私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お金と苦しみ6 ~お金が人を意地悪にする?~
air_rank[1]

前々回のブログ、好きなことをしてお金を稼ぐ、という記事は、
ご好評の声をいただいております、有難うございます♪
(とはいっても、もちろん、私の記事じゃなくて、
黒斎さんの講演話なんだけどね、汗)

このような共感を得たというのは、
私たちの生活がいかに「お金」と「稼ぐこと」に振り回されているかを
如実に物語っていると思うのです。

これは、社会が優先順位を
このような順番にしているから、起こることだと思います。

「お金」>「生きること」

その順位を、こう変えなくてはいけません。

「お金」<「生きること」

そうでないから、金銭目的の殺人がおきたり、
中国のような命に関わる食品偽装、
そして、兵器を売りたいが為の戦争が行われると思うのです。

お金を得られるなら相手の命など意に介さない、という訳です。

私たちは、こうした事柄から、
命よりお金の方が重要だというメッセージを
否応もなく受けとっています。

自身で考えるより前に、深層心理の部分で、
命よりお金が大事だということを
刷り込まれているのです。

だから、何の為に生きているのか悩むようになるのも当然です。

お金が命より大事なら、自分はお金に使われる側な訳だし、
もしそうならば、生きる喜びなどは、
お金に比べたら、価値が無いというわけです。

喜びが減り、苦痛に傾いたとき、人は人生に疑問を抱きます。

生きるとは何なのか?
なぜ、人は
(苦痛のなか)生きなければならないのか?
(なぜか喜びにいる時は、疑問は起きないものです。)

子どもたちすら、このような疑問を持つようになった現代社会…。

それは、私たちの社会が
「ただ生きること」に対して、
いかに寛容でなくなった
のかを
表しているのかもしれません。


さて前振りが長くなってしまいましたが、
先日、やっていたEテレの番組、
「スーパープレゼンテーション」のことを書きます。

この番組は、毎回その道のスペシャリストが、
彼らの研究分野について分かりやすくプレゼンテーションします。

今回の番組タイトルは、
Does money make you mean?
「お金は人をイヤなやつにする?」


直訳だと、お金はあなたを意地悪にするか?という意味です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

20%の人々が国の富の90%を所有しているアメリカ。
そして、この経済格差はさらに、広がる勢いを見せています。

そんな中、カルフォルニア大学の社会心理学者、
ポール・ピフは、このような貧富の格差が
人々にどのような影響を及ぼすかを研究しています。


ボードゲームで人気の、モノポリーというゲーム。

プレイヤーたちが資産を運用し、億万長者を目指して競い合うゲームです。
このゲームは一人が資産を独占し、他の全員を破産させた時に終わります。

このゲームを、ペアの被験者たちにやらせ、
片方だけ、有利な条件を与えたらどうなるでしょう?

