私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲームが違えば、ルールも違う。他者を裁くことの無意味さ。
ネガティブな感情って嫌ですよね~。
今日なんか、悲しみや無力感が出てくるんですけど、
理由は無くて、汗。

そんな時は、個人的な感情なんてないのだ、と思うようにしています。
自分を責めても、ポジティブにはならないし、
本来、個人的な感情や個人的なカルマは存在しないって言いますし。

人類の総体の感情のどこにフォーカスしてしまうかで、
個人がどんな感情を体験するか、決まるんだと思うのですが。

うぅ、そんな事を考えている事が、現実逃避なのかもしれませぬ…。(´д`lll)


さて、そんな感情が出てくるのも、カルマがあるからですが、
カルマは、実在しないと黒斎さんは言います。

PCゲームのプログラムのように、データとしてはあります。
しかし、そのデータは、CD-ROMやハードディスクを割れば、
引っ張り出しせる訳ではない。
つまりそういう意味では実在しない、と。

だからこそ思うのですが。

契約や等価交換の法則も、カルマ同様、幻想である、
しかし同時に、人生というゲーム内においてはリアルである、

と私は考えます。

幻想であり、リアル。
この曖昧なものの中で、絶対的な(固定された)真実を
見出せると、私たちは思っています。

例えば、私は、精神世界内において、
誰の言うことが正しくて、誰が間違っているか、
以前、必死になって、審議していました。

精神世界は危ない、下手するとオウムみたいになるかも、と思っていたのです。
たとえ、はじめは良い思想や教えだったとしても、
時間を経て、おかしくなる事もある…。
だから、必死で真偽を見極ようとしていたのです。

でもそういう姿勢でいれば、白黒はっきりして解決したかと言えば、
それは全くなくって (;^_^A
ずっと悩んでいた気がします。

例えばこんなふうに…。
ある人の言うことは、おおむね納得できるが、一部は全く受け入れられない…。
もしくは信頼出来そうな複数の人たちがいても、
その意見を見比べると、話が食い違っていて、混乱…、などなど。

とにかく、絶対的な真実、固定された真実は、
見いだせなかったのです。

それなのに不思議なのは、自分に合わない意見は、
はっきり間違いと決めてました、(;´◇`) アチャー

危険か安全か?正しいか、そうでないか?
そんな深刻な思考のときは、
楽しんだり、リラックスなんか出来ません。


「正しくありたいのか、それとも幸せでありたいのか?」
このような事が、奇跡のコースに書かれていたかと思いますが、
たしかに、正しさを追えば追うほど、幸せから遠ざかっていたのです。

この世の原理を正しく知れば、
もっと良い自分になって、欲しいものも得ることができ、
幸せになれると思ったのに、そうではないみたい…。


「世界は幻想だ。人生に意味は無い。」

そういう考えに出会って、考えました。
正しい間違いの判断も、幻想の一部かもしれない、と。

そもそも、一点から見た正しさなど、
別の一点から見れば間違いということは往々にしてあるものです。
ならば神の視点、宇宙全体の視点としての正しさなんて無いかも…。

ならば、各自が違ったゲームを一時的にしているだけだ、と考えると、
つじつまが合いました。

なにより、楽だったのは、意見の違う人とも対立しなくてすむ事です。

野球のルールが、サッカーで通じないのは、違うゲームだからです。
野球がサッカーに比べて、間違っているからではありません。

キリスト教の教えが、仏教と違っていても、ゲームが違うってだけの事。

一人のスピリチュアルリーダーが、もう一人と正反対のことも言ってても、そう。

それぞれのゲームに、それぞれ別のルールがある。
「神を信じれば救われる」ゲームから「壺を買うと幸せになれる」ゲームまで、
様々なゲームがありますが、どれもが間違っているのではなく、
たんにルールが違うってだけの問題。

