私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
またまた、どうでもいい話


今日は、ほんとーにどうでもいい話です。
たまには、どうでもいい話も書きたかったもので、つい…。

全然、スピでもないので、お暇な方のみ、
お付き合い頂けましたら幸いです〜(^_^;)

〜・〜・〜・〜・〜・〜

うちのオカメインコは、もふもふです。
だから、目の前をてくてく横切ってゆく姿を見るとつい、
ひょいとつかんで、2、3回モミモミし、
もふ具合を確かめずにはいられません。

もちろん、うちのインコは、
世間の荒波ならぬ、よっし〜に揉まれ続けた鳥だけあって、
そんなことでは、全く動じません!

しかし、何回か繰り返すと、
さすがにヤツも、こちらの手の内を読んできます。
そして、すり抜けるタイミングを見計らうのです。

ひょいと、こちらが手を出すと、
超フルスピード、てくてくてくてく!!(( (( ∧( 'Θ' )∧

まんまと、私の掌をすり抜けたオカメインコ。

彼は、こちらを振り返り、小首をかしげ、
胸と翼を張って、くちばしをパクパクさせます。

これは、オスのオカメが良く見せる、
「オレってカッコイイだろ!」ポーズです。

…ぬぉう、なんて生意気なやつなんだ!! (*゚▽゚*) キラキラ

そんなヤツは、また揉んでやるしかない!と、
ふりだしに戻ってしまう、よっし〜なのでした。

(また、オカメもおばかちゃんで、すぐこっちに来るため、エンドレスになるという…)

〜・〜・〜・〜・〜・〜

私は、東京の閑静な住宅地…いや、閑静でもないですが、
住宅密集地に住んでいます。

そんな場所なのに、真夜たまに、
大声で歌う、猛スピードのチャリの若者が出没します。 Σ(◎_◎;) ビックリ

猛スピードなので、あっという間に歌声も、聞こえなくなりますが、
熟睡中ゆえ、ビビることこの上なしです。

ヤツは時間的にいうと、およそ丑三つ時に出没する様子…。
で、ぐっすり寝ている善男善女を起こして回っている…。

…いったい、なにやつ?!

ううむ……(-_-)

ぽくぽくぽく…。ちーん!

∑(゚Д゚) そうか、わかったぞ!

これは、妖怪に違いありません!

まぁ、これは誰もが真っ先に気づく答えでしょうが、
それに気づけた、よっし〜は満足し、
彼を「妖怪 安眠妨げ」と名付けたのでした!

妖怪なら、驚かされてもしょうがないと思いつつ…。


ところが…。
あれは、三日前、秋分の日の朝のこと。
私は、聞いてしまったのです!

白昼堂々、朝10時に、チャリに乗ってシャウトする若者の歌声を…!

ぬぁんだとぅ、朝だとぉ!?

ならば、妖怪じゃなかったというのか!? ∑(゚Д゚)

単に、迷惑な若者にすぎなかったなんて、クッ!(~_~;)


…にしても…。謎は残ります。

なぜ、若者は、チャリ時に限り、歌を野外でシャウト出来るのでせうか?

もしも、これが分かったならば、
人類理解の偉大な一歩になるやもしれませぬ。
よっし〜もついに、ノーベル賞を取っちゃうかもしれませぬ!!

鼻息荒く、そんなことを考えていた、その日の夕方。

またもや、外から大きな歌声が聞こえたのです、
しかも、今度は中年女性の声で!

隣の部屋から聞こえるテレビの音かと思ったほどの音量と、時間的な長さ。

あまりに長く聞こえるものだから、窓から覗いた所、
ゆっくり歩み去る女性が、声の限りに歌っていたのでした。

…( ̄◇ ̄;)ゞ ポリポリ

おおう、チャリ爆走の若者心理なんか、
研究している場合じゃなかった、上には上がいる…。

いくら考えても、到底理解できないであろう最強人物を
目の前にしたよっし〜。
ノーベル賞の夢は、そっと諦めたのでした。

…ちゃんちゃん。(^◇^;)ゞ



本日は51位でした、読んでくださる皆さま、有難うございます♪
ちなみに、昼ひなか、大声で歌う人に遭遇したのは、この日が初めてです。(^◇^)
スポンサーサイト
page top
前回の補足…一元論って現実逃避?


自分でも出来ていないのに、
ブログで分かったようなことを書いていいのかな、ってときどき考えます。

も、もしね…。
よっし〜を買いかぶっていらっしゃる方がいらしたら、
本当にごめんなさい!

