私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
食べ物、よもやま話1
air_rank[1]

私は、 一つの物事を続けるのが苦手です。(;^_^A

でも、曲がりなりにも(& ほそぼそですが)
なぜブログを続けていられたのかと、ふと思ったんですね。

するとすぐに、見てくださる方、
応援してくださる方がいるからだと分かったんです。
そうでければ、ここまで続けられなかったでしょう。

それで感じたことは、応援してくださる方も、
間違いなくこのブログの共同作者である、
ということでした。

一人の力と思っていても、やっぱり実際には一人の力じゃない。
周りと一体であり、周りに支えられて生きている。

もしかしたら、これが実感できることが、
悟り体験と呼ばれる
のかもしれません。


でね、人は時として自分は何もできない、
という無力感を持つことがあると思いますが…。

それは、絶対に妄想じゃないかと思ったのです。

いるだけで、そして何気ない行動をするだけで、
誰かや何かの役に立っている。

私が見ている皆さまに支えられて、ブログが書けているように。

そう、あなたが世界の大黒柱なんです。

だからもし、自分は何もできないし無力だ、と
感じることがあっても信じないでください。

そんな感情、生きているこの時にしか味わえない貴重な体験だし、
楽しむくらいの距離感を持っていて下さい。

一つであり全能、というあなたの永遠の真実に比べたら、
限りある人生など
(いくら幾千転生しようとも)
一瞬のことに違いありません。

ネガティブな思いも、一瞬の貴重な体験だと思えば、
多少は、気が楽になるのではないでしょうか。
(ならなかったらゴメンなさい〜汗)

まさしく、黒斎さんが
守護霊の雲さんにこう言われたように。

「神様は、お前が苦しんでいるのを見て、
とてもお喜びである!

(神は全能ゆえに、「出来ない」とか「困難」が味わえない。
それゆえ、あなたを通して困難を体験したい。)

だから安心して苦しめ。
(真のあなたを害するものは、実際には無いから)


…。
おおう、今日は食べ物のことを書こうと思ってたのですが、
思いついたことを書いたら、長くなっちゃいました、汗

いまから、書きたかったことを書きますです〜(;^_^A

〜・〜・〜

突然ですが、食べ物って大事ですよね。
たとえば食べすぎたりして、
体がちょっとでもだるかったりすれば、気分がふさぐものです。

人は気分によって動くものだし、
もし気分がふさいでいれば、
いつも通りの行動や選択が出来ないでしょう。

そうなれば、やはり結果も
それに沿った陰鬱なものになる…。


食べすぎで、体が慢性的に重ければ、
気分も軽快でいられないように。

カルシウム不足で、心がイライラしていれば、
人間関係までも、ギクシャクしてしまうように。

ならば、食べ物によって人生、そう運命が変わるといっても、
過言でないかもしれません。

そして、運命が食べ物に左右されると思えば、
もっと大勢の人が食べ物に気をかけるでしょう。
(そう、食べ物に氣をかける!)

今みたいに味や量、流行を重視して選ぶのではなく、
少量でも質を気をつけるようになる。

もちろん、ジャンクフードであれ何であれ、
食べたいものを腹一杯食べられないくらいなら、
生きる喜びがない、という人もいるでしょう。

それも一理ありますが、一つ忘れている点があります。

それは、自分が自ら選んでいると思って食べているもの、
実はそれは、食べ物の方に、
好みをコントロールされているかもしれないということです。

例えば、白砂糖を取ると、
さらに白砂糖が欲しくなります。

ジャンクフードを食べると、お腹が空かない時でさえ
なぜかもっと、ジャンクフードが欲しくなります。

(興味がある方は、◼︎スーパーサイズ・ミー◼︎という
ドキュメンタリー映画を見てね)


また、現代は、甘いものや精製された穀物など、
血糖値が急激に上がる食べ物が多いです。

そういうものを食べた後は、
血糖値が下がるのも急激だから、脳が空腹になったと勘違いして、
すぐまた、血糖値が上がるものを食べたくなります。
(こうして糖尿病予備軍が増えてゆく…)

このように、必要以上の量を欲したり、
刺激の強いものを美味しいと感じることは、
一種の軽い病気や、中毒が満たされているだけかもしれません。

つまり、美味しいと勘違いさせられているだけ。

もちろん、中毒(依存)が満たされることが、
すなわち生きる幸せなのだと言えば、
それもありなのかもしれませんが…。

そうなると問題は、どれだけの年数、
身体が、それに耐えてくれるかという話になるでしょう。
(もしくは子どもに持ち越される場合もあるでしょう)

昔は、成人病と言われた病気が、
今は、子供にまでかかるようになってしまったように…。

そして、かつてはなかった様々なアレルギーが
蔓延しているように…。

味覚を喜ばせることが、人生の幸せなのだとしても、
体の他の器官を犠牲にすることが、本当の幸せと言えるのでしょうか。

もちろん、いずれにしても、
このような食品があふれているのは、
私たちがそれを望んでのことです。

間違いなく、私たちは安全性よりも
経済活動を重視しています。


だから、健康的で値段の張る食品よりも、
安くて添加物入りのものを作るし、
購買につなげるべく、
何度でも食べたくなる嗜好性を追求するのです。

だから一人一人の意識が変わることが大事です。

そして、本当に良い食品にお金をかけるのが常識になれば、
安心できるものを作っている生産者が潤うことになります。

そして、逆に商売重視で、
害になる食品を売る企業は減ってゆくことでしょう。

しかし、今のところはそうではない。
そこまで私たちの意識は高くないのです。

まぁ実際のところ、よっし〜も
人に言えるほど、きちんとした食事ではないのですが…。
(↑ダメダメじゃん!)

なので、ほんとは最近見つけた、
ヘルシーフードについて書きたくて、その導入部のつもりでしたっ!

その名もチアシードとつぼくさ!
どちらも、スーパーフードと呼ばれるほど
凄く体にいいらしいです。

でも、なんだか長くなってしまったので、
また次回にします、計画性がなくてごめんなさい〜(;^_^A

air_rank[1]
本日は38位でした〜。
いつも読んでくださり有難うございます♪
今回は、決してクリックくれくれ記事などではなく…ええ、おそらく、たぶん…(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。