私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
どこまでが自分?〜寄生生物あれこれ〜
air_rank[1]

今回は寄生虫に関する、ちょいグロいお話です、(^_^;)
ダメな方は、華麗にスルーしてくださいませ~汗


さて一昨日、ひさしぶりに黒斎さんの月イチ☆に行って来ました。
その時にちょっと「寄生獣」の話が出たのです。

といっても、そんなに深い話でありません、
観客からの質問で、
「妖怪ウォッチは、霊的な真理が描かれていると思いますが、
黒斎さんはどう思いますか」というのがあったのです。

「僕はあまりそう思いませんが…。
これは正解があるというより、人それぞれの感性でしょう。
僕は、最近なら寄生獣のほうがリンクすると思っています。」と黒斎さん。

で、私は寄生獣には、関心も知識も無かったので
(バイオレンスとグロいのは苦手なのです、汗)
ええ~どんな風なリンク?と興味を持ったのです。

ただ残念なことに、
それ以上の話へは発展せず、不明なままでした。

でね、いまさらながら、
寄生獣の内容を調べてみました。

ある日突然現れた、
人類の脳に寄生し、人を食料とする謎の生物、パラサイト。

そのパラサイトに寄生され共存する主人公が、
他のパラサイトたちと戦うバイオレンスアクション。

通常のパラサイトは、脳に寄生し、宿主の人間を完全に乗っとってしまう。

しかし、主人公だけは人としての意識を持ったまま、
パラサイトとうまく共存している。

パラサイトは、自分の命のみ大事にする利己的な存在で、
情のある人間としての主人公は違和感を覚える。

しかし、残虐なはずのパラサイトがこう問う、
「我々は生きるために1種類の動物(人間)を食べるだけである、
悪魔的なのは人類の方ではないか?」と。

この作品は、地球環境を壊す人類への警告や
哲学的な問いを含んでいるようです。

さて、パラサイトに寄生されている主人公は、
次第に同化し、感覚や感情が変わってゆきます。

こうなると、ある疑問が生まれます。

このまま思考まで同一化していったなら、
自己(主人公)と他者(パラサイト)の境界は、
いったいどこになるんだろう?

「自我」対「自我」とのボーダー、
「自我」対「ワンネス」のボーダーって何だろう?


興味深いテーマです。

つまり、「自分の考え」と思っていることも
どこまで、純粋に自分のものだと言い切れるのだろう?


パラサイトの影響でないにしろ、
何かの条件で生み出されるものに過ぎないのか?

自他のボーダーを考えれば考えるほど、
自分とは何?という疑問がわきます。



さて、私たちの身体の細胞は、
一説によれば60兆個あるそうです。

そして、その細胞のそれぞれの中に、
ミトコンドリアという、
自分と別のDNAをもつ生命体が住んでいます。

さらに言えば、体内外に住む沢山の細菌たちも、
人体の生命活動を支えています。

こんなにも他者を含んだ総体が、
一人の人間だとして、
ふるまっている訳です。


これらの他者でありつつ自分でもある、
ミトコンドリアや細菌たちは、
私の思考や行動に、影響をまったく与えていないのでしょうか?

それとも、影響があるのでしょうか?

…だとしたら、他の生命体に影響されている、
言い方を悪くすれば、
乗っ取られていると言えるのかもしれません。


さて、寄生獣について調べて興味深かったのは、
多分にノンフィクションであった、
ということです。

もちろん、このマンガが
丸ごとノンフィクションって訳じゃないですけど…(^_^;)

脳を操るパラサイトは実在するということなんです。

つい最近、偶然、こんなテレビ番組を見ました。
■スーパープレゼンテーション「寄生虫の世界へようこそ」■
※番組の動画あった~!
以前の記事で紹介した「お金は人をイヤなやつにする?」も、
字幕付きのここの動画が一番わかりやすいです!


