私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
男性原理支配の崩壊は、国会議事堂前から!
前に、阿部さんが瞑想会で
「これからは女性性がもっと社会に出ると思う」と言ってました。
で、彼が、朝日カルチャーでやる講演「2012年男の生き方、女の生き方」を宣伝してて。
(あ、今調べたら明日やる講座ですネ)

彼が言うには、今は極端に男性原理に傾いた社会だけど、
これからは女性原理社会に移るだろうと。

ってことは、女性がもっと多く活躍する時代?と思いきや、
どうもそういう事ではないみたい。

今までも、働く女性はいたが、社会が男性社会という事もあって、
男性性を全面に出せる女性だけが活躍できた。

つまり、女性自体も男性原理に、どっぷり浸っている。

例えば、PTAなどの女性の集まりの中で、
張り合ったりするのも、男性原理のせい。
男性社会の競争や獲得がしみ込んでいて、その模倣をしている。

「じゃあ、女性すら、女性原理の社会が何たるかを知らないってことですね」
「そう」と阿部さん。

ふう〜ん。

ちなみに、いま黒斎さんのブログでも、
性の原理の違いのテーマで記事が書かれています。
でもまぁ、阿部さんとシンクロって訳でもないでしょう、
もともと二人はつながりがあるので。
そう、たしか二人はアチチです。
…うう、あまりの死語っぷりに自分も引いてしまった…いくらなんでも昭和感出しすぎ… Σ(゚Д゚||;) ガーン

あと、マナさんとたんたんさんのブログでも、
このテーマでの記事があったけど、これは師弟関係で繋がりがあるから…。
…って事は無いと思うな、うん。

と、とにかく、これだけ世間一般がテーマにしている事なら、
よっし〜が取り上げても、大丈夫だろうっていう、姑息な感じでやろうと思います!
(まぁ、今言った皆さまが世間一般って言っていいかは、はなはだ心もとないですが…。)


さて、私が今日行ってきた所は、首相官邸前です。
今日は何と「原発再稼働反対、官邸前デモ」の日だったのです。

かくいう私も、昨日までそれがあることを知りませんでした。
が、会社の人に教えてもらい、
さらには、その人が、聞きもしないのに場所・日時・電車での行き方まで、
調べてくれたもんだから、もう行くっきゃしょうがない…。
…いや、嫌でなくてよっ…ちょっと遠くて、億劫だったけどっ (^_^;)

さて、思うに、原発ってのは「エネルギー、力」です。
男性原理が求めるものは、力や競争、開拓なわけですから、
まさしく、原発は男性原理が求めるもの。

そして、その力も、大震災後に安全神話が崩れて、
実質、失われたパワーのはずですが、
まだ、男性原理の社会は、その古びた力を捨てきれない。

対して、女性はもっと生命に根ざしている。
命を守ったり育んだり、競争でなく周りと調和することに長けている。

そして、競争するにしても何にしても…
…それは生きることが大前提にあるって事を知っている。

そして、この原発反対こそ、埋もれた女性性が動き出している証拠。

命をはぐくむ事、競争や搾取をやめ、環境と調和する事。

女性原理社会への転換の第一歩、それが、このデモのように思えてなりません。
ううん、まだ第一歩すら行かないかもしれない。
でも「とても可能性を秘めた何か」には違いないと思う…。


さて、デモの様子を書きます。
デモの予定時間は18:00から20:00まででした。
そして私が行ったのは、はじまってから、1時間ほど過ぎた7時からです。
その時にはもう、先が見渡せないほどの人ごみでした。

数メートル先すら、見えないほどの、人ごみ。
ましてや、ずっと先に、どれほどの人数がいるか検討もつかない…。

demo.gif

「原発反対!」シュプレヒコールを大声で叫ぶ人もいれば、
あまり声がでない人、何も言わずただ歩くだけの人、鳴りものを鳴らす人など、
本当にやる事は様々で、混沌として見えます。

しかし不思議なもので
「安心して生きられる生活を!汚染のない環境を!」という祈りが真摯かつ、
怒涛のように感じられるのです。

何人もの人の目が潤んでいたのは、きっと錯覚などではなく…。

…ちょっと、感動しました。

この先、政府がどうなるか分かりませんが、
この祈りのエネルギーは無駄ではない、と思いました。

このようなデモは、過去も数回行われたらしく、
先週行われた4万5千人のデモの時は、報道規制が敷かれたそうです。
テレビでは、テレビ朝日の「報道ステーション」のみの放送で、NHKは無視した様子。
今回、どう出るのかな、と思ったら、今回はNHKは報道したそうですね。
さすがに、今回の8万人の数は、無視できなかったんでしょう。

kannbann.gif
これにはちょっと笑いました。

今後もデモはするそうなので、
気になった方は、こちらのWebページにどうぞ。
スポンサーサイト
page top
凄いと言うと、凄くないものができる。二次元性での表現の限界
以下のようなコメントをうさぎさんから、頂きました。
うさぎさん、有難う~♪(*^。^*)

フルフィルメント瞑想、教えてくれてありがとうございます。これで初めて知ったのでサイト見てみました。伝授受ければ空になれるって魅力的ですね。確かになんか気になるけど、今はあれもこれもと手を出さないほうがいいかなとまだ私の探索の旅は長そうだしひとつずつ、味わっていこうと思ってます。
で、後学のために教えて下さい。よっしーさんは伝授うけられたんですよね?
これはという変化ありましたか?
差し支えなければ教えてください。


フルフィルメント瞑想の私の感想は、
「ココ」と、「ココ」。

まぁ、まったく何てことはありません。
だからこれについて書くのは、あまり問題ないです。(なんのこっちゃ)

ただ、私にとっては、瞑想をしている人たちとの交流は、興味深かったです。

皆さんと、話していて思ったのは、
いわゆる目覚め体験をしている人は、結構いると言うこと。
目覚め体験は、凄くないんだと思えると、
案外、じゃあ自分もできるかも、なんて気軽に思えます。

