私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
汝の 欲する ことを なせ
アナフィラキシーショックが起こる程の
酷いアレルギーが増えているそうですね。

でも不思議、アレルギーって、
どうしてあらわれたのですかね?

近代病という感じが強いし…。

花粉症だって、昔は無かったはずですよね。
なのに今では、お山の猿や犬猫でさえ、花粉症に悩まされているそうです。

たぶん、アレルギーは、
一つの理由でなく複合的な汚染からきているのでしょう。


でも、アレルギーってなんだか、
象徴的だと思いません?


本来無害であるはずの食物に、免疫が過剰反応する。

無害であるものを敵と思い込み、やっつけようとして、
ひどい場合、自身を死に至らしめてしまう。

…なんだか、人間みたい。


あいつらは、危険な武器を持っているはずだ、
やっつけなくては自分が危ない、と言って戦争をする。

で、相手だけでなく、自国の兵士にも体や心の傷を負わせ、
日常生活さえ、困難にさせる。


その危険は本当の危険だったのか?

そもそも恐れとは何なのか?
そして、本当に欲するものとは、何?



衝動や願いが、どこから来て、どこへ導くのか、
そもそも、正当な理由を持つものなのか、
はっきり見てゆく時代だと思います。

地球規模の破壊力を持った、今の時代だからこそです。


でないと、願いは、
思ってもみないところへ
自分を連れていってしまうかもしれません。

自分を守ろうとして、死に至らせる、
危険な免疫細胞のように…。




私たちには、自動的にインプットされた観念や常識、
言いかえれば、カルマがあります。

それらは、分離をするようにデザインされていると、
私は思っています。

私たちが、批判や、非難が好きなのはそのためです。
(自我を黙らせる訓練に、批判をしない、
というのがありますが、それもうなづけます)


もともとがワンネスである私たちは、
無意識に、自他を分ける区切りを欲しています。

それがないと、より自然な状態であるワンネスに
戻ってしまう為だと考えられます。

なので、他者を盲目的に批判している人がいたら、
分離を深めるゲームをしているな、
と優しい目で見てあげてください、笑

ま、私はスッゲー嫌な奴がいるな、
とムカつくだけですが。

(こうしてよっし〜は分離を深めてゆく、笑)


「目覚めがおきても、カルマは無くなりません」と黒斎さん。

「カルマが無くなる事が、目覚めなのではなく、
カルマがどういったもので、
どういう影響を与えられて生きてきたかに、
気づくことが悟り
なんです。

で、悟後の修行とは、
カルマの影響を受けない自分に還ってゆく道
なんです。

悟ったから、聖者になるとか欲望が無くなるとかは、全部幻想です。
ただ、素直な自分が丸ごと顔を出してくるだけです。」


もし、カルマの影響を脱して、
願うことが出来るようになったら…。
自身を破壊する愚かな願いも、無くなるのかもしれません。



さて、「願いがどこへ連れて行くか?」
それを問う本に「はてしない物語」があります。

ミヒャエル・エンデの有名な児童文学で、
ネバーエンディングストーリーの原作でもあります。
(ただ、映画とはかなり違います)

子どものころは、楽しいだけで理解できなかったけれど、
今から思うと、スピ的メッセージのてんこ盛りです。
いつか、がっつり書きたいくらい!


「汝の 欲する ことを なせ」

本の中の世界を救うべく、
本の世界に入ったバスチアンに、
願いを叶えられるお守り、アウリンが渡されます。

アウリンに書かれていた言葉が、これ。
「汝の 欲する ことを なせ」

太ったいじめられっ子のバスチアンは、
アウリンにより、次々と自分の願いを叶え、
本の世界、ファンタージェンのヒーローになっていきます。

そして、さらに力を得たいと思ったバスチアンは、
ファンタージェンのトップの「幼ごころの君」を制服しようとします。

「幼ごころの君」は、アウリンに願いを叶える力を与えている存在。

アウリンによって全てを手に入れたのに、
その力の源泉をも凌駕しようとするバスチアン。

さて、この顛末はいかに?

すごい面白い話なので、
興味がある人はぜひ読んでみてください!


さて。

私たちも、常にこう問われているのではないでしょうか?
「汝の 欲する ことを なせ」


欲することに善悪はありません。
それが自我(固定概念、カルマ)からのものであれ、そうでないものであれ、
世界はそれを支えてくれるのでしょう。

たとえ、今の世界のように、集団自殺行為を
望んだとしても。

ただ、願わくばもっと良い道を、とよっし〜は思っています。

air_rank[1]
汝の欲することをなせ…と、あえて言ってみる、汗
うぉぉぉ〜これだと押してもらえないかも〜〜(^◇^;)

ちなみに、本日の順位は30位でした〜
こんな高順位していただいて申し訳ないくらいです、
皆様ありがとう、ペコリ m(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。