この副題がおどろおどろしいです、笑↓
「自殺するコオロギ ゾンビ化するゴキブリ…寄生虫にまつわる物語」


ここで、サイエンスライターのエド・ヨンは、こう語ります。
「動物は自分の意識で動いていると言います、
けど実は違う場合も多いんです。」


こうして、恐ろしくも魅力的な寄生生物の話がはじまるのです。


はじめのお話は、サナダムシ。
彼らはアルテミアという、小さなエビみたいな甲殻類に寄生します。

寄生といっても、アルテミアから養分を取るだけではありません。
彼らを操り、生殖不能にしたり、
体色を赤くしたり、群れを作らせたりするのです。

このサナダムシは、他の多くの寄生虫と同様、どんどん宿主を変えてゆきます。

だから、アルテミアへの寄生は途中の1ステップに過ぎません、
彼らの最終目標はオオフラミンゴなのです。
というのも、フラミンゴの体内でしか彼らは繁殖できないからです。

アルテミアを、赤くし群れにして目立たせるのは、そのため。
これらはなんと、宿主をフラミンゴに食べさせる為なのです。


また、コオロギに寄生するハリガネムシは、
成長すると交尾のために、水に入る必要があります。
そこで、寄生したコオロギの脳を操り、水に飛び込ませ自殺させる…。


そして、エメラルドゴキブリバチは、
ゴキブリの脳の特定の場所に毒を打ちます。
すると、ゴキブリは恐怖心だけを失い、ハチの言うなりになります。
ハチは、まるで飼い犬のようにゴキブリを
巣まで連れてゆき、そこで卵を産みつけます…。


さて、人の目には、特殊に思えるこれらも
ごくありふれた自然界の出来事です。

ある河口で調べたところ、
吸虫という寄生虫の量は、
そこに住む魚の総重量にも匹敵しました。

また、ある川で、マスが餌とする虫の60%が、
ハリガネムシに操られ、溺れさせられた虫だったそうです。

つまり、乗っ取りとはごく普通の自然界の出来事。
洗脳を行う寄生生物は、想像以上に沢山いる
のです。

エド・ヨンは言います。
「人は自由を重んじ、
何者かに自由を奪われることを非常に恐れています。
でも、それが自然界では、普通にあるわけ。
だとすると、僕らも実は何者かに支配されているのでは?」



そう、私たち哺乳類に宿る寄生虫も、もちろんいます。

トキソプラズマは、色んな哺乳類に宿ります。
彼らは、単細胞生物で、神経系も意識もありません。

そして、トキソプラズマの有性生殖はネコの体内のみ。
そのため、彼らはネコを探すために、ネズミを操るのです。

トキソプラズマに寄生されたネズミは、
ネコの尿の臭いに惹かれて近づくようになります、
そして首尾よくネコに食べられるってわけ…。

脳もない単細胞生物が、高等な哺乳類を操る!

ちなみに一説では、人間も、
3人に1人ほどの割合でトキソプラズマに寄生されていると言います。

その場合、トキソプラズマは、明らかな病気は引き起こさないものの、
寄生された人は交通事故率が若干高い、
統合失調症の人が多いとの説があるそうです。

エド・ヨンはこう締めくくります。
「寄生虫というのは、僕らの見方を変えてくれるすごい存在です。
もしかしたら、生物のあんな行動、こんな行動が
実は、その生物の意識によるものではないかもしれない。」


ね、怖いでしょう!!

でも、一体、意識とは何なのか、
自分とは何なのか、考えされられます。

私たちは、純粋に自分のものと呼べる意識や
思考を持っているのでしょうか?

それとも、ある条件や、外部の生物や、
外部の霊的エネルギーに操作されるだけの
ロボットかもしれない…?