そして、目覚め体験は、思いのほか、万能でない事も気づきます。
思い込んでいた幻想が崩壊します。

さて、うさぎさんが興味をもっている、
瞑想をしていくとどんな体験が得られるか…ですが。

私は、その人たちの話を聞いて、私は純粋にすごいと思いました。

その色々な体験を書くと、それが得られると思って、
たぶん、やりたくなると思います、私みたいに、爆
(私ははじめの段階なんです。それだって、ちゃんとやれば十分なのですが、
受けたい人には、さらに上の伝授もあるのです)


…だから、書けなくて。

なぜなら、精神世界やスピ系で、もっとも大切な事は、
たぶん、楽しむこと(愛があること)だからです。
興味があったら、「ここ」もよんでね。

もし、そうではなく、
「絶対に達成するべき、消化すべき何かがある」と、
言っていると、受け取られたら、
その人に「未来への期待、人生への意味、人生の深刻さ」を伝えた事になります。
それは「いまここ」とは逆です。

そんなニュアンスで
取られるのが怖いので書かなくてもいいや、と思いました。
その違和感について、書いたのは「ここ」

それと私のバックボーンに、
阿部敏郎さんと雲黒斎さんのブログに共感している、
というのがあります。
信頼=愛がある、ということです。だから、楽しめるのです。

そうでない人に勧めるのは、
野球を好きでない人に、野球観戦に誘うのと一緒で、酷でしょう。

ただ、うさぎさんの場合は、普通の瞑想ができないほど、
自我からの抵抗があるというので、
強制的に空に来てもらう方が早いと思っただけです。

あとは、うさぎさんが修行好きだということもありますしね、笑
伝授に段階があるので、達成感がある方が好きと思っただけです、(^^ゞ

だれにでも、絶対やるべき同じ何かがある…そういう思いこみは、
頑なさ、不自由さ、正義を生みます。
そして、正義があれば、対極の悪が出来てしまいます。

結果、それが苦痛を生み、苦痛がある故に人生に意味を求めはじめ…。

ま、とにかく、いろいろと面倒なことになるのです(^_^;)

…まぁ、実際にはなかなか難しいことではありますが、
楽しんでいきましょう、ってお話でした。

……
………楽しめってわりには、楽しくない話だということに、今になって気づきました。

こーゆー深刻さがいけないっていう、
反面教師になるべく、わざとそうしたのです …たぶん、きっと…。

PS.そういや、うさぎさん、マナさんのヒーリングはいかがでしたか?(^o^)
page top
未来への希望、自我の保持
今回も、「メロディ♪体験」のお話です。

うさぎさんの、「いまここに居れない悩み」は
私自身も持つものなので、書いてみました。

~ ~ ~

遅刻したよっし~に、にこやかに、
「はじめまして」と声をかけてくれたのがうさぎさんです。

うさぎさんは、見るからに、快活で有能そうなキャリアウーマンオーラを持つ方。
実際、少し前まで、会社のなかでも重要なポストで活躍されていたそうで。

ただ、仕事は好きだけれど、
ここは自分の本当の居場所ではないのでは、という想いがありました。

でも、仕事自体は好きだし、ポジションも報酬も人並み以上。
趣味も多く、お茶やお花、陶芸、ゴルフや社交ダンス、バレエ、料理…
プライベートも充実していたといいます。

自分は幸せだと感じていた所、
あるスピリチュアルカウンセラーの方に、
「あなたは、本当の幸せを知らない」と言われたそうです。
そして、相談する前から「仕事、辞めるよ」と言われ。

また、別の時、別のスピリチュアルカウンセラーに会った時にも
やはり、相談する前から、
「仕事?やめなさい。今、人生の方向転換をしないと手遅れになる」と。

そうして、やっと辞めたものの、
今度は、何をしたらいいのかが分からない。
それが、うさぎさんの悩みでした。

~ ~ ~

うさぎさんは、言うまでもなく、エネルギッシュな方です。
何をしたらいいか?そんな疑問が出るのが不思議なほど、
色んな事を経験されている。

スピ系に、興味を持ち始めたのも、この三カ月ぐらいなのに
ヒプノやエネルギーワークを受けたり、
カーサロータスの瞑想会にでたり、
様々なブログを読んだり、ここに来られたり…。

ただ、色んな経験をされていても、
純粋に楽しむという事だけは苦手だそうで。

例えば、ハワイに行った時は、スケジュールをぎっしりつめて、
それをこなすのがやっとで楽しめない。

彼女が子供のころから、苦手だったのが遊園地。
純粋に遊ぶ、という事がダメだそうで。
なにかを得る、なにかを達成する、そういうものが無ければ、
やる価値がないと感じるそうです。

これは、うさぎさんに限らず、
私たち日本人が、強く持つ特性でもあると感じました。

「いまここ」にないものを、得るためにがむしゃらに頑張る。
この根底に「飢え、満たされない感情、今のままではいけない」という想いがあり、
それを見ないために、未来への想いを膨らませる。
だから、常に今は幸せでない。

そして、これは大震災後、多くの人が揺らいだ価値観である、とも思うのです。

自分の命や生活が保障されていると思っていたからこそ、
思い描けた未来の幸せ。
しかし、そのいずれも、不意に消えるものなのだとしたら?
じゃあ、いま幸せじゃなければ、いつ幸せになれるの??

