私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
自分の為に生きるということ 1
air_rank[1]

以前書いたテーマの続きです。
「やりたいことが分からない ~表現を抑えられた私たち~」
「マニュアルと自由のはざまで」


よりよい社会、地球にするために、
自分のために生きるという事が重要ではないか、と感じています。

それは、前に私が書いた
全体性に貢献しよう、と矛盾するようにもみえます。

しかし、自分のために生きるとは、
エゴイスティックになれという意味ではありません。


実は、純粋に自分のために生きることは、
他者への貢献になるのでは、
と思うのです。

このことについては、後で書きますね。


さて、社会は「自分の為に生きる人」には否定的です。

なぜなら、それは他者のことを考えない、
自分勝手な行為とされているからです。


ミスチルのヒット曲、Tomorrow never knowsの中でも、
それをうかがい知ることができます。

この主人公は、世間が思う「自分の為に生きる人」の
イメージだと思うのです。


♪ 無邪気にひとを裏切れるほど、
何もかもを欲しがっていた。
分かり合えた友の愛した女でさえも

今より前に進むためには争いを避けて通れない。
そんな風にして世界は今日も回り続けてる ♪



己の欲望のままに、他者を犠牲にして生きる。
そして、他者を傷つけるがゆえに、自分も傷ついてしまう。

それが、自分の為に生きるという事なのだ。

もし、そのように生きるならば、
誰もが不幸になるだろう…。

だから、他者のために生きなさい、
自分を横におき、他者や組織のために生きなさい、
それが崇高な生き方です、と社会は言います。


しかし…。

本当に好きなことをしたら、
他者を傷つけることになるのでしょうか?

それよりも前に、
私たちは、肝心なことを見逃していないでしょうか?

自分のものだと思っている欲望のほとんどは、
世間やマスコミといった、外部から植え付けられている、ということに。

競争社会のトップに立ったり、
他人の持っているものを欲しがること…

それが本当に自分のやりたかった事だと、
確信を持って言えますか?


それとも…。

それは誰かが「それが出来たら凄い」と言ったから、
やりたくなっただけではないでしょうか?



さて。
このように個人的な欲望と、世間的な欲望があるわけですが。

この社会的な欲望にそっていれば、個人的な情熱でも推奨されますし、
そうでなければ評価されません。

その違いは、その行為がお金や力(権力、人気、尊敬)を生むか、
どうかにかかっています。

社会は「個人がやりたい事」がお金や力を生めば評価します。

しかし、「純粋にやりたい事」は、
金銭的な利益に結びつくとは限りません。

そんな、物質的な利益のない行為は、
世間では、時間やお金の無駄と言われます。


たとえば、フランス国王、
ルイ16世は、錠前作りが趣味だったそうですが、
その趣味だと、周りの貴族からはあまり評価されなかったでしょう。

しかしもし、彼が戦争上手で、
土地やお金を、他国から奪うことが上手かったら、
ヒーローとして称えられたと思うのです。

また、こういうことでもあります。

私は一時、一人カラオケにはまっていました。
これは、何も生み出さないので
世間的に、あまり褒められたことではありません。

しかしもし、大勢でカラオケに行き、
絶賛されるような歌声で歌えたなら、
世間は評価してくれるでしょう。
(尊敬や愛を得ることは、世間では重要)


社会的に都合の良い情熱だったら、もてはやし、
そうでないものなら、無視するか馬鹿にする。

そして、社会が、くだらない情熱だと見なせば、
情熱にみなぎる子どものやる気も、
摘まれてしまう事でしょう。

こうして「やりたい事が分からない」人間が育つのです。
社会的にはコントロールし易くていいのでしょうが。


私たちの願望は、
純粋に自分から出たものかどうか?

それとも、社会の希望を、
反映しているだけなのか?

それをハッキリさせないと
自分を幸せにすることは出来ません。


もし、社会の希望を自分のものだと勘違いしたままなら、
生きることに、恨みが出てくるからです。

だって、意識ではごまかしていても、
本心では、やりたくないことをやっている訳ですからね。


例えば、アイドルなんか典型的ですよね。
AKBのメンバーになりたい子は、たぶん山ほどいます。

しかし、純粋に歌と踊りが好きという理由の人は
どれくらいいるでしょうか?

純粋に、行為自体が喜びならば、
ただ歌っているだけで幸せです。
うまく歌うことも、アイドルになる必要だってありません。

しかし、もし、成功や人気を得ることが目的であれば、
歌を歌うだけでは不幸です。

だって、行為が目的ではないからです。
やらされているだけだからです。

そして、常に争い続けます。
なぜなら、世間が刷り込んできた願望は、狭い価値観だからです。

門は狭いのに、
欲望だけは植え付けるので、通りたがる人は山のよう。

だから、人生が激しい競争になったとしても、
苦しみに満ちていたとしても、なんら不思議ではないのです。

air_rank[1]
本日の順位は33位でした~(^_^)
いつも、いつも応援有難うございます♪ \(^o^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。