私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
創造の起点、ゼロ その2


なかなか書けず、更新が遅くなりまして、すみませぬ〜汗汗
あーんど、前回の記事を、間違って消しちゃいました、がーん!

幸い、メモ帳ソフトに残っていたので、もう一度アップします〜。
ただ、文字の大きさ変化や、拍手数などは消えます、
拍手してくださった方ごめんなさい!!

ではでは、気を取り直して、前回の続きです。



イエスの言うように、からし種ほどの信仰があれば、
命じるだけで、山を動かせるのかもしれません。

しかし、問題は、
私たち(自我)はそれを望んでいないかもしれないこと…。

ぶっちゃけ、無限の可能性を秘めた
「ゼロ、今ここ」を嫌っている為に、
私たちには、奇跡が起こせないのかもしれません。




自我って、制限が好きだ!
ネットのマンガを読んでいて、そう思ったことがあります。

たとえば、ネットの無料マンガは、
商業誌などに比べて、様々なクオリティが混在しています。

つまり、それほど面白くないマンガもある。

それは、単に個人の好みを言っているのではなく、
人を引き込む力があるか、ないかという差です。

その差って何だろう、そう考えていて思いました。
ひょっとして、そのキャラクターを愛せるかどうか、かもしれない。

たとえば、世界観もそうですが、
キャラクターが生き生きした存在か、
現実味のない曖昧な性格か…
ここが重要のように思うのです。

人物設定の弱いマンガは
ストーリーが凝っていても、面白くありません。
登場人物につかみどころがなければ、感情移入できないからです。

対して、ストーリーが平凡でも、
キャラが魅力的だとそれだけで楽しめます。
キャラの感動が伝わってくるからです。


私は、自我が定まったキャラが好きで、
あやふやなキャラには、魅力を感じない!


そう思ったとき、
いまここ、ゼロポイントに居れない理由に気づきました。

私自身も、無個性でいたくない!
誰でもない自分になりたくない!
誰かと違う自分でいたい!


もちろん、個性的であることは悪いことではありません。

しかし、問題は「個性、常識」といった
過去の制限を受けているうちは、
自由な現実創造はできない、
ということなのです。

マンガで例えると、個性的なキャラクターほど、
「こんな時はああ言いそう、こう行動しそう」といった、
予測可能な行動に縛られます。

それに反して、作者が無理やり「らしくない行動」や
世界観に外れた行動を、そのキャラにさせたとしたら、
とたんに、ファンは怒りだすことでしょう。

入り込んでいた物語から、目が覚めてしまうからです。

自我から創造するということは、そういうことです。
個性と常識のせまい枠内で、
起こせる創造
なのです。


対して、魅力的でない人物…
つまり、キャラが固定されていない人物なら、
設定があやふやな分、行動に制限がありません。

「キャラ設定がない、誰でもない」というのは、
「限りなく自由」という事
でもあるのです。

イエスは、そういう意味で
「自分はイエスというキャラ」でないことを知っていました。

自分はこの世に属さない存在だと自覚していたからこそ、
奇跡を行えたのでしょう。


さて、「今ここ」にいるとき、自我がなくなります。

今この瞬間においては、
過去が参照されないために、誰でもなくなるのです。

それはつまり、夕日に見とれて、
無言になっているような時です。

もしくは、何かに夢中になって没頭している時。

そんな時は「自分が誰か」など、気にも留めません。

このように、我を忘れた時…

もしかしたら、私たちも、無意識に、
あらゆる制限が外れて、
自由な現実創造をしているのかもしれません。


しかし、もしそれを自覚して起こそうとするなら…。

それには「誰でもない自分」という
自我が最も忌むべきもの、
自我の幻想性(死)に気づく必要があると思うのです。



とはいえ、自我から物事を捉えないって、本当に難しいですね!
私自身、ぜんぜん出来ていません。(>_<)
でも偉そうなことを書いた手前、日々頑張りたいです。

本日は104位でした、拍手と応援有難うございます♪
スポンサーサイト
page top
創造の起点、ゼロ その1


なぜ、引き寄せの法則があるのに、
人生は思い通りにならないんだろうと
思ったことはありませんか?

もしくは、やりたい事がやれない、
やめたい事がやれない、という経験は?