さて、これらの考え方、
つまり分離した個から見た世界のあり方は、
残酷で恐ろしいもの
です。

それはつまり、自殺に追い込まれゆくコオロギから見た視点です。
我々は、自由意志もない、
単なる操り人形にすぎないという訳です。

しかし、大自然という全体性から見た場合、
それは、調和とバランスを取るために必要な出来事
でした。

増えすぎたコオロギの数を調節し、
多くの川魚を養うために…。

あたかも、この世界が大きな一つの生命体のように、
バランスと恒常性を図っているのです。



目覚め体験をした人は言います、
自分と他人との境などないと。

そして、実は私こそが全てであったのだ、と。

それが分かったとき初めて
コオロギという分離意識から抜け出し、
自分という全体性の調和の中で、
安堵できるようになるのかもしれません。

air_rank[1]
本日は48位でした♪
皆さま、いつも有難うございます♪
スポンサーサイト
page top
魚を求める子に、蛇を与える親はいるか?
air_rank[1]

これを習慣化すれば、
人生もっと楽に楽しく生きられるのに、と思う行動があります。

それはこれ↓

嫌いな人や物事に愛を送ること。
出会う人すべてを褒める視点でみること。
自分を褒めること。


内部世界と外部世界はリンクしているので、
外部を好きになれば内部も好きになります、と黒斎さん。

また、かつてヴィパッサナーの先生も、
慈悲の瞑想(他者と自分の幸せを祈ること)をすると、
波動が変わるため、現実もどんどん良くなる、と言っていました。

ちなみに、慈悲の瞑想についてはこちら
◼︎全体性を取り戻す ~思いやりと引き寄せ~◼︎



でもね、でもね…。

これをやれば間違いなく
人生がスムーズにいくとは、分かってはいても…。

実際やってみると、かなり抵抗があって、
あんまりやりたくない事だった事に気づくのです。

嫌いな人に愛を送ったり、
不満の多い世の中で、良いところを探したり…。

いくら人生が良くなるための行動だとしても、
それ自体に抵抗を感じてしまうのです。

ということはつまり…こういうこと?

いくら、悟りたい、スムーズな人生を送りたいと思っても、
それは表面上だけのことなのかもしれない?

心の深い部分では、
嫌いな人や不満な状況を手放したくないって事?


だから目の前の現実も、不満や苦痛に満ちているのかも?
(つまり表層意識でなく、深層心理の欲求が現実化している)


でね、この気づきに関連するのですが、
あるブログのコメント欄を読んで、
つい返事を書きたくなったのです。

そのコメント欄には、このように書かれていました。

「人生を上手くゆかせるために、
ポジティブ思考になりたいが、すぐ、ネガティブになってしまう。
ポジティブになるにはどうしたらいいか。」


結局、書き込むことはしませんでしたが…。
それは、そこのブロガーさんの手前もあるし、
第一、相手に嫌な思いをさせるだけだと分かっていたからです。

私はこう書きたかったんです。

私たちは、ネガティブが好きで心配事も好きで、
愛にみちたポジティブな気分になんか、なりたくないんです。

だから、あなたはネガティブな考えの被害者ではなく、
好んで、ネガティブな考えを握っているだけですよ、
と。

でも、こんなことを書かれたら、
誰だって、責められていると勘違いして
嫌な気分になっちゃいますよね〜(^_^;)

でも、これを理解するのは
とても大切な事ではないかと感じたのです。

対立する思い、引き裂かれた欲求が、
明らかにされるため、葛藤が無くなるから
です。

つまり、欲しているのに得られない、
欲しくないのに得てしまう、
それはなぜ?!とあがくのを止められるのです。

そう、逆説的だけど、もしポジティブになりたかったら、
まず、ポジティブを望んでいない自分に気づくしかない。

そうすることで、ネガティブなまま、
ポジティブになることができます。

だってそのネガティブは、
自分が好んで選んだとわかるから。

嫌よ嫌よも好きのうち。(^◇^;)ゞ

それに気づく瞬間が、
ネガティブがポジティブに、
不満が感謝に変わる時なのかもしれません。

求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。 〜中略〜 あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。また、子が魚を下さいと言うのに、だれが蛇を与えるでしょう。 〜中略〜 とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。マタイの福音書7:7-11

…もしかしたら、今まで、魚が与えられなかったのは、
単に、私たちが魚を求めなかったせいかもしれない。

逆に、蛇を求めていたのなら、
魚を与えられることも、まず無いだろうから…。

この記事はもうちょっと続く…かもしれない…。(^◇^;)

air_rank[1]
本日は37位でした♪
拍手と応援有難うございます、励みになっています♪(≧∇≦)
page top
食べ物、よもやま話2
air_rank[1]

朝の支度をしていると、
付けっ放しにしていたNHKの情報番組に、興味深い内容が…。

取り上げられていたのは、
マインドフルネスと呼ばれるストレスを減らすエクササイズ。

それは「今この瞬間」の体験に注意を向けて、
現実をあるがままに感じる練習だそうで。

それって、まんまヴィパッサナー瞑想だ!