15分間のプレイ中、有利な条件のプレイヤーが、
相手プレイヤーに対してどのように態度が変化するか…
それ見るのが、この実験の目的です。

まず、コイントスでプレイヤーの役割を決めます。
ここで裕福プレイヤー、貧困プレイヤーが割りふられます。

ここで、運良く裕福側になれば、有利な条件を与えられます。
お金を2倍もらえるし、サイコロも多く振れる。

この不公平なルールに、初めは戸惑うプレイヤーたち。

しかし、ゲームが進むにつれて、
だんだん裕福プレイヤーの態度が変わりはじめます。

貧困プレイヤーに対して、威圧的な行動や、
得意げな様子を取り始めたのです。

わざと大きな音を立てて、自分のコマを進めたり、
横柄な態度や言葉遣いで、自分が勝っていることを強くアピール、
どんどん感じが悪くなっていったのです。

さらに興味深いことには、プレイ後の感想です。

裕福プレイヤーにインタビューしたところ、
さも自分の力で勝てたように、勝因をアピールしたと言うのです。

もちろん勝って当たり前の条件なのですが、そこには触れず、
自分がこうしたから勝てた、と話したといいます。

たまたま有利な立場に置かれただけなのに、自分の力のように錯覚する。
これにより「人が優位性をどのように捉えるか」が見えてきます。


…さらに実験は続きます。

金持ちと、貧しい人、どちらが他人を助けることに積極的か、
それを調べてみます。

金持ちとそうでない人たちを集め、
「何に使ってもいい」と10ドル渡します。

すると、年収2万5千ドル程度の人は、15〜20万ドルの金持ちより、
44%多く他人への寄付をしました。

また、懸賞金付きのゲームで、ズルをする確率を調べたところ、
裕福な人の方ほどズルをし、高得点を出そうとしました。
確率として3〜4倍高かったのです。

さらに、高級車ほど、横断歩道で渡りたい人がいても、
停車して、人を優先させることをしませんでした。
(そこの州法では、これは交通違反なのですが)

交通違反も、高い車に乗っている人が多いそうです。
高級車の50%近くが、交通違反をしていました。
逆に、最も安いタイプの車では、違反はなんとゼロでした。

また、裕福なひとほど、仕事の交渉で嘘をつきます。
職場の不正を容認しがちなのです。



これらの実験から分かったこと…。

裕福になるにつれ、思いやりが低下する。
権利意識が強くなる、利己的な考えが強くなる。
裕福な人ほど欲は善だ、自己利益の追求は良いことだ、と言い始める。


つまり、裕福になればなるほど、より強くの個人的成功を求めて
身勝手になってゆくのです。

金持ちが、より利益を追求するようになる為、
アメリカの経済格差は、ますます広がるだろう、と予測されています。

しかし、経済格差は、
全ての人にとって問題
なのです。
貧困層だけでなく、裕福層にとっても…。

経済格差が広がることで、
人々の健康や、社会的信頼の低下が起きます。
そして、肥満、暴力、受刑率も悪化するのです。

この社会全体の問題を
どうしたらいいのでしょう?


研究から分かったことがあります。

ほんのちょっとした心理的介入、
価値観のわずかな変化によって、
人は思いやりが取り戻せる
というのです。

被験者たちに、子供の貧困について映像を見せました。
わずか46秒ですが、世界には困っている子供がいるという映像です。
その視聴後、他人が悩んでいたら、
人はどう接するようになるでしょうか?

なんと、裕福な人も貧しい人も、
同じくらい赤の他人に親切にした
のです。

ちょっとした価値観の変化や、
思いやりの再認識によって、意識は変わります。

ほんのちょっとの理解があれば、
思いやりは取り戻せるのです。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

どうですか、
面白い実験結果だったでしょう?

ここで私が感じた事は、特別意識が、
人を分離させるということです。

お金が人を意地悪にさせるのではなく、
お金があることで、
「自分は他人より特別なのだ」という意識が、
人を意地悪にするのです。


だから、実際には、金持ちであっても平等意識があり、
思いやりのある人もいるでしょう。

しかし、キリストが語るように、
「金持ちが神の国に入るよりも、
らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」
のです。

これは、金持ち、
つまり「自分は他より優れているというアイデンティティ」を、
自らすすんで捨てるのが、いかに大変かを物語っていると思います。

キリストの言う「神の国」、つまり真理は
「ワンネス、平等、みな同じもの」なので、
「他人より優れている」というアイデンティティを持つ者は、
根本的に相入れないのです。

「自分は優れていて、他はそうでない」
そんなエゴにとって喜ばしく思える状況、
それは確かに、ものすごく捨てがたい魅力があります…。

しかし、勇気をだして、それを見直すことで、
思いやりや優しさ、住みよい社会が育ってゆくのかもしれない、と感じたのです。

air_rank[1]
本日は43位でした♪
応援と拍手、いつも有難うございます〜\(^o^)/
スポンサーサイト
page top
対立させたがる自我(マスコミ)
air_rank[1]

「お金と苦しみ」シリーズは、前回で終わるつもりでしたが、
先日、あるテレビ番組で、お金がテーマのスピーチがあり、
非常に興味深かったので、あと一回だけ続けたいと思います。

この番組のタイトルは、これ。

■スーパープレゼンテーション■
Does money make you mean?
「お金は人をイヤなやつにする?」

なんだか、面白そうでしょう?

多くのお金を持つようになると、そうでないときに比べ、
人は他者に対して、どんな態度になってゆくのか?

