私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
富士龍団ツアー第2弾
6月30日に、tomokoさんとトヨタマヒメさんの主催する
「富士龍団ツアー第2弾」へ行ってまいりました!

■トヨタマヒメさんのブログ■

■tomokoさんのブログ■

今回参加者で、知り合いはRinkoさん。
知り合いがいて、本当にうれしかったです。

さて、新宿から7時ごろ高速バスにのって、河口湖駅へ向かいます。
新宿では10名くらい乗り込みました。

そして、着いた河口湖駅にも10名位待っていて、合計20名位の参加でした。

皆、名札を書いて、首にかけます。

初めて会う、トヨタマヒメさん。
プロのネイチャーガイドだそうです。

実は、彼女のブログは読んでなかったのですが(ごめんなさい、汗)
なんとなく、近寄りがたい女性をイメージしていました。
たぶん、神様の名前だったからかな?

でも、実際にお会いする彼女は、
とても親しみの持てる、声の可愛いらしい方でした。


まずは、青木ヶ原樹海にある、西湖竜宮洞穴へ向かいます。

樹海、初体験の私。

でも、大きな木々と、苔むした溶岩、
きれいな澄んだ空気に、テンションが上がります。

Zyukai.gif

初めてきく鳥の鳴き声も、にぎやかです。
なんの種類か分かると面白いのに~。

「鳥の鳴き声は、ゴーサインなんですよ」とトヨタマヒメさん。
歓迎されてるとあって、みんなも嬉しそうです。


話は変わりますが…。

よっし~には、何年前からか、
木に触りたいという、変な衝動があるのですが、
この森は、それにうってつけな感じでした(^_^;)

都会だと、木を触ってる大人なんて、変人ですもの。

木といえば、同じくネイチャーガイドのなおみさんが
言っていたことを思い出します。

■なおみさんのブログ■

「最近、分かってきたんですが、木は、人間のことを好きなんですよ。
人間に触られると喜びます。こんなに色々なことをされていても、です。」

木って、ほんと、やさしか~!
本当は、木にしばらく抱きつきたいところですが、
怪しいので触るだけにします。


もうひとつ、私には、変な衝動があって、
誰もいない森の中で、大声で歌いたいというのがあるのです…(^_^;)

…そういう変人は、他にはいませぬか?


昔、渡邊 満喜子さんというヴォイスヒーラーの方がいて、
何回か講座を受けた事があるのです。

彼女は、各自に、自分の気持ちからわきあがる、自由な旋律を歌わせ、
その意味の解説もしてくれました。

それと、ハートから歌う、とか、男性性から歌うなど、
ある特色に同調して歌うというのがありました。

そういうのを、やりたいんです…(^_^;)

森に同調して歌う、みたいな。
森に歌を聴かせる、みたいな。

恥ずかしいから、誰もいない森じゃないと無理だし、
やったことないんですけれどね…。



さて、話を戻します。

竜宮洞穴は大きな穴で、下に小さな祠があります。

なんとなく、近寄りがたい感じもしますが、
諏訪の水を注ぐために、下に降りてみました。

Ryuguudouketu.gif

中へ下ると、急に空気が冷たくなります。
空気の層がある一点から、明らかに変わっています。

「この下には、氷の湖があるんですよ。
調査で入って見たことがあります。
氷の湖は温暖化で徐々に小さくなっているみたいです。」
とトヨタマヒメさん。

わぁ、氷があるから冷凍庫みたいに冷えているんだ。

ここでは、不思議な写真をとっている方もいましたし、
色々、感じられている方も多いようでした。

まぁ、私は感じない人なので、まったく分かりませんでしたが。

RyuguudouketuRYU.gif
穴を見下ろす龍の頭の木。どんどん顔つきが変わっているそう。



つぎは、河口湖へ向かいます。
河口湖の中にある、鵜の島へ行くのです。

三人乗りの手こぎのボートで、わいわい行きます。
3人の男性の参加者がいて、
中でも一人の方が、何往復か漕いでくれて、大変だったと思います。

中には、若い女の子の漕ぎ手も…!
でも、やはり難しかったらしく、
方向が曲がり苦労していました、本当にお疲れ様でした。

そんな様子に呆れたのか、貸しボートのおじさんは、
最後には、頼んでいないモーターつきのボートを出してくれました。

よっし~とRinkoさんは、それに乗りました。
風を切って、ちょー楽ちんでした♪

Unoshima1.gif

Unoshima3.gif

Unoshima2.gif

鵜の島につくと、いろんな鳥の羽根が落ちていたり、珍しい草木があります。

トヨタマヒメさんに聞くと、草の名や、
小さな羽毛からも、鳥の名も教えてくれます。

さすがネイチャーガイド、本当にいろいろ知っています。

「これは、カナダガンです」
小さな羽のかけらをみて、そう教えてくれました。

ガン…。
しかし、見渡したところ、鳥の姿は見えず、ちょっぴり残念です。
渡り鳥だから、今はいないのかな。

子供のころオオカミが好きでしたが、ガンも同じくらい好きでした。

「ニルスのふしぎな旅」に、出てきたカナダガン。

その後、読んだ「ソロモンの指環」にも、
ハイイロガンが出てきましたっけ。
著者が飼ったガンは、ちょう可愛くて、とても賢い鳥でした。

ちなみに、「ソロモンの指環」は、ちょうお勧めの本です!

