私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
朽ちるものを土台にすれば…
ごめんなさい~、忙しくて、なかなか更新できずにいました~。(´_`;ゞ

猫が歩いているのを見ると、
つい鳴きまねをしてしまう、よっし~です、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

しかし、あれですね…。

猫はどうして、人間が鳴きまねしてる事に、気付けないんでしょうか?
「他の猫はどこどこっ?」と探しまくる様子が、おばかちゃん可愛いです。

一方、犬にこれをやると、
すぐに見抜いて、怪しいやつ!と吠えてきます。

この両者の違いは不思議です~、ほんと!
皆さんも、興味があったら、試してみて下さい♪

(よっし~は、変態じゃありませんよ~、人目を忍んでやってるし。
…って言い訳にならないな、汗)



さて、読者の方から、情報をいただきました。
有難うございます。(^_^)

この方は、フルフィルメント瞑想の伝授を受けているそうです。

そして、フルフィルメント瞑想教師が書いたブログを読み、
大きなショックを受けられたそうです。
そして、現実に引き戻されたとありました。

その教師の方は、今は辞められたそうなので、
元教師さんと呼ばせていただきます。



ブログで、元教師さんは、こういう趣旨の告白されていました。

誰でも悟れるなんて嘘をついていた、ごめんなさい、スピ界は汚い。
悟ってないものが瞑想を教えるなんておかしい、と。

具体的にどんな事があったかまでは書かれていないので、
何に傷ついたとか、どう騙されたまでは分からないけれど…。

精神世界に裏切られたし、裏切る側でもあった、という内容の文章でした。



この元フルフィルメント瞑想教師さんの、
周りを思う気持ちは素晴らしいです。
また、そこから出た辞めるという決断も尊いと思います。

どのような行為であれ、思いやりや愛情から出たものは素晴らしいと思います。

「どのような行為であれ…」と、なぜ書いたかというと、
物事や行為自体は、すべて中立だからです。

良いとも悪いとも言えない。

つまり、フルフィルメント瞑想はもちろん、スピ業界というものでさえ、
それ自体に「良し、悪し」がある訳でない、ということです。

悟ってるか否かでさえ、善悪があるわけではないのと同様です。



さて…。
以前、私は、精神世界の真偽を、
やっきになって見極めようとしていた時がありました。

結局、それは出来ない、と気付いて今はあきらめましたが。(;´◇`)アチャー

そんな葛藤ばかりしていた、昔のことです。

その時、精神世界の情報は、今ほど氾濫していませんでした。

ネットも当然なく、
書店のジャンルにも「精神世界」は、無かったと思います。

そのころ「理性のゆらぎ」や「アガスティアの葉」という本が
ベストセラーになりました。

両書とも、東大出の学者である、青山圭秀氏が書いた本です。

それには、サイババの超能力は本物であるということや、
数千年前に書かれた文書「アガスティアの葉」に、
現在の自分の運命が載っていたという、驚愕の事実が書かれていました。

まだ、オウム事件が発覚する前でしたので、
高学歴の人も精神世界に傾倒して、理性を無くす事がある、という印象を
世間は持っていませんでした。

だから、高学歴の人が超能力や超自然を肯定したことに、
驚愕と、強い説得力があったのです。

こんな学者さんが言うなら、正しいに違いない!

世間が思ったのと同様、私もそう考えました。

もちろん「運命が何千年も前から、決まってるなんて、変だし嫌だなぁ」と思いまし
たけど…。

で、しばらくして…。

あれっと思ったのは、後に
「アガスティアの葉の秘密」をいう本を読んでからです。

これは、別のお二方の共著です。
「アガスティアの葉」を読んで、感銘を受けた二人が、
喜び勇んで、自分たちの「アガスティアの葉」を探しにいきます。

しかし、分かったのは、「アガスティアの葉」は、
単にインドのビジネスにすぎず、
占星術を使った巧妙な騙しにすぎなかったということ…。

著者の一人は占星術師で、もう一人も精神世界の知識のある人。

信じて行ったのに、結果として騙されていたことが次々と分かり、
失望する様子に、反論の余地のない説得力がありました。

それはもう、青山氏なんて、たやすくすっとぶ説得力。

もう、なにを信じていいのか分からなくなり…
とはいえ、青山氏に代わり「アガスティアの葉の秘密」を信じている訳です…。(^_^;)


