私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
自分の為に生きるということ 2
世界の中心で、オカメインコへの愛を叫びたい皆様、
こんにちは!!
∧( ・θ・)∧

(えっ、なんか違う?! W杯日本チームへの愛なら分かるけど、ですって?)

まぁ、オカメインコ愛を叫びたいのは、
よっし〜と、まぁ幾人かはいるでしょうが、
よっし〜自身も、未だ叫ぶことが出来ていません。

だって、世界の中心がどこだか、
分からないもの〜!


まぁ、そのおかげで、不審者として警察に捕まったりもせず、
安泰な日々を送れており、有難いことではあります。(・ω・)


さて、最近、ぜんぜん、ヒーリングや講演の記事がなく、
スピ系のテーマから逸脱してて、すみません〜。

とゆーのも、最近、お金がかかること、山のごとしでして。

パソコンを買わなくちゃとか、
(↑まだ買ってないのかョ!)
習いたい習い事がある、などなど…。

なのでヒーリングという、
そこそこお金がかかるものに、なかなか手も出ない始末。

でもけして、興味がなくなった訳ではないですよ〜。


とゆーことで(?)
この間は、ヒーリングとは全く関係ないこと、
彫金の一日体験に行ってまいりました!

これは、自分のデザインのシルバーの指輪か、
ペンダントが作れるというものです。

好きなアクセが作れるというなら、
まず石付き、コレは外せないでしょう〜!!

ちなみに私は、手持ちのスーパーセブンで
超シンプルなペンダントヘッドを作りました。

体験の金額は3500円、所要時間は4時間弱ほどでした。


ちなみに、未知の世界であった彫金ですが…。

予想とは違って、
銀の板を切って、折って、形作って貼る、
といった工作みたいな感じでした。

ただ、ちっこいので、かなりの緻密さと細かさが必要でしたが。

彫金も面白いですが、
もっと欲をいうと…石まで磨きたいです、うん。

本当は、ルースから作りたいのですー、
好きな石を好きな形に作れますからね。

でも、石磨き体験教室なんかは、ないだろうなぁ…。


さて、アクセサリー作りは、銀粘土なら習っていて、
それは、かなり面倒だと感じていました。

なので、商売として成立している彫金の方が、
銀粘土より、効率が良くて楽かもと期待していたのですが。

でも、そんなことはなく、やっぱし手間暇かかってました。(^◇^;)



おおうっ!
興味ない人には、つまらない話題でしたね〜。

以上、ヒーリング体験を書いてないことを、なんとか誤魔化したい、
よっし〜の言い訳でしたっ。(;^_^A

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

人は、嫌なことにあうと、心を守るために不感症になる、
そして、嫌なことだけでなく、
ポジティブな感情も感じにくくなる。

だから、自分の欲求さえ感じられず、
「自分のやりたいことがわからない」人が増えているのかもしれない。

以前の記事でこう書きましたが…。


そのせいで起こる事に、
「ブーム」というものがあるのではないかと思っています。

私たちの社会では、ある一点に、
人気が集中してしまう傾向があると思います。

それは、就きたい業種にしても、住む場所にしても、
はたまたブランドでも、なんの分野でもそうです。

そして、それには利点もあるでしょうが、
弊害も大きいと感じます。

例えば、私は食品店勤務なので、
それは食品の売れ方で感じます。

ある日突然、ある食品が売れはじめ、
時には、問屋でも欠品になるほどの人気になります。

最近では、クルミや押し麦、
ちょっと前だったら、
キヌアや認知症に良いと言われるエッセンシャルオイル、などなど…。

どれも一過性なんですけどね。

これらは、テレビで取り上げられたのが原因です。


なかでも、一番酷いなと思ったのは、高野豆腐が人気になった時です。
これは、何年も前の話なんですけれど。

ある時、高野豆腐がダイエットに効く、とテレビで紹介されました。

当時、お店で取り扱っていた高野豆腐は、
国産の材料を使った無添加のこだわりのもの。

しかしそれは、良心的なメーカーにありがちな、
小さい工場で作られていました。

なので、ブームが来た時も、生産が追いつかず、
数ヶ月間欠品が続きました。

その後、やっと安定して入ってきたなと思ったのに…
数ヶ月後、また高野豆腐が入らなくなったのです。

なんと、ブームのとき、
生産量を増やそうとして、
かなりの設備投資をしてしまったらしいのです。

しかしブームが去り、売れ行きも元に戻ってしまった。
ただ、残ったのは設備投資の借金…。
それが原因で工場が潰れ、高野豆腐が入荷しなくなったという訳。

良い商品だっただけに、これは残念でしたね。



ええと、なんだか話が横道に逸れましたが、
元に戻しますね…汗

あるものに人気が一点集中してしまうのは、
それ自体に、それだけの価値や必要性があるからではありません。

どちらかというと、
自分に必要なものが何か分からない、
そんな人たちが、外側の権威を重視しすぎた結果なのです。

どの人にも、くるみや押し麦が必要な訳ではありません。
もし、アレルギー持ちの人であれば、害にもなるでしょう。

しかし、自分の感覚が信頼できないために、
外部の意見に依存してしまうのです。

同じことは、スピ系でも起きます。

「黒斎さん、あのブログのあの人は、本物だと思いますか?」
黒斎さんは、よくこういう質問を受けて困るそうです。

これこそ、自分の感覚を信じていない証拠。
もし外部の権威がこれが本物だといえば、それを信じるのです。

この場合、黒斎さんが本物だと言ったら、
じゃあ、そのブロガーさんは正しいんだ、
その意見を採用しよう、という訳です。


ただ単純に、その考え方を採用したとき、
自分は幸せかどうか?

そこが重要なのだと、私は思います。

なんてったって、自分の世界を作っているのは、
間違いなく、自分の認識なのですから。

外部の権威が、あるやり方を正しいと言ったとしても、
それが自分を幸せにしてくれるかは、別です。

人は皆、色んな個性を持っている訳ですから、
一つのやり方で、人類すべてが満足するとは考えにくいのです。



さて、趣味趣向や性向が統一化されている、という状況は、
スピ的に考えても、不自然なのではないかと思います。

一つのものが、いろんな体験をしたくて分離したというのが、
前提であれば、
です。

その前提であれば、ワンネスは、
同じ趣味趣向の個性を、大量に作ったりしないでしょう。

しかし、人々は、一つの意思しか持ってないかのように、
人気ブランドの服をもてはやし、
テレビの勧める食品に飛びつき、消費が美徳だと信じています。

これでは、本来の自分の欲求(幸せ)に従っていない、
気づいてもいないと、言えはしないでしょうか?

つまり、これは、他人の欲求に乗っかっているだけ、
真の意味で、
自分のために生きていない
ということに
なりはしないでしょうか?


…ええと、なんだか長くなりました、(^_^;)
疲れたので、次に続きます〜。
(つ、つづくといいなぁ。
時間が経つと、テンション変わるしなぁ…汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。