私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
悟りの疑似体験
元気になったくせに、ブログの更新が遅くってすみません!

なんか、最近、とんぼ玉制作にハマってます!
(…ハマってるって言っていいのか…3回しかやってないので、汗)

で、何かに気を取られると、何かを忘れてしまう私。
で、ブログもこんなことに…。

ちなみに、とんぼ玉が作りたい方は高円寺の
「蜻蛉玉ばぶるす」さんがお勧めです!

優しいヒロミって感じの店主さんが、すごく丁寧に教えてくれます!
初心者でも超安心です~。

実はとんぼ玉より、動物のガラス細工を
ほんとは作りたいよっし~です。

さて、そこまでたどり着けるのでせうか…。



さて、この間、うっかり黒斎さんの「月イチ☆」に行ってしまいました。

なので「身体あれこれ その3」は、次に回すことにして、先にこちらを。


「月イチ☆」には、数分遅刻して行ったのですが、
スーツ姿、グラサン、毛先だけ金髪の怖めの兄さんが、
黒斎さんとコラボしてましたが、あれは誰なのでしょう?

ちいさん、呼ばれてました。
すでに何回か「月☆イチ」に出ている様です。
最近、覚醒体験をした人だそうです。
4回死にかけたことがあり、
かつては「顔面凶器」と呼ばれていたと言います。
現在は、真昼間の太陽を直視して、健康を保っていると言います。

↑なんのこっちゃ…。
 もうちょっと上手い説明もあるだろうに…(^_^;)

ま、いずれにしても、コラボは面白いですね。
違った人の意見が聴けるので楽しいです。



さて…講演の内容です。

悟りをジグソーパズルに例えた黒斎さん。

まず、ワンネスが分離したことを、
ジグソーパズルの絵を崩すことに例えました。

完成されたジグソーパズルの絵の美しさが、
見慣れてしまって、分からなくなってしまった私たち。

そして、その素晴らしさを知ろうとして、一度絵をばらばらにした。
そして再度、完成された絵を見ようとしている。

さて、絵を完成させる(悟る)には、
ばらばらになったピース(精神世界の情報)が必要だといいます。

そして、持っていなければ、情報を集めるのは良い事です。

しかし、精神世界に興味がある人は、
もう全部持っているはずなので、集めないほうがいい、と黒斎さん。

たとえば、精神世界ジプシーになる人は、
すでに持っているピースをさらに集めようとして、混乱を深めてしまいます。

で、こういう質問が出る。
「あの人はあの件について、ああ言うし、
この人はこう言うけど、黒斎さんはどう思います?」

沢山の同じピースを持ってしまうと、こうなります。
だから、持っていても要らない情報は捨てたほうがいいのです。

また、違う問題がある場合もあります。

例えば、同じくすべてのピースを持っているけれど、
どこに何がはまるかが分かっていない場合。

さらに悪いのは、ココとソコは合うと、頑なに信じてるけど、実は違う……etc.



さて、ピースがうまく当てはまっていった場合、
なんとなく完成図が分かってくるものです。

だから、ピースがはまれば、はまるほど、
世界もクリアに見えてきて、生きるのも楽になる。
たとえ悟りまでは至らなかったとしても。

そして最終最後のワンピース。

最後のワンピースだから、完成予想図が見えていたと思ったのに、
入れた途端に、もう違った絵になって、びっくりする。

「だから、最後のワンピースをはめた瞬間に
また神様にやられたー!!と思うんです!」

とにかく、どんなに知識を集め、予想が出来ていたとしても、
覚醒体験は、そんな予想を裏切る世界観を提示するらしい……。

だから、覚醒前に「だれの世界観がより真理に近いのか」などと
審議することは、意味がないことなのかもしれませんね。



「さて、悟りの疑似体験をしてみましょう」と黒斎さん。

白板にアルファベットを書きだします。

A F H L □ M S X

「さて、この□に入るアルファベットが分かる方いますか?」


皆さんも考えてね~~シンキングタイム








「はい、手を挙げているそこの人」

「Nです。」

「はい、正解!
でも、Nって答えを聞いても、まだ皆さん、何でか分からないでしょ?
これが宗教です。
これが答えだって教えてるのが宗教だけど、
言われた方は分からない。
 」