その後。

ある時「アガスティアの葉の秘密」の著者の一人のウェブページを、覗いてみました。

そしたら、その方のページの掲示板が、とても荒れていました。
本とはまったく別件の事で、でしたが。(^_^;)


また、ある時の話です…。

実在の霊能者をモデルにした、あるマンガがありました。
面白いし、能力もあるし、かっこいいし、
人格的にも信頼できると思っていた霊能者。

その人物が、自身のウェブページを開くことになりました。
初めは絶賛とともに迎え入れていた、ファンの人たち。

しかし、しばらくすると、その霊能者の書きこみから、
どうも皆が思っていた人物像でないことが分かりはじめます。

読者は、しだいに霊能者を叩くようになり、
結局、ページは閉じられるはめになりました。



何が言いたいかというと、それらを見て、
なんとなく裏切られた、という感覚が私の中に出てきたのです。

騙されてもいないのに!

つまり、私が、彼らを勝手に美化し、
人格者であるべき、というレッテルを張っていたのです。

勝手に思い込み、そうでなかったから、失望していただけなのです。

そういうことを幾度か繰り返して、
やっと、外部の人物やメソッドに、過度に頼ることを、やめられたのだと思います。

たぶん、誰もが通る道なのだと思います、スピ系に限らず…ね。



人物、もしくは、メソッドやスキルに、
完璧を求めていれば、失望する時が必ず来ます。

なぜなら、全ては諸行無常、
全て変化し、始まったものは終わってしまうからです。

「完璧とは、頂点を極めること(キープ、静止状態)」と私たちは考えます。

だとすれば、その完璧さは、想像上のものであって、現実にはあり得ません。
なぜなら、全ては移り変わるからです。

宗教であれ、メソッドであれ、人間であれ、変化する。

だから、それらに完璧さを見出しても、
それらは、ずっと同じ状態を、保ち続けはしません。

ならば、ある時、良かったからといって、
なぜ以後もずっと、しがみつかなくてはいけないのか?

次の瞬間には、悪くなっているのかもしれないのに?



この元教師さんはなぜ、失望したのでしょう?

精神世界、もしくはFF瞑想を、
揺るぎのない正しいものとし、それを生きる土台をしたからです。

崩れ落ちるものの上に立てば、
いつかは、自分も一緒に崩れる時がくるでしょう。

それは、自分の外にあるものを神と崇めたてた結果です。

それは悪いことではなく「土台にするものが間違っているよ」という、悟しでもあります。



さらにもう一つ、思ったのですが。

なぜ悟っていない人が、瞑想を教えてはいけないのでしょう?

ていうか、そもそも、悟りって何でしょう?

悟りを求めている私がいうのも、変ですが、
悟りの定義自体、まったく人それぞれで、一貫していません。

神、悟り、真理といった、目に見えないものは、
本当に、人の数だけ定義がある気がします…(^_^;)