~ ~ ~

どこか遠くに幸せを置いておいて、頑張って達成する。
これは、ゲームのように、達成する楽しみがあるうちは成立するものです。
しかし、うさぎさん自身は、その楽しみもなく走っている状態でした。

だからこそ…、本当に、それを卒業する時期なのだと思います。
そして、心の底では分かっていて、会社を辞めている。

しかし、表層意識、自我の部分は、求める事をやめられない。
求めるものが分からなくても、でも動かずにはいられない。

私に、一つのイメージが浮かびます。
それは、ハツカネズミの回し車。
ものすごいスピードで走っているのに、一向に前に進まない焦り。
しかも、それは、回し車の中にいても、降りても、
同じ場所に居続けるという意味で、きっとまったく同じこと。

どうせ、同じ場所にいるなら…。
降りてリラックスするという選択もあるのに…。

習慣、思考、思い込み…。それらが、自我やカルマと言われるものです。

そして、その自我は、「常に動き続けろ!」と言います。
「今にいるな、過去を振り返り、未来を心配しろ!」と。
思考としての自我は、それがないと、生きていけないのです。

だから、瞑想や静寂は、普通は退屈に感じます。
退屈、それが自我の抵抗のやり方です。
瞑想や静寂は、自我にとっては死を意味しますから、
それに激しく抵抗するのです。

そして「自我=自分」と信じ、
自我として生きている私たちは、
「思考や習慣」を宝物と思って、固く握りしめています。
たとえ、それに振り回されて、死ぬほど苦しんでいたとしても…。

自我は悪じゃありません。

しかし、「自我=自分」と信じれば、常に怖れて生きなくてはいけない。
なぜなら、自我は儚くて、いつかは消滅してしまうものだから。

バシャールが、この動画でゼロエクスペクテーション!(期待なしで!)って
うるさく言ってるのですが、笑

「期待なし = 未来を想像しない(思考の介入がない)= いまここ」
なのかもしれない。
(まぁ、「今が幸せ」だから「期待しないでいられる」っていう場合もあるのかな…、汗)

そして、自我を持ちつつも、
それに主導権を握られない生き方…。、
それこそ、怖れなく生きる(いまここに在る)ってことかもしれません…。
page top
チベタンパルシング 「メロディ♪体験」の続き
さて次は、人の組み合わせを変えて、他のセッションをやることに。

私は、かっきー☆☆☆さんが担当してくれることになりました。
何がいいですか?との問いに、なんでもいいです、という面白味のない私。(ごめんね~、汗)
少し話しあった結果、「地味だけど、やっぱりチベタンパルシングがいいと思います」と言われます。

チベタンは、初参加のさい、ユカリさんにもやっていただきました。
私の認識としては、各チャクラにエネルギーを流して、
体や精神を元気にさせるヒーリングなのかな、と思っていました。

さて、かっきー☆☆☆さんは、
私の脈を測り、そのリズムで、各チャクラを掌で指圧してくれます。
額、頭頂部、喉、ハート…ベースチャクラまで順番に、
かなり時間をかけて(合計30〜40分くらい?)丁寧にやってくれます。
(説明が間違っていたらすんません、汗)

素人考えだと、下から上、つまりベースチャクラから、クラウンまで
順番に活性化させるのが、オーソドックスな気がします。

でも違うってことは、この順番には理由があるんでしょうね。
サードアイからってのも不思議です。
それが分かると、さらに面白いだろうな、など、いろいろ考えてしまいます。

何しろ、このチベタンは、横になって、しず〜かに、リラックスしてればいいのです。
いろいろ妄想もわくってもんです。
チベタンゆーくらいだから、チベットのパルシングなの?とか、ね(いや、全く意味はわかりませんが…汗)

dekoさん、うさぎさんペアも、チベタンをやっていてしず~かです。
そんな中、違うセッションをしているユカリさん、deko娘さんペアは、誘導瞑想なのか話し声がします。
しきりに「人魚が」という言葉が聞こえます。前世の話でしょうか。
ついには、「なんか変なんだけど…人魚なのにまっすぐ立っているの!」と、deko娘さん。

ぶっ!
静かな中、唐突に可笑しいことを言い出さないでください。
不意打ちですっ!

さて、以前のユカリさんにやってもらったのに比べ、
かっきーさんのほうが若干軽い圧し具合で、
それだけでかなり印象が変わります。
同じことをやってもらっても、施術者によって雰囲気が違うのは、なんだか面白いですね(^_^)

もったいないのは、私はエネルギーに鈍感なため、
どのチャクラのときどうだった、という感想が全く書けない事。
もっと敏感だったら、詳しくレポートできたのにさっ、ちぇっ!

ただ、ひとつ例外で感じられることがあって、それがのどの詰まり感。
瞑想の際や、何もしてない時も、感じることがあります。

もう、バカの一つ覚えみたく、何でものどにくるので、
「こうだから、こうなんです」みたいな因果関係もわかんなくって、
それもダメダメなんですけど。

そして、今回のチベタンでも、半ばから後半にかけて、
のどの詰まりが、かなり辛い感じでした。
あと、これはうさぎさんも言っていましたが、サードアイも多少感じました。

終了後、感想で、のどに来た事を伝えると
かっきー☆☆☆さんは、それよりも下のチャクラ、第一、第二の弱さが気になったようで。

どうも私は、基本的なチャクラが弱いようです。
ベースが弱いと、生きるパワーが弱いというか、現実的に強く生きられない。
ぶっちゃけ、グラウンディングが出来ていないんですよね。

で、さらにかっきー☆☆☆さん、
「聞いてよければですけど、結婚しているか、恋人はいますか?」、「いいえ」と私。

まぁ、私の年なら、結婚して大きい子どもがいてもおかしくない年デス、実際、汗。
「あのね、よっし~さんは、大恋愛とかした方がいいって感じがしたんです」
確かに、私は恋愛感情がかなりドライで欠落してます。

そもそも、よっし〜はストイックな求道者でして(笑)、この世は幻想だと思っています。
その幻想の中からみても、さらに大きい幻想の一つが恋愛だと思っていて。
もちろん素敵なカップルがほとんどですが、
「お前は、相手の何を見ているんじゃい」って突っ込みたいくらい、
現実の相手をまったく見てなくて、幻想99%で、のろけられる人もいるじゃないですか。
ああいうのが、駄目なんです。
まぁ、他人がそうなのは仕方ないにしても、自分には許せない。

「でも、そういう状態を知っておけば、もっと他人の気持ちを理解できるんですよ」とかっきー☆☆☆さん。
なるほど…。
でも、不思議。第一、第二チャクラが弱いだけで、そんなことが分かるの?と、私。
「なんとなくそう感じたんです。」とかっきー☆☆☆さん。

…なんだぁ、かっきー☆☆☆さん、自信ないって言っていても、
チャネリング能力やっぱりあるじゃない!