さらに白板に、黒斎さんが書き足します。

エー、エフ、エイチ、エル、エム、エス、エックス。

もう分かりましたね?~~シンキングタイム









「皆さん分かりましたか?
日本語ではじまる時に、ぜんぶエが最初につくアルファベット。

気づいてみれば…。これって、全部知っていたことなんです。
全部知っていたことが再構築されて、
ああ~!ってなるのが悟り
なんです。
だから人生の中で新しいことは知る必要はないんです。

特に、こういう会場にいる人たちは、ピースは絶対、全部そろっているんです。
だから、あとは、どこにはまるかだけなんです。

小さな気づきは、どんどん連鎖して、
大きな気づき、ピースが当てはまってゆくんです。」



相変わらず、例えが秀逸ですよね~。

遅ればせながら、
このとき「もっとあの世に聞いた、この世の仕組み」買いました~。
かなり重版がされているらしいですが、
月イチで買ったせいか、初版本でしたよ~。
スポンサーサイト
page top
身体あれこれ その2 【体の真の底力】
Rinkoさんから、コメントがありましたが、
外国人のみならず江戸時代の日本人も、37度平熱だったそうで。

Rinkoさん曰く
「ただ昔の体温をどうやって知ったのかは謎だけどね。」

た、たしかに~!(@_@)

も、もしかして
タイムスクープハンターでも居たのだろうか…(~_~;)


さて、私は、魚も卵も乳製品も食べるとゆー、
ちょういい加減なベジタリアンなのですが。

くわえて、めんどくさがりの為、
料理が必要な、卵とか魚の摂取が少なかったとみえます。

というのも、今回の病気の時、血中の総たんぱくと、
アルブミンが極端に少なかったのです。

それを聞いて思ったこと。

なんだよ~。
肉や魚を取らなくちゃいけないなんて、

私の体、進化してねーなっ!

もう何年も前の話です。

一日一杯の青汁で、
何年も生きている日本人女性がいるというのをテレビで見ました。

テレビに映ったその人は、ガリガリかと思いきや、
むしろ、ふっくら体型で、びっくりしたものです。

で、青汁だけで生きられる秘密はと言うと、
腸内細菌に秘密があるらしい。

彼女の腸内には、人間の細菌というよりも、
草食動物に近い細菌の組成になっていたというです。

で、人間では消化できない食物繊維さえ、消化できたと。

---------------------
ちなみに、青汁で15年以上生きた女性、森美智代さんの記事↓
■一日一杯の青汁だけで生きる人 森達也■

わ~森達也って、「いのちの食べ方」を書いた人だ~。
こんなところにコラム書いてる♪
---------------------

とにかく一世代で、体を変化させて、
野菜だけで生きられるようになるとは、体、凄いですっ!

なのに、私ときたら、魚も乳製品も食べてるのに、
たんぱく質不足になるとは…とほほっ

(まぁ、良く考えてみれば、長いこと同じ食生活なのに、
あの時だけピンポイントに症状が出たのは、変だけれど…)

~・~・~・~・~・

さて、話は変わって、月経のお話。

昔読んだ本に、昔の女性は月経のコントロールが出来ていた、
というのがあって驚いたことがありました。

で、訓練さえすれば、
現代女性でも出来るようになるとも。

ちなみに月経のコントロールというのは、
好きな日にちに、生理になれるとかじゃなく、
経血を垂れ流さず、止めておけたという事です。

で、トイレに行った時に一気に出した、と。

考えてみれば、着物の時代の人はパンツなんて、はいてなかった訳です。
経血が垂れ流しだったら、かなり大変ですよね?