ヴィパッサナーをはじめて知ったのは、十数年まえですが、
その頃は、本当に情報がなかったです。

それが、あれよあれよというまに、
関連書籍が出版され始め、
それでも凄いなと思っていたのに…。

今は、名前は変われど、
テレビ番組で取り上げられるまでに一般化しているなんて。

一般の人にも、瞑想が受け入れられてきているんだなぁ。


さて、その朝、通勤電車に乗り込むと、
車内に森永製菓の広告が貼られていました。
見ると「マクロビ派ビスケット」

白砂糖不使用と書いてあるのをみると、
完璧なマクロビじゃないかもしれませんが。
(白砂糖じゃない、何らかの砂糖は使っていそうなので)

でも大手企業が、自然食の分野に乗り出したということがすごいです。
一般の人にも需要があると、判断した訳ですもの。


瞑想にしろ、自然食にしろ、
かつては、一部の関心ある人達だけだったものが、
徐々に一般化してゆく…。

世の中は変わってないと思いつつも、
少しずつ、変わってきているのかもしれませんね。

黒斎さんの言う、アセンションという名前の春。
それが、徐々に来ているのかもしれませんね(^_^)



さて、前回途中になってしまった、
チアシード&つぼくさ話です。

私は、製菓材料店を見るのが好きです。

で、かなり昔の話ですが、
そこで謎のつぶつぶを発見したのです。

バジルシードと書いてあるそやつは、
水に入れるとゼリー状になり、
いわゆるデザートになるらしい…。

なんじゃこらー!(≧∇≦)と、
早速買ってみたものの使い方がよく分からず、
結局、無駄にしてしまいましたっけ…。
(当時はクックパッド時代じゃなかったのです、汗。)

ところが最近、似たような種を発見!
その凄い栄養価やダイエット効果から、スーパーフードと言われ、
ハリウッドセレブからも人気のあるという食品!

その名も、チアシィィーーード! ヽ(`・Δ・´)ノ

…無意味に必殺技っぽく言ってみました、汗

ChiaSeeds.jpg
ネオファームの有機チアシード 100g 486円

バジルシードと同じく、シソ科の植物の種で、
やはり水分に触れるとゼリー状になるとのこと。

つぶつぶリベンジだー!!と買ってみました。

栄養価としては、ビタミン、ミネラル、
食物繊維が豊富なため、ダイエットに良いらしい。
特出すべきは、不足しがちなオメガ3(α-リノレン酸)が豊富で、
必須アミノ酸も8種類入っているという。

これはもう、食べるしかないでしょう!!


水で戻しました、
するとカエルの卵以外の何物でもない外見に…。(^◇^;)

あっ、でもプレーンヨーグルトに入れれば、
水分の無くなった固めのヨーグルトになるかも??
それって、はやりのギリシャヨーグルトじゃん?!

……結果。
えーと、こんなになりましてん。

※左が水、右がヨーグルトで戻したもの
ChiaSeeds2.jpg

確かに、固めのヨーグルトですぅ。
でも、このつぶつぶギッシリ感、
まったくギリシャヨーグルトじゃなぁーーい!!

あ、名誉のために言いますと、
これは、こういうものとして美味しかったです!

職場のスタッフにあげたら、みんな美味しいって言ってました!
もちろん、脅したわけじゃないはずです…ええ、たぶん。

メープルやアガペシロップをかけて、
食べると美味しいです!

