私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アレルギーと発達障害 その1


去年、右目がちょっと痛いときがあって、
眼医者に行くと、アレルギーと言われました。

片目だけなのに、アレルギーなのー?!

未だに、なんのアレルギーか分かりませんが、
最近、鼻まで痛痒くなってきました、とほほ。



さて、秋山さんのセッションのことを書こうと思いますが、
今日は、その中でも、身体の話題を書こうかと思います。

ただ、もしかしたら、こういう現実的な話よりも、
スピリチュアルな話の方が喜ばれるかもですけど…。

でも、身体も大事ですからねー。



私は以前から、こんなにアレルギーが
増え続けていることに疑問を感じていました。

でも、それも、複合汚染的なものであって、
結局、根本原因は分からないだろうと思っていました。

そしてまた、職場の食品店で、
不思議なお客さんが増えていることも、謎でした。

そういう人たちは、様々なタイプがいて、一括りに出来ないものの、
不思議と共通するのは、目がなにか独特なのです。

その中には、自己中心的な方や、
話がくるくる変わるために、コミュニケーションが難しかったり、
時に攻撃的な方もいます。
そんな方たちは、明らかな困ったちゃんでありますが、
それはそれで仕方ありません。

でも、不思議なのは、行動にはさして問題は無いのに、
目付きだけ不思議な方もいるんです。

で、そういう人はもちろん、会話も行動もまったく普通です。
それでも、なにか違和感を覚える。
人によっては、なにか怖ささえ感じる場合も…。

行動に問題があるわけでなし、これは、私の気のせいかも…。
はじめはそう思いましたが、やはり他のスタッフたちも、
その人たちに対して、同じ印象を持っていました。

それ以外にも、明らかに
多動症のお子さんを連れたお母さんも来ます。
叱り続けているお母さんには、疲れた表情が見られます。

何なんだろう、これは…。
昔は、こんな光景は、ほとんど見たことが無かったのに。
それが、本当に謎でした。



ホメオパシーのセッションをしているだけあって、
秋山さんは、身体に対する知識がとても豊富でした。

で、話をするうちに、
何とはなしに、アレルギーの話になったのです。

秋山さんは、あるアトピーの男の子の話をしてくれました。
その子のアトピーが始まったのは、予防接種の後だと言うのです。

そして、予防接種の害について教えてくれたのです。

「予防接種の中に水銀や、アルミやホルムアルデヒド等が入っています。
それらは言わずと知れた毒です。

なぜ入っているかというと、水銀は一応、保存料ですね。
また、アルミっていうのは、アジュバントというんですけど、
抗体を作るために、ある程度の毒が必要なんです。」


予防接種後に、アトピーになった子供。
しかし、さらに驚いたことに、
予防接種はアレルギーだけでなく、
発達障害も引き起こしている可能性があるというのです。

例えば、秋山さんのホメオパシーの師は、
自閉症や多動症といった、
発達障害の方々を、150症例以上診ているそうです。

そして、その9割が「予防接種のレメディー」で改善したのだとか。

それはどういう事かというと、改善した人たちは、
予防接種が発達障害の原因だった、という事になるのです。



さて、ここで、ホメオパシーについて、ざっと説明します。

ホメオパシーは、同種療法と呼ばれます。
「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という考え方です。
ある種の毒が起こす症状は、同じ毒を使うことにより取り除けるというのです。

もちろん、身体に再度、毒を入れる訳にもいきませんから、
治療薬としての毒は、水で希釈されています。
その希釈度は、じつに物質としては検出出来ないほどの薄さであり、
つまり物質というより、波動的な薬になります。