その定義を、はっきりさせた上で、
「悟っていないと瞑想を教えてはいけない」という思い込みをなぜ持っているか、見抜くことは大事です。

それにより、自分にどのような欲望、信念が、隠されているかを、
見極めることが出来るからです。

これは、今ある信念「悟ったものが瞑想を教えるべき」を、
「悟らない者も教えるべき」という、別の信念と置き換えろ、という事ではありません。

それでは、盲目的に従うという意味で、全く同じです。

どうしてそのような信念があるのか?
そして、それを持ち続ける事は、自分の幸福に繋がるのか?
それを探る、地道な検証作業です。

それをすることで、無意識を意識化し、
不要な信念を、やっと捨てることができるのです。



もし私が、悟ったものが瞑想を教えるべきと思っていたら、
やはり、失望したと思います。

FF瞑想教師の中に、阿部さんに嫉妬している人がいたため、
教師は人格者でないことは、たやすく想像できたからです。

また、瞑想創始者のボブさんについても、
私はあまり興味がないこともあって、悟っているかは知りません。

しかし、噂だけ聞いても、
やはり彼は彼で、人生のドラマがあるようです。
やっぱり人間だなぁ、という感じです。



さて、なぜ、私は伝授を受けたのでしょう。

それはやはり、黒斎さんが推すものに興味があったからです。

ただ、単にやりたかったのです。
やらないままだったら、どんなものなのかと考え続けてしまうからです。

もし「これが正しいからやる。幸福になるからやる」という理由でやったとしたら、
「正しくなくなった、幸福にならなかった」とき、恨みや失望が出るでしょう。

そして、それは、いつか必ずきます。



しかし、喜び、好奇心から出た行動は、
それがのちに、間違いだったと気付いたとしても、
恨み、失望には結び付きません。

なぜなら、行動自体が目的だからです。

間違っていたら、いたらでいいじゃないですか。(^_^)
笑ってさよならを言えばいいだけの事です。

それが出来ず、別れるさい、恨みや苦痛が残るとしたら、
自分が、多大すぎる評価や期待をしていた、と気づくサインです。

それを自分自身の礎とし、神のように崇めていたのです。



もし、あることに、強い苦痛があるとして、
それでも今、それにしがみつき、頑張っていたとしたら…。

それは、未来に得れるものを期待しているからです。

将来、得れるという期待があれば、今を捨てることができます。

それ自体は、悪いことではありませんが、
得られなかったときに恨みが出るのは確実です。
騙された、と。

ようは「今」を楽しんで無かった。
「いまここ」を失って、未来や過去にさすらっていた。

もし「いまここ」で全ての人が生きはじめたら、
「未来の悟り」や「未来の幸福」は、失われるでしょう。

しかし「裏切られた、騙された」も無くなるに違いありません。



またも、ミスチルの歌で、恐縮ですが…。

「もっと」
どんな理不尽もコメディに見えてくるまで、
大きいハート持てるといいな
もっと、もっと、もっと


宗教や瞑想、苦痛でさえ、コメディだったと笑い飛ばせる日がきたら…。
きっと、もっと軽くて、
争いのない(自身の中の葛藤を含め)、世界が来るのだと思います。

もっともっと、生きることが軽くなると、いいですね~。
スポンサーサイト
page top
不思議な本をもらいました。
今朝、出勤してみると、お店のカウンターに、
袋に包まれた本がありました。

他のスタッフに貸した本が返ってきたのかな、
などと、思いつつ開けると…

「心を整えるともっと楽に生きられる」
 ヨグマタ相川圭子 著

何でつか、こりは…(@_@)

というのも、この人の本を一冊だけ読んだ事がありまして。

たしか、この人は、ヒマラヤ聖者に会いに
ヒマラヤに修行に行って、悟りを得たっていう本を書かれてました。
そんで、たしか、ディクシャという瞑想伝授をしている人…。



小さな食品店に、およそ似つかわしくないスピリチュアル本。
スタッフは、まず誰も興味がないだろうし、
わたし自身もスピ系の話なんて、一切したことがないのに…。

…ナンナノ、イッタイ?

悩みつつ、連絡ノートを読んでみて判明。


そういや、数日前に店にチラシを置かせてくれ、
という電話を貰っていたのです。

ヨガで、有名な人の講演会のチラシと聞き、
私も置くだけなら、と承諾したわけです。
するとその人は、お礼にチケットを一枚上げます、と言いまして。
内心いらねーな、と思って、そう言ったのですが、
結局くれることになりました。

どうやら、その方が昨日来たようです。
しかし、チケットが人気だったため、あげられなくなり、
代わりに、講演者の新刊の本を上げます、と置いていったらしいのです。

…ヨガの講演会って聞いてたけど…。
「ヒマラヤ大聖者 相川圭子」って書いてあるヨ。
チラシも、ほとんどヨガには触れてないし。( ̄◇ ̄;)

まぁ、こう書くと、
私がこの人を、すごく否定的に思っていると、思われそうですが…。
そうでもないんです、本を読んだことがあるくらいだしね。

ただ、今日貰った本は、前に読んだ自伝的なものと違って、
ヒマラヤ瞑想の良さについて、とうとうと書かれたものでした。
とっつきにくいというか、怪しいというか…(^_^;)