ルールによっては、幸せに導くものや、不幸へ導くものがあるでしょうが、
それは、正誤とはまた違った次元でのお話です。

そういう風に思うと、誰かを批判せずにすむし、
より正しい思想を求めることもせずに済むのが、楽です。

さて、「正しいか間違っているか」の価値判断をしなくなると
新たな基準で、物事を選びはじめます。
それは、たぶん
その人にとって、楽しいか、楽しくないかってこと。

黒斎さんやバシャールは、
楽しみや遊び心が、この世を柔軟にして創造を起こし、
深刻さがこの世を変化させにくくする、と言っています。

創造者でありたいなら遊び心をもつこと、がキーワードらしいのですが、
それはまた、機会があれば書きたいです。
スポンサーサイト
page top
この世の原理を超えたい!「まどマギ」に見る覚醒への想い
阿部さん、来月の講演のテーマ、レムリアなんですね。

レムリアキター(゚∀゚)ーッ!!
…ってほどでないにしても。

でも、チケットとってみました、むう… (;^_^A 

以前、ロシアンレムリアンという水晶を人に勧められて買ったことがあったのです。
「他の水晶とは全く感じが違う」と信頼するその方に言われ。
んで、何だかよく分からないくせに、買っちゃった。
だって、その日に限って、ふだん持ち合わせない大金を持ってたものだから、つい~(^_^;)

そんなこんなで、その石の名前つながり(なんだそりゃ)で、
レムリア講演に行くことにしました。

ちなみに、阿部さんのコラボ講演は初めて行きますです。

どうせだから、会場にその石持ってこう。
ライブでも聴かせてみよーっと… ←少々逝ってるヒトなので、気にしないで下さい。


さて、一万回のマナさんが、ブログでちょう推していたアニメ、
魔法少女まどか☆マギカを見ました。

タイトルや絵柄は、萌え萌え魔女っ子アニメって感じなので、
正直、マナさんのブログを読まなければ、
興味を持たなかったと思います。


その内容とは…
なぞのマスコットキャラ、キュゥべえと契約を交わし、
魔法少女になる少女たち。
その契約とは、魔女と命がけで戦う代わりに、
どんな願望でも、一つ叶えられるというもの。

その叶えられた願望が導びく世界とはどのようなものか?
そして命がけで戦う相手、魔女とはいったい何者なのか?

夢や希望から生まれる絶望や、
自分の持つ闇との対峙。

善とは何か、悪とは何なのか?
そしてそれにともなう幸不幸は何か?



ここからが、ちょっぴり、ネタばれの可能性もあるので、
アニメを見るつもりの人は、読まないほうが良いです…。




………では、いきます。




インキュベーターと人類の関係は、
ニューエイジでまことしやかに言われている、
ゼータレチクル星人と地球人の関係性を彷彿とさせますね。
制作者側は知ってか知らずか分かりませんが…。すごいね。
(いちおう、ネタばれしないように、必死で頑張った表現です~、汗)


このアニメから、
マナさんは自身の「全ての時間軸において、交わした契約を破棄する瞑想」を
やってみたっていうから面白いです。

契約を解除するのに、「鍵」のイメージを使ったと言いますが、
これは使えそうですね。

「契約」って、「カルマ」とか「制限」にすごく似ているというか、
同義語なんじゃないかって思います。

ならば、カルマや思い込みを、鍵のイメージで解除していけるだろう、と思いました。
「自分なんて、幸せになってはいけない」とか「自分って○○な人間だ」とか。
そういう思いをイメージ化して、鍵を使って開いてゆく。
制限を解放する。