さて、こんなこと書くくせに、チベタンパルシングって、
何か知らなかったので、ググってみました。

…本当にチベットなんだ…。そんで、脈動のパルスなんだ。
しかも、今まで私、名前すら勘違いしてて、「ぱ」じゃなくて「ば」だと今まで間違ってた…。
(バルスだと、ラピュタの破壊呪文になっちゃうね、汗)

チベタン・パルシング・ヒーリング
チベット僧の間で行なわれていた秘儀を、現代風にアレンジしたのがチベタン・パルシング・ヒーリングです。その目的は、パルス(脈拍)の力を使って心と身体の深部に働きかけ、各臓器や細胞に沈滞しているネガティブな静電気を洗い落とすことにあります。


後日、Rinkoさんが、それにメロディ♪がクリスタルを加えてアレンジしたものだ、と教えてくれました。リタ公園のチベタン・パルシングのページはこちらです。 

なるほど、勉強になりました。
そして、かっきー☆☆☆さん、本当に有難うございました!
page top
かっきー☆☆☆さんの 「メロディ♪体験・練習会」2回目
2012年6月14日(木)、自由が丘で、かっきー☆☆☆さんが行っている 
「メロディ♪体験・練習会」へ行ってきました!

もう一度、それが何か説明すると…。
メロディ♪のクリスタルヒーリングの養成講座を終えられた方の練習場所として、
もしくはクリスタルヒーリングを受けてみたい方の為に、
かっきー☆☆☆さんが、主宰されている会です。
費用は場所代だけ!今回は、たしか300円位でしたヨ。

私は、これで2度目なのですが、会場が変わったということで、
グーグルのストリートビューで道のりを何回か確認。
何度も目で確認したから、いかな方向音痴の私でも、もう大丈夫!!

…だったはず…。いくら歩いていっても、思っていた所に目印の城南信用金庫がない…。

時間も、本当に差し迫ってきました。
マジ、あと3分ぐらいしかな~い!(@_@;)アセッ

運よく通りがかったタクシーに、
「短い距離で申し訳ありません」と謝りつつ、住所を伝えました。

そして…。
タクシーは、私が目指していた真逆の方向へ行き…。すぐに着きました。
恐るべし、自分自身!
文明の利器ストリートビューも、歯がたたない、へっぽこ度合!

…数分遅れたと思います。
暖かく迎えて下さった皆さん、すみませんでした。m(__)m

さて、初めて会うのは、うさぎさん、dekoさんのお嬢さんです。
そのお二人&私がクライアントです。

そして、プラクティショナーの方々は、
かっきー☆☆☆さん、ユカリさん、dekoさん。
このお3方は、前回もお世話にななった、皆さまです~m(__)m

さて、3時間もあると言うことで、
しばらく、お話しをしてまったりしていました。

妖精のように可憐で、とびぬけて若いdekoさんのお嬢さんに
かっきーさんが「若いってやっぱりいいね~」て言いました。

たしかに、20代前半、もしかしたらティーネイジャー?と思っていたところ…。
「30です」との答え。アッメージング!!

…本当に妖精なのか??
あとから、自由を愛し、自然を愛し、石を愛する性格だと知り、
ますます、私の中では妖精率が高まりました。
妖精だから年をとらない?!…うらやましすぎる~!!

さて、それでは、ヒーリングへ。
私の相手はdekoさんが勤めてくれることになりました。
dekoさんから、ヒーリングを受けるのは初めてです。
なにを受けようかと迷いましたが、相談の結果、
「制限をはずす」ワークをしてもらうことに。

これは、以前、マナさんからも受けたやつです。その時のは「ココ」
その時は、「私は人生を苦だと思っている」という制限でした。

今回は、考えた末、
「力を持ってはいけないと信じている」を外すことにしました。

私はもともと、成功したり、尊敬されたりみたいな事が苦手でした。
(まぁ、両方とも、現実には起きてないんですケド、汗)

人より上、ということに、とても居心地悪さを感じる…。
でも、能力を開発したり発揮したい、とは思ってはいて、
この相反する考えに、矛盾を感じていました。

「力を持ってはいけないと信じている」を、紙に書きます。
そして、それを横になっている私の額に置き、
dekoさんがクリスタルを、私の体の上に置いてゆきます。

エネルギーを循環させる呼吸法をしたあと、
dekoさんが石を使ってチャクラを開けてくれます。

そしてイメージ。インナーセルフという「内なる自己」を呼び、
第二チャクラまで、意識を降ろす。

んでもって、そこに着いたら、
階段があるので、降りて下さい、と言われます。
で、降りてみる。…なんか、暗い所です。
私のイメージはかなり貧困なので、たいていうす暗くなります、
暗ければ、たぶん見なくてすむから、笑。

そこにテーブルとパソコンがあると言われ…。
早速あることにしました。
パソコンを立ち上げ、ファイルを見て、といわれ…。
なんのファイルかな?
そう思っているうちは、
パソコンのファイルの文字も細かくて読めない気がします。
詳しく聞くと「力を持ってはいけないと感じるのは、なぜか?」に関してのファイルらしい。
すると、イメージより先に、感じたこと、
「力を持つと破壊的な事がおきるから」と浮かびます。

それを無くしたいですか、と聞かれ…。
ちょっと躊躇。「力を持たないことで、守られている」という感覚が出てきます。
悩んでいると「もし嫌だったら、そのままでもいいんですよ」とdekoさんが言ってくれます。

う~ん、でも、ここまで来た以上、捨てた方がいいよなと思って、
「守られている」という感じを振り切って、捨てることにしました。

dekoさんは、フォルダをゴミ箱にすててもいいし、
パソコン本体を破壊してもいいと言ったのですが…。
即決で、パソコン本体を壊すイメージ選択。

よっし~は、なんでも暴力で解決するから、ではなく…、
ほらさ、フォルダをゴミ箱に捨てたって、
修復ソフトとかで、修復されそうじゃん!ってことです、汗。

で、それが終わり、意識を上げて元にもどって、ヒーリング終了。
結構短い時間だったと思います。

その後、dekoさんとシェア。

dekoさんは、不思議な方です。
家系的に神主さんがいたり、能力者が多い家系だそうです。

そして、dekoさんが、色んな人から言われ続けた事には、
彼女の過去世は「権力、支配」中心の人生が、何度も繰り返し続いていたそう。
そしてその時は、「力」と「愛」は両立しないと思っていたので、
家族などをすてて「力」ばかりを持つ人生だったようです。

