私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
コントロールを望む想いが「悪」の概念を生む〜その2
hirokoさん、拍手欄にコメント残してくれて有難うございます!
今になって気づきました、すみませんっ m(_ _)m
このブログにもコメント欄があるのですが、なぜかたどり着きにくいようです、汗


さて…。
本当にひさびさに、黒斎さんの月イチ☆に行ってきました。
チケット予約制がなくなって以来、私が初めて行った講演です。

新しくスタンプカードというものが出来ていたのが、
何だかウケました。(^◇^)
5回行くと、次は無料になるそうです。


さて、今回の講演を聞いていて思いました。
「ああ、ちょうどブログで、この事を書きたかったの!」と。

私が感じていることを、違う言葉や角度で表現し、
さらに補足までしてくれるから、
私は、黒斎さんの講演が好きなんだろうと思います。

だから、私にとって重要なのは、
真理を語っているかではないのかもしれません。

今、共感できるかどうか。
ただ、それだけなのかもしれません。



さて…。

今回のタイトルの「コントロールを望む想いが悪の概念を生む」

これは、固すぎる表現だし、
わかるようなわからないような、変な文章ですよね?


黒斎さんは、同じことをこう言っていました。

「作為は、不幸によって生まれる。」

えっ、全然違うことじゃん、と思われた皆さま!

確かに…。(^_^;)

いやいや、いやっ。
どうか補足させてくださいませ、汗。



「こうあってほしい、こうあるべきだ。」

こうした思いがあればあるほど、
コントロール出来ない事がらに、意識が釘づけになります。

だから、自我はコントロールしようと、
行動(作為)を起こします。

これが、黒斎さんの言う
「作為は、不幸によって生まれる」です。

まず前提として、不幸でなければ、作為は起こらないというのです。
作為を持てばもつほど、不幸を抱え続けることになる。
反対に、幸せには作為がないとも言っていました。

そして、私が言いたい事は、
コントロールしたい思いがあるからこそ、
コントロール不可な事柄を、自我は悪と捉えるという事なんです。



昔、陰陽師がいて、不思議な術によって、
現実をコントロールしたと言われています。

彼らは幸せだったか、否か?

超能力を持っていれば、
少なくとも超能力分くらいは、ふつうの人より、
幸せに違いないと私たちは考えます。

しかし、そうではないと思うのです。

たとえば、天皇が病気になり、祈祷を頼まれたとします。
彼の認識の中では、「天皇は死ぬべきでない」となるでしょう。

「天皇の死」=「悪、不幸」という図式になり、
それを意識し続けることになります。

また、意に沿わないライバルの陰陽師も出てきたりします。
するとやっぱり、
「敵」=「悪、不幸」となって、戦うのです。

悪、不幸を見続ける限り、平安は訪れません。

たとえ、世界を手中に出来るほどの力を
手に入れたとしても、関係ないのです。

「こうでなくてはいけない」という思いは、
潜在的な不幸から発生しています。

そして、その不幸に意識が向けば向くほど、
不幸は継続していきます。

他の人より、力(超能力や経済力)があるかは関係ありません。

それは、単にドラマのバリエーション、
味わいの強弱に過ぎないのです。

それでも、自我はささやき続けます。
「力を手に入れれば、不幸は終わるだろう」と言って。

こうして、夢の世界は継続してゆくのです。



さて、気功はもともと、
道教の修行法である仙道だったと言われています。

仙道とは、気を使って現実をコントロールしたり、
最終的には気の身体を作り出し、肉体が滅びたあとも、
不老不死になることを目指しています。

平たく言えば、超能力獲得ですね。

そうした仙術、呪術、あらゆる宗教の修行法、といったものは、
その先に目指すものがあるかぎり、黒斎さんのいう「作為」にすぎません。

不幸(の脱却)から発生した行為は、
必然的に、不幸(の注視)へと還らざるおえないのです。

むろん、例外もあって、子供のように
その行為のみを純粋に楽しむならば、それにあてはなりません。

つまり、行動自体は、幸不幸を左右しません。
あくまでも、意識がそれを左右します。

行動の先に、切望するものがあるかどうか、
期待するものがあるかどうか…それがカギです。



良い人になろうと努力したり、
気功や仏教の修行を頑張ろうとしたとき…。

そしてまた、偉い人や凄い人の考え方を、
無理やり信じようとしたとき、
私は、どんどん不自由になっていきました。

がんじがらめになって重くなり、
身動きが取れなくなった時、こう思ったのです。

自由になりたくて、悟りを得たかったのに、
どんどん、不自由になるのは何故なのかと。


生き物である私たちの、究極の願いは、
快適に楽しく暮らすことです。

そんな単純な願いすらも、
頭でっかちな私は、気づけなかったのです。
スポンサーサイト
page top
コントロールを望む想いが「悪」の概念を生む〜その1
半年も空けてしまい、
なのに、まだ覗いてくださっている方がいるようで、
本当に有難いです。m(_ _)m

ブログを続けられるのも、間違いなくそんな皆様のおかげです。
本当にありがとうございます、感謝感謝です!!