フルフィルメント瞑想も、要はカルマの解放なわけです。

カルマの解放っていうのは、
自己定義や思い込みの解除って事だと思います。

結果、自我のボーダーを無くすことになると思うのですが。
だから、最終的には、自我が怖くなってしまうのです。
自我だって死ぬのは嫌だから。

「自分は何者でもない」っていう思いは、自我にとって恐怖です。
死を意味するから。
「自分はこう言う人間だ」って思いこそ、自我なのだから。


ずっと以前、ヴィパッサナー瞑想を習ったことがあるのですが、
超つまんなかったです。(´Д`;) トホホ

超すごい瞑想だし、本当に悟れそうだと思ったけど、
でもつまらなくて続かなかった。

あれは、自我の抵抗だと感じました。
思考を停止するってことは、自我を停止させることだから。



さて、「無いもの欲しさに相手と取引する」ということは…
相手を制限するかわりに、自分をも制限することでもある、と思うのです。

なぜなら、「欠乏」から逃れるために、差し出すということは、
ベースにあるのは、間違いなく「欠乏」だから。

宇宙は巨大なコピー機にすぎない、と言います。
「欠乏」から出た行いは、「さらなる欠乏」を生むのです。



そういや「契約」って「等価交換の法則」みたいですよね。
同じ価値のものを得るために、何か別のものを差し出すという所が。

この世界は、というか…人間がもつ金銭感覚は、
「等価交換の法則」がベースじゃないかと思います。

「ある金額を払えば、それに見合ったモノが得られる」と信じている点で。

でもそれって、「ある金額」=「見合ったモノ」って固定されたものなの?

ある状況下では、キャベツ一個500円は高すぎたとしても、
食べ物がまったくない状況では、安すぎるかもしれない。

「等価交換の法則」なんて、
なにが等価だかはっきりしなければ、成り立たないものじゃない?


なら、人間のイメージの中だけに存在する法則じゃないの?
契約もしかり。

まどかの最後の願い、(不幸の大元である)この世界の根本原理を変えたい…。

この思いは、もしかしたら、この世の法則に飽き飽きした人間が、
次に願う覚醒への思いなのかもしれませんね~。
page top
無条件に受け取る能力 罪悪感を超えて
更新に時間が開いちゃいましたが…
なんか、いろいろと忙しくて、汗

で、思ったのですが、忙しさとは
「未来志向、いまここに無い」って事
だったんですね!

絵を描かなくてはいけない状況になった、と前に書きました。
時間もないし、嫌だし、やらなくちゃって感じでした。

その時に思ったんですけど、心がずっと忙しい。
別に今、絵を描いているわけじゃないのに、絵の事を思ったり、
こうしなきゃ絵を描く時間が作れないと計画したり…。

そんな時間がないくせに、「一万回生きたマナ」さんがブログで勧めてた、
「魔法少女まどか☆マギカ」をなぜか動画で見てたりして…、(´д`lll) Oh,no!

まぁ、あれは考える所が大きいアニメでしたが。

もう、契約とかカルマとか要らないよ、と思えましたです。
それにそれって、きっと、絶対的な神の法ではないです。

強いて言うなれば、私たちが楽しみのために作った設定だったはず…。
それが絶対的な苦しみへと変化したのならば、もう外すべき時期が来たと思います。

もう、幸せの役にたたない、カルマや設定や契約は要らない!!

黒斎さん流に言えば、
「大事だと思って握ってるけど、それがウンコって気付いたら、
考える間もなく、手放しますでしょ?」
ってことです。

たぶん「まど☆マギ」の契約もウンコです!
ウンコだって気づくためのアニメです。
また、これについては、書けたら書きたいです。


さて、一昨日は、黒斎さんの月イチ☆会でした。
でも、ずっと忙しかったし、寝不足だし、仕事帰りだし、
もうクタクタで、うとうとしていたの。

でも!前回から取り入れた文明の利器があるので安心でした!

その名も、「アイポッドタッチ」!
これで録音する、ちょー天才です、ちょー効率的です!
(まぁ、若者は、そんなこと当たり前にやっているんでしょうけど、人に聞くまで思いつかなかったワタクシ…汗)

で…これで万事オッケイなはずでした。
が、録音が終わって保存という時に、ふりーずしやがりました。

なんなんですか、このアプリ! ヽ(`⌒´♯)ノ ムキー!
時間無制限録音が売りなんですが、
ふりーずも売りなんでしょうか、 ヽ(`⌒´♯)ノ ムキー!



ってことで、疲れ切った頭による、おぼろな記憶による、
おぼろな解説をいたしますです。


この例えは、黒斎さんが前の講演でも言っていたんですけど。

神様は毎日のように、あなたの欲しい宝物をもって、あなたの家を尋ねてきます。
でも私たちは怖れがあるために、ハートが開けない。
つまり、神様を家に入れられない。
かろうじて、ドアチェーンをつけたまま、
かすかにドアを開いて、神様を確認することが出来るだけ。

神様は、「君が欲しがっていたプレゼントを持ってきたから、家に入れてほしい」といいます。
あなたは、部屋を振り返ると、ゴミだらけで、ごちゃごちゃ。
もちろん、神様なんて入れられません。
で、神様に「無理です、部屋が綺麗になってから来てください」と追い返す。

