私の興味ある、悟りについての話や、スピ系の講演の感想、ヒーリングの体験談などを書いています。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「私」という苦しみ
さて、これは私だけでないと思うのですが…。

子供のころ、
なんで私は「私」なんだろうと思っていました。

たとえば、よっし~という存在がいて、
今と全く同じ人生を歩んでいるとします。

でも、よっし~は、「私」の意識ではなく、
ほかの「誰か」の意識を持っていたとしたら、
「私」は、どんなにか楽であろうと。

「私」っていったい何?

「私」の人生は、些細なことでも大変なくせに、
「他人」だったら苦しんでいる人がいても、
平気なのは、いったいどうした訳だろう?



仏教は、人生が苦であると説きます。

生老病死の四つの苦と、あと他の四つの苦しみを合わせて、
四苦八苦であると説くのです。

でも、それも…。

生まれるのも、老いるのも、病気も死も、
それ自体が、苦しみなのでは無いでしょう。

実際のところ、「私」に降りかかるから、それが苦しみになるのです。

(家族、知人のものは、「私の」が頭についたときだけ苦しみになります。
「私の友人」だから苦しいといったふうに。)

ということは、「私」が苦しみの元凶なんでしょうね。


私は、前回、taraさんのコメントのお返事を考えていたとき、
途中から、ある事に気づきました。

黒斎さんをある種、
「私」と同一視していた、ということです。

まったくの同一視、というと語弊があるかもしれませんが、
「私」が同意する『黒斎さんの意見』なら、イコール
『私の意見』であると錯覚していたのです。

つまり、私自身の事であるから、弁護せねばならないと
思い込んでいたのです。

でも、考えていて、気がついたのです。

私は、『黒斎さんの意見』ではありません。
なぜ、同意しているということだけで、
黒斎さんの弁護をしなくてはいけないんだろうと。

いや待てよ、それどころか、「私」は「私の意見」ですらも、
無いのかもしれません。

時間とともに移ろい消えてゆく思想など、
いったい私であると言えるのでしょうか。

しかし、「私」はいともたやすく、
私であるものを求め、私という属性をふやし、
私を肥やしていきます。

そして、それを守るため、戦いはじめるのです。

「私」の意見、「私」の国、「私」の信仰。

そんな「私」のために、
いったい、何人の人間が、戦争で死んだことでしょう。
自分と同一視したそれを守るため、命をかけて戦ったのでしょう?

そして、私たちは、他人にもそれを求めています。

だから、有名人が、
自らの子供の失態のために、自分が責任をとったりするのです。

とっくに成人した子供の責任を、親がとるのも変だと気づいているものの、
やはり世間はそれを求めているのです。


私のもの、私の意見、私のお金、私の国、私の子供、私の家族…
わたしの、わたしの…。

大人になるにつれ、「私」と「私のもの」は肥え太り、
比例して、苦しみも増します。

以前、「お金は人をイヤなやつにする?」という
tedのスピーチ番組を取り上げましたが、なるほど、といったところです。

■お金と苦しみ6 ~お金が人を意地悪にする?~■

「私」のモノとともに、苦しみが増えるのなら、、
お金持ちが意地悪になるのも、いたしかたない事かもしれませんね。


~・~・~・~・~


さてさて、スピ系でないのですが
ゆっるーいブログを立ち上げてみました。(^_^;)

まったく人が来ないので、
ハンドメイド初心者ランキングに登録しましたが、
やっぱり来ません。(^_^;)

ためしにちょこっと、私自身がランキングボタンをクリックしたところ、
思いのほか上位になりました。

なんか………。
詐欺してるようで申し訳ありませぬ…汗汗

(それでも、誰も来ないけどね、爆
でも、誰もこないから、自分のクリックだけで上位なんですね。)


もし、よかったら、おいでくださいませ。

ランキングクリックしていただけると、
さらに喜びます。(自作自演しなくてもすむから、笑)

■ガラス細工はじめました♪■

皆さまの拍手クリック、励みになります、有難う♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「他人」に降りかかっても苦しいですけどね・・・
「自分」と違って、ずっとという訳ではなく一時的なものだとしても、「私の」がつかない、所謂”縁もゆかりも無い”人や動物が苦しむ姿だって苦しいですよ。
全然平気って事はない。

私自身は誰か(の意見)に自分を同一視する、それ故に批判に対して防衛的になるというのはあまり無い方かもしれません。でも、確かにこうした事で防衛的・攻撃的になる人は結構いますね。

