私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
対立させたがる自我(マスコミ)
air_rank[1]

「お金と苦しみ」シリーズは、前回で終わるつもりでしたが、
先日、あるテレビ番組で、お金がテーマのスピーチがあり、
非常に興味深かったので、あと一回だけ続けたいと思います。

この番組のタイトルは、これ。

■スーパープレゼンテーション■
Does money make you mean?
「お金は人をイヤなやつにする?」

なんだか、面白そうでしょう?

多くのお金を持つようになると、そうでないときに比べ、
人は他者に対して、どんな態度になってゆくのか?

それを、アメリカの社会心理学者が、
調査、実験したというスピーチです。


で、このテーマを書くつもりだったものの…(^_^;)

今話題の、朝日新聞誤報問題で思い出したことがあったので、
それをまず書きたいと思います。

今回と同じように、
マスコミの情報は操作されてるんだ、と
感じたことがあったのを思い出したからです。

今回の従軍慰安婦問題でもそうですが、その時もそうでした。

つまり報道により、国同士を対立させ、
日本人という、自身のアイデンティティも卑下させるように、

(つまり、自分自身とも対立、分離させようとしているということ。)
事実を曲解させているのを感じたのです。

なので、今回の記事は、スピでもなんでもないんだけれど…。
(あれ、いつもそうかな??汗)
それでも良ければ、読んでやってください~ m(_ _)m



それは、2009年4月のことです。

(ちょう忘れっぽい私が、なぜここまで詳細に書けるのか…。
それは当時、ちょっとだけ参加していたSNSサイトに、
この時の感想を書いていたからです、汗
でないと書けなかったと思います~。(^_^;) 当時の私、ぐっじょぶ!)



ある時、たまたま「N○Kスペシャル」を見ていた私は、衝撃を受けました。

副題に「アジアの“一等国”」と銘打たれたこの番組は、
戦時中、日本占領下の台湾において、
日本人がいかに酷く台湾人を扱ったか、という内容でした。

それは見ていて、同じ日本人として、
恥ずかしくなるほどの酷さでした。



さて、当時、勤めていた食品店には、
台湾人のお客さんが来ていました。

日本人の旦那さんを持つ彼女は、
年代は、50代と思われますが、
とても美しく、なのに愛嬌もある、気さくな方です。

彼女が買い物に来られたとき、話したのですが、
彼女も、その番組を見ていたそうです。

「日本人は、台湾人に本当に酷いことをしましたね…」
そう言って、私は、謝ったところ
急に彼女は、語気を荒げてこう言ったのです。

「そんなことナイ!
アレ、おかしいヨ!!日本人イイこともしたヨ!!」
と。

そのときは短い会話でしたから、
何が「そんなことナイ!」のか分かりませんでした。

それから、二週間ほどして、
彼女は、今度は旦那さんといらっしゃいました。

ご夫婦とも、N○Kに対して、
いまだ、収まりきらない怒りを持っていました。

そして、あの番組は間違っているとして、
20枚以上にわたる資料を持ってきてくれたのです。

…ここまでしてくれるなんて…。

よほど、曲解報道に腹を立てたのと、
私に誤解されたままなのが、嫌だったに違いないです…笑


さて、その資料には、
N○Kが意図的に、日本の悪い所だけを編集して放送したとありました。

テレビの取材を受けた台湾の人たちは、
日本の悪いところばかりでなく、
インフラや教育など、良かったところも話していたと言います。

なのに、自分の証言が編集されて、日本の批判だけになっている…。
それを知った台湾の証言者は、とても心を痛めているとありました。
彼は、台湾人が排日だと誤解されたくなかったのです。



なぜ、N○Kが意図的に情報を曲解させたのか?

その理由は、日本が中国との関係を重視しているからだと言います。

だから、日本と台湾の良好な関係を悪化させるよう、
そして、日本人も反日化させるよう、情報選択したというのです。

しかし、事実を曲解したこの番組は、台湾の証言者と、
事実を知っている在日台湾人を深く傷つけることになりました。

(ちなみに、お客さんが教えてくれたブログです。
■証言の「断片」のみ放映―台湾の被取材者が怒る反日番組■



さて、このご夫婦の話では、この後、在日台湾人を筆頭に、
N○Kに、謝罪を求める抗議デモが数回行われたそうです。

もちろん、ご夫婦も参加したそうですが、
このデモがマスコミに取り上げられることは無かったそうです。


「日本に感謝していたり、日本人が好きな台湾人、いっぱいイルヨ!
ダカラ、台湾は、日本の災害時 (※たしか、阪神淡路大震災の話だったと思う) に、
タクサンの支援金送っテルヨ。
でも、マスコミは、そのことは放送しないヨ。」


残念そうに言っていた、奥さんの顔が浮かびます。


つまり…。
私が言いたいのはこういうことです。


日本人以上に、
日本を好きでいてくれる、
外国の人たちが居てくれて有難う!