今日もね、安保法案の可決の様子をテレビで見ていて、
感情ドラマに巻き込まれた訳ですけど…。

私は、戦争も嫌だし、
庶民にとって、生きるのが辛い世の中になって欲しくない。

それはなにより、自分の生存が大切だからです。
だから、それを脅かす活動をする人たちを見ると、怒りが起きるのです。

悟り体験をした人から見たら、
芯が出来てないんだろうと思います。

真理を体感してないっていうのは、
こういう所に現れるんだろうな…。
ついつい、二元論の愛憎ドラマに、はまってしまう。


さて、以下の記事は、安保法案の実況を見る前に、書いていたのですが…。
もしよければ、偉そうな記事を読んで下さい、汗汗

いくら真理が一元論にあると知っていても、
それを体感して生きるっていうのは、別の話だとわかります。
(おおう、意図せず反面教師だぁ…(^_^;) )


〜・〜・〜・〜


スピリチュアルに詳しい翻訳家さんが、
黒斎さんのことを、こう語ったそうで。

黒斎さんのいう事はわかるけれどロマンがない、と。

そうだよねー。
頑張って魂磨いて次は良いところへ、という考えからすると、
一元論は理不尽で、理解しがたいよね……(~_~;)


それはまぁ、さておき。

前回の記事は(…も? (^_^;)ゞ )
面白くなかったんじゃないかなーと思います、汗。

というのも、私が阿部さんに対して
はっきりジャッジすることを期待した方も、
いらっしゃるかもと思いまして…。

現実問題にきっちり白黒つけず、一元論を持ち出す人って、
結局、現実逃避で話を濁すだけじゃん、って思うかも…。

でも、そう思われるのもしゃくかなぁ、と。

でもまぁ……
合ってますけどね!!
(↑ヲイ、合ってんのかよ!)

というのも、これは人間が昔からやっているアプローチじゃないから。

昔からのやり方とは、行動で現実を変えようとし、
その結果に満足しようとするものです。

対して、一元論は、そもそも(マインドが)満足するなんて無いし、
その苦の根本原因であるマインドを、消してしまおうという事なんです。

いや、この説明も二元論的ですね…。
そうでなく、マインドさえ無かったことに気づくという、
般若心経みたいな世界なんです。


さて、二元論の世界からみれば、
一元論は、法則が全く違うので対立する世界に見えます。

でも、私は同時に存在しうると思います。


(一元論からすると、二元論の世界は「無」です。
しかし現世を生きる私たちにとっては、その前提では、話さえ出来なくなってしまうので、
今は、二元論世界が「有る」とします。)



例えば、古典的なニュートン力学と、
最新の量子力学のことを考えてみてください。

全く法則が違う世界なのに、同時に有り、補足しあっています。

素粒子が瞬間移動をし、時間でさえも遡るとされる量子力学。
古典的なニュートン力学から見たら、全くナンセンスな話ですが、
それがニュートン力学を支えています。

だから、一元論の世界が二元論世界を支えていたとしても、
おかしくないのかもしれません。

といっても、二元論の世界で一元論を語ろうとすると
限りなく胡散臭くなる
んですけどね…(^_^;)



一元論は怪しくて、世間の考えとはズレるし、
現実逃避に見える…。

それなのに、なぜ惹かれるんだろう、
と自分でも時々思います。

ロマンも、夢も希望も救いもないし、良いとこなし。

でも…。

この世に理不尽さを感じる人なら、
そして、この世の堂々巡りに飽き飽きしてしまったなら、
やっぱり、本当のことが知りたいと思うのかもしれません。




さて、話を戻して、私が阿部さんを批評しない理由を書きますね。

私が、阿部さんであれ、誰であれ、
批評したくない理由は、二つあります。

一つは、私が、他人を客観的かつ、
正確に判断することが不可能
だということ。

私の持つエゴという、コロコロ変わる視点からでは、
自分自身さえ正確に知ることが出来ません。
ましてや、他人のことなら、なおさらですよね。
それに加え、時間の経過で、自身や対象者も変わりますから、
正確に知ることは、よけい不可能になります。

そして、二つ目の理由は、
批評して敵対する行為が
自分のエゴを肥大化させてしまう事
です。



正義、愛、宗教、スピリチュアルという名の下に、
反対勢力(と思われるもの)に対して、戦っている人は多いです。

むろん、これは神聖さや愛に基づくものではなく、
誰もがやりがちな、世俗的な行為にすぎません。

これは、エゴがエゴを強化する自然な行為であって、
それゆえに、排他的で思いやりに欠けています。


もちろん、それすらも悪と決めつける事なく、
単にエゴの特性であるとだけ、気づいて下さいね。

反対のものを対峙させることで、もう片方を際立たせる行為。
光を濃くすることで、闇を濃くする。
他人に闇を見れば、自分が光であると自惚れ、
逆に他人に光を見れば、闇である自分を卑下せざる負えない…