例えば、私はバシャールを信じていますが「バシャールなど胡散臭いし、嫌いだ」という意見があっても特に何とも思わないし、自分に同意しないからといって自分が攻撃されたとも思わないです。
と同時に、もしもダリル・アンカについて好ましくない情報や指摘があり、それが信じるに足る情報・もしくは納得の行く指摘だと思えば、バシャールについての評価を修正するでしょう。(実際、バシャールではないですが、ある人物に対してそうした事はあります)逆に、信じるに足る情報では無さそうだと判断すれば修正しません。
なので、私が雲黒斎さんについて指摘した事について、よっしーさんがどう判断されたのかについてコメントがあると思っていました。「確かに妙ですね」とか、「自分はガイドがそういう行動を取る事もあると思っているので、おかしいとは思いません」とか。



tara | URL | 2016/09/18/Sun 22:53 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2016/09/21/Wed 18:47 [編集]
有難うございますm(_ _)m
なおさん、コメント&応援有難うございます♪
なおさんのような応援して下さる方がいるからこそ、
このブログも成り立っているのだと、本当に思います。
そういう意味で、ブログというのも、実は共同作業で成り立っているのだなぁと…。

なおさんをはじめ、読んで下さるみなさま、
本当に有難うございます。(*゚▽゚*)
よっし~ | URL | 2016/09/21/Wed 23:56 [編集]
Re: 「他人」に降りかかっても苦しいですけどね・・・
taraさん、コメントありがとうございます。

また、私の記事で、ご不快な思いをされたようで申し訳ありません。m(_ _)m
私は人より情がかけているようです、反省します。

また、雲さんについては語りようがない事も
ご理解いただけましたら幸いです。
黒斎さんの言葉を借りれば、
雲さんは幻想であり存在しません。(非二元的にです)
幻想の行動について審議することは、
それをリアルと認識することであり、それに私は違和感を覚えます。

また、ご気分をお悪くされないと良いのですが…。
どうかこれ以上の議論を、私にされませんように…。

黒斎さんでさえ、自身の講演では、
今や雲さんの話題はほとんど出ません。
ましてや、それを聞いているだけの私に、雲さんについて、
誰かと議論する程の知識があるとは思えないのです。

バシャールはすごいと思います。
そしてその道を選ばれたtaraさんもさすがです。
taraさんに最善のことが起こるよう、影ながらお祈りしております。
よっし~ | URL | 2016/09/22/Thu 00:00 [編集]
困ったな・・・・
不快な思いはしてないですから・・・。

議論をふっかけているつもりもないのですが・・・。
あえて言えばよっしーさんは理屈っぽい(というのは失礼ですが)お話を好んでされる方のようなので、多少自分の意見を盛り込んだ長めのコメントをしてもいいかなという感覚はありました。

ただ、よっしーさんの記事で不快な思いはしていませんが、そう見なされた事と「これ以上の議論を自分にするな」というコメントはちょっと不快でした。

私もあまり偉そうな事は言えないですが・・・よっしーさんはちょっと、批判というか、意見を言われる事に対して弱すぎるのでは。

勿論、そう言われた以上、雲黒斎さんの事について書く気はないですが、あの文章を「議論をふっかける」という風に見なされたのには困惑しました。
受け取り方は違って当たり前なので、困惑する方がアホかもしれませんが、前回や今回のよっしーさんのコメントを一読して最初に思ったのが、タイトルにある「困ったな・・・」という感情でした。
「どうしてこういう受け取り方をするんだろう?」と。


「オマエがぶしつけで攻撃的で失礼で議論をふっかけているような書き方をするからだ」という考え方もありますが・・・・よっしーさんはそう思われているのかもしれませんね。
私はこういう時、どーすりゃいいのかと悩みます。やっぱり自分が悪いのか?とか。悪意ある書き方をしているつもりはないけれど、率直に言わずに、ものすごーーーくオブラートに包んで書くべきなのか?とか。
tara | URL | 2016/09/22/Thu 01:24 [編集]
黒斎さん、お話会で「これから大変な状況になる」的なことおっしゃったんですか?
こわいなぁ…黒斎さんのこと信頼してるから余計に。ただ、阿部さんがスピタメのなかの(シャバダバダだったかな)1話めで、メッセンジャーで少しでも聞き手が怖がるようなことを言う人は偽者?というか、嘘?というようなことを仰っていたんですよね。。。私は黒斎さんも阿部さんも好きなので、こちらの記事で黒斎さんの発言を目にして動揺を隠せません。
りーら | URL | 2016/09/22/Thu 01:47 [編集]
Re: 困ったな・・・・
ご気分をお悪くされてしまったようで、
本当に申し訳ありません。m(_ _)m

