私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
神聖さを利用する、エゴの怖さ
きゃー!

前回のブログで、「放射能記事は人気がない」なぁんて書きましたが…。
ご、ごめんなさい〜。

そうではなくて、
まじで記事が面白くなかっただけでしたね!
私の被害妄想でした!

前回の記事も、放射能のことなのに、
拍手がありましたものね〜汗

あのね、あのね…。
言い訳なんですけど。(^_^;)

放射能検査の先生がね、言ってたんですが。

やはり、自分の被曝量をブログに公表して、
読者から、叩かれてた人がいたって聞いたものだから…

被害者意識丸出しで、申し訳ありませーん!
みなさん、優しい方ばかりです〜。

でもね、やはりこの記事を読んで、不安になられたり、
苦しい思いをされた方も居らっしゃると思うんです。
本当に申し訳ないです、ごめんなさいね。

〜・〜・〜・

さて…。

先日、集まった友人たちの集まりで、
あるブログの話が出ました。

そのブロガーさんはサイキックで、
後ろに名のある神をつけており、
希望した人には、エネルギーを送っていました。
もちろん、善意の事です。

(特定できないよう、主旨から外れない程度に、フィクションにしています。
仮に、これに極似するブログがありましたら、間違いなく違うブログです。
何卒ご了承ください。)

友人の一人が言うには、どうも、このブロガーさんは、
最近どんどん変わっていっているように感じる。
気になって視てみたら、バックにいるのは神ではなく
グロテスクなものが見えた、と。

私も、そのブログを知っていて、多少驚いたのですが、
すぐになるほど、と思いました。

というのも、ブロガーさんに微かですが、
虚栄心が感じられたことと、
メッセージに中身が感じられないと思っていたからです。

とはいえ、本当に些細な虚栄心。
普通の人だったら、問題にもならないでしょう。

でもね、目に見えない世界で、
しかもエネルギーに敏感な人が、
虚栄心を持つことは、結構恐ろしいことなのです。

現実社会で、から威張りしているのとは訳が違います。

例えば、よっし~が
「下々のものたちよ、よっし~を讃えるが良い!
ブログランキングが、38位ぞよ」などと威張ってみたとします。

このように、常に、エゴは肥大したがりますが、
そこは現実社会の厳しいところ(笑)、
すぐに、エゴの高い鼻は打ち砕かれます。

例えば、そこのあなたっ!

今、こう思いはしませんでしたか?

38位ぐらいで威張るとは、
なんてしょぼい人間なんだぁ~!!
とっ


そんなあなたには、もれなく、
よっし~のまわし蹴りがいくことでせう o(`ω´ )o ムキー!!

……。
こほん。

普通は、こんな感じで世間が、もれなく叩いてくれるので、
根拠のない虚栄心は、叩き潰されます。


それが、宗教やスピ系においては、
そのストッパーが外れてしまうのです。

普通なら、尊敬されるほどの人物でなくても、
「女神が見えます、龍神と話せます、未来がわかります」となれば、
諸手をあげて尊敬されてしまうからです。

もちろん、もともと尊敬に値する人物が、
人気を得ることには、なんら問題がありません。

そういう人は、エゴ意識が低いから尊敬されているのであって、
エゴが肥大しようがないからです。

しかし、愛情に飢えていたり、なんらかの欠乏感がある人が、
(大抵の人はそうですよね、(^_^;))
キャパ以上の愛情や尊敬を得たりすると大変です。

エゴの肥大に歯止めがかからなくなって、
自分は他と違って偉いのだ、と思い始めます。

さらに、もっともっとと、みんなからエネルギーを奪って、
偉大なエゴを、さらに肥やそうとします。
基本的に、エゴには欠乏感があるからです。

そして、彼らのバックにつく霊的存在も間違いなく、
同じく愛やエネルギーに飢えた存在なのです。

だからこそ、付いている人間に超能力を与え、
人がもっと集まるよう、エネルギーを吸えるように働きかけるのです。



肥大したエゴは危険です。
なぜかというと、エゴは批判し、分離するものだからです。

オウム事件などは、
「自分たちは他と違う、特別だ」というエゴが起こした事件です。
分離が極まって、攻撃に転じたのです。


つまり、新興宗教やスピリチュアル自体が危ないのではありません。

それらが
「エゴを果てなく増長させる」ことに加担する場合
おそろしく危険になるのです。


実際問題、真のスピリチュアルは危険さとは無縁です。

なぜなら、真のスピリチュアルとは、
エゴとは反対の、全体性に貢献するものだからです。

つまり、それは…。
自分だけでなく家族を、
家族だけでなく人類を、
人類だけでなく、生きとし生ける物すべてを、
そしてついには、宇宙全体に貢献しようと思う心です。

