私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
スキオでのセッション


またまた、秋山さんのセッション記事の続きです。

◾︎日本ホメオパシーセンター◾︎ 秋山さんのWebページです。

いろんなセッションがあるみたいですが、
問診によるホメオパシーセッションではなく、
QX-SCIOという機械で測定するのを選んでみました。
これは友人がやったことがあり、勧められたからです。


まず、始めに生年月日と名前を聞かれます。
なぜか、それだけの情報で、
いろんな事が、この機械ではわかるらしい…。

なんでも、
「アカシックレコードにアクセスするんだけど、
生年月日と名前は、インデックスとして使っているだけ。
図書館にある本を読みたいとき、書籍名で探し出すみたいなもの。」
なのだとか。

「凄いですね!」
なんだか人間というか、チャネラーっぽいなぁ。

「天才科学者が作ったからね。数値で具体的に出てくるのがいいよね」

なるほど、天才科学者!
天才ならば、私が理解できずとも仕方あるまい…。
あっさり思考停止してしまった、よっし〜。



では、早速測ってもらいましょう。

「なんか、お疲れですね。」

「ええ、今のことですか?」

「そう、今の瞬間です。
『意志力、やる気』が100点満点中、62点。
『生命力』が56だから、本来の元気の半分くらいですね。
『エネルギーの流れやすさ』は、86だから悪くない。
水分代謝が72、酸素代謝が87…」


ほうほう、疲れているのは、確かに当たっているな…。
あとの数値はよくわからないけど。

「今ということは、明日も分かるんですか?」

「いや、今、同時にセラピーして、
どんどん数値を修正していってますから…。

それと…あなたの潜在意識からのアドバイスがあります。
他人の批判を減らして、自分を成長させなさい。
あなたは、サービス精神が旺盛で、意識が外にいきがちだから、
自分がおろそかになっている。
でも、自分がハッピーに過ごすことに集中しなさい。」

なにぃ、機械からアドバイスをもらうだと!∑(゚Д゚)

「アレルギーとしては、鮭が出てますね、好きですか?
なるほど、好きなものは、アレルギーで出やすかったりします。
あと、歯の詰め物の害と、セシウムの害、頭痛も出ています。
脊椎エネルギーが真っ赤になっているから、首が固まってますね。」


たしか、以前、整体の人に
首がストレートネックぎみだって言われたなぁ。

「今度は、臓器とチャクラの状態を見ています…。
ベースチャクラが50しかないですね、
地に足がついていません。
この数値だと、地上での生活はいろいろ厳しいでしょう?」


たしかに、グラウンディングが出来てないことは、
他の人にも言われますが…。(^_^;)

「治りますかね?」

「必要なら、ホメオパシーのレメディーを処方しますから、
それで対処しますね。

あと、腎が弱っていて、疲れています。
お風呂とかゆっくり入って、じわじわ温めてください。

ああ、やっぱり腸の粘膜に隙間がありますね。
アレルギーの傾向がちょっとあるでしょ?」


まぁ、子供のときはアトピーっぽかったですしね。

「今は、QX-SCIOで感情のパートをやっています…。
愛情の数値は高いです、で、ストレスは低い。
脳がね、注意欠陥障害、ADDと出ています、考え過ぎです。
それと、アイデンティティーの葛藤、というのがトップに出ています。
自分は誰なのか、何をすべきかっていう葛藤です。
それと、受け身。人から言われたことを真に受けちゃう。
また、変化への抵抗、プライド、物事をコントロールしたい、
向こう見ず、見捨てられた感覚…。」


向こう見ず、注意欠陥は、特に自覚はないけれど、
それ以外は思い当たる気はするな。

特に、変化への抵抗や、
不自由(コントロール出来ない)という思いは、
かなりの苦痛になっている気がする…。


さらに、セッションは進んでゆきます。

「いまデトックスセラピーをやっています。」

QX-SCIOでのセラピーってなんだろう?
不思議に思って聞くと、どうも、それはアカシックレコード、
つまり、宇宙のデータベース上で、
よっし〜という個人データを書き換えていることらしい。
原因となるデータを削除するようなものか?