しかし、経血を止めておけたから、
汚れないよう、入口に小さな綿を詰めるだけで済んだというのです。

ほんとうかよ~。

で、ユカリさんに言うと、いともあっさりと、
「私のベリーダンスの先生そうだよ」

居た―!マジ居るんだ。

ちなみに、本では、着物の時の動きは、かなり筋肉を使うものだったから、
そういう事が出来たとありました。

そして、ベリーダンスは、体のコアな筋肉を使うダンス…。
なるほど、って感じです。

でも、体って、本当は凄いんだなぁ!

生理がコントロール出来なくなったのは、
欧米の文化が入ってきたから、なまっちゃったのかな??

それとも…。

自分の体はコントロールできないって、
思わせた方が、有利な人たちがいたとか…かしら?

~・~・~・~・

次は出産のお話。

これは、品川瞑想会の方から聞いたことです。

Oさんという女性は、二人のお子さんがいます。
たしか成人されていると言ったかな…?

その方の、出産時の事なので、20年位昔の話です。

臨月になっていたOさんは、ある時、少し破水してしまいました。
しかし、その後、なかなか生まれない。

お医者さんが言います、「出産促進剤をつかいましょう」と。

しかしOさんは、薬を使うのが嫌でした。
ちょっと待って下さいと言います。

当時は医者の言う事が絶対で、
薬を嫌だと言う人はいなかった、とOさんは話します。

お医者さんは、たぶん気を悪くしたでしょうが、
夕方までに生まれない場合は出産促進剤を使う、という事になりました。

Oさんは、必死になってお腹の赤ちゃんに話しかけます。
早く生まれてね、と。

するとどうでしょう、話しかけたら、
スムーズに赤ちゃんが出てきたというのです。

あまりに、早く生まれてしまったため、
お医者さんの会陰切開が間に合わず、会陰は勝手に裂けてしまいました。

そして、その後、座薬の鎮痛剤が配られます。
これは、会陰切開後の痛みを軽減するものだそうです。

他のお母さんたちが、ひどく痛がるのにくらべ、
0さんは、薬も要らないほどの軽い痛みで、とても不思議だったそうです。


この疑問を、二人目の妊娠時、助産婦さんに言うと…。

「そりゃそうよ。自然に裂ける時は、重要な神経をさけて裂けるの。
裂けるは避けるに通じる。
お医者さんが切開する場合には、重要な所も切っちゃうからね」と。

なんで切開するんだろうという私に、0さんが教えてくれます。
「会陰切開するとお医者さんがもうかるの。手術になるからね。」

…な、なるほど。

ちなみに、二番目のお子さんの時は、
助産婦さんだったので、会陰も裂けなかったとか。

助産婦さんは、医者でないので、むしろ切開ができません。
代わりに、会陰が裂けないよう伸ばしてから、
上手く出産させるように導くらしいです。

そうだよね、切開技術がなきゃ、子供が産めないなら、
とっくに人類は絶えてるはずだもの…。


あら、書ききれなくなったので、次回に続きます…(^_^;)
page top
身体あれこれ その1
いやあ、暑いですね!

皆さんは汗をよくかきますか?

よっし〜が、この夏驚いた事は、汗をかけるようになったことです!


じつは去年まで、本当にびっくりするくらい、
汗をかかない体質だったんです。

何年か前、フットネスに通ったときだって、
どんなに激しい運動でも、汗をかくのは脇くらいでした。

その時は、他の人の汗で床が濡れて、足が滑るほどだったんですけどね(^_^;)
(ビビるっしょ?「飛び散る汗」は比喩でない事を、初めて知りました〜)

あまりに汗をかかないので、
てっきり、自分の汗腺が弱ってるのかと思ってましたが、
もしかしたら、違ったのかも…。

もしかしたら、汗をかかなかったのは、
低体温だったせいかもと
思うのです。

実は、以前の私の体温は、35度台だったんですね。

で、今回の病気をしてから、
平熱が36度3分くらいに上がりました。

そして、汗をかくようになったのが、
熱が出て、平熱が上がってからなんです。

ひょっとすると、汗って、基礎体温がちゃんとしてないと、
上手くかけないのかもしれません。



ところで、基礎体温は高くて、そして汗はかく人が、
そうでない人より、健康的だと言いますよね?