これは、世界すべてが自分である、という観点です。

「神聖 Holy」の語源は「全体 Whole」だと言います。

全体性に貢献するものは、破壊しません。
一見、破壊に見えたとしても、根底に調和や愛があったりするものなのです。
それが真の神聖さです。

しかし、この神聖さを、
エゴが隠れみのとして利用した場合は、破壊力は超強力です。

なぜなら、彼ら自身、
正しいことをしていると信じている
からです。


目を開いて物事をみる、審神者する、真偽を問う…。
いまは、それが大事な時代なのかも、と思っています。


最後に…
よっし〜が勝手に思う、気を付けるべき存在のポイント〜〜〜

●特殊さをアピールする。
(有名どころの神の名を名乗る。不思議な現象を見せたり、感じさせたりする。)

●外が凄いわりに中身がない。
(外見や名前が凄いのに、メッセージに中身がない。もしくは、愛や崇高さが感じられない。)

●全体性より個を重んじる。
(特定の人物や、特定の団体に執着する存在は、高次元の存在ではありません。せいぜい私たちと同レベルです。)

●依存させたり(良いエネルギーや守りを送ると言ってみたり)、対立させたがったり(誰々は敵だと言う)、恐怖による支配をしようとする存在。

●現世的な利益や呪術に強い、もしくは些細なことにも干渉しようとする。
(物質界レベルに近い、つまり低次元の存在ほど、現象面で干渉することができます。)


air_rank[1]
本日の順位は31位でした、ほんっっっとーに皆様のおかげです!
いつもありがとう!!

スポンサーサイト
page top
内部被曝検査をしました その3
やっぱりというか、なんというか、
放射能記事、人気ないですよね〜。(;´Д`A


まぁ、叩かれないだけでも、有難いことだと感じています。

だってね、もっと危ない場所もある中、
東京に住む私が汚染されてます、なんて書けば、
やはり、不安に思う人も出てしまいますよね。

知りたくない人だって、いっぱい居るはずなんです。

でも、なぜ書くのか?

やっぱり、知らなくちゃいけないからです。
認めるということ、そこから変化が始まるからです。

いったん、事実をあからさまにすれば、
「じゃあ、どうやって対策を取るか?」の段階に入れます。

放射能測定でいえば、沢山の人を測ることによって、
「被曝量を抑える生活術」が自ずと解明されることでしょう。


さて…。

私は今、小さな食品店のアルバイト店長ですが、
それゆえに、何人かに仕事を教えてきました。

最近、ミスが直らない人に共通する、
性格タイプ
があるのに気づきました。

それは、「認めない人たち」であること。

「ここ、間違えてるでしょ?次回からは直してね」というと、
「でも!」と反論したり、
「それは、誰々さんのせいです」と責任転嫁する。
もしくは黙りこんでしまう人が、
同じミスを繰り返す事に気づいたのです。

ミスをした自分を「認められない」。

つまり事実として理解できないので、
いつまでも同じことをせざるおえない。


そして、皆、我が強い。
単に「ミスをしないよう注意すること」を要求されているのに
我の強さゆえ「私が攻撃されている」と誤変換して理解する。

結果、恐怖・怒り(自己防衛心)により、
ありのままの現実が見えなくなり、反発して、
次回もまた同じミスを繰り返す。

で、注意され、さらに被害者意識を高め、
またミスして注意され、被害者意識を…。

…悪循環です。

ありのままを見れなくなるのは、
「恐怖、過剰な自己防衛」があるため。

これは、もしかしたら、
原発や放射能汚染についても、同じ事かもしれません。

「ありのままを否定せず、認める」

スピリチュアルでは、定番すぎる言葉ですが、
それこそが変化への最短の道かもしれないな、と感じました。



さて、ここで教えてもらった内部被曝への対策は、
以下のようなものです。

お風呂に重曹を入れる。
発酵食品、繊維質の食べ物を食べる。
足湯など、代謝をあげることをする。
活性炭を飲む(吸着して落とす)。
酵素風呂に入る。
腸の働きを良くする。
ストレスを減らす(ストレスは内臓の動きを悪くする為)