その治療薬は、レメディーとよばれ、
砂糖玉という形で、クライアントに処方されます。

物質的には、単なる砂糖玉、
つまり、科学では説明や立証が不可能ということ。

そのため、排除される動きもあるのですが、
イギリスでは、根強い人気がある代替医療です。


常識的に見れば、そうとう眉ツバもののホメオパシー。
でも、よっし〜の怪しいブログを、
読み続けられる寛大な皆さまなら…。

よっし〜に比べたら、ホメオパシーの怪しさなどは、
ものの数ではない
と思われますが、いかがでせう? (^◇^;)ゞ



さて…。(^_^;)
秋山さんの話に戻ります。

「例えば、多動症は、脳神経が完全に壊れているわけではなく、
神経に毒素が入って、緊張感があるんです。
だから、緊張感を逃すために多動になるし、パニックにも弱い。

普通の人でも、緊張感があると、貧乏ゆすりなどして、
揺らすことで緊張を逃すでしょ?

また、それぞれ、重金属によって中毒の特徴がありますが、
例えば、水銀だと頭が良いけど、切れやすい子になります。
一方、アルミの害なら、ぼうっとします。」



もちろん、アレルギーや発達障害も、
必ずしも、予防接種のみの害ではないでしょう。

すでに、皮膚や、食べ物を通じて採り続けている薬品、
(抗生物質、農薬、添加物)が原因でもあります。

それらを、世代を引き継いで摂取しているし、
予防接種だって、世代を次いで、打たれ続けている…。

だから、1世代の問題ではなく、
すでに、遺伝的に引き継がれる病気にもなっているのです。



あらー、長くなってしまいました、
なので次回へ続きます、汗。

ああ、こうして書くことが消化できず、
溜まってゆく予感がします、しくしく。(T_T)



本日は39位でした、皆さまいつも有難うございます!
溜まっている話を早めに書けるよう、なんとか頑張りたいですー。
スポンサーサイト
page top
知るほどに、知らない…汗


今日、ある人と話していて、
スピリチュアルに馴染みがない人は、
スピ的な考え方は、まったく受けつけない事を実感。

まぁ、当たり前ですけれども。(^_^;)

かと思えば、黒斎さんや、秋山さんなどのように、
思考モードが上すぎて、私などでは理解できない人もいる。

いろんな人がいて、いろんな価値観がある。

で、どれも間違っていないけど、きっと、どれも本当でもないのだろう。
もちろん、まっさきに私の考えからしてそうですが。

…結局、私は何も知らないんだなぁ。

何かを知れば知るほど「知らないという事」だけが身に染みて分かり、
なんだか、うつうつとします。

このブログにしたって、
事実をきちんと書こうと思えば思うほど、
それは、絶対に出来ないことを感じてしまう。

例えば、今度書く予定の
高野山旅行の記事だってそうです。

私の知ることは、私の主観にすぎず、
事実の断片化、ごく一部にすぎません。

全体が真実なのに、何かにフォーカスしているから、
切り取られて、何か違うものに変わってしまう。
私という主体が断片だから、仕方ないのですが…。


かつて…私の中で、白黒がはっきりしていた時代。
何が真実で、何が悪か分かっていた頃。

そんな時だったら、迷うことなく、
自分の事実を、世界の真実と言い切ったでしょう。
自分の意見を、誰かにむりやり押し付けることもしたでしょう。

ネットに溢れている、
スピリチュアルリーダーや宗教などにたいする、
強烈な批判や、熱烈な盲信の記事。

そういう事を、好んで書いたかもしれません。

でも、今の私は何も知らないから、書きようがないのです。

強烈な批判や、熱烈な信奉。

今の私からみると、それらの行動は、
清々しいまでの一本気であり、
その迷いのなさには、美しささえ感じます。

でも、自分がその価値観に戻りたいかと聞かれれば、
迷わず、NOなんですけれども。(^_^;)

それは、結局、苦しみに繋がることを知っているから。
それは、真実でない事を知ってしまったから。


今回、高野山に行ったのは、
前々から、一度は行きたかったこともあり、
高野山の節目の年でもあり、行きたい友人がいたからです。

で、人から勧められて、高野山で、
サイマーさんという聖者のダルシャンも受けることになりました。
(結果的に、先に東京でもダルシャンを受けましたが、高野山行きを決めたのが先です。)