なぜ、この本を、わざわざ選んで、くれようと思ったのかしら…。

フルフィルメント瞑想をやっている今だから
読む気になれたけど、
その前だったら、まず読まない感じの本っす…。

例えば、こんな感じ↓

「【ヒマラヤの叡智】が伝える瞑想、ヒマラヤシッダー瞑想は、
【根源の存在】と速やかに繋がることを可能にし、
その素晴らしさを思い出させてくれます。
ヒマラヤシッダー瞑想を実践することで、
ヒマラヤ聖者をかけ橋としてとどく、
【根源の存在】からの恩寵を頂き、
楽に生きていくことができるのです。」

…なんじゃこら。

でもね、瞑想伝授の仕組みを黒斎さんから聞いていたこともあって、
なるほどね、と思う箇所も多々ありました。

黒斎さんが教えてくれた、瞑想伝授の仕組みを簡単にいうと…。
空にアクセスできる人が、空(にいるマスターたち)に頼みこんで、
伝授を受けたい人のカルマを強制的に解除してもらう、ってものらしく。

ちょっと話は、ずれますが、
カルマっていうのがあるから、個を形成できるわけです。
カルマは、ゲームをする上で、必須というか下地なわけです。

なので、それを強制解除するっていうのは、ゲームでいうと裏技ですよね。
地道に正統に、ゲームをクリアするやり方ではないんです。
だから、マスターたちに、
「それでもいいから、私はゲームを辞めます」っていう意思を伝えなくてはいけない。

その願いを第三者(教師)がマスターに届けるわけだけれど。
第三者が必要な理由は、また改めて書きます。
ちょっと長くなりそうなので。



さて、本をもらった恩義があるので、
一応、チラシの宣伝もしておきます。

もちろん、私は、この講演の事、よく知らないです、キッパリ
なので、行きたい方は、ぜひ自己責任で… (^_^;)

でも、この講演自体が伝授っぽいよね。
行った人の感想はぜひ聞きたいなぁ…。


講演 9月29日
あなたの中の太陽に出会う。

ヨグマタ相川圭子 パイロット・ババ


あ、あと、前回の記事で、拍手してくれた人、有難う(^_^)
黒斎さんの記事は、内容があるからいいけど、
私自身のだと、そのへんが怪しいから、拍手してくれる人がいると、
なんかとても安心します (;´◇`)ゞ
page top
黒斎さんの「月イチ☆」瞑想 その一
前回書いた、阿部さんの批判をしている、ブロガーさんの記事に、
このような事が書かれていました。
「阿部敏郎は、講演を開いて、それをきっかけに、
高価な瞑想伝授を何度も受けさせようとしている、金と権力のリーダー。
瞑想伝授なんて、怪しい上に原価はゼロのくせに。」

まぁ、普通の感覚なら、そう思う人も多いでしょう、汗。
(でも阿部さんは、瞑想をお勧めしても、けっして強制はしないですヨ)

だから、フルフィルメント瞑想の話を書くのは、ちょっと封印しよう、
47,000円という高めのお金も絡むし…、と思っておりました。

が、ちょっと成り行き上、
ちょっと、がっつり書くことになってしまいました、汗。


なぜかと言うと、
黒斎さんの「月イチ☆」会で、私が瞑想の質問をしてしまい、
それを、恐ろしく上手に、黒斎さんが言語化してくれたからです。

…なので言っておきます、ちょっと怪しいです。

そして、私の立場は、
阿部さんのところで
フルフィルメント瞑想の伝授は受けた訳ですが、
他の人に、勧めたい訳ではありません。

それをしなければ、悟れないとか、
幸せになれないとか、全くないです。


理屈でいえば、絶対そうです。

だって、そうでしょ?
全ての存在は、ソースに繋がっているし、
というか、それそのもののはずだからです。


なので、これをしなければいけないとか、
ああしなければ、いけないとか、絶対ないはずです。

なのに、瞑想伝授を受けたのはなぜか?