重曹風呂は、昔から放射能対策として知られていると言います。
やり方は、お風呂に300g~500g位の重曹をいれるだけ。
重曹は、食用レベルのものが良いそうです。

また、活性炭に関しては、
この医院で専用のサプリが売られています。
キッズカーボン、1袋4500円で、1ヶ月分だったかな?

もともと、防腐剤や着色料など、
添加物を吸着させるために作られた炭ですが、
たまたまセシウムを落とすデータが出たため、販売していると言います。

また、腸に添加物がたまる事も、
デトックスし辛くするので良くありません。

「他の炭、麻炭や竹炭はどうか」と質問も出ました。
「良いとは思います、でもデータとして出ていないので…」との事。

そもそも、その炭の穴の大きさが、
毒物の大きさとフィットするかどうかが鍵なので、
今の段階では、どの炭でもお勧めとは言えないようです。

また、酵素風呂ですが、これはおがくずや米ぬかを発酵させたものに、
全身を入れるものだそうです。

1.8ベクレルとやけに数値が低い人がいて、
何をやっているか聞いたら、この酵素風呂に入っていたとか。

この人は食べ物は一切気にせず、
美容のために、週一で酵素風呂に入っていたそうです。

また、他の人で高かった人も、
酵素風呂に、2、3回入っただけで、
かなり減ったそうなので、効果は高いのかもしれません。

ただ、酵素風呂も一回三千円位するものらしいので、
お手軽にとは言えないようです。


さて、ここ50年に渡る、日本人男性の
セシウム130の体内被曝の推移のグラフを見せてもらいました。

その折れ線グラフには、
3.11前にも、大きな山と小さな山がありました。

単位は聞きそびれましたが、平常時で20だった数値が、
最初の大きな山では400〜500、次の山は70の数値になっています。

大きな山は、1960年あたり。
これは、ビキニの水爆実験のものと考えられ、
小さな山はチェルノブイリだそうです。

海外の出来事が、
日本人の体にこんなに強く影響していたなんて…。


また、先生が心配していたのは、小学生までの子供たち。
というのも、子供たちは、消化器官がまだ未発達のため、
うまく排泄できず、被曝量が高くなりがちだというのです。


こういった放射能検査に関しては、
ホットスポットの柏、松戸など、
18歳以下は補助金が出る所があるそうです。

だから、住む場所によっては、
子供なら放射能測定が無料で受けられたりします。
市役所などで、ぜひ調べてから行ってみて下さいね。

air_rank[1]
本日の順位は38位でした、ちょう有難いです。
こんな記事なので、もっとずっと下がってるかと思ったです。
皆さんありがと〜!(^o^)/
page top
内部被曝検査をしました その2
「内部被曝検査をしました その1」の続きです。