チアシード自体は味がなくて、
プチプチの食感を楽しむ感じです。

ちなみに、ホーリーバジルの種も、
同じように食べられるらしいです。
でも、せっかくなら欲しい人にあげたいですものね〜。
ってことで、あることはあるけど、食べていません。

また、中華料理店によくあるゼリー状のデザート、
愛玉子(オーギョーチー)も、種から作られています。

種を水に浸して揉んでしぼると、
プリンプリンのゼリーの出来上がりなんだとか。

世の中、不思議な種がいっぱいですねー(≧∇≦)



…そういや種で、思い出したことがあります。

一度行った颯花さんのセッションでのこと。
「よっし~さんは、大地のエネルギーと繋がりが強く、
雑穀のエネルギーがわかる方です。」と言われたのです。

むろん、鈍感よっし~なので「??」でしたが…(^_^;)

また、颯花さんも情報を下ろしているだけなので
「雑穀」が、何を指すかは、はっきりしないようで…。

「なんだろう?雑穀っていってもすんごく沢山種類があってね、って言ってる。
フレッシュじゃないもの、日に日に悪くなる青果じゃないものみたいだけど。
よっし~さんはその微妙な配合とかが分かる人です。」

えーそんなの分からないし、
雑穀って何、配合って?と二人して頭をひねりましたが、結局謎のまま…。

そういや、チアシードも雑穀かもしれないな、と思い出しました。

……あっ!
も、もしかして、わかっちゃったかもっ!!

颯花さんの言う真意とはっ!
私がわかると言う微妙な配合とはっ!

それは、きっと、チアシードと
ヨーグルトの美味しさの黄金配合比率っ!


な、なるほど、スタッフに褒められたわけだ…(←違うとおもふ)



さてさて。
もう一つのオススメは、つぼくさです。

2ヶ月ほど前、うちの食品店のお客さんから、
つぼくさのお茶を取り寄せられるか、と聞かれました。
いつもはネットで買っているものの、送料がかかるため、
出来ればうちで買いたいとのことでした。

しかし、一般的なものでないのか、
結局、どこの問屋さんにもありませんでした。

ちなみに、お客さんからの情報によると、
彼女が買っているのは、
つぼくさとホーリーバジルのブレンドティーだそうです。

ホーリーバジルと混ぜるくらいなら、
つぼくさの効用もすごいのかもしれない。

そう思って、さっそくググってみると…。

ツボクサは、インドの伝統医療であるアーユルベーダの最も重要なハーブの1つとして愛用されてきました。

おや、デジャブ?
(たしか、ホーリーバジルも同じこと書いてなかったっけ…)

アーユルヴェーダで用いられる薬の中でも、最も重要とされる若返りのハーブとして珍重されています。
若返りのハーブと呼ばれる秘訣は、ツボクサにある神経と脳細胞を活性化する作用です。

この作用により、ツボクサには、知性を高め、長寿を促し、記憶力を増したり、
老化や老衰を遅らせる効果があると言われています。
免疫機能を高めたり、体内を浄化したり、栄養を補給を促し、副腎を強める作用もあるとされます。


おおう、若返りきたーー!
& 頭も良くなりたいーー!

という、よっし~のハートにどきゅんな効用であるからにして、
ついつい買ってみちゃいました、つぼくさ。
でも、なぜか苗です。(^_^;)

tubokusa.jpg

当然ながら、まだ食べてないので効用はわかりません。
こんど、お茶も試すつもりです〜。

ちなみにお客さんは、
痴呆症、アルツハイマー予防として、
お茶をご両親にあげているそうです。


私は、年をとったからって病気になったり、
痴呆症になるのは当然だ、っていう考え方には、
違和感を抱いています。

現代は、なんらかの複合的な原因が積み重なって、
それに老化が重なって、ここまで病気がふえるのではないかと思うのです。

ハーブを代表とする、自然の力や叡智を借りて、
人々が健康を取り戻すことも可能なのではないか。

そして、老いてなお健康というのが当たり前の、
そんな時代がこないかなぁ、と夢見ているのです。

air_rank[1]
本日は38位でした♪
拍手と応援、いつも有難うございます\(^o^)/
page top
食べ物、よもやま話1
air_rank[1]