エゴには、単にそんな性質があるのです。



出来うるなら、私は世間の騒音のなかにいても、
揺るぎない静寂が欲しいと思っています。

何がおこるか分からない世の中で、
揺るぎのない安心感が欲しい。
(いろいろ考えましたが、これは二元論では手に入らない。)

そんな私にとって、
誰かの間違いを指摘し、批判する行為は、
騒音の中で、さらに騒音を付け加えるだけの行動に思えます。
だから、なるべく避けたいのです。

(もちろん、私は聖人君子じゃないので、他人の不満をボロボロ言ってますが…(^_^;)
ただ、それが正確な判断で無いだろうことは、何となく気づいてはいます。)



表面上で捉えると、一元論ってそんな危うい感じです♪

いやいや、よっし~の理解と表現が幼稚なだけですけどー!!

それに、一元論が根元だとしても、
この世を生きるのは、もちろん、
二元論をベースにしなくてはいけません。


だから、結局は、各自が考えて、
自分に納得のゆく好みの世界観を
目指せばいいのかなって思います。
つまり、この世界を楽しむってことですね。

だから、ごちゃごちゃ考えているよっし〜は、
ほぼ、なんの役にも立たない事をしている訳です、汗汗。



本日は45位でした、読んでくださる皆さま、本当に有難うございます♪( ´ ▽ ` )

にしても、安保法案の是非はさておき、
法案の通し方が、あまりにも、どさくさに紛れてましたねー。
支持されてない事を知っているからこその、あんな卑怯な感じなんだろうな…。
page top
ドラマから離れる〜主導権を取り戻す


聞くところによると、
阿部さんや、フルフィルメント瞑想が批判されているようです。

ずっと阿部さんの講演やブログも見てないので、
詳しくは知らないのですが…。

まぁ、大金を取るなんて、スピリチュアルじゃないとか、
偽物だということらしいです。

私は、単に興味が薄れたので離れているものの、
かつて瞑想伝授も受けているし、
阿部さんにも、特に悪印象はありません。

だから弁護を、という訳ではないのですが…。

エゴの反応としては、わかるなーという感じだし、
また前回の補足にもなるので、これについて書こうと思います。



「萌え」や「飢え」があるとき、
それを満たすために、人はお金を使ったりします。

スピリチュアルのセッションでも、瞑想伝授でも、
スピじゃない商品でもブランド品でも、なんでもいいです。

で、お金を使っても、そのニーズが満たされない場合、
支払った相手に対して、騙されたとなります。

(モノに関しては、よっぽどの粗悪品でなけれれば、
騙されたとはならないでしょうが。)

当たり前ですよね、払ったのが大金であればあるほど、
期待が裏切られたら、大きく恨みます。

そして、身の丈以上の大金を払うときには、
自分に足りないものがあり、
どうしても必要だと信じることが必要
です。

でなければ、購入しませんものね。


また、萌えとは想像上の快感です。
ネガポジを切り離せない現実から、
思考によって、ポジティブ面のみ切り離せると信じる行為です。

つまり萌えは、思考だけに存在しうるものだから、
現実では得られません。
それで騙されたと感じたりします。

スピリチュアルは、
目に見えないモノが商品だったりするので、
胡散臭さ倍増であり、
なおかつ萌え度もマックスです、笑。


例えば悟り。

なんか凄くね!感がマックスです、笑
これがあれば、これから先、良いことばかり起きそうです、
人格も、すんばらしく良くなれそうです!

これこそあり得ない「萌え」なんですけれどね。(^_^;)

そんなすんごい感のある悟りですが、
実は、重要度は二次的なものです。
実際には「生きる、存在する」ことが土台であり、
本当に大事なことなのです。


今も昔もそこにあり、
自身と切り離せないものこそ、実在です。

(その実在が、悟りと定義するなら話は変わるかもですが)

得るもの、成長するものは、
変化するものであり、時間の範囲にあります。
移ろうものは幻想であり、本来「遊び」の部分です。
ここに深刻になりすぎると失望します。

だから、騙されたくなければ、
遊びや好奇心、行為そのものを目的にすることです。

それならば、大金を払っても後悔することはありません。

もっとも、遊びとわかっていたら、
身の丈以上の大金を払うことも無くなるので、
そこのところは、ちょっと皮肉ですけれども…。



裏切られたと思ったときこそ、
自身を知る絶好の機会です。

「騙された、苦痛だ」で、止まらないでください。
その状況が教えてくれる最善のことを、受け取ってください。

自分が何を望んでいたかを、自分とは何者なのかを。
また、お金に対して、どのように感じているのかを。
自分は、何が足りないと思うのかを。


足りないものは、もしかして、悟りとか真実?