「選択を促すレメディーが出ているけど。
時に立ち止まりたくなるときがあるんじゃない?」


「時にというより、常にですよね。(^_^;)
やったこと無いことをするのが怖いので。」

「やったこと無いから怖いというのは、免疫力が低いからなんです。
免疫が強ければ、やったこと無いから、楽しいと思えるものですよ。」


へえーそうなんだ。
じゃあ、今の日本人、けっこうな率で免疫力低そうだよね…。


QX-SCIOは、測定するまで、ちょっと時間がかかります。
なので、世間話をしている最中に、黙々と作業をしてくれています。

「今、過去世セラピーというのをやっていて、修正されました。
過去世は沢山ありますが、
今の状況に一番役立つものを、潜在意識が選んで、
それを修正しています。

参考までにいうと、西暦1456、アジアの金融商人の男性です。
社会的犯罪に巻き込まれたらしい。
その名前も出ているんだけれど…名前はkw…なんて読むのかな。」


なんだ、その細かい設定は! ∑(゚Д゚)
まぁ、天才科学者の機械ですし、よっし〜は思考停止しておきます。


もっと色々あったのですが、きりがないのでこれくらいで…。
以上、QX-SCIOの面白い体験でした!


また、秋山さんは、
良い悪いの二元性を超えた見方で話をする方なので、
そういう意味でも、刺激的でした。
私は、なんだかんだで二元的な物の見方から、
離れられないわけですしね。



本日は45位でした、皆さまいつも有難うございます!
余談ですが、養殖の鮭は抗生物質だらけでかなり危険だそうです。
また、目薬も、脳に近いこともあり、
それなりに危険だそうなので、皆さんお気をつけくださいー。
スポンサーサイト
page top
アレルギーと発達障害 その2


またまた、更新遅れてすみませぬ!(>_<)

ではでは、前回の続きを書きますねー。


近年になって倍増するアレルギーというのも不思議でした。

一世代前は、アトピーも花粉症も食物アレルギーだって、
めったにいなかったのに!

それが今では、人類が昔から食べていた物でさえ、
人によっては、命を奪うものになってしまった…。

本来、食物だったものに、
免疫系が、敵と認識して攻撃する。
自身の過剰反応が、自分を死に至らしめる。

それは、同じ人間を、敵とみなすゆえに滅ぼしあう、
人類へのメタファーではないかとさえ、思っていました。


まぁ、そこまででなくとも、
少なくとも、身体の反乱、免疫の誤作動と思っていたのです。

しかし、それは違っていたようで
秋山さんのお話では、
身体は最善のことをやっているようです。

彼の話だと、あるべきでない場所に、
食物や花粉が入り込んでしまうから、アレルギーになると言うのです。

あるべきでないところ…。それは、血管内。

「現代医学では、アトピーは皮膚の病気と思われていて、
皮膚科に行きます。
でも、ホリスティックな医療だと血液の汚れの病気なんです。
血液の汚れを皮膚から排泄しようする、毒出しの反応。

アトピー自体が悪いのではなく、出しきれずに、
だらだら反応が続いてしまうのが問題なんです。

でも、医者は、原因を探ろうとしません。
今起きている反応を止めることしか興味がない。
だから、抗炎症剤を塗るんです。

でも、アトピーにステロイドを塗ると、
皮膚の炎症は治りますが、
喘息になることが多いんです。

それは、毒の出口が、皮膚から肺の方に移動するからです。
これは、病理を深くすることです。」



そして、血管内に、
異物を入れてしまう原因を作ったのが、
巷に溢れている化学物質。

秋山さんは、予防接種、抗生物質や医薬と言っていましたが、
農薬、添加物も、きっとそうでしょう。

そして、もう、それを直接摂取しなくても、
汚染は、次世代に引き継がれています。
だから、生まれながらにアレルギーの子供がいるのです。



アレルギーは、血液の汚れ。
ならば、なぜ、血は汚れてしまうのでしょう?

例えば…。
蚊に刺されると、毒物が皮膚に入ります。

kekkann1.gif

すると、血管内の白血球が、血管から出てきて、毒物を食べます。
そのとき、血管壁に、白血球が通る穴が一瞬開きます。

それが「腫れ」です。
その腫れが神経を圧迫すると、痛みや痒みを覚えます。

kekkann2.gif

通常は、白血球が毒物を取り除くと、
腫れが引き、血管のスキマも閉じます。

しかし、人は痛みを止めようと、抗炎症剤を塗るので、
この反応が無理に抑えられます。
身体は、毒出しの反応を起こしたいれけど、薬で起こせなくなる。
これは、一緒に、アクセルとブレーキをかけているような状態です。