そして、好意で話してくれたのに、
傷つける結果になった台湾証言者の方、ごめんなさい。

そして、災害支援もうけているのに、
それさえ知らなくてごめんなさい。


…私にやれることは、
この記事を書くことくらいしかできません、ごめんね。


それにしても…。
もしかして、肥大した自我の最たるもの、
それがマスコミなのかもしれませんね。

だから、自我の性質として、
分離させる方向(戦争、仲たがい)に行くのは
すごく、自然な事かもしれません…。


でも、もうそれも、もう十分。
私たちは、その結果を嫌というほど学んだのではないでしょうか。

だから、どの国とも、本当に仲良くしたいです。
そして、自分自身、つまり日本人というアイデンティティにも、
嫌うことなく、付き合っていきたいです。

全世界の人が、自分と他人の国を尊重できますように。

そして、誤った(そして操作された)情報に
振り回されることなく、
各個人が、自らの良心に従って、
人類みんなと繋がりあえますように。

air_rank[1]
本日は37位でした♪
応援と拍手、励みになります、いつも有難う\(^o^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

台湾
おはようございます、よっしーさん。
ホーリーバジルは今日ちょびっとまいてみるつもりです(^_^)v
我が家をイヤシロチ化したい事がありまして…。
あの、台湾のこと。
わたしはめちゃニュースにうとく、しかも記憶も悪いのですが、
ツイッターでこんな意見を見た事があります。
311後、台湾からいち早く多額の義援金が送られて来たこと。
それなのに(震災関係?)海外から賓客を招くこの式典に台湾を招待しないとは、何て恥ずかしい政府かと。
わたしは311後にようやくアレ?と気づくようなおめでたさだったのですが、
ずっとずっと以前から情報は操作されているものだったのですね。
直接触れ合った経験として台湾の方の暖かい気持ちをこうして教えていただけて良かったです。
kon | URL | 2014/09/13/Sat 09:19 [編集]
Re: 台湾
konさん、バジル、上手く育つといいですね(*^_^*)

なるほど、311の時も台湾から、
たくさんの義援金をいただいてるんですね。
でも、それをあまり大っぴらにしたくない感じの日本政府の対応…。
なんだか悲しいし、恥ずかしいですよね。(´・_・`)
よっし~ | URL | 2014/09/13/Sat 23:00 [編集]
こういう内容には、積極的に触れたいと思っています。
もし、宜しければ、他にもこういった大事な情報をどんどん載せてくだされば幸いですσ^_^;
本当に世間知らずな若者なもので(^^;;

内側ばかりに目を向けると、この罪悪感や概念は何処から来ているのかと疑問が芽生え、探してみると
、案外そういった考えは情報操作により産み出されている事がありますよね;^_^A

そこで、
外側に情報を求めるのですが、
何しろ情報量が、多すぎて何を出発点にすればよいのか分からなくなります;^_^A

最近こういった心境が芽生え出した私にとって、
こういう情報は、とても有難いです( ´ ▽ ` )ノ
鉛筆 | URL | 2014/09/15/Mon 18:26 [編集]
鉛筆さんへ
鉛筆さん、コメント有難うございます(^_^)
じつは私も、疎いですよ〜いろいろと…(^_^;)

この時は、台湾人のお客さんが教えてくれたから、分かったわけですしね。

でも、素人からみても、何かしらの違和感を覚える事件や報道が
今は、増えてきている気がします。
だんだん、隠すことができない時代に
なってきているのかもしれないですよね。
よっし~ | URL | 2014/09/16/Tue 22:45 [編集]
あはは、そうですよね(*^^*)

私も疎いので少しホッとしました笑

確実にいい方向に向かってるはず!
そんな風に思えることがちらほら出てきている、気がします(*^^*)
鉛筆 | URL | 2014/09/18/Thu 09:49 [編集]
鉛筆さんへ
> 確実にいい方向に向かってるはず!
> そんな風に思えることがちらほら出てきている、気がします(*^^*)

鉛筆さん、コメント有難うございます♪
そうですね、都合の良いように事実は曲げられている、というのが、
ここまで、日のもとに晒された時代ですから、
それをどのように活かすか、がきっと大切だと思うのです。
それが出来れば、きっと良くなると思います。(^_^)

例えば、首相が、「原発は完璧にコントロールされている」と言った時だって、
誰も信じなかったと思うんですよ。(多分、本人も含め)

ならば、その後、私たちがどう行動するか、が大事じゃないかと思うのです。
信じてなくても、信じているふりをして、
何事も無かったと思い込むなら、
事実を曲げているマスコミと同じじゃないかな、と思うのです。
よっし~ | URL | 2014/09/18/Thu 19:09 [編集]
よっしーさん、

私もその通りだと思います(^。^)
鉛筆 | URL | 2014/09/21/Sun 10:25 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。