私たちは、ホールボディーカウンターという、
椅子状のマシンに、それぞれ10分ほど座って測りました。

前回も書いたとおり、ここではセシウムとカリウムの数値しか測れません。

順番に測っている間、
先生は詳しい説明をしてくれています。


今測っている放射線量の数値は、日々変化するということ。

だから、数値はすぐに変動するので、
今高くても必要以上に気にすることはありません、ということ。

つまり、今日でも昨日でも、ベクレル数が高いものを食べて
それがまだお腹に入っていたら、それだけで数値が上がってしまうのです。

でも、だからこそ何回か測らないと、
上がり下がりなどの傾向も、見えてこないんだそうで。


さて、ここでは全身から出たベクレル数を、体重で割ります。
すると、体重一キロあたり
何ベクレルかが割り出されるのです。

「国では、体重一キロあたり、20ベクレル以下は安心と言っています。
しかし、ここではそれを正しいと思っていないので、
10ベクレルを目安にしています。

というのも、10ベクレルを超えると、
不整脈など、心電図に異常が出る人が50%出るからです。

そして内部被曝という事でいえば、
日本のどこに住んでいるかで、
被曝量にあまり大きな違いはありません。
これは、食べ物が流通しているからだと思います。

なので、被曝量を減らそうと思ったら、
体に入ってしまったものを、いかに出すかが重要になってきます。

住んでいる場所で、内部被曝量にそれほど違いはないと言え、
被曝量は、かなり個人差があります。
これはデトックスできる力に個人差があるからです。

出すことが出来るのは、汗や尿などの排泄物からです。
汗なども、じわっと奥からかく汗がよいです。

例えば、足湯をずっとやっている人などは、
新陳代謝が高くて数値が低いですね。

食事では、発酵食品や繊維質を食べる人が低いです。

また、デトックスは、腸の働きが重要です。

そして、腸の働きは、精神的なものに強く影響を受けるので、
食べ物に気をつけていても、ストレスがある人は、
数値が高くなったりします。」

「マクロビオティックなどはどうですか?
かえって放射能が高い部分を、食べていたりしますが?」

「いや、うちで測った限りでは、
マクロビオティックをやっている人は、傾向として低いですよ。」


さて、3.11前は、0.2ベクレルもなかったという、
私たちの内部被曝量。

私たち4人の結果はいかに…

ババン!

うさぎさん・・・4.5ベクレル
ユカリさん ・・・5.2ベクレル
よっし〜・・・・ 7.1ベクレル
dekoさん・・・・7.4ベクレル



低い順に並べました。
よっし〜、dekoさん、高いですね〜!(゚д゚lll)

でもある意味、納得です。
というのも、この二人は、汗をかかないチームなのですっ!
よっし〜は、運動もしていないし…。

うさぎさんは、ホットヨガをしてるし、
ユカリさんは足湯と、ベリーダンスをしています。
その差かもしれません。

これからは、新陳代謝のよい体、本当に重要です!


放射能を溜め込むと、
病気になる以外にどうなるんだろう、と質問してみました。

「一つ言えるのは、確実に老化が早まるということです。
細胞や遺伝子を傷つける訳ですから。」


また、自分がどれくらいの数値であるか分かって、
はじめて国の基準のおかしさが分かると言います。

国の食品の基準は、
一般食品なら、1kgあたり100ベクレル、
乳児用食品なら、50ベクレル以下で流通できます。

でも、ここに来る人の平均はといえば、
5ベクレルぐらい…。

そう思うと、かなり甘すぎる基準ですが、
そうでないと食べ物が流通出来なくなるのかもしれません。

またもや、長くなりそうなので次回に続きます〜。(;^_^A
次は、デトックスの仕方について書きたいと思います。

air_rank[1]
本日の順位は38位でした、皆さまいつも有難う!
page top
内部被曝検査をしました その1
Eテレのプラネットダイナソーのシリーズ、
恐竜好きには面白かったです♪

特に、「プラネットダイナソー(3)空飛ぶ恐竜たち」は、
鳥好きにも必見!

翼や羽毛が生えた恐竜に焦点を当てています。

なかでも、このギガントラプトル。

こっこれはっ!
まごうことなき、
毛をむしられたオウムさん…( ̄□ ̄;)


Gigantoraptor.jpg
この画像より、プラネットダイナソーのCGのほうが、さらにオウムオウムしてました~


ええっ、オウムはもっと首が短いですって?

なんのなんの、
きゃつらは、毛がないとけっこう首も長いし、
ついでにグロいです♪


それにしても、羽毛、偉大です。
あれがないと、とり、結構こわいっす。

赤裸のヒナ鳥なんか、
そのうに入っているエサのつぶつぶが、透けてみえますもん。

そのう袋がぷちって切れたら、
どうなるの、どうなっちゃうの~~!!
と、
鳥のヒナを育てるときは、いつも想像して、身もだえしてます。
(なら、想像するなって感じだ(^_^;))

でも、ひなも、あのグロさが可愛くなったりするんだけれど♪


さて、ギガントラプトルですが、
営巣をし、巣には、卵が円形に並べられていたとか。

そして、卵の上に、翼を広げて抱く形の親の化石が
たくさん出たんですって。

かんど~&やっぱし、とりだ~!!

