私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お金と苦しみ2
air_rank[1]

台風すごいですね!
皆様のところは大丈夫でしょうか?

東京は、あまり雨は強くありませんが、
風の強さには、やはり脅威を感じます。

でも…。
子供の頃は、台風が好きだったんですけどね。

雨戸を閉めた、いつもと違った家の感じも好きでしたし、
雲がすごく早く動いて、
まるで、生き物のようなうねりを見せるのも好きでした。

そして、台風が過ぎた翌朝、
大気が、新鮮に生まれ変わるのも…。

だけど、今の台風って怖いですよね。
台風じゃなくても、強風やゲリラ豪雨も怖いです。
やっぱり昔と違うんだなぁ、と感じます。

とりあえず、
人間は戦争なんかしてる場合じゃないです、うん。

同じ人間同士で、調和できないとしたら、
自然とだって、調和できる訳がないじゃないですか。

と言いつつ…。
私に出来ることなんかなくて、
せいぜい、祈ることくらいなんですけど…。


ところで、今日は、
黒斎さんの講演、「月イチ☆」について書きたいと思います。
彼がお金について語ったことが、すごく納得できたので。

ああ、なるほど、
それで、私たちはお金に振り回されるのか、と感じたのです。



ちなみに、初めてここに来られた方も居るかもしれないので、
改めて説明しますね。

雲黒斎さんは、人気ブログ、
◼︎もっと あの世に聞いた、この世の仕組み◼︎のブロガーさんです。


で、面白いブログだったので、
昔から、たまに読んでいたのですが、完全な共感はしていませんでした。

というのも、そのころ、
「奇跡のコース」の考え方に共感していたからです。
そして、そこに書かれた「不二一元論」こそ、
世の中を説明できると感じていました。

なのに、黒斎さんのブログには、
努力して魂を磨いてゆく、という記事がありました。

それは、見方としてはありなのですが、
不二一元論的な発想では無かったのです。

だから面白いブログだな、と思いつつも、
それどまりだったのです。

しかし、彼の本を何気に立ち読みしてみて、ビックリ。
なんだ、根本は不二一元論じゃないか!

なのでたまに、東京で安く開催されている彼の講演会、
「月イチ☆」に行くようになったのです。


さて、先月の「月イチ☆」で、
「好きなことをして稼ぎたいのですが、
好きなことが何か、どうやって稼げるかわかりません」
という質問が、観衆からあがりました。

それに対して、黒斎さんは、こう言いました。
稼ぐという感覚を脇に置きましょう、と。

「稼ぐというのは、自分が何かをするという感覚です。
お金は、自分が苦労して持ってくる、という感覚。

しかし、自分の好きなことをしてお金を得ているひとは、
稼ぐという感覚が希薄です。

つまり、お金にたいする観念が違うんです。
お金はいただいているもの、という感覚なんです。


かつて、僕にとってお金は、ストレスの対価だったんです。
で、苦労して稼いだものだから、他人に支払うのも嫌だった。

そして、給料ももっと欲しかったけれど、
「お金=ストレスの対価」だから、
もっとヘロヘロになるまで頑張って、
それを、会社のみんなにアピールしていたんです。

もっとお金を貰うためには、
もっともっと頑張らなきゃ、
もっと、ストレスを溜め込まなくては!


もちろん、お金持ちに対しても肯定的じゃありませんでした。
だって、お金は苦労の対価なのに、
彼らは、苦労もせずに、お金を持っていますからね。

でも、もちろん、すごく苦労したお金持ちなら、
認められるし、尊敬できるんです。」



なるほど、それでか!

お金稼ぐには、苦しみが不可欠、
豊かになりたければ、まず苦しまないと…。

こう思っているために、私たちは当然、
お金を手放したくありません。

苦痛の対価を失えば、
またそれを得るために、再び苦しまなければいけないからです。

これこそ、貪欲さの原因です。

そして、お金を儲けるためなら、
他者の痛みも厭いません。

だって、自分が十分すぎるほど、苦しんでいるんですから。

自分がこんなに苦しんでいるんだから、
多少、他者が苦しんだって、仕方ないじゃないですか。
それ(苦しみ)が、お金を儲けるってことなんですから!

だから、家畜を苦しませることにも、
ためらいはありません。

だって、仕方ないじゃないですか。
お金は、苦しみの成果なんです、
自分も苦しむし、家畜も苦しむのが、当然なんです。

というわけで、ガチョウに強制給餌して、
太らせて、フォアグラを作ります。

水より安い牛乳を得るために、
ちゃんと飼えば10年以上乳を出す乳牛を
疲弊させ、2、3年で潰します。

もちろん、家畜に対してだけではありません。
他国の人を苦しめる武器も作ります。
それもこれもお金のためです。

そして、お金を得るのは、苦しみなのだから、
他人が苦しんだって、仕方ないじゃないか、とうそぶくのです。



次回は、黒斎さんが語るお金の話について
もっと詳しく書ければ、と思います。

air_rank[1]
本日は18位でした〜!
まだ、ノラドラさんの栄光が続いているようで、凄すぎです。 (@◇@;)
いずれにしても、皆様のおかげとしか言いようがありません!
有難うございますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。