私は、 一つの物事を続けるのが苦手です。(;^_^A

でも、曲がりなりにも(& ほそぼそですが)
なぜブログを続けていられたのかと、ふと思ったんですね。

するとすぐに、見てくださる方、
応援してくださる方がいるからだと分かったんです。
そうでければ、ここまで続けられなかったでしょう。

それで感じたことは、応援してくださる方も、
間違いなくこのブログの共同作者である、
ということでした。

一人の力と思っていても、やっぱり実際には一人の力じゃない。
周りと一体であり、周りに支えられて生きている。

もしかしたら、これが実感できることが、
悟り体験と呼ばれる
のかもしれません。


でね、人は時として自分は何もできない、
という無力感を持つことがあると思いますが…。

それは、絶対に妄想じゃないかと思ったのです。

いるだけで、そして何気ない行動をするだけで、
誰かや何かの役に立っている。

私が見ている皆さまに支えられて、ブログが書けているように。

そう、あなたが世界の大黒柱なんです。

だからもし、自分は何もできないし無力だ、と
感じることがあっても信じないでください。

そんな感情、生きているこの時にしか味わえない貴重な体験だし、
楽しむくらいの距離感を持っていて下さい。

一つであり全能、というあなたの永遠の真実に比べたら、
限りある人生など
(いくら幾千転生しようとも)
一瞬のことに違いありません。

ネガティブな思いも、一瞬の貴重な体験だと思えば、
多少は、気が楽になるのではないでしょうか。
(ならなかったらゴメンなさい〜汗)

まさしく、黒斎さんが
守護霊の雲さんにこう言われたように。

「神様は、お前が苦しんでいるのを見て、
とてもお喜びである!

(神は全能ゆえに、「出来ない」とか「困難」が味わえない。
それゆえ、あなたを通して困難を体験したい。)

だから安心して苦しめ。
(真のあなたを害するものは、実際には無いから)


…。
おおう、今日は食べ物のことを書こうと思ってたのですが、
思いついたことを書いたら、長くなっちゃいました、汗

いまから、書きたかったことを書きますです〜(;^_^A

〜・〜・〜

突然ですが、食べ物って大事ですよね。
たとえば食べすぎたりして、
体がちょっとでもだるかったりすれば、気分がふさぐものです。

人は気分によって動くものだし、
もし気分がふさいでいれば、
いつも通りの行動や選択が出来ないでしょう。

そうなれば、やはり結果も
それに沿った陰鬱なものになる…。


食べすぎで、体が慢性的に重ければ、
気分も軽快でいられないように。

カルシウム不足で、心がイライラしていれば、
人間関係までも、ギクシャクしてしまうように。

ならば、食べ物によって人生、そう運命が変わるといっても、
過言でないかもしれません。

そして、運命が食べ物に左右されると思えば、
もっと大勢の人が食べ物に気をかけるでしょう。
(そう、食べ物に氣をかける!)

今みたいに味や量、流行を重視して選ぶのではなく、
少量でも質を気をつけるようになる。

もちろん、ジャンクフードであれ何であれ、
食べたいものを腹一杯食べられないくらいなら、
生きる喜びがない、という人もいるでしょう。

それも一理ありますが、一つ忘れている点があります。

それは、自分が自ら選んでいると思って食べているもの、
実はそれは、食べ物の方に、
好みをコントロールされているかもしれないということです。

例えば、白砂糖を取ると、
さらに白砂糖が欲しくなります。

ジャンクフードを食べると、お腹が空かない時でさえ
なぜかもっと、ジャンクフードが欲しくなります。

(興味がある方は、◼︎スーパーサイズ・ミー◼︎という
ドキュメンタリー映画を見てね)


また、現代は、甘いものや精製された穀物など、
血糖値が急激に上がる食べ物が多いです。

そういうものを食べた後は、
血糖値が下がるのも急激だから、脳が空腹になったと勘違いして、
すぐまた、血糖値が上がるものを食べたくなります。
(こうして糖尿病予備軍が増えてゆく…)