テレビでは、巨体に合わない小さい翼をぱたぱたして、
肉食恐竜から卵を守ったりしてました。

ぱたぱた、ぱたぱた。 "ε(・θ・)3゛
うぉ~、なんて、かわうい~~♪


ユパさまの鳥馬みたく、ひもで繋いで飼えたりしないかなぁ…。

でも、子供でも、体長8メートルか。
…じゃ、食われるな、私。

ちなみに「プラネットダイナソー(3)空飛ぶ恐竜たち」は、
今日(1月12日)の深夜に、再放送するそうです。
興味ある方はどうぞ~。



さて、去年の12月25日のクリスマスに、
dekoさん、うさぎさん、ユカリさんと一緒に、
なぜか、内部被曝検査をしてきました~。

東京、人形町にある千本桜高原クリニックでやっています。
■千本桜高原クリニック■

ここは、Rinkoさんから教えてもらいました。

ホールボディーカウンターという椅子状の装置で、
10分ほど座るだけで測定できます。

金額は4500円。
検査結果だけでなく、色んな詳しい話をしてくれます。

測れる放射性物質はセシウムだけです。
ストロンチウムなどの他の放射性物質は測れません。

また、カリウムの量も測ります。
というのも、体内のカリウムが欠乏すると、
放射性物質のセシウムが吸収されやすくなるからです。

~・~・~

放射能というか、食の安全の事については、
ずっと書きたいと思っていました。

というのも以前、颯花さんのセッションに行った時、
食の話を沢山したんですね。

颯花さんはベジタリアンで、食に対する意識が高い方です。

なので、外食には本当に困ってしまう。
日本には、オーガニックやベジタリアンのお店が少ないからです。

日本にいると、海外にいるときよりずっと、
食事に困るのだそうです。

それに加え、今や日本には、放射能の問題があります。

3.11以前は、健康に気づかう人は、オーガニック食材を選んだり、
マクロビオティック(玄米菜食を基本とする食養法)などで、食事に気を付けることが出来ました。

けれど、マクロビオティックの考え方には、以下のようなものがあります。

「身土不二(住んでいる土地の食材が、その体には最も良い)」
「一物全体(野菜でも米でも、一部だけでなく、丸ごとたべる)」


しかし、今や放射能汚染の時代。
もはやオーガニックやマクロビだけでは、
食の安全性は確保できないのです。

たとえば、「身土不二」と言っても、
近隣の野菜(国内産)を食べることは、
海外産のものを食べるより、放射能的にリスクがあります。

そして、「一物全体」
まるごとの食材を食べるにしても、
白米より玄米の方が放射能が高いと言われている…。


颯花さんは、3.11以降、自然食品店で働く人や
マクロビオティックの先生のエネルギーに変化を感じたといいます。

矛盾した感じ、なにか手探りをしている感じ…。

私は、エネルギーを感じることは出来ないけれど、
確かにそれはそうだと思うのです。

食の安全性の意識が高い人ほど、
安全性が分からないものを売ることには、強い葛藤が生まれます。

放射能は目に見えず、したがって食材の安全性が確保できない。
しかも情報は出ないし、対策のとり方がわからない。
だから、なるべく西でとれた食材を選びつつ、以前学んだ方法を続けて行くしかない…。

それが、マクロビをやっている人の現状だと思うのです。


「マクロビオティック的には、放射能にいいから海藻類をとろうと言います。
でも、そのわかめは大丈夫か?っていったら、汚染された海で育っていれば危ないですよね。
だから、矛盾のない食の流れを作らないといけないんです。
でないと、変な話、自然食をやっている方が
放射能摂取しやすい、ってことになってしまいますよね。」

颯花さんは、そう語っていました。


そして、私自身、答えが出ないことだったので、
ここに書くことも出来ませんでした。

今回の放射能検査で、これに対する答えや、
放射能対策の情報が得られるかもしれない、そう思って受けることにしたのです。

長くなったので、つづきますね~。

air_rank[1]
本日の順位は33位でした、皆さまいつも有難う!
羽根をぱたぱたして喜んでます~ "ε(^θ^)3゛パタパタ
page top
命より大切なもの
まず、本題に入る前に、
前回の記事で「希望」という言葉を使いましたが、
気になったところがあったので、補足しますね〜。