もし、この世が本当に幻想ならば、
いろんなことも、一瞬で変えられるはずですよね。

でも、やっぱり出来ない!!(>_<)

何でですかね?
考えてみたのですが…。

それってひょっとして、
私たちが創造の起点である「ゼロポイント、今ここ」に
居ないことが原因かも、と思うのです。



以前、講演に行ってから、
牧野内大史さんのメルマガが時々来ます。

ある時、そのメールに、興味深い記事がありました。

牧野内 大史 ★セルフイメージは、ゼロ。

要約すると…

もし、自分の中心に、他人の基準を据えていれば
欠乏感に基づいて生きることになる。

逆に、自分をゼロ(中心)に据えることで、
自分らしい生き方と、創造の中心にいることが出来る。

たぶん、そういう内容かなと思います。
(間違っていたらごめんなさい。)

なるほどー。
ゼロポイントから出発しないと、望み通りの現実創造が出来ない…。
それはたぶんその通りだろう、と思うのです。



私を含む、大抵の人たちは、
望みのままの現実が創造できていません。
(少なくとも顕在意識では、そう思っています。)

なぜそうかというと、
私たち(自我)が「ゼロ」に居ないだけでなく、
それに反発しているせいではと思うのです。


例えば「ゼロ、無」と聞いた時、
どんなイメージを抱きますか。

あまり良いイメージは無いのではないでしょうか。

というのも、私(自我)は、
ゼロの真逆である「所有」で成り立っているからなんです。

自我は、概念や特徴といった情報の集まりです。
それで定義付けすることで、「私」という自我が存在しています。

自我を具体的に言うなら、
年齢や性別、性格や外見、職業、特技、財産や持ち物、
(中には前世のアイデンティティーという方もいるでしょう)などなど…です。

そして、それらはいずれも「過去」に由来しています。


つまり「無、ゼロ」や「今ここ」は「自我」と反対のもの…
だからこそ、この二つは相入れません。

そして、本当に自由な現実創造をしたければ、
「ゼロ、今ここ」を起点にしなくてはいけません。

自我を持ったままでは、制限が大きすぎるからです。

例えば、絵を描きたいとします。

しかしそのキャンパスが、
固定観念や常識といった、
分厚い濃い色で塗りつぶされていたら、どうでしょう?

綺麗な色を塗っても、
思い通りの絵に仕上がらないのではないでしょうか。

なぜなら、いくら綺麗な色を使っても、
下の色がにじんでくるからです。

でも、ゼロポイント…真っ白なキャンパスなら、
思い通りの色で描けます。

つまり、常識や固定観念が少なければ少ないほど、
人は自由に動けるのです。

「自我」自体が制限であり、過去なんです。
もちろん、そこから創造することもできますが、
それは必ず過去を引きずったものです。

自分(自我)が引き寄せをやろうとしても、
固定観念や常識に縛られ、
上手くゆかないのは、そのためなのでしょう。

それとは逆に、
イエスが水をぶどう酒に変え、湖の上を歩けたのは、
彼が制限のない世界に住んでいたからです。

彼は、そもそも「制限のある人間」としての
アイデンティティーがありませんでした。

そして、もしかしたら、私たちも…。
イエスが言うように、からし種ほどの信仰があれば、
(自分には出来ない、という制限が無ければ)
命じるだけで、山を動かせるのかもしれません。

しかし、問題は、
私たち(自我)はそれを望んでいない、ということです。

ぶっちゃけ、「ゼロ、今ここ」が好きでないし、
望んですらいない、ということです。

長くなったので続きます〜。



本日は67位でした♪
拍手と応援、いつも有難うございます!\(^o^)/

page top
天使ってなに?その3


◾︎天使ってなに?その2◾︎

◾︎天使ってなに?その1◾︎の続きです。

ただいま、絶賛ホスティングエンジェル2回目中です。(^◇^;)

前と比べると、ゾロ目数字を見るのが無くなった代わりに、
体に気が感じられます。

特に上半身や、喉の部分に圧迫感など。

まぁこれは、友人たちの凄い感想を聞いたから、
そのプラシーボ(偽薬効果)なのかもしれませんが…。
まぁどっちでもいいです、笑

いずれにせよ、この世は気のせいなんですもの!
(気、氣、気づきという主体がいるせい…どれでもいいです、(^_^;)ゞ)


さて、前回のお話の続きです。
tomokoさんは、天使についてこう語りました。

「天使たちは、自分が愛と光と叡智の存在だって知っているのね。
で、人間はそれ以上のものを持っていると思っている。
彼らにとっては、あなた方はこんなに幸せなのにって思っている。」


おお、次元が違っている!
天使には不幸という概念がない…。( ̄◇ ̄;)

「じゃあ、人間が、
時には、不幸な選択をするって事も分からないの?」

tomokoさんは笑って言います、「それだって幸せでしょ?ですって。」

「うーん…。(~_~;)
じゃあ何ていったら良いのかな?