この緊張で、急性炎症だったものが、慢性炎症になります。
血管のスキマも、開きっぱなしです。

だから、粘膜や皮膚から、
食べ物や花粉のタンパク質が、血液に入るようになるのです。

その異物に対抗して、免疫が抗体を作ります。
それが、アレルギーです。

くしゃみ、鼻水、腫れといった症状は、
異物を外に出そうとする、身体の知性なのです。



むろん、異物、毒物であっても、
体外にあるのなら、問題はありません。

例えば、口から肛門といった消化器は、一本の管です。
消化管の内側は、身体からみたら、外部・外側。

その外側を、食べ物や空気などの異物が通過するぶんには、
問題はありません。
食べ物が、血管に入りこめないからです。

もちろん、これは身体が正常な場合です。

現代人は、血管壁に、スキマが空いているのが普通になっているから、
鼻や腸といった粘膜から、容易に異物が入り込んでしまうのです。


私たちは、抗生物質や化学物質を餌にまぜ、
食べ物である家畜や卵、牛乳を汚染させています。
野菜だって、土地や肥料が汚染されていたら、安全ではないでしょう。


私たちがアレルギーに苦しむとき…。
対処療法的に、症状を緩和させるだけでなく、
本当の原因まで思いをはせることが出来たら、と思います。

自らと地球環境を、汚しきってしまったのが原因なのですから。
気づけば、やめる事も出来るはずですから。



本日は62位でした、皆さまいつも有難うございます!(*^_^*)
page top
アレルギーと発達障害 その1


去年、右目がちょっと痛いときがあって、
眼医者に行くと、アレルギーと言われました。

片目だけなのに、アレルギーなのー?!

未だに、なんのアレルギーか分かりませんが、
最近、鼻まで痛痒くなってきました、とほほ。



さて、秋山さんのセッションのことを書こうと思いますが、
今日は、その中でも、身体の話題を書こうかと思います。

ただ、もしかしたら、こういう現実的な話よりも、
スピリチュアルな話の方が喜ばれるかもですけど…。

でも、身体も大事ですからねー。



私は以前から、こんなにアレルギーが
増え続けていることに疑問を感じていました。

でも、それも、複合汚染的なものであって、
結局、根本原因は分からないだろうと思っていました。

そしてまた、職場の食品店で、
不思議なお客さんが増えていることも、謎でした。

そういう人たちは、様々なタイプがいて、一括りに出来ないものの、
不思議と共通するのは、目がなにか独特なのです。

その中には、自己中心的な方や、
話がくるくる変わるために、コミュニケーションが難しかったり、
時に攻撃的な方もいます。
そんな方たちは、明らかな困ったちゃんでありますが、
それはそれで仕方ありません。

でも、不思議なのは、行動にはさして問題は無いのに、
目付きだけ不思議な方もいるんです。

で、そういう人はもちろん、会話も行動もまったく普通です。
それでも、なにか違和感を覚える。
人によっては、なにか怖ささえ感じる場合も…。

行動に問題があるわけでなし、これは、私の気のせいかも…。
はじめはそう思いましたが、やはり他のスタッフたちも、
その人たちに対して、同じ印象を持っていました。

それ以外にも、明らかに
多動症のお子さんを連れたお母さんも来ます。
叱り続けているお母さんには、疲れた表情が見られます。

何なんだろう、これは…。
昔は、こんな光景は、ほとんど見たことが無かったのに。
それが、本当に謎でした。



ホメオパシーのセッションをしているだけあって、
秋山さんは、身体に対する知識がとても豊富でした。

で、話をするうちに、
何とはなしに、アレルギーの話になったのです。

秋山さんは、あるアトピーの男の子の話をしてくれました。
その子のアトピーが始まったのは、予防接種の後だと言うのです。

そして、予防接種の害について教えてくれたのです。

「予防接種の中に水銀や、アルミやホルムアルデヒド等が入っています。
それらは言わずと知れた毒です。

なぜ入っているかというと、水銀は一応、保存料ですね。
また、アルミっていうのは、アジュバントというんですけど、
抗体を作るために、ある程度の毒が必要なんです。」


予防接種後に、アトピーになった子供。
しかし、さらに驚いたことに、
予防接種はアレルギーだけでなく、
発達障害も引き起こしている可能性があるというのです。

例えば、秋山さんのホメオパシーの師は、
自閉症や多動症といった、
発達障害の方々を、150症例以上診ているそうです。

そして、その9割が「予防接種のレメディー」で改善したのだとか。

それはどういう事かというと、改善した人たちは、
予防接種が発達障害の原因だった、という事になるのです。



さて、ここで、ホメオパシーについて、ざっと説明します。

ホメオパシーは、同種療法と呼ばれます。
「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という考え方です。
ある種の毒が起こす症状は、同じ毒を使うことにより取り除けるというのです。