「希望をもつ」というのは素敵な事であると同時に、
(人生という)幻想に留まらせる動機であるとも言えます。

希望は、夢を見続けさせる原動力なのです。

だからこそ、幸せになるためのハウツー本や、
行動指針を説く人や宗教は、常に人気があります。

夢と希望を与えてくれるし、
それがあれば、人は苦痛の中でも生きてゆけるからです。

しかし、この外部に探す行動そのものが、
唯一のリアリティー「今ここ」から、
イマジネーションである思考の「未来」に連れ出してしまいます。

夢と希望(未来)に思考を巡らせば、
本当のリアリティー(いま)に留まることはできません。

だからこそ、悟り系と自己実現系は、相入れないのです。

「虹の橋に、幸せが待っている」
その言葉の裏には、渇望があります。

「今はそうでない」から、
遠い何処かに、それを切望するわけです。

真に幸せである時、夢と希望は消えてなくなります。

しかし、夢と希望が美しいものだからこそ、
それを手放したくなくて、
私たちは、生を繰り返します。

もちろん、それ自体に善悪はありません。
ただそうであるというだけのことです。

ただ、この仕組みを知ることにより、
私たちの選択は広がります。

そして、その仕組みとは、かつて自分自身が仕掛け、
忘れてしまったプログラムです。

たしかに…
今まで楽しんでいた舞台の、
舞台裏を知ることは興ざめでしょう。

しかし、それを知らなければ、
舞台の中で踊り続けるしかないのです。


〜・〜・〜・〜・〜・


さて…。

お正月休み、あっと言う間に終わってしまいましたね〜。

びっくりするほど、
何もできてなくて、本当にびっくりしてる
ところです。←あほです

やったことといえば、トリック祭りを見たり、
オカメインコを思う存分、揉んだことぐらいです。

揉まれたインコは、ちょっぴり迷惑そうな顔をしましたが、
逃げないところをみるとおぬしも好きよのうな感じです。

だから、また揉まれます。
もみもみ…もみもみ…。

…エンドレスです。

でも、決して無駄にインコを揉んでた訳ではありません!!!

レンタルビデオ屋で、レ・ミゼラブルと、
クラウドアトラスを借りて見てたのです!

でも、クラウドアトラスの方は、深夜に見たこともあって、
途中爆睡してしまい…(´Д`; )

また、これから見直すつもりです〜。(;^Д^A


で、レ・ミゼラブルの方ですが、
コンパクトにまとめられていたせいか、
子供の時、本やテレビドラマで感じたほどの悲劇じゃなかったです。

昔は、ちょうジャンバルジャンかわいそう、
ああ無情にもほどがあるだろ〜〜(T_T)! と、思ったものでしたが。

それプラス、子ども心に不思議だったのが、
ジャベル刑事の自殺でした。

仮釈放の身で逃げたジャンバルジャンを、
捕まえようと必死になるジャベル刑事。

改心したジャンバルジャンが
街や人々に尽くす人格者になっても、
その手を緩めることはありません。

どんなに、立派な行いをしようが、
彼の目には、ジャンバルジャンは法を犯した悪党にしか見えない。

しかし、悪党であるはずのジャンバルジャンに、
ジャベル刑事は命を救われてしまいます。

その後、激しい葛藤に苦しんだジャベル刑事は
自殺を選んでしまうのです。


せっかく、命を救われたのになぜ死ぬの?