サイマーさんは、信者が欲しいのではなく
私たち一人一人が、マスター(覚者)になることを目指しているそうです。

これは、イエスが言っているメッセージ、
私と同じわざがあなた方も出来るであろう、
というのを彷彿とさせて、とても好きです。

イエスもサイマーさんも、
自分も皆も、まったく同じであると言っている聖者。

しかし、力ある師であればあるほど、
受け手は、その力強いメッセージよりも、
師のもつ力の方に、惹かれる面もあるわけで…。

高野山の記事は、ゆくゆく書きたいと思います。


あれ、その前に、秋山さんの記事も書くはずだったよね。(^_^;)
ってことで、次はがんばります!

また、私とご一緒してくれたtomokoさんが
高野山の旅の記事を、既に書いてくれています。

◼︎節目の聖地 第2章  丹の女神◼︎

なるほど、こんな風にtomokoさんは、感じていたのだなーと面白いです。
一緒にいても、感じることはさまざまだし、真実は一つじゃない。
それもまた楽しいですよね。(^ ^)



本日は45位でした、皆さま有難うございます!
こんな遅い更新速度なのに、感謝です。(*^_^*)
page top
いろいろ、こまごました事


10月は色々忙しくて、間が開いてしまってすみません!

今回は、秋山さんの記事はまとめられなくて、
なので、いろいろこまごまとした事を書きますぅー、ごめんね。(^_^;)

また、今週、高野山へ行く予定がありまして、
次回の記事も遅れるかもしれませぬ、ごめんなさいっ。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

さて…
ちょうど、2週間前のことです。
ノラドラさんが、このブログを紹介してくれたため、
来客数が凄いことになっていました。
(もちろん、ここのブログにしてはっ…ですよっ、(^_^;) )

でも一週間ほどして、それにしては変だよな、と思いはじめました。

そういった場合、普通なら2、3日で、元の来客数に戻るのですが、
今回はまだ続いているようす…。

さすがに気になって調べると、
皆さん、どうやら検索エンジンで来られた方々で、
阿部さんの名前と「批判」「ブログ」などのキーワードで、
ここへたどり着いている様子…。

きゃああー、なんか、こあいよー!Σ( ̄□ ̄;)
ど、どったの、阿部さんー!

阿部さんのブログを、ずっと読んでなかったため、
まったく事情が飲み込めない、よっし〜。

…いや、けっきょく今も調べないままなので、真相は謎なのですが…。(^_^;)


んでんで、そのキーワードで来られた方も、
ごめんなさいね~(今はもう、来てないでしょうけど、汗)

きっと、何かを知ろうとしてググったのでしょうが、
私、何にも知らなくてー、汗

折しも、批判とは何ぞや、みたいな記事を続けて書いていたので、
検索エンジンに引っかかってしまったのでしょうね、汗


そして、今回、秋山さんのセッションを受けたことで、
批判のテーマの記事はちょっと続くと思います。

というのも、秋山さんは弁護士でありながら、
「争わない」を信条とされた方なんですね。

そのためか、良い悪いといった、二元性は実際には無いということが、
腑に落ちているというか、生き方として出来ている。

んなの、頭じゃわかっているけど腑に落ちないーと、
二元性の世界であがいてるよっし〜にとっては、不思議な方でしたね。
(↑一元論の記事を書いてたくせに、ダメダメやね!)

これは、次回で書ければと思いますー。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

さて、先週土曜日、人から勧められて、
サイ・マーさんという聖者のダルシャン(祝福)に行ってきました。

ダルシャンでは、孔雀の羽根で一人一人に触れ、祝福してくれます。
なんでも、その時にエネルギーを流して、
その人のカルマを浄化してくれているとか。
しかも、嬉しいことに、ダルシャンは無料なんです。


で、サイ・マーさんの話を聞いていて思ったのは、
この方は愛の人だなー、ということでした。

これは、徹底して批判をしない秋山さんでも感じましたが。

でね、秋山さんとは、もう一つ共通点があって、
サイ・マーさんも、物を食べないらしいのです。

秋山さんの本を読んではじめて、食べない人を、
ブレサリアン(ブレスで生きる人の意)というのを知りました。

で、本によると、サイマーさんもブレサリアンで、
ただ、秋山さんと違って、飲み物だけは飲むとのことでした。

でも…
しっかし、すごいよね!