もちろん、身体に再度、毒を入れる訳にもいきませんから、
治療薬としての毒は、水で希釈されています。
その希釈度は、じつに物質としては検出出来ないほどの薄さであり、
つまり物質というより、波動的な薬になります。

その治療薬は、レメディーとよばれ、
砂糖玉という形で、クライアントに処方されます。

物質的には、単なる砂糖玉、
つまり、科学では説明や立証が不可能ということ。

そのため、排除される動きもあるのですが、
イギリスでは、根強い人気がある代替医療です。


常識的に見れば、そうとう眉ツバもののホメオパシー。
でも、よっし〜の怪しいブログを、
読み続けられる寛大な皆さまなら…。

よっし〜に比べたら、ホメオパシーの怪しさなどは、
ものの数ではない
と思われますが、いかがでせう? (^◇^;)ゞ



さて…。(^_^;)
秋山さんの話に戻ります。

「例えば、多動症は、脳神経が完全に壊れているわけではなく、
神経に毒素が入って、緊張感があるんです。
だから、緊張感を逃すために多動になるし、パニックにも弱い。

普通の人でも、緊張感があると、貧乏ゆすりなどして、
揺らすことで緊張を逃すでしょ?

また、それぞれ、重金属によって中毒の特徴がありますが、
例えば、水銀だと頭が良いけど、切れやすい子になります。
一方、アルミの害なら、ぼうっとします。」



もちろん、アレルギーや発達障害も、
必ずしも、予防接種のみの害ではないでしょう。

すでに、皮膚や、食べ物を通じて採り続けている薬品、
(抗生物質、農薬、添加物)が原因でもあります。

それらを、世代を引き継いで摂取しているし、
予防接種だって、世代を次いで、打たれ続けている…。

だから、1世代の問題ではなく、
すでに、遺伝的に引き継がれる病気にもなっているのです。



あらー、長くなってしまいました、
なので次回へ続きます、汗。

ああ、こうして書くことが消化できず、
溜まってゆく予感がします、しくしく。(T_T)



本日は39位でした、皆さまいつも有難うございます!
溜まっている話を早めに書けるよう、なんとか頑張りたいですー。
page top
Hエンジェルと、ケルビムの石
air_rank[1]

ホスティングエンジェルの感想を聞きたい、との声を
いただきましたので、書いてみます。

ただ、はじめに言いますが、
私はすごく感覚の鈍い人間です。(T_T)

鈍いといっても人並みには…と言いたいところですが、
残念ながら、間違いなくそれ以下です。(;´◇`)ゞアチャー

例えば、集団で瞑想したときのパワフルさとかは、
十中八九の方が、何らかの形で感じたと言っていましたが、
それすら、私には分からない…。

また、エネルギーが感じやすいという、
強力なパワーストーンも感じない…。

加えて、個人的な不思議体験もなくて。
(集団での行動でならあったりしますが、それは、私が原因ではないので…)

だから、今回のホスティングエンジェルも、
分からなくて当たり前だなーと思っていました。

…で、実際、
分からなかった訳ですけれどね、 爆


でも、まったくわからない私を
天は、少しでも励まそうとしているのか、
同じ数字が、目につくことはありました。

といっても、それが始まったのは、
ホスティングエンジェルを決める、ちょっと前からですが…。

はじめに目につくようになったのは、1414の数字。
そして、それが終わると今度は1のゾロ目。

気になったので、エンジェルナンバーを調べると、
そのどちらも「思考は現実化するので、
ポジティブな事を考えるように」とのことでした。

そして、ホスティングエンジェルの受け入れ当日。

その日は、2月22日だったのですが、
レジを打っていると、お客さんが、2,022円のお金を払いました。
むろんゾロ目じゃないし、気にもしませんでしたが、
お客さんが「あ、2続き!今日も2月22日で、
ネコの日なんですよ」と豆知識を語る…。

で、その後、222円のお釣りのお客さんがいたので、
さっそく、同じセリフを言ってみました、笑
ちゃっかり「今日はネコの日だし、おつりも偶然そうですね」なんつて。(^_^;)

で、夜になり、エンジェルお迎えの時間の
22:30が迫ってきました。

ところがまだ、お願い事を紙に書いてなーい!

時間のなさにドキドキしながら、やっと書き終えて、
時計を確認してみたところ…。

2月22日、22:22!
かなりの2つづきー!


