私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
内部被曝検査をしました その1
Eテレのプラネットダイナソーのシリーズ、
恐竜好きには面白かったです♪

特に、「プラネットダイナソー(3)空飛ぶ恐竜たち」は、
鳥好きにも必見!

翼や羽毛が生えた恐竜に焦点を当てています。

なかでも、このギガントラプトル。

こっこれはっ!
まごうことなき、
毛をむしられたオウムさん…( ̄□ ̄;)


Gigantoraptor.jpg
この画像より、プラネットダイナソーのCGのほうが、さらにオウムオウムしてました~


ええっ、オウムはもっと首が短いですって?

なんのなんの、
きゃつらは、毛がないとけっこう首も長いし、
ついでにグロいです♪


それにしても、羽毛、偉大です。
あれがないと、とり、結構こわいっす。

赤裸のヒナ鳥なんか、
そのうに入っているエサのつぶつぶが、透けてみえますもん。

そのう袋がぷちって切れたら、
どうなるの、どうなっちゃうの~~!!
と、
鳥のヒナを育てるときは、いつも想像して、身もだえしてます。
(なら、想像するなって感じだ(^_^;))

でも、ひなも、あのグロさが可愛くなったりするんだけれど♪


さて、ギガントラプトルですが、
営巣をし、巣には、卵が円形に並べられていたとか。

そして、卵の上に、翼を広げて抱く形の親の化石が
たくさん出たんですって。

かんど~&やっぱし、とりだ~!!

テレビでは、巨体に合わない小さい翼をぱたぱたして、
肉食恐竜から卵を守ったりしてました。

ぱたぱた、ぱたぱた。 "ε(・θ・)3゛
うぉ~、なんて、かわうい~~♪


ユパさまの鳥馬みたく、ひもで繋いで飼えたりしないかなぁ…。

でも、子供でも、体長8メートルか。
…じゃ、食われるな、私。

ちなみに「プラネットダイナソー(3)空飛ぶ恐竜たち」は、
今日(1月12日)の深夜に、再放送するそうです。
興味ある方はどうぞ~。



さて、去年の12月25日のクリスマスに、
dekoさん、うさぎさん、ユカリさんと一緒に、
なぜか、内部被曝検査をしてきました~。

東京、人形町にある千本桜高原クリニックでやっています。
■千本桜高原クリニック■

ここは、Rinkoさんから教えてもらいました。

ホールボディーカウンターという椅子状の装置で、
10分ほど座るだけで測定できます。

金額は4500円。
検査結果だけでなく、色んな詳しい話をしてくれます。

測れる放射性物質はセシウムだけです。
ストロンチウムなどの他の放射性物質は測れません。

また、カリウムの量も測ります。
というのも、体内のカリウムが欠乏すると、
放射性物質のセシウムが吸収されやすくなるからです。

~・~・~

放射能というか、食の安全の事については、
ずっと書きたいと思っていました。

というのも以前、颯花さんのセッションに行った時、
食の話を沢山したんですね。

颯花さんはベジタリアンで、食に対する意識が高い方です。

なので、外食には本当に困ってしまう。
日本には、オーガニックやベジタリアンのお店が少ないからです。

日本にいると、海外にいるときよりずっと、
食事に困るのだそうです。

それに加え、今や日本には、放射能の問題があります。

3.11以前は、健康に気づかう人は、オーガニック食材を選んだり、
マクロビオティック(玄米菜食を基本とする食養法)などで、食事に気を付けることが出来ました。

けれど、マクロビオティックの考え方には、以下のようなものがあります。

「身土不二(住んでいる土地の食材が、その体には最も良い)」
「一物全体(野菜でも米でも、一部だけでなく、丸ごとたべる)」


しかし、今や放射能汚染の時代。
もはやオーガニックやマクロビだけでは、
食の安全性は確保できないのです。

たとえば、「身土不二」と言っても、
近隣の野菜(国内産)を食べることは、
海外産のものを食べるより、放射能的にリスクがあります。

そして、「一物全体」
まるごとの食材を食べるにしても、
白米より玄米の方が放射能が高いと言われている…。


颯花さんは、3.11以降、自然食品店で働く人や
マクロビオティックの先生のエネルギーに変化を感じたといいます。

矛盾した感じ、なにか手探りをしている感じ…。

私は、エネルギーを感じることは出来ないけれど、
確かにそれはそうだと思うのです。

食の安全性の意識が高い人ほど、
安全性が分からないものを売ることには、強い葛藤が生まれます。

放射能は目に見えず、したがって食材の安全性が確保できない。
しかも情報は出ないし、対策のとり方がわからない。
だから、なるべく西でとれた食材を選びつつ、以前学んだ方法を続けて行くしかない…。

それが、マクロビをやっている人の現状だと思うのです。


「マクロビオティック的には、放射能にいいから海藻類をとろうと言います。
でも、そのわかめは大丈夫か?っていったら、汚染された海で育っていれば危ないですよね。
だから、矛盾のない食の流れを作らないといけないんです。
でないと、変な話、自然食をやっている方が
放射能摂取しやすい、ってことになってしまいますよね。」

颯花さんは、そう語っていました。


そして、私自身、答えが出ないことだったので、
ここに書くことも出来ませんでした。

今回の放射能検査で、これに対する答えや、
放射能対策の情報が得られるかもしれない、そう思って受けることにしたのです。

長くなったので、つづきますね~。

air_rank[1]
本日の順位は33位でした、皆さまいつも有難う!
羽根をぱたぱたして喜んでます~ "ε(^θ^)3゛パタパタ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。