また、次の日もその翌日も、神様がプレゼントを持って、
来続ける訳だけど、部屋はやっぱり汚いまま。
いつまでも、神様のプレゼントは受け取れない…。



部屋の汚れってのは、カルマだったり思い込みだったり、罪悪感だったり。
罪悪感があれば、恥ずかしくて、善なる神を入れられる訳がありません。

世間でいう、ヒーリングっていうのはつまり、
この部屋を綺麗にして、神様を受け入れる体勢を作るってこと。
綺麗になれば、神様だって、すんなり受け入れられます。


「でもね、綺麗にするのも面倒だなと思って。
神様って優しいから、汚くっても入れちゃっていいの。
神様だから、汚くても気にしない」

豊かになるコツは「どんなに大きなプレゼントを貰っても断らない事だ」と言います。

黒斎さんは、ブログを書き始めた時、ちっちゃい規模でやるつもりでいて。
しかし、ある時、テレビ番組に取り上げられた。
そして、一日にして、ブログの人気ランキングの3位になり、相当ビビってしまった。

ビビる…つまりハートが閉じた(神様を受け入れるドアを閉じた)ら、
ランキング上昇がピタッと止まったという…。

豊かさということでいえば、今は、サラリーマン時代の2倍以上の収入だというし、
新築の家も建てたし、収入の1/3を東北の震災被害に寄付するほどだと言います。

しかし、当初、ブログの書籍化だけでなく映画化の話も来ていたそうです。
もちろん、ビビって断ったそうですが。

しかし、そのプレゼントを受け取っていたら、
もっと凄いことになっていたのでは、と言っていました。

予想外の大きなプレゼントを貰うと、やはり人はビビるようです。
だから、断らないのがコツ。


でもね、阿部さんと向禅師との講演で、
「5~6年、何もせずに生きていけるほどの強さが持てるか?」という話が出て、
考えてしまったそうです。

「何かをして、褒美をもらう」そういう設定 (「まど☆マギ」じゃないけど、これも契約かな?)
の中で生きている私たち。

何にもせずに生きていたら、怠け者で、幸せに値しない人間なんです。
だから、何もせずに罪悪感を持たずにいられるって、そうとう難しい事なんです。

それが出来るということは、
自分を無条件に愛している、
つまり無条件に豊かさを受け取れる事
なんだと思います。


人間と違って、神様は
「何もしなくていいから、幸せでいい」って言ってくれているそうで。
私たちが欠乏しているのは、怖れのせいで受け取らないだけなのです。

怖れはハートを閉ざし、豊かさを閉ざし、他者とのコミュニケーションも閉ざします。

それは、喧嘩や戦争の元でもあります。
「あいつと俺とは分かりあえない!」戦争の根本には、このような、断絶の思いが必ずあるから。

ならば、ハートを開くということは…。
自分と他者、そして自分と豊かさを繋げるという事なのであれば。
平和と豊かである、という事は、案外、同じことなのかもしれません。



話は飛びますが、前回のタイトル、黒斎さんのタイトル「UFO」とシンクロっす!(@_@)オオー
かなり、時代を感じさせる所に罪悪感を抱いた(?)所も一緒♪ (^_^;ゞ ワハハ
page top
ユッウホ♪(←ピンクレディーの歌声で)
なんの因果かまっぽの手先、もとい、
花の絵を次の土曜まで描いて、合同展に出展しなくてはいけなくなったよっし~です。
みなさま、こんばんは。

いや、別に絵は上手くもなく、ずぶの素人ですが、何か?
だから、描けなくてちょー困っているのですが、何か?

…という事で、今日は時間がないので、短めのブログです、(^_^;)

今日、品川瞑想会がありました。
そのさい、三峯神社瞑想会の写真でUFOが写っているかもと
Dさんから、ショッキングな報告がありましたので載せます。

UFO1.gif

企画者Tさん「カメラに着いたゴミじゃない?」とロマンのない答え。

運転手Kさん「瞑想の時、僕のまわりを飛んでいたクマンバチじゃないの?」

ぶっ!
…そういや、ハチっぽく見えるな…。
ストーカー蜂が、こんな所まで追ってきたのか?