さてさて。

十年以上も昔ですが、気功を習っていたことがありました。
で最近、違う場所で気功を習う機会があったんですね。

で、共通の型もあり、なんだか懐かしくなりました。

昔習った時は、先生がお坊さんだったせいなのか、やたら厳しくて。

習う事も気功だけでなく、仏教や神道など広範囲だったため、
結局は、私の頭がついてゆけず辞めちゃいました、汗汗

で、そのまま何もしなかったら、
そりゃーもう、すっきり、しゃっきり、綺麗さっぱりっ!
すべてを忘れてしまいました。(〃´∀`)ゞテヘッ

で再び、気功を習う機会が出来た訳ですが、そこは短期であったことから、
せめて気功の形くらいは、
昔の時にもっと復習して、覚えておけば良かったなと、
後悔したりしてます、汗

で、懐かしさもありつつ、
以前、気功を習っていた時の葛藤も思い出したのです。
今回は、そこのところを書いてみようかなと思っています。


さてさて、気功では、先に邪気を排出するのが大事です。

これは気功だけじゃなく、
スピリチュアル的な事柄でもそうですよね。

悪いものを出す、外部の悪いものに影響されないように
プロテクトするのは重要なことです。

例えば、夢見や、アストラルトリップもそうです。
というか、そういう思考が外界に反映されやすい次元でこそ
それはさらに重要視されています。

以前、ヘミシンクのCDで、
ゲートウェイシリーズを聞いていたことがあります。

ゲートウェイシリーズが何かと言うと、
生きながら死んでみちゃおうってCDですね♪
(↑注 :雑すぎて、信頼するに値しない説明です…(^_^;) )

まぁ、アストラルトリップを目指すというか、そんな感じです。
(…おそらく、たぶん…(^_^;) )

で、そのCDの誘導には、外部の悪いものから守るだけでなく、
自分のネガティブな思考から守るイメージもありました。

そういうところは、本当によく出来ているなと感心します。
今の時代って、そういう事が凄いなーと。

昔なら、呪術、魔術、占星術などといったものは、
口伝や一子相伝であるなど、極秘だったわけです。

つまり、陰陽師や密教や修験道などの行者、
シャーマンなどの、ごくごく一部の選ばれた人の専売特許でした。

でも、その秘密が、
徐々に無くなって一般化してきています。

とは言え、そんな呪術なんて一切知らないけど、という方も
もちろんいらっしゃるでしょう。
でも、そんな方でも「引き寄せ」という言葉だったら、
聞き覚えがあると思うのです。

いにしえの呪術や祈祷、魔法が、
望む結果をもたらすためのエネルギーワークだとすれば、
引き寄せも立派な「魔術」と言えるでしょう。

で、こういった呪術的な事柄こそ、
陰陽の世界、二元の世界でこそ輝くものなのです。



……あ、今思いついたんですが、それだから、
陰陽道は陰陽っていうんじゃないのっ!? (・`ω・)ドヤッ!

…ああ、違いますか、失礼しやしたっ(^_^;)


はい、長くなりそうなので続きますー汗
page top
ご無沙汰して、本当にすみません。m(_ _)m
お久しぶりです、ご無沙汰してすみません!

ずっとずっと書けていなくて、ごめんなさい。

コメントいただいた、
きぬさやさん、ぷーさんさん、ごめんなさい!
そして有難うございます!

実は、1月半ばごろから、
私の体調が悪くなりまして、
でも、それは2週間ほどで治ったので、問題なかったのですが…。

大変だったのはその後、家族3人が同時に病気になって、
そのうち2人が入院したことなんです。

それで心の余裕というか、
書く気力が無かったといいますか…。

と言いつつ、今は、おかげさまで大丈夫なので
安心してくださいませ!!

でも、このことがあって以来、
日常のありがたさを感じつつ、
日常の儚さも常に感じるようになりました。

そういう意味で、現実の見方が、かなり変わったかもしれません。
良いか悪いかは別として、刹那的になったというか…。


未来をこうしたい、と計画するのは、
今の現実が安定しているという予測の元に成り立つことです。

でも、今が安定していないならば、
というか、今に生きるのにフォーカスするしかなければ、
より良い未来像(ある意味、これも世間から与えられた幻想なのですが)を
求めることも出来ないわけです。

震災に遭われたり、
生活や介護等に追われている人たちからは、
当たり前だし、今更何をと叱られそうですよね、
ごめんなさい。(>_<)

そしてこんな「今しか見る余裕がない生活」は、
世間では、ネガティブにしか受け取られないのも分かっています。

でもそれは、同時に、生きるとは何かを考えさせてもくれます。

自分が、何を本当に大事と思っているかも、
浮きぼりになります。

マスコミや世間が、
キラキラした理想像や、口当たりのいい未来像を目の前にぶら下げて、
それを追わせようとしていますが、
その虚無性も見えてしまいます。

本当に大事なものを考えざるおえないからです。

朝ドラでのセリフで「お国のために戦争へ行く」と
聞こえてきたとき、まさにそのバカバカしさを感じました。

「お国のためにする」というのは、
世間から与えられた口当たりの良い未来像です。

犠牲的なので、そう思い難いでしょうが、
それは「キラキラした理想像」にすぎないのです。

でも、明日、地球が破滅するとなれば、
そんな理想像など、たやすくふっとぶでしょう。

未来像が無くなれば、
つまり、今に生きるしか出来なくなれば、
敵も味方も、自分がしたいことをやるしかなくなります。

明日、地球がなくなるとしたら何をしますか?
誰といますか?

少なくとも、人殺しの選択肢はなくなるはずです。
「お国のため」という大義名分が無くなった訳ですから…。

そして、地球が無くならないとしても、
昔も今も「お国のため」がリアルであったことは無いのです。

国とは何ですか?
それは、今を生きていない人間の頭の中にしかありません。

同じように、マスコミや世間が追わせようとする
キラキラしたものが幻想であると気づかなければなりません。

それを追うのをやめてはじめて、
同胞である今を必死で生きる人々にも、
やっと、手を差し伸べることが出来るようになります。

そうでない限り、
キラキラしたまがい物を掴むのに、みんな必死で、
本当の宝である、同胞の助け合いなどする余裕などないでしょう。

私たちは一つ。
皆で一緒に幸せになるか、そうでないか…。
結局、それしかないのです。
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。