そして、今回やっと、ハートチャクラ、愛を重視した生き方をしている。
今はとにかく、ハートから生きるのが大切だと、教えてくれました。
事実、dekoさんは穏やかで、
そんな過去世があるとは思えない柔らかな雰囲気の方なのです。

そして、なかでも、彼女に影響を与えているようなのは、陰陽師の生だそうで。
はじめのイメージでは、傷ついて倒れている彼の姿がみえたそう。
おそらく、呪術とかで、力を破壊的に使ったため、傷ついてしまったのでしょう。

そういうバイオレンスな過去世をもつ彼女だから、
やはり、力を持つ事に対する抵抗が、とても良く分かると言ってくれました。

今は、破壊的な過去世を癒し、
そして、大変だったけれど頑張ったね、と慈しめるようになったとのこと。
そして、フランスでの、戦いの多かった人生に愛を送ったりするうち、
だんだん軽くなってゆくのが分かったようです。
陰陽師も、今は癒されているそうです。

彼女は、まだ少しですが、過去世の感情がのこっていて、
だれかと対決みたいな状況になると、
きっぱり縁を切りたくなる、強くて激しい感情が出るそうです。
それが、すべてクリアになったとき、
彼女も、力を持つ事を自分に許せ、さらなる力が手に入るのかも、と思いました。

事実、彼女の眷族の「おおきなカラス」を夢で見たり、
人からは、「白い龍と、白い狐がいる」と言われているそうで。
過去の(おそらく陰陽師時代の)眷族が、最近になってアピールしだした、というのです。

「マナさんがそういうのは使った方がいいって言ってました」というと、
「そういうの、使っていいのかって迷うんですよ」との答え。

ああ、そうなんだ、と思いました。
私も、そういうのは使っちゃいけない、という感じがありました。
そして、使えないという抵抗の裏には、後悔があるように感じたのです。
おそらく、陰陽師は、エゴからくる破壊的な行為に、眷族を使っていて、
その結果、自分自身と眷族を傷つけてしまった。
それに後悔しているから、使えない。

ああ、じゃあ、眷族をハート、つまり愛情から使う時が来たのでは?
それによって、自身と眷族を癒して、
本来ある状態にもどす事ができるのでは、と私は、dekoさんに伝えました。
彼女もうなづいてくれました。

dekoさんが、力を取り戻して、ハートから眷族を使うようになったら、
すごいでしょうね~。

このあと、かっきー☆☆☆さんから、チベタンパルシングという、
チャクラにエネルギーを通すヒーリングを受けました。
この話は、次回書きます~。
page top
時間について思うこと
むかーし、3DCGアニメ作成をちょっだけ勉強したことがありまして(^_^;)
あれって、形を作って、それに貼る色や質感を作って、
最後に動きやカメラワークを決めるわけです。

動きやカメラワークには当然、時間という要素が欠かせないから、
時間軸が入った表があり、折れ線グラフじゃないけど、
動きをラインとして確認出来るようになってます。

で、よっし〜は、その動きの線がパソコン画面からはみ出るくらい、
長〜いアニメーションをつけたのです。

しかし時には、全モーションを一望したい時もあって、
そんな時は表示をズームアウトすれば、表が縮小されて1画面で見れたりもします。

んでもって、もっともっとズームアウトすると、
今まで長いラインだと思っていた線が短い線へ、
さらにはもっと短く、ついには点になってしまい…。

時間がかかるアニメでも、見方を変えるだけで、まるで一瞬に見える (*゚д゚*)ビックリ

なんてこったい、よっし〜は思いました、
どんなに長い時間であっても、
有限であれば、視点を変えるだけで一瞬になるなんて。

この時によっし〜は、神の視点を手に入れたのです!
……なーんてことはなかったです、ハイ(^_^;)

ところで…
精神世界で、まことしやかに言われている事には、時間なんて幻想だってこと。

「なまけ者のさとり方」で、タデウス・ゴラスは、
時間の経過を認識するのに、時間は必要ない、と訳のわからないことを言っています。
時間はないけど、時間がかかっていると意識が思っているだけ。

…ほんとにぃ?!

でもきっとそれは、授業中、一瞬ウトッときて、
でもすぐ、やばっと起きたのに、長いストーリーの白昼夢を記憶しているのにも似て…

いや、よっし〜の体験談じゃあないっすよ、授業中に寝てたなんてぇ。
     ……たまぁにだけですヨ。

もう一つ、「私たちは、神から離れたという一瞬の悪夢を、
何度も何度も繰り返しみているだけ」とは「神の使者」の言葉。

よっし〜はね、この世が幻想であっても悪夢でもいいから、
もっとずっと短かったら良かったのにって思ってました。
そうだったら、苦しい時でも、まだ耐えられるでしょ?

でもまぁ、自分が勝手に長いって信じ込んでるだけで、
時間など経過してないって思えば、ずっと人生も楽に…
……
 ……
  ……なるかい、アホー!!