ただ、私は、黒斎さんが勧めているものが、
どういうものか知りたくて、
好奇心から受けずにはいられなくて、汗

その顛末はココ→■こんにちは~!  ■フルフィルメント瞑想について

加えて、黒斎さんは、いち瞑想受講者(?)で、
瞑想伝授者ではありません。
それを勧めることで、
まったく、金銭の利益は得ていない事を付け加えておきます。



以前の講演で、黒斎さんが、最近の自分は好い事ばかり起こる、と言っていました。
その時、ぽろっと「人間関係を良くするのはハートチャクラで、
豊かさに関係しているのは、丹田(第二チャクラ)です。」と言っていて。

ああ、これってフルフィルメント瞑想のことを指してるな、と感じました。

フルフィルメント瞑想には4段階、つまり4つの瞑想があります。

4つそれぞれに、別のマントラ(言葉)とヤントラ(神秘図形)があり、
それをトリガーにして、空の世界に入ってゆく…という瞑想です。

話はそれますが、段階があるってのが、また曲者で…。
(それぞれに、47000円かかる訳ですし。)

「なんでそんなに、あるんだよ。
努力するのが嫌なのに、そんな修行の段階があるなんておかしい。
何かを目指すことで、『いまここ』から外れてゆくんじゃないの?」と
私のように感じる人もいると思います。

(それについては、後で書きます。
あと、阿部さんは(第一段階の)ハートが一番重要で大切だから、
それだけでも十分とも言っています。)

ま、それは置いておいて。
第一段階の「ハート」は、ハートチャクラに意識を置くのに対し、
第二段階の「プロスペリティー」は、第二チャクラに意識を置きます。

そしてプロスペリティー(豊かさの意味)は、現実を動かし、
豊かさをもたらす瞑想であると言われているのです。

黒斎さんがプロスペリティーを受けているのは、人から聞いていたし、
なので「丹田は豊かさ」と言ったのは、この事だなと感じました。

そして、実際、黒斎さんは金銭面で豊かになっている…。


で、ハートの伝授で十分、と思っていた私ですが、
考えて、プロスペリティーも受けることにしたのです、汗!
(だって、勤務先の店の売上もあげなくちゃいけないんだもん…)

(しかし、阿部さん曰く、豊かさが増すのは確かだけど、
それは物質や金銭面のこととは限らず、
心や精神面の事もあるって言ってました…汗)


で、先日、受けたわけです、プロスペリティ。
終わったのが午後5時だったのですが、阿部さんが
「これから6時に、黒斎くんが、
シュープリームユニティ(第四段階)を受けにくるよ」

うぉ~、同じ日に伝授!すご~!と、しばし感動。
でも、そんときはそれだけ。

この2日後、フォローアップという、
フォローの瞑想会がありました。

その時、以前瞑想会で一緒だったKさんが
偶然いて、教えてくれました。
「黒斎さんが、最後の伝授を受けた時、
『4段階になっている意味がわかった!』って言ったらしいよ」と。

げげっ!まじっすか?
そ、それは、何としても知りたい~、と言うか知らねば!


二日後に黒斎さんの「月イチ☆」会に行くことになっていたので、
その時に質問できればなぁ、と思いました。

「でも、聞いちゃっても大丈夫かな?瞑想のことだよ、怪しすぎない?
瞑想を受けた人の集まりじゃない所だよ?」と言うと、
「大丈夫だと思うよ、阿部さんとのコラボ講演に行った時、
けっこう、がっつり瞑想について語ってたよ」とKさん。


ならば、運が良ければ聞いてみよう、と思いました。
しかし、期待薄なのも分かっていました。

なぜなら、黒斎さんの講演は、
伝えたい事をすごく考えて構成されています。
だから、内容が濃いし面白いわけです。

それゆえに、あらかじめ用意されている講演内容で、
ほぼ時間が消化されてしまうことも多く、質問の時間が短いことがある。

下手すれば、質問時間すら無いかもしれない。
例えあったとしても、当ててくれるかどうかだって、分からない。

しかし、奇跡が起きました!

なぜか、今回だけは講演内容は用意されておらず、
(マンネリになって退屈になってしまうから、らしい)
初めっから質問タイムだったのです!