それを、アメリカの社会心理学者が、
調査、実験したというスピーチです。


で、このテーマを書くつもりだったものの…(^_^;)

今話題の、朝日新聞誤報問題で思い出したことがあったので、
それをまず書きたいと思います。

今回と同じように、
マスコミの情報は操作されてるんだ、と
感じたことがあったのを思い出したからです。

今回の従軍慰安婦問題でもそうですが、その時もそうでした。

つまり報道により、国同士を対立させ、
日本人という、自身のアイデンティティも卑下させるように、

(つまり、自分自身とも対立、分離させようとしているということ。)
事実を曲解させているのを感じたのです。

なので、今回の記事は、スピでもなんでもないんだけれど…。
(あれ、いつもそうかな??汗)
それでも良ければ、読んでやってください~ m(_ _)m



それは、2009年4月のことです。

(ちょう忘れっぽい私が、なぜここまで詳細に書けるのか…。
それは当時、ちょっとだけ参加していたSNSサイトに、
この時の感想を書いていたからです、汗
でないと書けなかったと思います~。(^_^;) 当時の私、ぐっじょぶ!)



ある時、たまたま「N○Kスペシャル」を見ていた私は、衝撃を受けました。

副題に「アジアの“一等国”」と銘打たれたこの番組は、
戦時中、日本占領下の台湾において、
日本人がいかに酷く台湾人を扱ったか、という内容でした。

それは見ていて、同じ日本人として、
恥ずかしくなるほどの酷さでした。



さて、当時、勤めていた食品店には、
台湾人のお客さんが来ていました。

日本人の旦那さんを持つ彼女は、
年代は、50代と思われますが、
とても美しく、なのに愛嬌もある、気さくな方です。

彼女が買い物に来られたとき、話したのですが、
彼女も、その番組を見ていたそうです。

「日本人は、台湾人に本当に酷いことをしましたね…」
そう言って、私は、謝ったところ
急に彼女は、語気を荒げてこう言ったのです。

「そんなことナイ!
アレ、おかしいヨ!!日本人イイこともしたヨ!!」
と。

そのときは短い会話でしたから、
何が「そんなことナイ!」のか分かりませんでした。

それから、二週間ほどして、
彼女は、今度は旦那さんといらっしゃいました。

ご夫婦とも、N○Kに対して、
いまだ、収まりきらない怒りを持っていました。

そして、あの番組は間違っているとして、
20枚以上にわたる資料を持ってきてくれたのです。

…ここまでしてくれるなんて…。

よほど、曲解報道に腹を立てたのと、
私に誤解されたままなのが、嫌だったに違いないです…笑


さて、その資料には、
N○Kが意図的に、日本の悪い所だけを編集して放送したとありました。

テレビの取材を受けた台湾の人たちは、
日本の悪いところばかりでなく、
インフラや教育など、良かったところも話していたと言います。

なのに、自分の証言が編集されて、日本の批判だけになっている…。
それを知った台湾の証言者は、とても心を痛めているとありました。
彼は、台湾人が排日だと誤解されたくなかったのです。



なぜ、N○Kが意図的に情報を曲解させたのか?

その理由は、日本が中国との関係を重視しているからだと言います。

だから、日本と台湾の良好な関係を悪化させるよう、
そして、日本人も反日化させるよう、情報選択したというのです。

しかし、事実を曲解したこの番組は、台湾の証言者と、
事実を知っている在日台湾人を深く傷つけることになりました。

(ちなみに、お客さんが教えてくれたブログです。
■証言の「断片」のみ放映―台湾の被取材者が怒る反日番組■



さて、このご夫婦の話では、この後、在日台湾人を筆頭に、
N○Kに、謝罪を求める抗議デモが数回行われたそうです。

もちろん、ご夫婦も参加したそうですが、
このデモがマスコミに取り上げられることは無かったそうです。


「日本に感謝していたり、日本人が好きな台湾人、いっぱいイルヨ!
ダカラ、台湾は、日本の災害時 (※たしか、阪神淡路大震災の話だったと思う) に、
タクサンの支援金送っテルヨ。
でも、マスコミは、そのことは放送しないヨ。」


残念そうに言っていた、奥さんの顔が浮かびます。


つまり…。
私が言いたいのはこういうことです。


日本人以上に、
日本を好きでいてくれる、
外国の人たちが居てくれて有難う!