       あら、やだ、私としたことがっ、おほほほっ

…それはまぁ、さておき。
リチャード・バック の小説、
「ONE」
に描かれている時間の概念は面白かったです。
幾つも重なるパラレルワールド、いまここにすでに存在している全時間や全世界、
そのどこに意識がフォーカスするかで時間の流れが発生する。

バシャールが言っている時間の概念に近いです。

そういや、リチャード・バックと言えば、
前いた職場に、彼のファンが2人もいてビックリ。
スピ系とはまるで無縁の人たちでしたが、そういう人にも人気なんですね。

ただ小難しい「ONE」はあまり人気がなかった感じ…残念。
「イリュージョン」の方がずっと人気がありました。
確かにあれは、読みやすくて面白かったです。
何でもできる救世主の話。そしてそれゆえに、この世に退屈しきっている…。

リチャード・バックも、知っている人ですよね〜、きっと。
でも、いったい、どんな目覚め体験をしたんだろう。とても興味があります。
page top
その後のにょろちゃん グラウンディングできない危険性
私の働いている食品店には、カフェがあります。
で、私は、食品販売店(ショップ)で働くのが主ですが、
ときには、カフェの仕事に入ることもあります。
そんなに難しい仕事ではないので、入って1ヶ月くらいで
私は、カフェを回せるようにはなっていました。

問題は…にょろちゃんです。(にょろちゃんについては、「ココ」を見てね♪
彼女は、入って4ヶ月目ですが、ショップの仕事が手いっぱいで
カフェの仕事をまったく覚えていない。
ぼんやりキャラなので、なんとなくそれが許されていましたが…。

しかし、人手が足りないせいもあり、
少しでもいいから覚えてもらおうと、カフェスタッフが教えることに。
が、すぐにカフェスタッフが困りました。

なぜかと言えば…。
教えようとすると話はきいている様子で、素直な感じはする。
しかし、その後、やらせるとまったく出来ない。
「覚えられないならメモをとって」と言っても、うなずきはするけど、
あいまいに濁して、結局はメモをとらずに済ます。

実は、ショップでも、そんな態度であまり仕事を覚えないのです。
でも、カフェの人は、そのことは詳しく知りません。

それで、社員Yさんと私とで、やる気があるかどうか、
彼女の真意をただそうという話になりました。
しかし、ウルトラスーパーナイーブ少女(でも30代)なので、
私たち二人から聞かれたら、胃痛を起こして休んでしまうかもしれません。

で、社員Yさんが、一人で聞いてみる事に。
そして、その状況をその日休みだった私にメールしてくれました。

Yさんが「カフェの仕事を、多少でも覚えてもらわないとみんなが困る」と伝えると
何やら悩む様子。
で「悩む事があれば言って」というと、
「将来的にフェイスエステをやりたくて、お金がたまったら、ここを辞めてそっちを勉強したい。
ただ、それがいつかは決められない。
でも辞めるなら、皆が教えてくれたことが、無駄になって
迷惑をかけて申し訳ないから、カフェの仕事はやれない。
今はショップの仕事だけでも手いっぱい」と言ったそうで。

でもね、彼女、店の仕事も十分やれてないんです。
そして、カフェのみならず、ショップの仕事も覚えないから、
今の時点で、すでに迷惑がかかっている。

今まで、この人すごいボケキャラだから、
仕事が覚えられないのだと思っていたの。

どれくらいのボケっぷりかというと…
宅配便の荷物の大きさの測り方が、なかなか覚えられなかったり、
(縦、横、奥行きの合計をメジャーで測るだけ)
ポイント計算に必要な「500円の100分の1は幾つか?」が計算できなかったり。

でも、覚えられないだけでなく、覚える気もなかったのだと知り…。
マナさんが言っていた「この人、自分のことしか考えていない」って、本当だったとガッカリ…。

それで、すごく感じたことがあって。
にょろちゃん、現実がうまく行っていないのは、自分でも分かってる。
でも、自分が変わる気はまったくない。
そして、スピ系に傾倒している感じからして…。

霊的に敏感な自分を特別視しているから、
変わらなくてもいいと思っているかも、
って事。

現実がどうであるかが見れない、地に足がつかない、グラウンディングしてない。

うまくゆかないのは、私が霊的に敏感なためで、悪いのはまわり。

スピリチュアル系で一番、怖い落とし穴…。

もちろん、自分は特別とか凄いって感じたり、エゴを肥大させる事なんて誰しもあることです。
思春期なんて、誰もがそう。

しかし、怖いのは、それにスピ系や宗教が加わること。
「正しさ」が入ると、エゴの肥大は歯止めがきかなくなる。
霊的に優れていたり、真理を知っているという「正しさ」は、時に人を殺めもする。

オウム事件の時は、ほんとに考えました。
私も、宗教や真理に興味があったから、人ごとでは無かったのです。
たぶん、オウムに入った人もはじめは「人生とは、真理とは何か」を真剣に求めていたと思うし…。

道を間違えることなく、精神世界を歩むにはどうすればいいのだろう?
ずいぶん考えて出た結論は…。神聖さを持つ事。

英語の「神聖な holy」はもともと「全体 whole」から派生した言葉だそうで。
そう、神聖であるとは、全体性である、という事なのです。

「私」、「私」のもの、「私」の宗教…。それらは分離した個、エゴを強化します。

しかし、本当に神聖(全体)でありたいなら、
「私」をぬけて、より大きなものに貢献する必要がある。
「私」よりも大きな「私の家族」へ、それが出来たらもっと「大きな組織」へ、
そして「人類全体」、「地球全体」へと広がるような貢献に。

そして、皆が幸せに、という願いは、
自我を縮小させるだけでなく、「危険な思想」とは、かけ離れた願いでもあります。

目覚め体験をした人は、自分は特別ではない、と知るそうです。
人は誰しも、特別さなどなく、同等で同じものである、と。
それを実感できることが、本当に特別で素晴らしい事なのかもしれません。
page top
等価交換の法則 …幸せになるために不幸を求める?
サナエさん、いつもコメントありがとう!
このコメントで、また書きたい事があったのに
気づきましたです、ハイ (⌒・⌒)ゞ


神仏に祈願するさいの、お賽銭の金額は覚悟に比例する。
だから高額な賽銭の方が、願いが叶いやすいと、前回書きました。

おそらく、私たちの深層心理に、良いものを得たければ、
同等のものを支払うか、苦労をしなければならないという意識があるのでしょう。

だから、お賽銭以外にも、
お百度参りをすると願いが叶うとも言います。

あれは「こんなに努力したんだから、神仏が助けてくれるだろう」と思えるし、
それでやっと助けを受け入れる下地ができ…。
結果として、本当に願いが叶う。

逆にいえば、なにもしない自分は神仏に助けられるに値しない…
そう考えているとも、いえます。

これこそ、無意識に
「良いものを得るには犠牲が必要」
と信じている証拠ではないでしょうか。

竹田津 実さんという、
キツネ研究で有名な獣医さんのエッセイに、忘れられない話があって。

それは、幼いころ、母親に強く噛まれて、精神に異常をきたしたキタキツネの話です。
このキツネは、しょっちゅう自分の脚に噛みつくため、
ついには、4本の足を全部かじり切ってしまったそうです。