このように、必要以上の量を欲したり、
刺激の強いものを美味しいと感じることは、
一種の軽い病気や、中毒が満たされているだけかもしれません。

つまり、美味しいと勘違いさせられているだけ。

もちろん、中毒(依存)が満たされることが、
すなわち生きる幸せなのだと言えば、
それもありなのかもしれませんが…。

そうなると問題は、どれだけの年数、
身体が、それに耐えてくれるかという話になるでしょう。
(もしくは子どもに持ち越される場合もあるでしょう)

昔は、成人病と言われた病気が、
今は、子供にまでかかるようになってしまったように…。

そして、かつてはなかった様々なアレルギーが
蔓延しているように…。

味覚を喜ばせることが、人生の幸せなのだとしても、
体の他の器官を犠牲にすることが、本当の幸せと言えるのでしょうか。

もちろん、いずれにしても、
このような食品があふれているのは、
私たちがそれを望んでのことです。

間違いなく、私たちは安全性よりも
経済活動を重視しています。


だから、健康的で値段の張る食品よりも、
安くて添加物入りのものを作るし、
購買につなげるべく、
何度でも食べたくなる嗜好性を追求するのです。

だから一人一人の意識が変わることが大事です。

そして、本当に良い食品にお金をかけるのが常識になれば、
安心できるものを作っている生産者が潤うことになります。

そして、逆に商売重視で、
害になる食品を売る企業は減ってゆくことでしょう。

しかし、今のところはそうではない。
そこまで私たちの意識は高くないのです。

まぁ実際のところ、よっし〜も
人に言えるほど、きちんとした食事ではないのですが…。
(↑ダメダメじゃん!)

なので、ほんとは最近見つけた、
ヘルシーフードについて書きたくて、その導入部のつもりでしたっ!

その名もチアシードとつぼくさ!
どちらも、スーパーフードと呼ばれるほど
凄く体にいいらしいです。

でも、なんだか長くなってしまったので、
また次回にします、計画性がなくてごめんなさい〜(;^_^A

air_rank[1]
本日は38位でした〜。
いつも読んでくださり有難うございます♪
今回は、決してクリックくれくれ記事などではなく…ええ、おそらく、たぶん…(^_^;)
page top
石とバジルの不思議なご縁
air_rank[1]

さて、以前、◼︎石販売のお知らせ◼︎を書いたのですが、
あれをきっかけに、2名のお客様がMGMをお買い上げになりました。

とても有難く嬉しかったです♪
Nさま、Oさま、ありがとうございます♪

ただそれと同時に、
売れたのは、人気のあるMGMだから、
との思いもありました。

というのもMGMは、
メロディ♪クリスタルヒーリングの中でも重要な石であり、
なのに、今はもう採掘されていないため、とても品薄なのです。

だからMGMを探している人はいるはずで、
よっし〜の弱小ブログであっても売れるかも、という思いはあったのです。

ただ、他の石はやっぱり難しいよね、と思っていました。

が…。
先日、ようやくMGM以外の石、
レインボウボージャイが売れました!

しかもフィギュアエイト(8の字型)の方です。
この形は、通常の丸型よりも、一般受けはしない形です。

2014.7.ishiB
本当はもっとキラキラしている石。
なのに、よっし~に撮影されたがゆえに、
こんな、くすんだお肌になってしまうなんて…( TДT)しくしく

このお肌じゃ、
もう二度とお嫁に行くのは叶わないかに思えました。

が、ここに救世主、Y子さま登場!

ご承諾をいただきましたので、
Y子さまのちょっぴり不思議な体験を書かせていただこうと思います。


Y子さまがお選びになったのは、
先述したフィギュアエイトのレインボウボージャイと、
メタモルフォーシスのタンブル。

ボージャイのフィギュアエイトは、
一般受けはしない形とはいえ、
エネルギー的に安定しているため、
ヒーラーやエネルギーワーカーさんには人気があるのだ、と聞いていました。