こうなりゃ、不思議な写真を探してみよう!ともう一枚発見。

UFO2-1.gif

分かりませんね?

ズームアップ!
UFO2.gif
さっきよりUFOっぽいです。UFOか、UFOっぽいゴミのどちらかです。
どっちにしても、未確認という意味でロマンですね~♪ ←ほんとか?



ここから、不思議写真の話になり、
企画者Tさんより、いろんな不思議な写真を見せてもらいました。

このTさんは、いろんな神社を回られている方で、
私は、はじめ、神社がすごく好きな方なんだと思っていました。

が、話をよく聞くと、彼はお役目をお持ちのようで、
各神社をまわって、地磁気を整えているそうなのです。

追記:これに関して、Tさんより以下のコメントを頂きました!

>各神社をまわって、地磁気を整えているそうなのです。
というのはちょっと違うかな。
お役目というよりは、必要性を感じてサポートしているって感じですし。
神社や山をまわって何をしているのかは、一言で言えば「繋ぐ」なのかな?と思いますが、詳しくは書き始めてはみたものの、まとまりません。f(_ _;)m


そのさいにとった不思議写真を何枚も見せていただいたのですが、
それが凄い!

普通の木や石碑を写した写真があるのですが、
まるで、ゴッホの絵を思わせる、渦が全面を覆っているのです!
(しかし、一部が普通に写っているので、カメラのブレではない)

見せられなくて残念ですが…。
ゴッホの星月夜をすぐに思い出しました。
星月夜

この絵は、教科書で見た時は綺麗な絵だな、と思ったのですが、
実際みると、すごい迫力で怖かったのを思い出します。

企画者Tさんのも、そんな迫力のある写真でした。


さて、合宿のこぼれ話をいろいろ聞きましたので、
ついでに書きます。

運転手Kさんは、行きも帰りも運転だし、睡眠時間が短くて
疲れてないかと心配しておりましたが…。
やはり、奥宮登山の前の日は、
睡眠時間2時間半という短さだったそうです、汗

しかも、朝起こしてくれと頼まれたKOさんが起そうとしたところ、
「運転があるんだから寝かせてくれ!」と怒鳴ったらしい、汗

眠かったんだねぇ…。でも結局起きれたからすごい。

ちなみに、運転手Kさんは、
体格もりっぱで体力もありそうなナイスミドルです。
しかし、そんなKさんですら、奥宮登山はめげそうだったと今日知りました!
意外&親近感!

でもですね、彼は、きつい登山中、ずっと瞑想用ざぶとんを小脇に抱えてたんですヨ!
だから余計大変だったらしい、ぷっ!

kさん
帰りもざぶとん小脇な、ナイスミドルKさん。


んで、帰りのマイクロバスは、運転手Kさんと数人を残し、ほぼ爆睡でした…。
タフなKさんも、それはそれは辛かったそう。


ちなみにそのころ、敏感体質のTOさんは違う意味でキツかったそうで…。
浄化されて、みんなの体から出てきたモノでマイクロバスじゅう、
凄いことになっていたそうです。

もちろん、よっし~はまるで気づきません、えっへん!

そのころよっし~は、
「なぜ、奇跡のコースのレッスンをやらないのか?」と、
とうとうと、KOさんに説教をくらっていました、汗。

ちなみにKOさんは、よっし~より10も下のくせに、
奇跡のコースのレッスンが、もうすぐ完結するという、超変態真面目な人で、
よっし~が過去レッスンで挫折したのを、励ましたかったようです。

…でももう、やんないけどね…。ってか、やれないから!