そして、好意で話してくれたのに、
傷つける結果になった台湾証言者の方、ごめんなさい。

そして、災害支援もうけているのに、
それさえ知らなくてごめんなさい。


…私にやれることは、
この記事を書くことくらいしかできません、ごめんね。


それにしても…。
もしかして、肥大した自我の最たるもの、
それがマスコミなのかもしれませんね。

だから、自我の性質として、
分離させる方向(戦争、仲たがい)に行くのは
すごく、自然な事かもしれません…。


でも、もうそれも、もう十分。
私たちは、その結果を嫌というほど学んだのではないでしょうか。

だから、どの国とも、本当に仲良くしたいです。
そして、自分自身、つまり日本人というアイデンティティにも、
嫌うことなく、付き合っていきたいです。

全世界の人が、自分と他人の国を尊重できますように。

そして、誤った(そして操作された)情報に
振り回されることなく、
各個人が、自らの良心に従って、
人類みんなと繋がりあえますように。

air_rank[1]
本日は37位でした♪
応援と拍手、励みになります、いつも有難う\(^o^)/

page top
お金と苦しみ5 ~好きなことで稼ぐ~
air_rank[1]

まず始めに、ホーリーバジルの種をご希望の皆さま、
有難うございます。(^_^)

ご連絡いただいた方には、全員メールしましたが、
万が一、メールが届いていないという方がいらしたら、
ご連絡くださいね。

種は、明後日の水曜日に発送しますので、
もう少しお待ちください。

また、まだ種の余裕がありますので、
他にも、ホーリーバジルの種が欲しい方がいましたら、
ご連絡ください♪


さて、「お金と苦しみ」シリーズ、最後の記事です。
やっとって感じです、引き伸ばしすぎて、ごめんなさい〜(>_<)

前回の記事
◾︎お金と苦しみ 1◾︎
◾︎お金と苦しみ 2◾︎
◾︎お金と苦しみ 3◾︎
◾︎お金と苦しみ 4◾︎


黒斎さんは、無理に稼ごうと意識しなくなった、と言います。
かわりに、黒斎さんのお金に対する見方は、こう変わったそうです。


「人生を良くしたいなど、様々な目的を持っている人に、
僕はこういう形(月イチ☆などの講演)で、応援をします。

もし皆さんが、その活動に有難うと言ってくれて、
感謝を形で示すのなら、それがお金なんです。

僕としては、
『二千円ありがとう』(月イチ☆の講演参加費は二千円)
で十分なので、『五千円ありがとう』は頂きません。


さて、物を購入する場合、感謝できるもの、
応援したいものについてお金を払います。

そして、そうなると、
値切るという感覚がきえていくんです。

それじゃあ、逆に、自分が収入を得る立場になることを考えたら
どうなるでしょう。

どうやったら、
みんなが応援をしてくれるだろう、

という発想になるんです。

自分がそれをやることで、みんながワクワクしたり、
世の中が良くなりそう、と思って貰えるような活動。

そういう事に対してなら、人は気持ち良くお金を払います。
そういうことをやろう、と思えるのです。


だから、自分のしたいことで
お金を得るというのは、
すごくナチュラルで、シンプルなこと
なんです。

自分がやりたい事をし、
それを応援してくれる人が出てくるということ。

そんな自分の応援団が出来てくると、
生きる事に不安がなくなってきます。

それにもし、応援されないとしても、
その活動は求められていないのか、
じゃあ別のことをしよう、と切り替えられます。

それに、やりたい事で稼ぐと言っても、
必ずしも、自分の好きなことじゃなくていいんです、
自分が出来ることでいい。


なぜなら、自分が特別好きと思わない事でも、
みんなが感謝してくれると、好きなことへと変わってゆくからです。

みんなが、感謝したり、
凄いことしてるね、と褒めてもらうと、どんどん好きになってゆく。

たとえば、僕ですが、
自分が、文章を書く仕事をするなんて思ってもみませんでした。
文章を書くことは、好きでもなく、得意でもなかったんです。
むしろ、本を読むことさえ嫌いだった僕。
それが今では、本を書いているんです。