これらのチョイスから、かなりの石好きで、
たくさん石を持っている方だろうと、想像しておりました。

しかし、いただいたメールからみると
石好きであるものの、
そこまで詳しいという感じではなさそうです。

そしてわたしは石のエネルギーや波動みたいなものは全く分からず、
でもここ何年か、夢で石が出てきたり、頭から名前が離れないのです。
エレスチャーエレスチャーと頭に浮かんで、なんだろうと調べると
エレスチャルって石のことかな?とか
ボージャイストーンも、泥団子のような石がわたしの部屋に置いてある映像?が浮かんで、
それがとても大事な必要なものとしてそばにいてくれてるのです。
全く名前も分からないので「泥団子・天然石」などで検索を繰り返し、
最初は「モキマーブル」というのかしら、と思ったのですが色が少し違っていて
調べて調べてを繰り返すうちに
「これだ!ボージャイストーンていうのだ!」とどうしようもなくワクワクしました。
でも値段を見ると2-3万で夢に出てきた大きさだと7万円程、
あの泥団子ちゃんたら高いものなのね~笑と自分には購入は無理かと思っていました。


そんなとき、私のブログ見て、
これだったら買えると喜ばれたそうです。


さてさて、このブログを読んでいる皆様なら、
よっし~が「ひとりホーリーバジル普及協会の会長&会員」を
やっているのをご存知かと思います(←知らねーよっ)

なので、石を買ってくれた方へは、
相手の迷惑を顧みず、
バジルの種が欲しいかどうか聞いてしまいます
(^◇^;)

もちろん、お客様が私のブログを読んでいるとも限らないので、
ホーリーバジルなんじゃそら??的な危険
想像されるわけです。

そして分かったのは、やはりY子さんも、
どうやら私の記事は、読んでいなかったことーー。

きゃー、当然ホーリーバジルも興味ない??
…と思いきや!


ホーリーバジルの種!
ありがとうございます、分けていただけたらとても嬉しいです。
これはビックリしてしまいました。
実は3週間ほど前に知人と話している時にちょうど、
ホーリーバジルってとても良いのよ、種から育ててみたら?という話になり、
ホーリーバジル協会?というところにメールすれば定形外で送ってくれるから、
と具体的にそんな話をしていたところだったのです。
私は「植物を育てるの苦手だから種からだととても無理かな・・・苗で探してみようかな」
なんて躊躇していたところでした。
もうなんだか偶然が続いて嬉しいです!


うおー、偶然ホーリーバジル
探してた人でした〜、すごいっ!

なんてシンクロっ!


よっし~は、不思議体験やシンクロも、
ほぼ皆無なので羨ましいですっ!

さらに、次の日のメールでも、
不思議な夢をシェアしていただきました。

また不思議なのですが昨日は小さな青い石(青い色で長方形の鉱石なんです)を
何個も見つめている夢でした。
そのあと「トライゴー?だよ」と頭に浮かんだ所で目が覚めました。
パソコンでトライゴーまで入力すると、「トライゴーニック水晶」と予測で出てきて
「キャー!!!!また石か!!!」と。
石って可愛いけど主婦にはなかなか揃えるのがつらいですね、笑


トライゴーニックとは、
主に、アイスクリスタル(ヒマラヤの氷河から出た水晶)に多くみられる特徴で、
表面に見られる逆三角形の凹みのことです。
なので、青い、という記述は当てはまらないので、そこは謎なのですが…。

もし、読者さまの中に
「トライゴー&青い」が何か、
解明できる方がいましたら、
ゼヒゼヒ教えてくださいませ!


私は石のエネルギーや波動とかは全くわからないのですが
最近石が可愛くて可愛くて可愛くて、もう撫でてるだけで幸せになってきます。
小さな石をポケットに入れて朝から夜までずっと一緒にいるのが好きなんです。
そうすると益々可愛くて、あ~可愛い~も~可愛い~という感じです笑
周りの人には言えないのですが、
石が私のこと一生懸命助けようとしてくれてるような、
なんか涙が出てきちゃうくらい石たちが健気というか、そんな気がしてきて
本当に有難く思います。


石を愛されているのがひしひしと伝わってきて、
こちらまで嬉しくなります♪

今回、そのような方のお手伝いが
ささやかながらできて、
本当に有り難いと感じました。(*^^*)

air_rank[1]
本日は41位でした♪
拍手と応援、いつも有難うございます\(^o^)/
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。