…いや、だからってどうって話でもないけれどね、
偶然かもしれないし。

でも、これまでゾロ目体験すらなかったよっし〜としては、
ちょっと新鮮な体験でした。

ちなみに次へ繋いだ、なみちさんからも、
ホスティングエンジェルをやろうと決めたとたん、
1のゾロ目が目につくようになったとの報告がありました。

ってことは、1好きっ?
1好きなのか、エンジェルはっ!?


あと、tomokoさんのセッションに行った時に
「やっぱり、今日はいつもよりエンジェリックなエネルギーだね」
と言われました。

おおう、エンジェリックきたー!( ̄▽ ̄*)
自分ではわからないから、
こういう事で感動するよっし〜です…(;^_^A

……。
すごいミラクルが無くて、つまらなかったですかね…?

じゃあ、違う話も書こうかな…。

以前も、ここ↓で紹介したインディゴライト イン クォーツという石。

◾︎tomokoさんのクリスタルリーディング1◾︎

今回、tomokoさんのワークを受けたとき、
最後に、またこの石を見てもらったんですね。

以前のリーディングでは、
この石はあまりに無機的な印象で、
それが気になっていました。

この石に、暖かい感情、
情みたいなものが宿ることはあるのだろうか?

で、こう言ってみたのです。

「おい、もっと人間的にならな、あかんよ。
ほら、あのアニメ見てみ、
田村玲子だって、無情なパラサイトだったのに、
こんなに情を持つようになったのだから(←注、漫画です)
きみも、持てるんじゃないかい?
機械的すぎるのは、寂しくないかい?
…にしても、田村玲子の最後は残念だ…(←注、あくまでも漫画です)

はてさて!
このアドバイスは効いたのかどうかっ?

「…えっとね、混乱しています、笑。
機械としての役割を果たしたらいいのか、
今言われている、人間的なところを伸ばしたら良いのか。
自分、レシーバーだし、どうしようって感じ、笑」

ええっ…。
混乱している、とな。


なんて、なんて……かわええ!!・*:・:(*'▽'*):・:*・

羽繕いしてるインコを、横から軽くつついたら、
ちょっと困った顔をした時みたいっ!
そこが萌えるよっし〜としては、
この「困った」感は、たまりません!

あ、むろん鳥でも石でも、
すんごい困ってたり、嫌われちゃうのは嫌ですよ〜。

でも、ちょっと困ったなー、どうしようかなーって
考えている顔がかわいいんです、サドかもしれません!

あれ…何を話していたんだっけ…。

ああそう、石のリーディングです。

とつぜん、tomokoさんが
「これの通信先を変えてみる?」と言いだしました。

実は、先ほどやってもらったワークでは、
なんとケルビム(智天使)が手伝ってくれた、と
聞かされていました。

なんと、tomokoさんは
そのケルビムに繋ごうというのです。

「え、そんなこと出来るの?
この石はやってもいいって言ってる?」と聞くと、
「いいよって、すっごく軽く言ってる。」ですって、笑。

で、繋いでみたところ、この石は
温泉に入った感じで気持ちいい、
チャージされた、と喜んでいたそうな…。

なんだ、思ったより機械的な石でないかもね。

最後に、皆様にケルビムエネルギーをば。

IndicoliteQuartz.jpg

ケルビーム(?)を出すようにと、
石に言い聞かせてありますが…いかが?爆

air_rank[1]
皆様、いつも有難う!拍手やクリック、励みになります。 (#^.^#)

おっと、なにげにタイトル、ハリーポッターぽい?
いや…違うか(^_^;)
page top
天使が語る、認知症
air_rank[1]