そして、当てづらい隅に座っていた私を、真っ先に当ててくれ、
なおかつ、講演時間の大半を使っての、全力でのお答えになりました。(@_@)ビックシ

すげぇ…。
そんな事ってあるのね。

ちなみに、「瞑想伝授を受けた方~?」って聞いたら、十数人の人が手を挙げてました。
(けっこう、いるのね。)
その人たちも、絶対面白かったと思う、今回の講演!

「ボブさん(瞑想創始者)よりも、
瞑想の解説は、僕の方がうまいと思う」との自評は、なるほどと思われ。

うまくまとまったら、アップする予定ですが、
はたして、まとまるのであろうか…。

…なんか、最近は、黒斎さんのことばかりになっちゃったけど、
信者ではなくてよ、うん。
page top
凄いと言うと、凄くないものができる。二次元性での表現の限界
以下のようなコメントをうさぎさんから、頂きました。
うさぎさん、有難う~♪(*^。^*)

フルフィルメント瞑想、教えてくれてありがとうございます。これで初めて知ったのでサイト見てみました。伝授受ければ空になれるって魅力的ですね。確かになんか気になるけど、今はあれもこれもと手を出さないほうがいいかなとまだ私の探索の旅は長そうだしひとつずつ、味わっていこうと思ってます。
で、後学のために教えて下さい。よっしーさんは伝授うけられたんですよね?
これはという変化ありましたか?
差し支えなければ教えてください。


フルフィルメント瞑想の私の感想は、
「ココ」と、「ココ」。

まぁ、まったく何てことはありません。
だからこれについて書くのは、あまり問題ないです。(なんのこっちゃ)

ただ、私にとっては、瞑想をしている人たちとの交流は、興味深かったです。

皆さんと、話していて思ったのは、
いわゆる目覚め体験をしている人は、結構いると言うこと。
目覚め体験は、凄くないんだと思えると、
案外、じゃあ自分もできるかも、なんて気軽に思えます。

そして、目覚め体験は、思いのほか、万能でない事も気づきます。
思い込んでいた幻想が崩壊します。

さて、うさぎさんが興味をもっている、
瞑想をしていくとどんな体験が得られるか…ですが。

私は、その人たちの話を聞いて、私は純粋にすごいと思いました。

その色々な体験を書くと、それが得られると思って、
たぶん、やりたくなると思います、私みたいに、爆
(私ははじめの段階なんです。それだって、ちゃんとやれば十分なのですが、
受けたい人には、さらに上の伝授もあるのです)


…だから、書けなくて。

なぜなら、精神世界やスピ系で、もっとも大切な事は、
たぶん、楽しむこと(愛があること)だからです。
興味があったら、「ここ」もよんでね。

もし、そうではなく、
「絶対に達成するべき、消化すべき何かがある」と、
言っていると、受け取られたら、
その人に「未来への期待、人生への意味、人生の深刻さ」を伝えた事になります。
それは「いまここ」とは逆です。

そんなニュアンスで
取られるのが怖いので書かなくてもいいや、と思いました。
その違和感について、書いたのは「ここ」

それと私のバックボーンに、
阿部敏郎さんと雲黒斎さんのブログに共感している、
というのがあります。
信頼=愛がある、ということです。だから、楽しめるのです。

そうでない人に勧めるのは、
野球を好きでない人に、野球観戦に誘うのと一緒で、酷でしょう。

ただ、うさぎさんの場合は、普通の瞑想ができないほど、
自我からの抵抗があるというので、
強制的に空に来てもらう方が早いと思っただけです。

あとは、うさぎさんが修行好きだということもありますしね、笑
伝授に段階があるので、達成感がある方が好きと思っただけです、(^^ゞ

だれにでも、絶対やるべき同じ何かがある…そういう思いこみは、
頑なさ、不自由さ、正義を生みます。
そして、正義があれば、対極の悪が出来てしまいます。

結果、それが苦痛を生み、苦痛がある故に人生に意味を求めはじめ…。

ま、とにかく、いろいろと面倒なことになるのです(^_^;)

…まぁ、実際にはなかなか難しいことではありますが、
楽しんでいきましょう、ってお話でした。

……
………楽しめってわりには、楽しくない話だということに、今になって気づきました。

こーゆー深刻さがいけないっていう、
反面教師になるべく、わざとそうしたのです …たぶん、きっと…。

PS.そういや、うさぎさん、マナさんのヒーリングはいかがでしたか?(^o^)
page top
フルフィルメント瞑想について
フルフィルメント瞑想についてまた書きます。サナエさん、興味を持ってくれて有難う(^o^)