以前、私も「健康的にかく汗」に憧れていました!

が、いざそうなってみると、
服も汚れやすいし、やっぱりめんどくさい〜〜!

ほんと、なんて現金で、いい加減な性格なのかしらね~(^_^;)



さて、体温が高いと良いのは免疫力が上がるから、らしいです。

あとね、これは私の考えなんですけれど…。
低体温の人に、肉食は合わないんじゃないかと思うんですよね。


どうして、低体温の人は、肉食が良くないかといえば、
家畜の体温は、人間よりも高いからです。

食肉に含まれる脂肪は、
高温である家畜の体内では、液体でいられます。

その脂肪が、体温の低い人間の体に入ったらどうなるか?

極端にいえば、低温では固まるラードや
バターのようになるのではないでしょうか。

もちろん、人にも体温があるから、そうはなりませんが。

ただ、低体温の人より、
高体温の人の方が、血はさらさらだろうと思うのです。

つまり、低体温の人ほど、食べた動物性脂肪は、固まりやすく、
動脈硬化とか血栓とかに、なりやすいんじゃないかなぁ。


前に、ユカリさんに「外国人の平熱は37度くらいある」と聞いた時、
驚くとともに、理にかなってるなと感じました。
肉食向きの体質だ、と。

ちなみに、魚は、低体温の人にも向きます。
もともと魚は体温が低いし、魚の脂は、常温でも液体ですものね。


まぁ、以上は、私の想像なんですが。(^_^;)

でも、もし仮にですよ、
人によって、体質によって、適する食べ物がまったく違うなら。
「これが体に絶対にイイ、あれがイイ」といった、
世の中にあふれてる健康情報だって、怪しいですよね。

情報に惑わされず、自分の体の声を聴く。
そんなスキルが、これからの世の中で、重要なのかも知れません。

まだ、体の事で
書きたい事があるので、続きます…。
page top
生霊と霊障と私 3
拍手をせがんで、いっぱいもらったくせに、
ずいぶんブログ更新してなくて、ごめんなさい!

やっと数日前、微熱が下がりました!
だから、全回復になったと思います!

思えば、一か月ずっと微熱だったんですね~。
私にしては長かった~!



さて、いいかげん、前回続きを書いちゃいますね。

ユカリさんのタロパリの後でも、やはり体調が悪いままの私。
初めていく総合病院に、行ってみることにしました。

そこでは、前の病院と違って、丁寧な診察と採血をしてくれました。

微熱は続いてはいましたが、
血液検査の結果は、炎症はありませんでした。
つまり重大な病気ではないとのことです。

ちょっとホッ。

強いて言えば、少しの貧血があるのと、
それと老人なみに少なかったのが、
総たんぱくとアルブミンの量でした。(^_^;)

しかし、動悸や微熱、強い倦怠感、
足のむくみなどの因果関係は、言及されず…。

たぶん、お医者さんも分からなかったのかもしれませんね。

結局、体調が悪いのは、栄養不足のせいだろう、と言われました。
あとは疲れとか。

じゃあ、たんぱく質をいっぱい取れば治るのね!
自分の努力(コントロール)でなんとかなる!という希望が湧いてきました。

というのも、今まで、体調のアップダウンが続いたため、
自分の体なのに「信頼できない、自分ではどうにもできない」と
感じがし始めていたのです。

ほら、体って自分が動かせてたから、
「自分のもの、コントロールできるもの」って思ってますよね、無意識に。

でも、本当はそうじゃなかったんです、びっくり!