で、今どう思っているかというと、嬉しいし楽しいし、
好きなことをやっている感覚なんですよね。


人はそれぞれ、得意なことがあります。
それをやればいいんです。

ただ、自分が当たり前に出来ることって、
凄さがわからないもの
なんです。
だって自分では簡単に出来ることですからね。

これが、他人の特技だったら、気づけるんです。
あの人はこれが上手だなぁ、と。

でも、自分の事だと分からないし、
だから、その能力を活かそうという感覚も生まれない。

ただ、それを出来ない他人にあってはじめて、
ああできない人がいるんだって、分かるんです。

でも、それも違うんです、
相手が出来ない人なのではなく、
本当は、自分が出来る人なんです。


だからあなたが、当たり前にできることをして、
その中で、みんなが感謝したり、
応援してくれることが一致すると、
自然とお金の流れができる
んです。」



もし、そうなれば、
お金を得る人、お金を渡す人ともに幸せな気持ちで、
生活することが出来るわけですね。

今までは、死なないための活動として仕事をし、
死なないための費用、つまり生活費としての、
お金を稼いでいましたが…。

これからは、仕事とは、
真に生きる(活きる)ための活動になるのでは、とよっし~は思うのです。

そう、仕事とは人を活かし、
そして、人として生きることを楽しむための、純粋な活動です。

もちろん、それくらい人間の意識が高まれば、
人権のベースとして、
生きることへの完全な保証が出来ているはずでしょうが。

働かざるもの食うべからず、ではなく、
生きているかぎり食う資格あり、のように。

そして、働くことは、純粋な楽しみ、
自他への貢献、そして喜びになるのだと思うのです。

本当に、早くそうなるといいですよね!!

air_rank[1]
本日は46位でした♪
いつも応援と拍手、有難うございます〜(*^_^*)
page top
バジルの種、お知らせ
air_rank[1]

この間、NHKスペシャルで
巨大災害についての番組を観ました。
といっても、最後の方ちょっとしか観れなかったんですけれど…。

地球環境については、やっぱり…と思いつつ、残念ですね。

地球に対してできることは、祈ることぐらいしかなくて、
なにか行動できることがないかを、考えていたのですが。

なんとか一つ思いついたのは…。

今、出来ているホーリーバジルの種を欲しい人にあげよう!

ホーリーバジルはオゾンを大量に出す植物で、
環境に良いと言われています。

ということで、
今季とれた種を、ご希望の方10名様に無料で差し上げます。
うちのはオオヤラマ種のトゥルシー(ホーリーバジル)です。

ただ、初期にあげていた種と違い、
今の種は、蝶などの虫がいっぱい来ていた時期のため、
その点が多少なりとも不安です…。

というのも、虫がよそから、
他のシソ科の花粉を持ち込んでいるかもしれず、
それだと交配してしまうため、
純粋なトゥルシーの種で無くなる可能性があるからです。

その点をご了承のうえ、それでも欲しい方という方はご連絡下さい。

今年の蒔きどきは過ぎてしまったので、
次回は、来年4月です。

まぁ、私は無理やり11月に蒔いて育てたので、
今から蒔くことも、出来ないことはないと思いますが、
あまりお勧めはしません…。(^_^;)

10本芽が出たなか、
春まで生き残れたのは、やっと1本という感じでして…。
これでも、かなり気を使ったんですけれどね。
でも、常時暖かい場所ならば、うまく育つのだろうと思います。

また、いただいた個人情報は、
今回以外のことでは一切使いませんので、その点はご安心ください。

ご希望の方がいらしたら、
右下のメールフォームからお申し込み下さい。
もし、希望者が10人を超えましたら、
いったん締め切らせていただこうと思います。

お名前、送付先、メールアドレスをお知らせください。
また、メール送信が上手く出来なかった時のために、
公開していいハンドルネームもお願いします。

…欲しい人、いるのかな…。
ってか、これ自体、
地球環境のためになるかも疑問だし…。(~_~;)

いやいや、行動することに意義があるはず…。
うん、とりあえず、そういうことにしときましょう!(;^▽^A

air_rank[1]
本日は31位でした〜!
応援や拍手励みになります、有難うございます♪(*^_^*)
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。