不食の人がいるってだけでも驚きなのに、
今月、二人もブレサリアンに会うなんて!!

も、もちろんね、二人が本当に、
ブレサリアンかなんて検証できませんよー。

でもね、仮に嘘だとしても、つく理由が見当たらないのも事実で。

秋山さんみたいに、お堅い職業の弁護士なら、なおさらです。
だって、色物的なことを言う方が、仕事に差し障りあるでしょうし。

まぁ、とにかく、よっし〜には、
真偽なんかわからないわけです。

だから、私にとっては、
この世はイリュージョンだ、という事が、
多少でも信じられるよう、現れた人かもしれない…と、

ポジティブに考える事にしました!
……いやぁ、思考停止と言わないで… (^_^;) ゞ

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

最近、いろいろ疲れていて、
今朝などは、頭痛もして、ぐったりしていたのですが、
うちの切りバラの香りで、癒されましたー。

2015-10-14Rose2.jpg

で、うちのバラの凄さをどうしても、自慢したい!
いや、せねばならぬ!と、
どっかからお告げが来たはず
なので、
することにします。(^_^;)


いやまぁ、以前もしたんですけどね。
……。
…でも、やっぱり、するんだいっ。

以前のバラの記事
◼︎ホーリーバジルと、バラ◼︎


まずは、自慢ポイントです。
それは、香りが良くて、やたらと花持ちが良い!!ですっ。

3年前までは、スーパーで売られていた、切り花のバラくん。
花瓶に入れて置いたところ、
一週間以上も花がキレイという、花持ちの良さをを見せつけてくれました!

でで、何としまいには、根付くという快挙!

2013-11-13Rose.jpg

その半年後、オカメインコにかじられ、もはや再起不能かと思われたものの…。

2014-2-13Rose1.jpg
この時の写真は、やや復活し始めたときのもの。

今ではこんな風!
春と秋に、幾つも花をくれるようになりました!

2015-10-14Rose1.jpg

で、香りを楽しむために、いつも切り花にするのですが、
春に切った枝から、また新たに株が根付きました!

とりあえず、どんだけ増えるか、
増やせるだけ増やそうと目論むよっし〜なのでした。

……ありゃしまった、オチがないぞっ…(^_^;)



本日は35位でした、読んでくださる皆さま、有難うございます♪
こんなに高順位なのは、来客数フィーバーの名残でございます。m(_ _)m
page top
裁く事と、視野の狭さ


先日、弁護士であり、
ホメオパス(ホメオパシーを使っての診断や治療をする人)でもある、
秋山佳胤氏のセッションを受けてきました!

秋山さんのセッションの話は、以前友人から聞いたものの、
その時は聞き流していました。
というのも、ホメオパシーのセッションは
他で受けたことがあったからです。

んが…。
後に、秋山さんは、不食の人と聞いて俄然興味がっ!

た、食べないですとー!?


友人に勧められた、彼の本を読んでみたところ、
水さえ飲まないとの事でした。

うおー、これは会ってみるしかない!

