私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
すべて良し、ということ
以前記事にも書きましたが、
去年7月に切り花で買って、その後、根付いたバラに、
蕾らしきものが出てきたもよう…。

うおう、すげー! Σ( ̄0 ̄;)

バラを育てたことが無かったせいか、
何年も育てないと咲かないと思ってたのに…。

しかし、もちろん、
この1年、順調に育ったわけでありません。

オカメインコ襲来による丸刈り事件や、
(この時は、さすがに再起不能かと思われました、(^_^;) )
数回に渡るうどんこ病危機を乗り越え、
ちんまりちんまり、生きていたのです。

苦難が続いたゆえに、
花が咲いたら嬉しいですね〜(*^_^*)

もちろん、本当に咲くかは、まだ分からないですけれどね。

油断したら、
破壊王が、またかじりに来そうだしね…。



さて、ゴールデンウイークのことです。

ドラクエファンなら、
「勇者ヨシヒコと魔王の城」「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」という
ドラマを見るべしという情報を得て、さっそく見てみました。

放送は終了していますが、
テレビ東京の深夜枠で放映されたドラマらしいです。

キャッチコピーが低予算冒険活劇だけあって、
ハリボテのモンスターが出たり、
戦闘シーンが、突然チープなアニメになったりします、笑

まぁ、それもいい味を出しているんですけれどね。

深夜枠だということもあり、
セリフが汚なかったり、下ネタも多いですが、
それにアレルギーがない人なら、楽しいと思います♪

とにかく、何も考えずに笑える、
ドラクエネタ満載のおバカドラマなのです。

どのキャラも皆いい味出していて、私は好きなのですが。

中でも、主人公、勇者ヨシヒコのキャラクターに、
しばらく、ハマっておりました。

つい、何でもないときにも、思い出してしまいます。

ちょくちょく思い出すなんて…
もしかして………これが、恋?(^◇^;)


さて、
そんなヨシヒコは、真面目でまっすぐな性格。
メインキャラらしい、イケメン風な立ち振る舞いに、物言い。

なのに…。
おバカ度が底なしです。

で、おのれの欲望にも超正直であり…(^◇^;)

時には、アイドルになるため、
時には、人妻や巨乳女子が好きになったと言っては、
魔王討伐のパーティーから離脱します。

つまり、仲間を簡単に見捨てるのですが、
その理由を、まっすぐな瞳で、
さも正義っぽく語るのも、またウケるポイント。

だって、ナンセンスな理由なのに、
超かっこよさげなんだもの。



この、ついつい思い出してしまう、
魅力的な勇者ヨシヒコ。

こんな人が身近にいたら、
もう、もう…。

間違いなく、大嫌いになります! (`Д´)ムキー

おバカで、自分本位で、使命や仲間を簡単に捨てるし、
空気読まないし、毒舌家だし、女子のルックスには厳しいし…。

はっきり言って、身近にいたら大迷惑っ!

よっし〜がそんな人を見た日にゃ〜!

何度も生まれ変わってカルマを解消しろとか、
もっと煩悩を減らせとか、
聖人君子になりなさいって、小一時間、説教してると思います!


でも、でも。

ヨシヒコが、そんな聖人君子だったら、
すっごく、つまらないドラマになってる
と思うのです!

何回も思い出してしまうほどに、
面白く魅力的なのは、おばかキャラならでは。

そして、それが魅力的だと分かっていて、
あえて脚本家は、そういうキャラにした
のです。


ってことは、もしかして…。

現実のキャラたち(人々)も、
またしかり、ってことはないでしょうか?

煩悩だらけで、弱くって、欠点だらけで…。

でもだからこそ、面白くて、
興味深いドラマが展開されるのではないでしょうか。

それこそ期待していた通りの、面白くてユニークな物語が…。


さて、魅力的に見えるか、そうでないかは、
単に視点(距離)の問題にすぎない
のかもしれません。

遠い距離(テレビドラマの中)なら魅力的と分かるけれど、
身近(現実)にいたら嫌いになってしまう、ヨシヒコのように…。

自分が嫌い、という人が多いのも、納得です。
ここまで距離のない人物は、
どこにもいないわけですからね。

でも、もし…。

その欠点そのものが良しとされていたら?
それこそ、体験したいことだったら?

欠点を直すために、何度も輪廻転生しなきゃとか、
進化したり、幸せになるために、
自分を変えなくちゃいけない、という思想自体がナンセンスな事になります。

もちろん、それが本当かどうかは…

脚本家でもある自分自身(ワンネス)に
出会えて、はじめてわかることかも
しれませんがね。 (^_^ゞ

そして、欠点も含めて良かったのだ、と本当に腑に落ちた時…。

その時初めて、神の目線で、
喜怒哀楽ふくめた全てのドラマを
楽しむことが出来る
のかもしれませんよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。