なぜ、こんなことをするかと言えば、
このキツネは、他のキツネを極端に恐れていて、
「私は怪我をした哀れなキツネなので、これ以上いじめないで」とアピールしているのだというのです。

動物でもこんな感情があるんだなと、びっくりしたことを覚えています。

傷つけられるのが嫌だから、前もって自分を傷つけておく。
最悪な結果が、いつ来るか分からなくて怖いから、あらかじめ最悪な結果に飛び込む。
不幸でいることで、やっと心が安心できる。

冷静な目からすれば、本末転倒もいいところ。

でも私はこのキツネを笑えない…。

良いものを得たければ、それなりの犠牲を払え!
お金を得たければ、毎日、必死になってボロボロになるまで働け!
良いことが続いたら用心した方がいい、きっと悪い事がおきるから…。

そんな思いで、日々ボロボロになりつつ働いている、よっし~なのです。

ってことは、つまり…
「幸せになるためには、今、不幸でいろ!」もしくは、
「不幸でいれば、安心できる」って事かも…?

「いまここで、幸せでありなさい」とは真逆の考え。
「等価交換の法則」と「いまここ」は共存できない。

ほんとに「等価交換の法則」なんて、くそくらえだ~! ヽ(`⌒´♯)ノ ムキー!
これだって、私たちが生み出したルールなんですよ、きっと。
しかも、DNAレベルまでに深く刻まれ、真実だと思っている…。

阿部さんが、講演会で「この世で価値あるものは、ヒーリングだと思いますね」って
ぽろっと言っていて、どういう意味で言ったのかは分からないですけど…。

でも、私は、こういう無意識レベルの思い込み、傷(カルマ)をいやす事が重要だと受け取りました。
そうしないと、自由に生きられないと思うのです。

もっとも「悟りは因果関係がない」ものらしいので、
自由に生きれる事と、悟りとは、また別の話になりますが。

でも、少なくとも、癒された人ほど自由になり、他人に寛大になれ、
より楽な人生を送れるのは、確かなようです。

こんな、傷ついた自分を癒すべく、
今日も、もふもふオカメインコをこねくりましている、よっし~なのです。
……
  ……
  ……可哀そうな目で見ちゃいやん。
page top
お金こそ呪術?
仕事やら何やらで、疲労がたまっていて、一日ぐったりしていたよっし~です。

瞑想は、眠りより深くリラックスするっていうんで、やってみました。
肩の重さがたしかに、前より良くなった感じです。

瞑想と言えば、女性の皆さま、瞑想はお肌が綺麗になる成分が出るので、
やった後のお風呂は禁物ですってよ。
流れちゃうのでもったいないって、阿部さんが言ってましたヨ。

話は変わります…。
金星の太陽面通過ですが、東京は残念ながら曇でした。
お昼ごろ、雲の切れ間から太陽が覗けたんですが、
肉眼だと(もちろん観察メガネ装着)、今一つ金星が確認できませんでした。
太陽と金星、ちっちゃすぎるんでない?
それとも、目が悪いだけかしら…。

さて、この間、マナさんとのお話で、
お金というエネルギーって、まさに呪術的だな、と思ったので書きます。
考えてみれば、本当に当たり前の事を書くので、
読んでもつまんない事かもしれない…。ゴメソ ^_^;

狐を借りるのに、お稲荷さんに高額のお賽銭が必要…というのに
なぜ?と思った方はいますか?
お稲荷さんなんて、実体があるわけでなし、金額の大小なんて関係ないだろうに。

あと、マナさんが「セッション料金を上げたら、今までより大変な人が来るようになった」
と聞いて、やっぱりそういうものなんだなぁと納得…。

お金って、単に紙切れと金属片でありながら、パワーの象徴なんですよね。
だからこそ、千円と一万円のお金では、人に与える印象がまるで違う。
物質的には、変わらない紙なのに。

印象、思い込み。これこそが呪術の本質だと思うのです。

印象や思い込みが、強いかどうかで、
術が、現実に投影できるかが決まるのではないでしょうか?

呪術を行うに関して、難しい儀式があったり、
神秘的な服や小物を使うのは、たぶん、それがなくては術が行えないのではなく…。
人の意識に、深く働きかけたり、信じさせるのに必要だから、と思うのです。

お金なんかは、世界規模での約束事だし、
高額の数字が書かれた紙ほど価値があるっていう「思いこみ」は、
まさしく「事実」になっています。
でも本当は、やはり世界共通であっても「思いこみ」にすぎず、
そういう意味で、まさしく術ですよね。

プラシーボ、いわゆる偽薬効果も同じで。
砂糖水を、病気に良く効く特効薬っていって飲ませると、難病でも治る人がいる。
もちろん、効かない人がいるのは、各自、信じ込める度合いが違うのでしょう。

大きな金額ほど、渡す側にとっても、貰う側にとっても覚悟が大きくなる。
たぶん神仏への支払いって、覚悟もしくは、誠実さの提示なのかも…。

食うに困る人の千円は、神仏にとっては高額だろうし、その逆もあると思う。
覚悟や誠実さを示すのに、単に「高額な金額」を利用しているのかもしれません。

支払った方も、
「これくらいの覚悟があるのだから、これくらいの見返りがあるだろう」と
思えるため、実際にそれを得やすくなる。

同じ物を買っても、百円均一で買ったものなんか、粗末にしちゃうよね。
捨ててもいい価値のものだと信じているから。

同様に、同じ宝石を買ったにしても、高額で買ったものは、安く買ったものより
つける時の気分がまったく変わる。

同じアドバイスを受けても、
友達から何気なく貰うのと、お金を払って受けたカウンセラーから貰うのでは、
受け取る姿勢が変わるため、効果も変わってくる…。

結局、引き寄せするにしても、価値があるものほど難しくなるのは、
私たちがこれを信じているためだと思う。

この思い込みさえなく…。
ほんとうは、平等な幻想だと心底気づくことができれば、
いろんなことがもっとスムーズに流れてゆくのかも…しれません。

そして、結局のところ、呪術よりなにより、
幻想に力を与え続けていられる意識、
それこそ一番力があって、スゴイものかもしれませんよね~。
page top
エアーペット
昔から動物が大好きでした。
生まれてはじめて、本で感動して泣いたのも、動物ものの本。
小学生の時に読んだ、シートン動物記の「オオカミ王ロボ」です。