ただ、あなたはそれを得ていない(と信じている)今も、
生きていて、存在しているのです。

今、呼吸に意識を向けてください。
すると「命、ただ在る、静寂」という、
精神世界が指し示す
最骨頂の境地に「居る」ことに気づきます。



しかし、こうでなければ、という思考が視野を狭めます。

ディズニーランドに行きたいと思っていて、
USJに連れて行かれたら、裏切られたと思うでしょう?

どちらが悪いという訳ではありません。
こうでなければという期待が、失望を招くのです。

スピリチュアルにおいても、神、悟り、聖者などに対して
十人十色のイメージがあると思います。

各自が、自分のイメージ通りのものが得られると期待して、
大金を払えば、そうでない場合に裏切られたと思うものです。

でも、その予想や期待こそ、自分が作ったものなのです。



さて。

誰かを偽物と叩いたり戦うとき、
どこかに本物や正しさが「ある」はずだと、必ず思っています。

しかし、よく考えてみると、
本物の基準すらあいまいです。
だから、つねに揺れ動き、誰かを批判しています。

まず、自分の土台をしっかりさせれば良いのです。
定まった視点から、物事をみて下さい。

それは、自身の奥にある「静寂、命、在る」という
存在そのものからです。

そこから見て、好みのものじゃないものが見えたら、
単に離れればいいのです。

間違っている(と思っている)事へ、戦いを挑むことからは、
欲しいものは得られません。

(しかし、エゴ視点からいうと、まさにそこから望みのものを得ています。
エゴはドラマにリアリティーを持たせ、のめり込むことが目的なのです。)

何かを叩くことで、ドラマが生まれ、
抜けに抜けられないリアリティーが発生します。


戦いはドラマを華やかにします。
生き生きとした躍動感と、生きている実感が生まれます。
小さな物語が、壮大なストーリーへと仕上がります。
悪役が大きければ大きいほど、ドラマティックになり、
物語に埋没できます。

埋没する…しかしそれは、自分を見失うことです。

自分が失われると、
現実を冷静に判断することが出来なくなります。

例えば、ある国では、政府が自国民からの批難の矛先をそらそうと、
日本への敵対心を植え付けています。
その国民は、自国の政府へ向けるべき不満を、
日本に対する怒りに向けます。

その行為からでは、何も解決しないにも関わらず…。

しかし、それが気づけないほど、人々は盲目です。
ドラマはハマると、視野が狭まってしまうのです。



エゴの望みは、ドラマを長引かせることであり、堂々巡りそのものです。

あれが正しい、これが正しいと飛びついているのはまるで、
回しぐるまの中で走っているコマネズミみたいです。
時には右回転をし、時には間違ったと感じて、逆回転に回ってみます。

しかしどっちにしても、
心が忙しく、視点も定まらないために、
どこが目的地かさえ気づけません。

もし、少しでも外に出れたなら、
回しぐるまの状況を見て取ることができます。

そしてそれは、悲しいかな、
どこにも向っていない事に気づくのです。


敵を代えつつも、ずっと戦っているマインドを冷静に見ましょう。
それは、まさしくエゴがそうしていたがっているからですが、
そのエゴにも敵対せずに、客観的に見ましょう。

時間の中では、すべてが変化します。
時には、あなたは誰かの意見を神のように祭り上げます。
そして、時には、同じ人に戦いを挑みます。
(それは、時とともに自分が変わるからでも、相手が変わるからでもあります。)

そのような繰り返しを、
ただ在るという、変化しない静寂から見守って下さい。

静かな中心から「萌え」や「欠乏」を見つめてください。

全てが、遊びと分かっていれば、あなたは裏切られません。
人生の主導権は自分のものとなり、
堂々巡りの回しぐるまさえ、楽しめるようになるのです。



本日は47位でした、読んでくださる皆様、有難うございます。
なんか、今回小難しいことばっかりですね、すみません〜(>_<)
page top
笑いと軽さ


季節に合わない涼しさが続きましたが、
東京は今日、久々に暑かったですね!

暑かったり、涼しかったり、もう大変!

