私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
内部被曝検査をしました その3
やっぱりというか、なんというか、
放射能記事、人気ないですよね〜。(;´Д`A


まぁ、叩かれないだけでも、有難いことだと感じています。

だってね、もっと危ない場所もある中、
東京に住む私が汚染されてます、なんて書けば、
やはり、不安に思う人も出てしまいますよね。

知りたくない人だって、いっぱい居るはずなんです。

でも、なぜ書くのか?

やっぱり、知らなくちゃいけないからです。
認めるということ、そこから変化が始まるからです。

いったん、事実をあからさまにすれば、
「じゃあ、どうやって対策を取るか?」の段階に入れます。

放射能測定でいえば、沢山の人を測ることによって、
「被曝量を抑える生活術」が自ずと解明されることでしょう。


さて…。

私は今、小さな食品店のアルバイト店長ですが、
それゆえに、何人かに仕事を教えてきました。

最近、ミスが直らない人に共通する、
性格タイプ
があるのに気づきました。

それは、「認めない人たち」であること。

「ここ、間違えてるでしょ?次回からは直してね」というと、
「でも!」と反論したり、
「それは、誰々さんのせいです」と責任転嫁する。
もしくは黙りこんでしまう人が、
同じミスを繰り返す事に気づいたのです。

ミスをした自分を「認められない」。

つまり事実として理解できないので、
いつまでも同じことをせざるおえない。


そして、皆、我が強い。
単に「ミスをしないよう注意すること」を要求されているのに
我の強さゆえ「私が攻撃されている」と誤変換して理解する。

結果、恐怖・怒り(自己防衛心)により、
ありのままの現実が見えなくなり、反発して、
次回もまた同じミスを繰り返す。

で、注意され、さらに被害者意識を高め、
またミスして注意され、被害者意識を…。

…悪循環です。

ありのままを見れなくなるのは、
「恐怖、過剰な自己防衛」があるため。

これは、もしかしたら、
原発や放射能汚染についても、同じ事かもしれません。

「ありのままを否定せず、認める」

スピリチュアルでは、定番すぎる言葉ですが、
それこそが変化への最短の道かもしれないな、と感じました。



さて、ここで教えてもらった内部被曝への対策は、
以下のようなものです。

お風呂に重曹を入れる。
発酵食品、繊維質の食べ物を食べる。
足湯など、代謝をあげることをする。
活性炭を飲む(吸着して落とす)。
酵素風呂に入る。
腸の働きを良くする。
ストレスを減らす(ストレスは内臓の動きを悪くする為)


重曹風呂は、昔から放射能対策として知られていると言います。
やり方は、お風呂に300g~500g位の重曹をいれるだけ。
重曹は、食用レベルのものが良いそうです。

また、活性炭に関しては、
この医院で専用のサプリが売られています。
キッズカーボン、1袋4500円で、1ヶ月分だったかな?

もともと、防腐剤や着色料など、
添加物を吸着させるために作られた炭ですが、
たまたまセシウムを落とすデータが出たため、販売していると言います。

また、腸に添加物がたまる事も、
デトックスし辛くするので良くありません。

「他の炭、麻炭や竹炭はどうか」と質問も出ました。
「良いとは思います、でもデータとして出ていないので…」との事。

そもそも、その炭の穴の大きさが、
毒物の大きさとフィットするかどうかが鍵なので、
今の段階では、どの炭でもお勧めとは言えないようです。

また、酵素風呂ですが、これはおがくずや米ぬかを発酵させたものに、
全身を入れるものだそうです。

1.8ベクレルとやけに数値が低い人がいて、
何をやっているか聞いたら、この酵素風呂に入っていたとか。

この人は食べ物は一切気にせず、
美容のために、週一で酵素風呂に入っていたそうです。

また、他の人で高かった人も、
酵素風呂に、2、3回入っただけで、
かなり減ったそうなので、効果は高いのかもしれません。

ただ、酵素風呂も一回三千円位するものらしいので、
お手軽にとは言えないようです。


さて、ここ50年に渡る、日本人男性の
セシウム130の体内被曝の推移のグラフを見せてもらいました。

その折れ線グラフには、
3.11前にも、大きな山と小さな山がありました。

単位は聞きそびれましたが、平常時で20だった数値が、
最初の大きな山では400〜500、次の山は70の数値になっています。

大きな山は、1960年あたり。
これは、ビキニの水爆実験のものと考えられ、
小さな山はチェルノブイリだそうです。

海外の出来事が、
日本人の体にこんなに強く影響していたなんて…。


また、先生が心配していたのは、小学生までの子供たち。
というのも、子供たちは、消化器官がまだ未発達のため、
うまく排泄できず、被曝量が高くなりがちだというのです。


こういった放射能検査に関しては、
ホットスポットの柏、松戸など、
18歳以下は補助金が出る所があるそうです。

だから、住む場所によっては、
子供なら放射能測定が無料で受けられたりします。
市役所などで、ぜひ調べてから行ってみて下さいね。

air_rank[1]
本日の順位は38位でした、ちょう有難いです。
こんな記事なので、もっとずっと下がってるかと思ったです。
皆さんありがと〜!(^o^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。