そのほかに、漫画雑誌に「ムツゴロウが征く」という、
畑正憲の自伝的な漫画があって、それも好きでした。

そのムツゴロウさんが子供の時、飼っていた犬がオオカミ犬。
以来、オオカミは動物の中でもお気に入りでした。

オオカミ犬を飼うのが、私の子供のときの夢でしたが、
犬はおろか哺乳類のたぐいすら、まったく飼えずに今に至り…。

しかし、このたび、キツネを飼うことになりました。

……
………
  …でも、エアーです。
………
…ええ、居るのか居ないのか、まったく分かりません、汗


ことの発端は、マナさんから、私が働いている食品店の売り上げを、本気で上げたいなら、
お稲荷さんの力を借りれば良い、と言われた事です。

できれば、京都の伏見稲荷大社がいいが、
無理なら上野の花園稲荷に行って、
高めの金額をお賽銭にしてお願いすれば、必ず一匹ついてきます、とのこと。

…そんな簡単に眷属(?)ゲット??
なんて、おーとまちっくな…。

龍も使うのがいいと言われ、おなじ方法で「ポケモン、ゲットだぜ〜!」と出来るらしいです。
しかし「龍、多分…いると思いますけどね」と言う、
マナさんの心もとない言葉を信じて、すでに居ることにしました!

だって、しょせん、この世は「病は気から」です。
居ると決めたら居るのです、そうなんだってば!
(言ってる事がめちゃくちゃですが、この勢いで納得して下さい、汗)

それはさておき…
私は、昔「本当にあった怖い話」的な漫画を、立ち読みするような子供でして。
そのイメージから、いわゆる動物霊を使役するのは、使う側も動物にも、恐ろしい事だと思ってました。
いずな使いとか、くだぎつねとか、動物憑きの家系とか…。
言葉だけでおどろおどろしいっしょ?

お稲荷さんは、動物霊とは違うとは思うものの、
それでも低い波動のところもあると思うし、
私自身もあまり理解できてないので、人にはお勧めしませんが…

でも、もふもふ動物が、傍にいるとイメージするのは萌えますネ!!
哺乳類萌え~。きつね萌え~!

今までは、もふもふ感を得るために、
オカメインコを手でこねこねしていましたが(虐待じゃないっすよ)、
これからは、エアーペットの時代です!
いつでも、どこでも、目をつぶれば撫でられる…。

えっ?何ですって?
………(-_-;)
む、虚しい言うな~!
page top
すごいものは内にある
今までも書いていましたが、
これからもよっし〜は、あれが凄い、これが凄いと騒ぐかと思います。
本当は今回も、ボブフィックスはすごい(らしい)とか、
彼が伝授するプロテクト瞑想がパワフルらしいと書くつもりでしたが…。

でもそうすると…もしかして、ですよ、
中には、このへっぽこブログを信じて、これなしにでは悟れない、とか、
これなしでは人生が楽にならないなんて思うかもしれません。
そして藁をもすがる思いで、あれを試したり、これをやったりとしないとも限りません。

まぁ、そんなおっちょこちょいな人はいないとは思いますが…
ただ、私自身が、色々な人や物をすごいと思う中で、
その対象に力を与えすぎて、自分を見失ったりする事もありまして、汗

…で、そんな時に使っているイメージ瞑想を書いておきます。

「自分が主体者と思い出すイメージ瞑想」
きれいな川のほとりにいる自分を思い浮かべます。
その中へ、色々なものを流す自分を想像します。
流すものは、自分の大事にしているもの、自身の好きな要素や嫌いな要素、
何でもいいですが、自分に関する全て。

よっしーなら、フルフィルメント瞑想をやっている自分、
多少は知識があると思っている自分などが、
今の所、重要と思っているので流します。
それ以外にも、嫌いと思っているものや自分の特徴すべて。
私は女で、こんな性格で、こんなスタイルで、等。
持ち物、感情、家族まで流します。

大事なものを流すのは、意外ときっついです。
何にもない自分は、小さくて、丸はだかになった気がします。
何かをかき集めたくなります。頼りなさ、無力感を感じます。

それでも…どんなに頼りなくても、まだそこに何か存在が感じられないでしょうか?
無力感を感じつつも、その土台にいるどっしりとして、全然大丈夫かもしれない部分…

無力に感じる部分は自我です。
でも微かでも、土台が大丈夫と感じられたら、
自我の感じる無力さは、もしかしたら作りごとかもと思えるのかも。
そして、ちょっとでも客観視できれば、自我と距離を置いたことになります。

どんなに凄かったり、力があるものも、外部にあるものは、結局は過ぎ行く。
メソッドでも、人であっても、それが凄いと思えるのは、
やっぱり認識できる自分があっての事だ、と気づけたら最高ですよね?

それさえ、理解できていれば、外部に振り回されなくなるかも知れません~。
凄い人や、凄いメソッドに振り回されることなく、
それを楽しむことができるかもしれません。

追記
今日、スピリチュアルヒーリングの小倉先生の所に行ってきました。
バリバリ筋肉が固まってて痛かったです、汗。
それはいいのですが「ブログ見てますよ」と言われて、
こんなよっしーなのに、えらそ~な事ばかり書いてて、ちょっと恥ずかしくなり…。
もうちょっと謙虚に、と思って書きましたが、なんだかもっと偉そうな事に…(-_-;)
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。