すぐに予約をし、待ち続けて半年後、
ようやくセッションを受けられたのでした。

んが……まだ全然まとめてないので、
この話は、またちょいと先ですー。

なので、今日は書きかけていた記事にしますね。
でも、これも、秋山さんのセッションのお話に、
繋がるかなーと思っています。

~・~・~・~・~

裁く行為は、まるで、
巧みな手品師が行う、マジックショーのようです。

マジックには、実際にはタネがあるのに、それを悟らせず、
観客をイリュージョンの世界に、どっぷり惹きつけます。

裁く事(批判や敵対)は、
真実から目を逸らすためのトリックです。

また、「批判」の逆にも見える、
「賞賛、絶賛、盲信」といったものも、同じ効果を生みます。

腕の良い手品師は、
マジックにタネがあることを悟らせません。
タネが見えそうなときは、
観客の目を、ある一ヶ所へ釘付けにします。

観客がそこに集中しているときに、
こっそり別の場所で、トリックを仕掛けるのです。

手品師の思惑通り、その一点(批判)に集中していれば、
私たちは、タネを仕込むところ(真実)を見ることはありません。

真実を見るには、
批判や盲信といったもの(一点に集中する事)をやめ、
全体を見る必要があるのです。



私が気になるのは、真理を説いていると言いながら、
誰かを裁いたり、または、神のように祭りあげる人たちです。

善意である場合が多く、そういう面で仕方ないものの、
しかし実際、彼らがやっていることいえば、
トリックに集中し、イリュージョンを継続するように、と教えているのです。

軽やかになるための翼のかわりに、
重たい鎖(社会意識や常識)へ繋ぎ、
個人の喜びよりも、重たい社会意識に隷属することを教えるのです。

もっとも、イリュージョン自体は悪いものではありません。
マジックショーはタネが分からないから不思議で面白く、魅了されるのです。

このように自覚してトリックを楽しむ分には、問題がないのですが、
しかし、無自覚にショーを観るならば、それは苦しみになります。

マジックショーでは、美女が真っ二つに切られたり、
刀で串刺しになったり、首が切られたりします。
それを真に受けるならば、まさに地獄ですよね。


さて…。
スピリチュアルを説くものが、
自らもイリュージョンに埋没してゆくさまは、滑稽ではあります。

しかし、こういうやり方…つまり、批判や敵対は、万人受けします。
世間では、馴染みの考え方だからですね。

巨大掲示板の2ちゃんねるでは、
批判合戦は「祭り」と呼ばれ、
たくさんの人が参加したり、見に来ますが、それもそのせいです。

このように大衆に支持されるものですから、
説く人も、真実と思い込めるのです。


でも、もしも、スピリチュアルとは、
「よりよい生への追求」と定義するなら…。

やっぱり、従来続けてきた考え方から、脱する必要があります。

無意識の感情的反応にかわって、
自覚的に、自分の好きな感情を選ばなくてはいけません。

反射的に起こる「批判」や「盲信」が、
どのように自分の人生に作用するのかを知らなくては。

批判をすることで、
自らを無力な被害者と見なすことも出来ます。
また、何かを絶賛することで、
自分を取るに足りない存在と感じることも。

しかし、それを
「真のあなたは、パワフルな霊的存在であり、
神そのものである」
というマスター達の教えと、
どのように整合させたらよいのでしょう?


社会意識、常識、集合意識、無意識、自我。

そういった過去から生まれる反応(カルマ)を、
距離を持って見る必要があるのです。

でないと、いつまでも同じことを繰り返すばかりで、
好みの現実を創ることが出来ません。

もちろん、批判したり、絶賛するのは仕方ありません。
(実際、よっし〜もよくやってしまいます (^_^;) )

ただそれを「静かな今」から、距離をおいて見ましょう。
それは、過去の反応が起きたのだと、「今」観察しましょう。

「今に居る」時は、過去のマニュアルは参照していません。
するともはや、鎖に縛られていない事に気づけるのです。



本日は31位でした、読んでくださる皆さま、有難うございます♪

実は、人気ブロガーのノラドラさんが、前回の記事を紹介してくれたおかげで、
この数日間、来客数が凄いことになってましたー。
一番多い日で来客数が198と、いつもの約3〜4倍でしたし、
ランキングが31位は、ここのランキングに移ってからの最高値です。

ノラドラさん、ありがとー!
でも、こんな怪しすぎるブログを紹介して、
ノラドラさんの方は大丈夫なのかが、かなり心配です…(;^_^A
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。