私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
つじつま合わせの世界観〜顛倒夢想の世界〜
たいへん遅ればせながら…(;^_^A
先日やっと、アナと雪の女王を見てきました。

まぁ、いろんなところで、レビューが書かれていますし、
物語的には、特出すべき感想もないんですけど…。

でもやっぱり、映像は素敵でした〜。
3Dってやっぱり凄いですねっ。

Let it goの映像については、ネット動画でみるほう、
つまり2Dの方に馴染みがあったわけです。

でも、映画で距離が感じられると、こうも違うのかと驚きました。
なんか…印象が違うのです。

でね、3Dだと映像が美しいし、空気感もかんじられるし、
それが、もちろん良いわけですが。

遠くの山やお城など、背景が1枚絵になってる場合、
フラットだという事すら分かってしまうので、
見えすぎるのってこういういうことか、とちょっと笑いました。

2Dなら、まず分からないところですものね。

もちろん、3D映画だって、3Dメガネを外してみれば、
スクリーンはペラペラだし、映像だってもちろん厚みなんかありません。

3Dに見えるように、つじつま合わせをしただけの
脳にとってのだまし絵です。

「私はいかなるものも
ありのままに見ていない。」


奇跡のコースに、そういう言葉を繰り返すレッスンがあったのを
思い出しました。

もちろん、映画は良い意味で「ありのままに見ていない」わけですが。

しかし、それ以外のもの、つまりリアルとされるものすら
実は、脳のつじつま合わせじゃないか、と思いました。



例えば…。

自分が見ている緑色は、
もしかしたら、他の人が見ている緑色と違うかもしれない、と
思ったことはありませんか。

えっ…ないですか、ええ、そうですか…(´・ω・`)
でもね、聞かれたらあることにするってのが、大人のエチケットですヨ。
ええ、ココ重要です、試験に出ますからね、覚えてくださいネ (`・ω・´)/



でも、他の人の緑色と、自分の緑色が違っていても、
知るすべもないし、不都合はないわけですよね。

だって、共通してみんなが「緑」と言っているわけですから
見ているものは違えど、つじつまはあうわけです。

もう一つ、例えを使いましょう。

「右に障害物が見えたら、左に避ければいい」
そんなの、言われるまでもなく常識です。

しかし、本当でしょうか?

つじつまがあったから、
真実だと思っているだけではないでしょうか?

上下左右が逆転してみえるメガネをかけて生活する、
という実験があるそうです。

そのメガネをかけると、上にある物が下に見え、右の物が左に見える。
さらに、奥にある物が、手前に見えて…。

例えば、立ちションなどをすると、
おしっこがこっちに飛んでくるように見えるらしいのです。
ひぃぃぃ〜、ちょう怖い話です〜!!(((( ;゚Д゚)))ガクブル

…いやもちろん、よっし〜は立ちションなどしませんがっっ、できないっつーか (^^;;

さて、これをかけると
はじめこそ、視覚と現実とのギャップに、
強い吐き気に襲われたり、動けなくなると言います。

しかし、慣れてしまえば、数日後くらいに、
普通の生活ができるようになってしまうのです。

「右に障害物が見えたら、左に避ければいい」というのはつじつまがあわない、
「右に障害物が見えたら、右に避けるのだ」と脳が学習した、ということです。

私たちは、真実を見ていると思っていますが、
ぶっちゃけ、つじつまが合う世界を見ているだけではないでしょうか?


つじつまがあってさえいれば、真実でなくても、
なんら問題がないと思いませんか?

そういう意味で、私たちはただ、
物事を見たいように見ているだけ
…かもしれません。

昔、シックスセンスという映画がヒットしましたが
あれなど、まさしく、見たいものを見ている男の話でしたね。
つじつまもあっていたし…

…あ、それとも、単に主人公がおバカだっただけかな?(^◇^;)


また似たニュアンスで言えば、
アザーズという映画がお勧めです。
なるほど、世界をつくるとはこういうことか!と思いました。


さて、般若心経の一節に、
「顛倒夢想」という言葉があります。

ネットで調べてみると、
「顛倒」とは逆さまなこと。逆転していること。
そして「夢想」とは夢、幻のことで、まったくの虚構のこと、とあります。



私たちは顛倒夢想の世界に住んでいる、と黒斎さんは言います。

「歩いている時、自分が動いて進んでいる、と思っていますが、違います。
自分は動いていません、周りが動いているんです。

上りエスカレーターに乗っていると、
自分が上がっていると思いますよね、でも違うんです。

世界が下がっているんです、だから実際には、
上りでなく、下りエスカレーターですよね、笑

一度、そういう感じで世界を感じてみてください。」


よっし〜などには、???なカオスに思える世界ですね…(^_^;)

また、こうも言います。

「周りの状況のせいで、
怒りや悲しみが引き起こされると思っているかもしれません。
それは違います、逆です。

まず、自分のなかに、その感情があって、
それを表現したいというのが先なんです。

そして、中にあるものを表現するきっかけとして、
外界の出来事が起きるだけです。

だから、そこで感情を抑えられたとしても、
また感情を出すための、別の状況が起きてしまいます。

そして、それは抑えたぶんだけ、前よりも強烈な状況になります。」


なんだか…
この世は、私が思っている以上に顛倒夢想そうです…。
なにが何だか分からなくなってきた、よっし〜なのでした (;^_^A
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。