そろそろ、この冒険をやめたいし、
欠乏感を払拭したいんですが出来ますか?
不幸の原因である根元の思考、欠乏感を変えたいんです。」

「根源に繋がってください、ですって。」

「え、えらく簡単だね…(>_<)
繋がることが難しいと思っていないんだ。」

「あなた方は、根源から投影された存在に過ぎないのだから、
根源の繋がりを思い出してください、以上!みたいな。
すごく単純明快、そんな世界みたい、笑」


「じゃあ、例えば…。
人間がエゴから願って、はたから見たら
転落してゆくように見えても、それは幸せなの?」

「それすら、自分たちに出来ない、
すごい事をやっているっていう認識みたいよ。

もちろん…認知症みたいに、
やりたくてやっている事でなく、逃げから病気になってしまう事は、
残念に思っているみたいだけれど。」


「ってことは、何でもサポートしちゃうのか」

「そう。人間は、自分たちには出来ないチャレンジをしていると思っているの。
天使って、本当に純粋な存在で、
良いも悪いもなく、ただ人間の願いを叶えたいだけみたい。」



この後、いろいろ話しましたが、
長くなりそうなので、私が感じたことを
一方的にまとめてみます。(^_^;)ゞ

ホスティングエンジェルに関して思うことは、
いつもより、エネルギーが集中した期間である、ということです。

天使、もしくは宇宙でも、ワンネスでも、真我でも…。
まぁ、どんな名前でもいいのですが、
それらは、常に、私たちの願いを叶えようとしています。

そして、宇宙は、
想像主としての私たちの願いを叶えるべく動きはしますが、
判断はしないため、善悪の区別をしません。

つまり、ホスティングエンジェルをせずとも、
願いはサポートされているわけです。

ただ、ホスティングエンジェルの期間は、
エネルギーが集中していて、
因果関係がわかりやすいと言うだけなのでしょう。

ただ、エネルギーが強いということは、
ポジティブだけでなく、
ネガティブなエネルギーも存在するということです。

光が濃ければ、闇もまた濃いように。
振り子は、右に大きく振れれば、左にも大きく振れるように。

それが、二元の世界というものです。

でも、そこの部分を上手く
ポジティブに傾くように使っているのが、
ホスティングエンジェルだったり、
神社、仏閣、教会といった、
エネルギーが強い場所に存在する神域だと思うのです。

ほら、神聖なる場所って、清らかな一方で、
なにかしら怖い感じもしますよねー。

思うに…
天使を招いたり、白い花を飾ったり、キャンドルを灯したり、
地球への願い(博愛の気持ち)を入れたりするなどの
ホスティングエンジェルの儀式には、
やはり意味があると思われます。

陰陽混合のエネルギーが強い中でも、
ポジティブに傾くようにデザインされているのです。

とはいえ、やる人がネガティブな願いをし、
ネガティブに使うことは出来ます。

しかし、その願いは、天使の担当分野でないため、
宇宙の別の存在が、その願いをサポートすることになるのでしょう。

ただ、一つ言えることは…。

ネガティブだったり、恐ろしく破壊的な行動すら、
愛の中だからこそ、出来ることなのです。

エンリケ・バリオスが 「魔法の学校」でこう言っているように。

愛が生み出す最も重要な結果こそ、自由なんだよ。
だから、もしあなたが絶壁から身を投げることを選んでも、
神は引き止めたりしないだろうね。


タデウス・ゴラスが「なまけ者のさとり方」でこう書いているように。

愛が最も気高く、神聖な行為であるのは、
愛がその中に常に愛でないものまで包み込んでいるからなのです。


何もかも包み込む、絶対的な愛の中に自由があります。
そして自由だからこそ、闇やネガティブな存在すら、許されているのです。

人がその願いで、どのような自分を表現しようとも…。
愛がそれを支えています。

「ホスティングエンジェル 怖い 怪しい」

こんなキーワードで来られる方もおられるようですが、
まったくもってその通りです。
ただし、怖さは外ではなく、
自分の中にある、というわけなのですが。


エネルギーがいつもより濃縮されていて、
願いが叶いやすくなる、ホスティングエンジェル。

歩くと、目的地まで行くのに時間がかかりますが、
車だと早いみたいなものかもしれません。

そしてね、ここが肝心ですが。

運転手は自分なんです。
行き先(願い)は自分で決める。


そして、基本的に、
エゴは無明(無知、悟ってないこと、智慧のないこと)です。

無明…明りがなく、物がはっきり見えないならば、
パワーがある車の方が、徒歩より危険かも…(^_^;)


ここで究極の問いが力を持ちます。

汝自身を知るべし

あなたは、たかだか7、80年で滅びゆく儚い自我ですか、
それとも…。

それによって、
エゴから願うか、愛から願うかが、
変わってくるかもしれません。


話は変わりますが、ネパール人のご主人を持つユカリさんが
ネパールの地震について書いています。
信頼できる支援先なども載っていますので、興味がある方はぜひ!
◾︎ネパールへの祈り 2◾︎



本日は99位でした、
読んでいただき有難うございます、& 更新が遅くてごめんね!

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。