前回、◾︎ガブリエルの庭◾︎のtomokoさんを介して
天使に質問していた事の続きです。

認知症とは何か、なぜ増えているのかを聞いてみました。

tomokoさんは、
青い石のタンブルを手のなかで握りしめながら、
目を閉じて集中します。

「…すごい悲しい波動が降りてくるの。
天使さんたちも、これには心を痛めている感じがするね。
そして、よっし〜さん自身も、心を痛めているんだよね。

……。
…やっぱり魂の逃避みたいです。」


「じゃあ、逃げなければ大丈夫?」

「そうね…。
今の人生と、魂の求める人生の相違が大きければ大きいほど、
魂が逃避を始めてしまうみたい。
それが痴呆状態っていうのかな…。」


「じゃあ、日本人は、かなり逃避している人が多い?」

「そう、集団意識が出来上がっている…。

なんか、日本の意識がここにあるとするでしょ。
そのちょっと上に灰色の雲のような塊があって、
それが不安の塊だったりするのね。

その中に、一部白い塊があって、
そこが認知症になることを選んだ魂さんが、
集まった場所という感じがします。

そしてね、このような集合意識が形成されてしまったことを、
天使がとても憂いています。」

「では、そうでない人たちも引きずられやすい?」

「それはあるね。」

「じゃあ、各自が、自分の本当に好きなことをすれば、
その集合意識を正していけるの?」

「うん、ちょっとでも小さくなるよね。」

「でも、やっぱり、みんな不安なんだよね、
だから、こんなにココナッツオイルや、エゴマ油がブームになるんだよね…。」

「不安があるってことは、
自分の人生に納得していないってことだよね。

でも、介護している側が大変だよね…。

…ああ、面白いね。
介護する側の意識も大切みたい。

介護する側の人たちが、
自分の人生をイキイキ生きていること、
魂の望みに沿った生き方を創造していることが大事。


そして、私はこんな風に楽しく生きているよ、と
認知症の人に話しかけてあげるといいみたい。
いくら意識が届かなくても…ね。

表層意識では分からなくても、魂レベルに訴えるの。
すると、魂さんに、あれっ?っていう気づきが起こる。
えっ?って振り向いて戻ってくるような感覚。

それで治るかは分からないけれど、そういう声かけをするのが大事です。

ここで愚痴を言ったら、逆効果。
やっぱりこの世界は嫌だって、なっちゃうんだって。」


「一人一人が自分の人生に責任を持たないといけないのね。

今の日本人は、どうすれば自分の道を見つけられるのかな…。
日本人に対して、そして自分に対して出来るサポートはあるのだろうか?」

「そうねー。
……。
気付いて下さい、貴方がどれだけ素晴らしい存在ということ、
日本がどれだけ素晴らしい国ということを。

これほど霊性が古くから引き継がれ、根付いている国は
他にはないんですよ、
って言っているよ。

日本という国に生まれ、この時代に生きていることに
感謝と愛と誇りを持つべきなんだよね。
どれだけ幸せかは、まわりの国をみればよく分かるでしょ?」


「じゃあ、幸せだと気付いていないから、
逃避したくなるってこと?」

「幸せが感じにくいのは、マスコミに踊らされていたり、
いろんな形で搾取されてたりするからだよね。
でも、そこに甘えたり、被害者のままでいてもしょうがない。

自分の幸せは自分で作る気持ちと、
本当は、どれだけ守られ、満たされているのかに、
自分で気付いていくしかない。」


「満たされていることで、逃避をしなくなる?」

「うん。
あなた方が持っている、
満たされたい欲求を、まず自分で満たしましょう。
他者から奪う、奪い合いの連鎖をやめましょう、
って言っているよ。」

「満たされていないから、逃げる…それが認知症につながる?」

「そうそう。
私達は、満たされていないと思わされているよね。
欠乏感を受け付けられ、そのために、
もっともっとと、上を目指すように言われる。

でも、本当は全てがここにある。

そして…。
あなたの望む人生を作るための全ての要素が、
既にあるんですよ
ってことを、天使は言っているんだよね。
でも、そこに気づけず、痴呆になってしまう事を憂いている…。
認知症は、現代社会が作り出した病気ですって言っています。」


「欠乏から始まる病気?」

「そうみたいね。」

「一人一人が満たされないとそれが終わらない?」

「うん、でも、物やお金では心は満たされないってことを
気付いている人は、増えてきているよ。
ただ、それが認知症につながることまでは、分からないかもしれないね。

あと、こうも言っている。

あなた方は、あなた方のもつ知恵と叡智、思いの強さ、行動力、エネルギーを、
もっともっと信頼する必要があります。
創造を忘れてはいけません。
創造することは、神様から与えられたギフトです。
そのために、あなた方は、
沢山の知恵とエネルギーを使うことが出来るのですよ、
って」



やっぱり、私たちは、互いに繋がっていて、
影響を与えあっているんですね。

だからこそ、一人でも多くの人が、
イキイキと幸せに生きられますように、と願わずにはいられません。

それが、人類全体、ひいては地球全体の幸福へと繋がるのですから。

そして逃避から引き起こされる、すべての残酷な病気や事象に、
終止符が打たれることを、心から祈っています。

air_rank[1]
いつもクリック応援、有難うございます♪
もし、良ければ、認知症の人とその家族の人たちのためにも
祈ってくださるとさらに嬉しいです♪
© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。