KOさんは、やたらと何でも詳しく、沈着冷静、理論的に答える男なので、
マスターヨーダならぬ、マスターKOーダと命名しておきました。
みんなが、その命名に絶賛してくれたので、よっし~はそれだけで満足です。


そんなこんなのマイクロバスの旅でしたが、
運転手Kさんの疲労っぷりをあとから聞くにつれて、
マジ無事帰れて良かったと、汗を拭わずにはいられません。

Kさん有難う!Kさんの突っ込みどころと、おちゃめっぷりは、永久に不滅です。
page top
三峯神社での瞑想合宿 続き
さて、夜の瞑想会も、無事終わり、ひと風呂終えると12時近く…。

明日の奥宮での瞑想会は、4時、出発ですヨ?
でも、宴会の予定もあると聞いたので、
女性数人つれだって、顔見せ程度に行きました。

先にいたのは、3人という、思いのほか少ない人数。
まぁ、明日のことを思えば、そりゃそうだろってもんです。

ずっとマイクロバスの運転をしてくれたKさんは、
焼酎かなにかで、気持ちよさそうです。(以後、運転手Kさんと命名)

運転だけでも、疲れたでしょうにタフです。
明日の山登りのことや、帰りの運転という事を考えても、すごいです。

12時半には、私たち女性メンツは早々に帰って寝ることにしました。
運転手Kさんは、まだ残りそうな気配。…恐るべし。



さて、翌日早朝。
真っ暗闇の3時半ですが、窓からの空気は、思ったほど冷たくないよう。

しかし、宿舎から外に出てみると霧雨。
傘をさすほどではないものの、
折りたたみ傘を取りに戻って、再び外へでると…。

みんな、傘をさしています。 ( ̄◇ ̄;)アリャ?
さっきより、明らかに降りが強い。

「あまり雨が酷くなるようなら、戻りましょう」
旅行を計画してくれたTさんが言います。(以後、企画者Tさんと命名)



なんか、幸先悪いなぁ…。
でも、きっと、傘をさして歩けるほどの気軽な山道だろうし、
いつでも戻れるのだろう…。

しかし…。この先、よっし〜の期待は、
ことごとく裏切られる事になるのでした…



舗装された道をそれて、細い山道に入ると、
鬱蒼と茂った木々が雨をさえぎり、傘がいらなくなりました。

お互いの顔さえ見えない暗闇の中、
足元だけを、各自の懐中電灯が照らします。

人一人通れるくらいの細い道は、登るにつれて、徐々に急勾配に。

そして、さらに入り組んだ木の根が、足場を悪くし、
暗闇も、歩くことを困難にさせて…。

…こ、これは。甘く見ていたかも。(;゜Д゜)

底の薄いスニーカーと、
歩くたびに、バタバタ揺れるショルダーバックが、
疲労を大きくします。

なぜリュックにしなかったかと後悔し始めたころ…
休憩にしましょうとの企画者Tさんの声。

やはり疲れたらしい女子Aさんが「半分くらい来た?」と、企画者Tさんに質問。
「ぜんぜんまだだよ、1/3か、もしかすると1/4かな」

が、がびーん! Σ( ̄□ ̄;)

…こ、これは。よっし〜本当に死んでしまうかもしれなくってよ。
木々にあたる雨音を聞きながら、不安の極致。

仮に、行くことは行けたとしよう。
しかし、雨が強まれば、途中の道でびしょびしょになる。
(そう、傘をさして歩ける山道でない事に、やっと気づいた!)

奥宮に、たどりついても、帰りは無事に帰れるの?
行く前から、もうその先が心配な私。


とは言っても!!
もう、選択の余地はないのです… (T_T)シクシク

この漆黒の闇では、帰りたくても帰れないし、
ここで一人待つなんてのもあり得ない〜。 (>_<)ヒイィ

途中、片側が急な崖の細道にさしかかり、
よっし〜は、ついに思考停止モードへと突入…。
(現実逃避ともいう)

思考停止中といっても、なぜか悪い妄想だけは、わくもので…。

(こんな急な崖なら、今まで何人も落ちてるに違いない、
んで、もし私が今落ちても、誰も助けようがないんだぁ、いやぁぁぁ!)


そんな思いを抑えつつ、どれくらい歩いたでしょうか?

ようやく、辺りがうっすら明るくなりはじめ、
険しい登り坂も、なだらかになって来ました。

雨も止んだ様子です。

そして…。なんと、雲海が見えた!

1unnkai

明るさと道の歩きやすさで、ようやく希望が湧いてきました。

ついに、最後の難関、鎖場(鎖や綱を使って急な崖を登る場所)
を登り切り…そして奥宮へ!

やったぁ、着いた!!