伝授を受ける場所と時間と持ち物位の話しかなかったので、なんとなく一対一での伝授かと思っていました。でも、行ってみると8人も人がいて少しびっくり。伝授する人も阿部さん自身かと思っていたら、違うようなので少しがっかり。本人は忙しいから、弟子の女性にでもさせてるのかな、と一瞬思ったわけです。しかし、あとから、その方は奥さんで伝授の力が強いのだと聞かさました。阿部さん自身は一度に1人しか伝授できないのに対し、奥さんは10人出来るそうで。

伝授自体は、机に小さくしつらえた祭壇で、伝授者が歌うのを私たちが聴くといったシンプルなもの。後からマントラと図形を教えてもらいます。これが深い瞑想に入るトリガーになります。

…が、不思議なのは、マントラと図形はそんなに重要ではないこと。なので、伝授を受ければ、マントラを忘れてもその場の雰囲気を思い出せば、その状態になるといいます。それに図形も、正確に覚えられる類のものではないです。

とにかく、伝授が重要らしいです。それがなければ、マントラも意味をなさないようです。
…ただ座ってただけなのに不思議ですね。何が行われていたか、さっぱり分からない。

で、そのあと瞑想しました。眠くなりましたね(^_^;) 夢っぽいものを見ました。いよいよ睡眠突入だな、と考えました。

一般的なサマタ瞑想(座ってする瞑想。対して、動いてするものはヴィパッサナー瞑想)と違って、一点に集中する事がないので心もとないです。色々雑念が入ります。でもこれは、自分がやる瞑想でないので、お任せなのです。なにが出てきても、流す!右から左へ!

皆で体験をシェアした時に言われたのですが、この瞑想はカルマの浄化するそうです。ビジョンが出てきたらカルマが浮き上がり、解消されているらしいです。眠くなると感じるのもよくあるそうで、でも寝ないから大丈夫と言われました。

まぁ、ここまで書きましたが、これで悟れるかは謎です。
それでも、私が色々やってみたいと思うのは、頭の中でファンタジーにしないで済むから、というのがあります。行ってしまえば、空想ではすごく不思議だろうと思っていた事も現実になる。空想を膨らませずにすむ。あの人あんなこと出来てスゲー!と神格化しても、会ってみると普通の人間に見えるわけで。(てか、普通の人じゃなかったら、そうとう恐いぞ!)

この瞑想だって、実の所、いつもやってた瞑想と違いが良くわからない、爆。(まぁ、初心者ってのはそう感じる瞑想らしいです。上級者はすぐに空を感じるそうで)

実際、不思議と思われる事が自分におきてみると、案外人間って凄いと思わないものですよね。
例えば、体の中で気が感じられたり、瞑想中動きが出たり、石の色が変わったり、「あなたは宇宙由来の魂だと思う」と言われたりしても、案外驚かない。でも、自分がそうでなく、他人の話として聞くと凄いと感じちゃうんだろうな。

結局のところ、どんなに不思議を追い求めていても、「不思議が感じられる意識がある」こと以上に不思議な事はないわけです。私が不思議で、読んでいる貴方が不思議。奇跡を追い求めるなら、いまここにある。前世とかUFOとかだって、認識する私がいてはじめて成り立つもので。

誤解を恐れずに言えば、不思議を追い求める気持ちは、自我の強化な訳です。自我の特性である「足りない」を満たしたい。今ここに無いものを欲しい。悟りとは逆方向になります。

あぁ、でも私も石と意思は疎通させたいなぁ!(←ダメじゃん!しかもおやじギャグ…汗)
で、動物とも!これが出来たら、和製ハイジとして志村どうぶつ園に出まくるのになぁ!


……閑話休題。

まぁ青い鳥じゃないですが、探さなくてもあるよ、と分かるために色々やりたいのかな。悟りも、本当は大したことないのかな、そんな風に感じるこの頃です。

…でもでも、やっぱ悟りたいわね、笑。




© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。