著者のローレンツは、刷り込みを発見した動物学者ですが、
ぜんぜん堅苦しくない。

本当に、動物が大好きで大好きで、いろんな動物を飼ってしまい、
いろんな発見をしてしまったという感じ。
愛が溢れる文章は、それだけでも楽しいです♪


さて、鵜の島のてっぺんにある神社へ向かう道すがら、
トヨタマヒメさんと話しました。

「今の時期、ガンはどこかに渡っているんですか?」

ちょっと躊躇している感じのトヨタマヒメさん。

「…悲しすぎて、まだブログには書けないんですけどね。一か月くらいまえ…」

ぽつりぽつりと話し始めました。

カナダガンは、外来種だということ。
昔、誰かが飼っていたのが、放されて繁殖したこと。
で、外来種だということで、一か月くらい前、全て殺されたこと。

しかし、外来種だとしても、
ひどい環境破壊はしていなかった、とトヨタマヒメさん。

なるほど…。
これは、あくまで、よっし~の想像にすぎませんが…。

富士山世界文化遺産に登録されたから、今のタイミングで、殺されたのかも?
外国の人が来た時に、外来種がいると格好がつかない、とか??

ただ、ネットで調べたところ、
在来種のシジュウカラガンと、交雑する危惧もあるそうです…。

何が正しいか分からない、と悩む私に対し、
それでも、命が大事だと思う、と言ったトヨタマヒメさん。
殺すのではなく、放した人間が捕まえて、もとの国へ戻すべきではないか、と。

トヨタマヒメさんといい、なおみさんといい、
ネイチャーガイドの人は、自然に対する愛にあふれていて、本当に感動します。

hane.gif
拾った羽根。左がトンビ、あとはカナダガンの羽根だそう。

人間が、人以外の者の命に対しても、もっと思いやれたら、
もっと住みやすい世界だったでしょうね。

いや、戦争があるくらいだもの、人の命でさえ軽んじているのかも。


わあーん、長くなってしまって、最後まで書けない~。
でも、今回のツアーで、一番心に残ったのはコレなんです。

だから、続きを書かなくてもいいかも(^_^;)

しっかし、
ぜんぜんスピ系っぽくないブログですね。

その点は、tomokoさんや他の人がいっぱい書いてくれるだろうから、
良いということにしよう…(^_^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵な素敵な、大きな羽根を見つけましたね~^^
よっし~さんだからこそのプレゼントだと思います。

スピなんかじゃなくたって、それはそれでとても大切なことで、その方が私は素敵だな~と思ってしまいます。

羽根で鳥の種類が分かるって凄いですよね。
私ももっと鳥の種類や草花の種類とか分かったらいいのになって思いました。
tomoko | URL | 2013/07/04/Thu 21:12 [編集]
お疲れ様でした〜
tomokoさん、ツアーでは、
いろいろお世話になりました〜(^_^)

トヨタマヒメさんはいろいろ知ってて本当にすごいですね!
あと、羽も、居なくなってしまったガンのものなのに
拾えたので嬉しかったです。

今回、敏感な方が多かったですね♪
そういう人が増えて、自然と対話して、
動物たちと、調和して生きられたらいいのにな〜
よっし~ | URL | 2013/07/05/Fri 21:01 [編集]
遊びに来ました〜(^o^)/
よっし〜さん、こんにちは〜(^o^)/ふくろうのブログに来て下さってありがとうございます♪富士山ツアーではお世話になりました!

カナダガンのお話、とよたまひめさんからそんなお話を聞いていたんですか〜!全然知りませんでした。ショックですよね…、人間ってなんて勝手な生き物なんだろう!!(>_<)

竜宮洞穴ではクロツグミとミソサザイが鳴いていました。動画サイトで鳴き声を聞いてみると面白いかも知れませんよ(o^^o)♪
ふくろう | URL | 2013/07/14/Sun 16:30 [編集]
Re: 遊びに来ました〜(^o^)/
ふくろうさん、書き込みありがとうございます!
本当に、鳥に詳しいんですね〜
そこまでいろいろ知っていると
森にいても、楽しいでしょうね♪
よっし~ | URL | 2013/07/14/Sun 20:18 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。