私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
カルマとは何か~カルマを継続させたい私たち
うおお~、ちょっと忙しくなってしまいまして、
しばらく、こんなペースで更新するかもです…。(;´Д`A


さて…颯花さんと話した環境問題や、食のことについては、
重要だし、また長くなりそうなので、また書きますね。

先に、黒斎さんの月イチの講演について書いておきます。

とは言いつつ、一昨日の月イチじゃないんですよね~。(^_^;)
これまた遅くて、すんません。

一昨日の月イチに関しては、余力があったら、書きますです…。

~・~・~・~・

さて、ある女性の質問がありました。

新しい職場に勤め始めたばかりという彼女。
病院なのですが、ここで働きはじめて、とても疲れやすくなったそうです。

それは、その場の悪いエネルギーのせいなのか、
だとすれば、お勧めのガード方法とか、場を浄化する方法があるか、とのこと。


「だれしも、場の影響は受けます、やっぱり。

すっごい元気がない人でも、盛り上がっているライブ会場に入れれば、
ちょっと元気になって出てくるでしょ?その反対もある。

それと…。

この理解が大事ですが、「実はあなたはいない」んです。

わかりますか?

みんな、何となく、命が肉体をまとっていると考えています。

自分の区切りが肉体で、それより外は、自分じゃないと思っています。
でも、本当はそうじゃない。

自分とそうじゃないものの境界線がある、という思考は、
概念にすぎません。

でも、僕とあなたを遮る壁は、存在していません。

(よっし~注:だから、場の影響をみんな受けるのだ、という意味だと思われます。)

ただ…だれしも、場の影響は受けるとはいっても、個人差があります。
その差は、カルマの影響をどれだけ受けやすいかによります。

でも、カルマって何でしょう?

カルマに関しては、僕には、僕の答えがあるのですが…。

ある時、ボブ・フィックスさんに聞く機会があったんで、聞いてみました。
なんて答えるかなぁと思って、笑

そしたら、「カルマは無い」と。」

会場:「ええ~!」

「説明しますね。

カルマは静電気みたいな質があります。つまり電荷です。
プラスとマイナスみたいな、電気のエネルギー。

空間に在る、プラスとマイナスの組み合わせによって、
カルマというものが形成されたり、無くなったりします。

聖書の創世記のなかで、神様が闇の中で光を作ったって言うでしょ?
あれって言うのは、つまり、マイナスのなかに、プラスを作ったって事です。

空間を想像してください。
その中に、プラスとマイナスがごちゃごちゃある、それこそ無限に。
規則性のない、ぐちゃぐちゃになったところに、現象化があります。

ただ電気って…。
プラスマイナスが、うまく統一されてないと、スムーズに流れないでしょ?

ごちゃごちゃになっている所には、高負荷がかかっていて、
電気がスムーズに流れなくなっています。

+-++-+++
--+-+-+-
-+++--++
+-++-+-+
-+-++---
++-++++-
現象化、エネルギーの滞り


下敷きをごしごし擦れば、静電気が増えて、ゴミを吸着するように…。

カルマが増えると、日々の生活に、摩擦が生まれます。

で、「下敷きを擦る」とはどういう事かというと、
「心のざわざわ、いらつき」なんです。

心がざわつけば、ざわつくほど、
電荷(カルマ)がふえて、さらにホコリ(出来事の中の摩擦)を吸着していきます。



これに対して…。

瞑想だとか、ヒーリングだとかが、何かっていうと、
エネルギーを整理整頓してあげることです。

つまり、プラス・マイナスが整理されると、吸着のエネルギーが無くなります。
だから、余計なカルマを引き寄せるという事がなくなってくる。

生きる上で、摩擦が生まれなくなってきます。

それが、カルマに影響されないということです。

++++----
++++----
++++----
++++----
++++----
++++----
スムーズなエネルギー
 


前者にしろ、後者にしろ、電荷そのものは、増えも減りもしません。
ただ、どういう組み合わせかという違いだけ。

つまり、カルマがあるのじゃなくて、
ひずみがある状態をカルマと呼んでいる、
という事です。



さて、ヒーリングの話になりますが、
ヒーリングには二種類あるんです。

自我からのものと、空(くう)からのヒーリングです。

自我からのものは、ホコリ落としです。

静電気いっぱいの下敷きを、
パンパンって払ってあげて、ホコリを落としてあげる質のヒーリング。
「私があなたを治してあげる」という発想のものです。

これだと、ホコリは落ちますが、
静電気は帯びたままなので、
すぐにまた、ホコリが付くようになります。


空(くう)からのものは、これと全く違います。
空のエネルギーは、性質として、電荷を整えようとします。

下敷きの電荷を整理するので、静電気がなくなり、ホコリ自体が付かなくなる。

「私はパイプになっているだけです、
空のエネルギーが
あなたを癒すんです」というタイプ
のヒーラーさんです。

ただね、前者も同じことを言う場合もあるので、注意ですが、笑

で、精神科の先生っていうのは、
鬱の人などを相手にするから、無意識にガードも堅いんです。
情で関わりません。

自分を可哀そうだ、と思っている人は「私可哀そうでしょ」とアピールするし、
可哀そうだと認めてくれる人(情のある人)の所に行きたがる。

結局、『私可哀そう』は手放したくないんです。
現状を維持したがる…それがカルマ。

それに対して「本当だね、可哀そうだね」などと情で関わると、
電荷をお互いに高めあってしまうんです。

で、本当に『可哀そうな人』が出来てしまう。

だから、「どこが可哀そうなんですか?」って、聞くぐらいがちょうどいいんです。
それによって、『可哀そうな人じゃないエネルギー』がそこに生まれます。

「こういう問題があって、私大変なんです。」
「それのどこが問題なんですか?」

これくらいの方が「ハッ」ってなりやすいんです。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。