刑事である限り、ジャンバルジャンを追わなくてはならない。
でも、もう追いかけたくなかったから、死んだんだよ。


たしか、父からそう説明を受けたけれど、
納得は出来ませんでした。
なら刑事、やめりゃあ良い事じゃん、と思って。

でも、大人の今になって、はじめて分かるのです。
ジャベル刑事は「法」が大事だったんだんです、
「命」なんかじゃなく。


子供は、実在するものしか理解できません。
だから、まず「命」が大事。

しかし、大人になるにつれ、
「概念」が、実在するものより大事になります。

正義といった思想、法律、宗教、国や組織。

そういった概念に過ぎないものが、
実在する物より、大事になってしまう。

ジャベル刑事は、ジャンバルジャンを追うのが嫌で、
死んだのではなかった。

彼が、生きる拠り所にしてきたもの、
「法」が揺らいだから、生きれなくなった
のだ。

「命」を重んじる、ジャンバルジャンの崇高な生き方を見て、
「法」に疑問を持ってしまった。

だから、土台が崩れ、立っていられなくなったのだ。


ええと…。

これ以上書くと、ここの記事とかぶっちゃうので、ここを見てね。
◼︎朽ちるものを土台にすれば…◼︎
(これを手抜きと言う事なかれ…。リサイクルと呼ぼう (^_^;))


実在するものは、いつだって広大で無法です。
命は、法律もなく、あるがままでいます。

実在する広大なものを制限するために、
法や、宗教、正義といった思想が作られるので、
それらが、実在するものより、偉大になることはあり得ません。

命は無法である。
だから、あなたが、命や心の衝動に従う時、
だれもあなたを支配できません。


同じように、幼子のように純朴な者に
命を投げ出させることは、出来ません。

だからこそ、支配者たちは、概念が大事だと教えるのです。
そうでないと、支配できなくなるからです。

私たちが盲目的に信じてきたもの、それに疑問を感じる時…
自然と、幼子の視点に還るのかもしれませんね。

「幼な子のようにならなければ、
天国にはいることはできないであろう。」マタイ 8:1-4



air_rank[1]
本日の順位は40位でした、皆さまいつも有難う!
本当にみなさんのおかげです~m(_ _)m
page top
虹色の石たち
新年あけまして
おめでとうございます♪ m(_ _)m


いつも来て下さる皆さま、
有難うございます&今年もよろしくお願いします。(*^_^*)


去年、塩原さんのところで
メロディ♪クリスタルヒーリングを習った時、
虹色に輝くスピリットクォーツを販売していました。

すごく欲しかったけれど、
それなりに良いお値段だったので
その時は諦めました。

が、あるネットショップで、似た色あいの石を発見!

しかも産地も一緒だし、
塩原さんの石も扱っているお店だし、
たぶん同じ種類の石だぁー!と目が釘づけ。

今回はサイズのせいか、お手頃価格だったこともあり、
つい買ってしまいました〜(^_^;)

で、虹色って、希望の色というし、
新年の話題には、縁起が良さそうなのでしてみます!


虹色の石って不思議ですよね〜。

石や金属そのものに、
虹の色が付いているわけではありません。

石にあるひび割れや、
表面の金属の被膜が、光を反射させているだけです。

もとは一つの光、太陽の白色光が、
反射によって、分けられた事で見える多彩な色あいなのです。


虹色が、こんなにも美しいのは、
この多彩さによります。

しかも、多色でありながらも
虹色という一つの名で呼ばれます。


虹色は、希望の色。
しかし、分離の色でもある。


根源である太陽光も美しいけれど、
虹色の多彩な美しさを楽しむには、
分離は必要だったのかもしれません。


分離を持ちながら、
一つの存在としてありつづける、これらの石たち。
niziiro-ishi.jpg
虹色がぜんぜん撮れてない~(>_<)
それと本当は、初日の出と一緒に撮りたかったけど無理でした~


分離があっても、一つとして在り、平和でいられること。
分離は必ずしも、争いには繋がらないし、
喜び・希望の色として在ることも出来るということ。


もしかしたら、虹色の石たちは、
そんな事を言いたいのかもしれません。

私たちも、自分以外の色も認め、
愛でて楽しむことができますように♪

そして、今年が平和で楽しい一年間になりますように♪

※ちなみに、今回参加のミネラルさんたち。
カルサイト球
ビスマス(金属・人工結晶)
レインボークォーツ
ローマングラス(古代ガラス)
アンモナイト化石
スピリットクォーツ
レインボーオーラのブレス(水晶に人工加工したもの)



air_rank[1]
本日の順位は32位でした、皆さまいつも有難う!
本当に更新頻度が少ないのに、申し訳ないくらいです~m(_ _)m
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。