクション映画にはアクションものの、
ドタバタコメディには、ドタバタコメディのルールがあり、
それから抗うことが出来ませんが、
それを上映している映画館は、そのルールに縛られることはないのです。

そして今は、一つの映画の真実を探りたいのではなく、
映画館について考えたいと思っています。

映画館、つまり私たちを成り立たせている大元・宇宙は、
善意から成り立っているのか、
悪意で成り立っているのか、ということです。


うおー、なんだか小難しくなってきたので、
次回に続きます〜(^◇^;)ゞ

air_rank[1]
本日は46位でした♪
あまり更新できていないのに、
押してくださる方ありがとう〜〜!謝々!m(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

相変わらず読んでて面白いです^_^

続きが楽しみ〜(笑)
鉛筆 | URL | 2014/12/09/Tue 14:37 [編集]
鉛筆さんありがとー♪
きゃあぁぁぁ〜!
そんなこと言ってくれるのは、鉛筆さんぐらいですよ〜!
えい、感謝ビーム! ∩( ^o^)⊃━♡゚+♡*+✩:*+✧:*
よっし~ | URL | 2014/12/10/Wed 01:22 [編集]
はじめまして
はじめてコメントします(^^)
今年の夏?ぐらいにFF瞑想で検索しててたどり着いてからちょくちょくお邪魔しています(*´∇`)
私は7月にハートマントラ伝授していただきました。
ブログ楽しみに読んでいます(*´∇`)
るりりーな | URL | 2014/12/15/Mon 13:26 [編集]
Re: はじめまして
るりりーなさん、こんにちは、
コメント有難うございます♪

FF瞑想に関しての記事は、最近書いていないのですが、
また、遊びに来ていただけると嬉しいです〜(*^_^*)
よっし~ | URL | 2014/12/17/Wed 14:58 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。