辿りついた奥宮は、思いのほか狭く、
十数人いるメンツは、各自、瞑想で座る場所を探しています。

運転手Kさんは「奥宮の階段、大丈夫?」と、
企画者Tさんに尋ね、承諾を得て最上段へ。

私と女子Eさんは、それより下の階段に座りました。

他の人はもっと奥宮から遠い場所や、地面を選びました。

約30分の瞑想。
吹き上げる突風が断続的に吹き、
時々雨も吹きつける、超変わりやすくて、寒い気候でした。

でも、日ものぼりだし、朝日に照らされながらの瞑想は、
素晴らしい体験でした。
ハートに、強くくる感じがしました。
2asahi



さて、瞑想中、2度ほど頭上で虫が飛ぶ音がして、
「こんな突風が吹きつけるなか、よく吹き飛ばされないもんだ」
と不思議に思っていたら…。

のちに、運転手Kさん談によると
それはハチで、Kさんの周りを飛んでいたそうです。

その時、Kさんは(こんな所に座ったからバチが当たったのかも)と焦ったそうです、汗

かくいう私も、下の段とは言え、奥宮のすぐ下だったため、
やはり神様に失礼かなと思ってました。
なので、瞑想を終えると、お参りをして謝ったりなんかして。(^_^;)



さて、日が少し上がったせいなのでしょうか。
瞑想後は、不思議なくらい、ぴたっと強風が止みました。

で、瞑想も終わったし、そろそろ帰ろうかとなった時…。

奥宮の裏手の方から「わぁ!」という歓声が聞こえます。



行ってみると、青空の左の片隅に、虹の一片が!

3nizi

みんなで、喜んで眺めていると、それは、ゆっくりと右側にも広がりはじめ、
ついに、完全なる虹の架け橋になったのです!




見る場所を変えてみると、虹色のオーラを放つ、奥宮の出来上がり!

4okumiya

わーお!すごい!



しばらく、眺めたのちに帰ることに。

もうね、帰りは下り坂だし明るいしで、すんごい楽!

「行きと違って、帰りは元気だね」とよっし〜を笑ったKoさん(くそう!)、
「そんな靴なのに、健脚ですね」と言ったKiさん。
確かによっし〜は、帰りは先頭切って歩いてました。

でもね、あれは健脚ではなく、実のところ重力に引っ張られて、
早足になってただけでした(^_^;)
こんな降り方は、膝に悪いのですが、
坂を駆けおりずには、おれませんでした、汗

で、降りる途中に、ときおり空が見えたのですが、
いつ見ても、そこに虹があるのです。

5nizi

「わぁ、まだある!」誰かしらのセリフが、ずっと聞こえてきます。

結局、宿舎近くに着くまで虹は消えず、
1時間以上もの間、綺麗に見えつづけたのです。



ちなみに帰り、一番の先頭は、正確には運転手Kさんです。
で、次がよっし〜。

するってぇと、もしかして…。

いわゆるあれですか、奥宮の近くに居た人のほうが、
パワーをもらえたっていう?

だから降りるのも早いってか?(……ちがうな、ぜったい)

と、とにかく、これだけ素敵な虹が出たなら、
運転手Kさんや私は、きっと無罪だったわけで。(^_^)ホッ

よっし〜は、自身のみならずKさんも心配してた訳ですよ。
もし、運転中のKさんに何かあったら、こっちの身まで危ないから。
だって、よっし〜は心優しいから、うふ♪


また、あとで聞いたところによると、帰りの尾根道は、
すごいエネルギーが降っていたそうです。


…なんてこったい…。駆け下りたせいで、分かんなかったわよ。
ゆっくり歩いてたら、分かったかもしれないのにぃ!
↑歩いてても分からないのに、負け惜しみ


と…。
そんな感じで、瞑想合宿が終わったのでした!


茶化して書いてしまったけど、
運転手Kさん、そして企画者Tさん、
そしてツアコン役を務めてくれたDさんには、
本当に感謝しています!
この三人のお力がなければ、楽しくて貴重な体験をすることは出来ませんでした。
本当に有難うございました!m(__)m


また、やたら長い文章に付き合っていただいた皆さま、
本当に有難うございました!! m(__)m
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。