そうでなくても、今年は暑くなるのが遅かったので、
お店では、スイカの入荷を遅らせたのです。
なのに、入れてしばらくしたら、急に涼しくなって売れなくなりました、
しょんぼり。(´・ω・`)

でも、お店はまだいいですけれど、
農家さんって本当に大変ですよね!
気象で、作物の出来が左右されるだけでなく、
作物が、運良く豊作になっても、
こんな風に、買われなくなる事もあるんですから。

仕事の収入だけで生きる、この世の中ってやっぱり変だと思います。
どうしたって努力だけでは、成果が出ないことがあるんですもの。

だから、最低限の生きる基盤は、
税金で無料にしちゃえばいいのに、と思います。

で、もっとお金が欲しい人は、働いたらいい。

もちろん、生きる事がタダになるなら、
誰も働かないって、思う人もいるでしょうが。

でも、でもね、それは無理やり長時間働かされ、
仕事は辛いものっていう固定観念が出来てしまった今の社会だから、
そう考えるんだと思うんです。

もし、みんなに安心感と余暇がある社会だったら…。

自分の行動(仕事)が、自分と他人を喜ばせる事が分かっていたら、
強制されなくっても、みんな動くと思います、
たとえ、その行動の成果の大半が、税金で取られたとしても。

でも、今の社会のままだったら、生きる基盤が危うすぎる。
日々の糧を得ることは簡単じゃないし、
例え、お金持ちであっても、明日は分からない訳だから。
急に病気になるかもしれないし、災害に巻き込まれるかもしれない。

人類は知恵があると言われ、文明も発達しているというのに、
個人が安心して生きることさえ出来ないなんて、本当に皮肉ですよね…。



…あれれれれ?

本当はね、このごろずっと硬い話題ばかりだったので、
軽い話にしようと思ってたんですが、
またもや、重くなっちゃいました。(^_^;)

こんな重い話よりは、
本当はユーモアや笑いこそ、人生には本当に必要なのに!
軽くなるし、自由になれるもの。


そこが失われちゃっているから、
(それは、単純に生き残ることが大変なせいだけど)
重くなって、深刻になって、抜けられないドラマにハマってしまうんです。


最近もらったコメントに、
ある宗教団体が詐欺だと書かれていました。

でもこれもね、人々がある程度軽かったら、
回避できるんじゃないかと思うんですよね。

もちろん、軽ければ、
詐欺かどうかが判別できるという事じゃないし、
また、お金を取られないという訳でもありませんが…。

ただ、自分の行動に満足できるようになるんです。

もっともその前に、軽い世の中だったら、
「依存させて搾取する」ことが出来なくなるので、
詐欺の成立も難しくなると思います。

それにね…わかりますか、
「依存させて搾取する」のは、宗教団体だけじゃなくて、
今の、世の中全体がやっているんです。


街に広告があんなに溢れていて、
必要もないものを買わせようとしているのは、
すべて「依存させて搾取する」ため。

あなたは足りない!と必死で刷り込んでいるのも、
依存させるため。

ということはですよ、
気がつかないだけで、常に詐欺にあっている!
そして、自分も詐欺をしている!

(つまり、誰かを依存させたがっている)

だから詐欺は、宗教団体やスピリチュアル団体だけじゃないんです。
スピリチュアルが、ことさら胡散臭いと言われるのは、
売り物が目に見えないし、
時として、価格が法外に高く思えるからなんです。

だから、騙されない(という言葉も、本当は語弊があるのですが)ためには、
見抜くことが必要です。

それは、相手を審議するというよりは、
自分を見つめ、本当の欲求を知ること。

だって、どんなに外界を審議してみたところで、
何が詐欺で、何が詐欺でないかなんて、結局は判別できないんですから。

この社会構造だって、詐欺とも言えるけど、
純粋にそうとも言いきれない事からも分かります。

…ええと、何が言いたいんだっけ、汗汗

うん、自分の幸せは自分にしか分からないんだから、
自分で考えましょう、という事でした!

それにね、本当の聖者がいるにしたって、
あなたの代わりに、あなたの人生を生きてくれないんです。
それが分かりつつ、
セッションなりセミナーが、高額すぎると思えば、
行かなければいいんですヨ。

もちろん、それでも受けたければ、払った方がいいです。
何事も、後悔しない方が良いに決まっています。

そして、なにより、笑うことが大切。
軽くないと、何事も俯瞰できませんからね♪




本日は46位でした、有難うございます!
なんだか最近、固くるしい話題ばかりですけど、すみません〜
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。