自由に動けていたのは、もう本当に、
健康な体とか、色々なものの「おかげさま」だったんだなぁ、と痛感しました。


とにかく、自分の体が信用できない、
ということは、先の予定も立てられない、という微かな不安。
急きょ、仕事を休むかもしれず、
スタッフに迷惑かけるかもしれないことも、不安でした。


でも、原因が分かった以上、
これからは自分のコントロールがきくと安心したのですが…。

次の日、見事に具合が悪くなり、仕事を休むことに…(T_T)

と言うか、休むはずでしたが、
スタッフの代理がたてられず、結局仕事に出ました、汗


しかし、午後には、具合も良くなり、早退も出来たので、
帰りに、地元の神社へお参りしました。

もう、こうなったら、神頼みしかないです!
自分でコントロールするなんて、無理でございます!!

次の日は休みだったため、
高幡不動の護摩焚きにも、行くことにしました。

ちなみに、護摩焚きとは、
真言宗のお坊さんが、火中に護摩木を投じて祈願する祈祷です。

大勢のお坊さんが、おっかなそうな不動明王の前で、
行をする様子は、見た目からして強そうです。

高幡不動では、日に数回の護摩修行をやっており、
見るだけなら無料ですし、
祈祷したお札が欲しければ三千円からで、やってもらえます。

私は携帯用のお札を買いました。

で、この日を境に、
みごとにきっかり元気になりました!!


…って書きたいんですが、
そこまで、はっきりはしませんでした(^_^;)

微熱はそのままですし、護摩焚き後、
足が痛いほど、むくみが悪化したときには、かなり落ち込みました。
(神頼みもダメなのか~と思って…)

しかし、酷いむくみはその後一日で改善しました。
それに、護摩の日を境に、寝込むことや、
体調の変なアップダウンはなくなりました。

多少の倦怠感は残ったものの
自分の体に信頼できるまでになったのです。

まぁ、多少気になるのは、その後二週間近くたっても、
微熱はそのままだったことと、
汗をかくようになったことくらいでした。

そして…。
今月の初めですが、伊勢神宮へ行ってきました!
まぁ、これはずっと前から決まっていた話だったんですけどね。

その時、一緒に行ったユカリさんが、
「外人はね、37度が平均体温だよ」と教えてくれました。

びっくりするとともに、外人が平熱なら、
日本人だって大丈夫だよね、と安心しました。

そして、無事旅行から帰って、熱を測ってみました。

すると、あらびっくり、熱が下がっていたのです。
何度か測っても、36度5分以下!

こうして、今では、無事に健康な体に戻ったのです。
めでたし、めでたし♪


さて、後日談。
伊勢旅行後に、仕事に行った時のことです。

スタッフUさんが、私を一目みて、
「どうしたの?良いことあった?周りが明るい感じだよ?」と。

「え、特に?平熱に戻ったくらいだけど?」と言ったあと、
ふとある事を思い出しました。

実はUさん、一ヶ月くらい前も、
私を一目見るなり、こう言ったのでした。

「よっし~さん、なんか変だよ。具合が悪いか、精神的に病んでるか(←しつれいねっ)、恋をしてるんじゃない?(←それもどうかと、汗)」ですって。

今、思い返して見れば、言われた日は、
私が霊障を受けたという場所に行った、次の日の朝でした。

で、言われた時には、私の体調は悪くなかったのに
午後から、急に悪くなって早退した日だったのです。

自覚がないうちに、体調が悪いことを
言い当てられたので、凄くびっくりしたんですよね。

でも、もしかしたら…。

今回のが、本当に霊障なら、
Uさんは病気を感知したのでなく、
私についてる霊的なものを感じたのかも、ですね。

もっとも、Uさんは現実的な人で、
スピには、興味ないというか、嫌いな人なんですが。

Uさんのあまりの感の良さに、
びびったよっし〜なのでした。
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。