私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
防衛心ゆえに、滅びに至るエゴ 〜集団的自衛権に思う〜
air_rank[1]

政府が憲法解釈を変え、
集団的自衛権を使えるようにする決定をしたそうです。
公明党もストッパーにはならず、何だかガッカリです。


国民の声が届かないのはなぜだろう?
わざわざ、他の国々を敵に回すようなことをするのはなぜだろう?
そもそも、なぜ戦争をしたがるんだろう?

もちろん、誰かが得をするからでしょうけれど、
無知な私は、どんな仕組みで、どのような得があるのか、
さっぱりわかりませぬ… (-_-;)



さて、エゴ(個)っていうのは、客観的に見て
善でも悪でもないと思います。

が、それがあまりに強くなり、
恐怖心から、自分を守ろうとしすぎると、
自滅する方向に進むようになると思います。

いま、人類(という個)が、欠乏感から環境を破壊し、
地球での今後の生存が、危ぶまれているように…。



でもなぜ、エゴは防御しすぎると、
自滅の方向に向かうのでしょう?

それはたぶん、エゴ(個)は、
周り(全体性)に生かされているものだからだと思います。

しかし、切り離されていると信じている個は、
全体性に支えられていることを実感できません。

その孤立感ゆえに、欠乏感と不安感を持っているし、
だから必要以上に貪ってしまう、という悪循環になっています。

この欲望のまま、貪り続ければ、
支えてくれる基盤を破壊することになり、
結果として、エゴ(個)も死ぬことになるのです。


まぁ、これは病気で言えば、癌ですよね。

あまりに自身を生かそうという思いが強すぎ、
無制限に、増殖しつづける細胞…。
それが、癌です。

癌細胞は、その果てなき欲望ゆえに、
結果として、養ってくれている人体を殺し、自身も死に至ります。

こうなってしまうのは、
人体も、自分であることに気づけていないせいで、
とことん搾取し続けてしまうためです。


日本政府という個(集団も一つのアイデンティティを持ちます)も、
自らの利益を得るために、
自衛隊や国民、外国人の命を搾取しようとしています。

それは、自分と彼らは違う、と思っているから出来ることです。
自分が戦争に行って傷つくわけではないからです。

しかし、癌細胞と同じように、
国民や外国の人々が、自らを生かす基盤であることは、
まったく気づけていません。

まあ、ぶっちゃけ気づけた時には、遅すぎるのですが…。



さて「なまけ者のさとり方」で、タデウス・ゴラスは、
このようなことを書いています。

長いので要約してます、
ちなみに、構造体とはエゴのことでもあります。


構造体とは、バラバラに分解するのをさけている、複数の生命体の関係です。
たとえば人間も構造体で、何十億という生命の集まりです。

構造体のおもしろいところは、成功しても失敗しても、
分解してしまうところです。
だから、構造体のままでいたければ、
緊張状態、つまり問題がなければいけません。

エゴとは、意識の構造体です。
危険にさらされている緊張感があると、気分良く感じます。


なるほど、だから政府は、
エゴを強めるために、緊張(敵としての外国、反対する国民など)を求め、
その強まったエゴで、さらに強引に政策を推し進めようとしているのか…。


成功したり完成してしまうと、構造体は崩壊します。
たとえば、隆盛を極めた大国は滅びるし、
莫大な遺産を相続した人は自滅します。
だから、みんな、成功をどこかで恐れています。

また逆に、ネガティブな方向にゆきすぎても、構造体は崩壊します。
しかし、私たちはなぜか、それはあまり気にしないのです。



まさに、今の日本政府もそうなんでしょうね。
エゴ(個の結束)を強めるため、
戦いというネガティブに、突き進んでゆく…。

で、このネガティブによって、自身を崩壊させても、
それには、きっと無頓着という訳なのでしょう…。

air_rank[1]
今日は、39位でした〜。
読んで下さる皆さま、いつもいつも有難うございます!(^_^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。