その誤解を解いて、
少しでも気持ちを和らげていただけたらと思い、
もう一度だけ、筆をとりたいと思います。

言葉に出来ないものについて語ろうとするとき、
相手の言葉のニュアンス、受け取り方を知らないと
上手く伝えることが出来ませんよね。

面識のないtaraさんと私も、そこがあるから、
お互い、真意が通じてないと感じています。

私も、taraさんが、何をお知りになりたいのか、
求められているのか、ずっと考えてきました。
でも、それが分からないと言うことは、
見知らぬ同士がテキストだけでするコミュニケーションに
限界があるのだと思うのです。

taraさんも、このすれ違いが、コメントを書くたびに
増してゆくのを感じていらしたと思います。

気持ち良くコミュニケーションしようとされていただけに、
それは、ストレスとして感じられた事と思います。

私は、誠実なtaraさんに不快になって欲しくはありません。
でも、それを考慮して書こうと思えば思うほど、
書けなくなってゆくのです。
taraさんのバックボーン、思考過程が分からず、
誤解を生まずに伝える言葉がなかったのです、ごめんなさい。

私が議論はやめたいといったのは、
taraさんを不快にさせてしまうことを恐れてのことでした。

なので、taraさんを傷つける意図は全くなく、
むしろ逆だったのですが、
私の稚拙なコメントゆえ、
このようになってしまったことを平にお詫びいたします。

そのため、これ以上のコメントは出来ませんが、
それは悪意からでなく、
taraさんのお心を考えてのことと、ご理解いただけましたら幸いです。

また、taraさんは、文章を書くのがお得意のように見受けられましたので、
バシャールの魅力など、ご自身でブログで書かれたら素敵だなと思いました。(^ ^)

もし、そのようなブログを書かれましたら、
ぜひお知らせくださいませ。ぜひ、お伺いしたいと思います。
よっし~ | URL | 2016/09/22/Thu 18:18 [編集]
りーらさん、コメント有難うございます。
りーらさん、コメント有難うございます。

会場のニュアンスが上手く伝えられず、
怖がらせてしまったこと、本当に申し訳ありません。

黒斎さんは、もともと、
これから良い時代になることを前提に話されている方なので、
それを知っている為か、会場では誰も怖がる人はいませんでした。

それに、さらっと話されたので、
2、3分も無い話だったと記憶しています。

ただ、未来というか、
いま現在、すでに大変なことが起きているのだと思います。
なので、りーらさんも、もし今が大丈夫でしたら、
ご心配されなくて良いと思いますよ(^ ^)

もんじゅが廃炉になることが決まったり、
豊洲市場の問題が浮かびあがること、
議員たちの、資金の不正が発覚すること…。

これは、十分、大変なことで、カオスでもあります。
でも長期的な視点に立てば、喜ばしいことでもあるのです。

それは「膿出し」であり、イコール、
新しいものを産むための「産み出し」ではないでしょうか。

赤ちゃんを産むのは一瞬、苦しいかもしれません。
でも、それでもやはり喜ばしいことだと思うのです。
よっし~ | URL | 2016/09/22/Thu 18:23 [編集]
なるほど!お返事を読んでホッとしました(^-^;
黒斎さんが好きで発言内容も信じてるところがあるのてま、恐くなっちゃったんですよね。今も大変なのにもっととんでもないことに!?みたいな。。。
まぁなるようにしかならないですしね。リラックスして今を生きるしかないですね。
丁寧なお返事ありがとうございました。m(_ _)m
りーら | URL | 2016/09/22/Thu 18:32 [編集]
お返事有難うございます。
私がコミュニケーションにおいて求めているものは、そうですね・・・正面から受け止めてもらう事でしょうか。逃げたり、はぐらかさずに、お互い正面から受け止める。そういう、「しっかりキャッチボールが出来ている」と感じるようなやり取りが好きです。

ネットの場合、バックボーンや思考過程が分からなくても文章だけで結構色々な事を感じられると思いますし、私の文章はストレートで分かりやすい方だと自分では思っているのですが、そんなに真意が分かりづらいと感じておられるとは。

しかし、皮肉でなければ(違うと思いますが)よっしーさんは私の文章が上手いと思われているようなので、尚更ちょっと不思議な気がします。
(バシャールについては、よっしーさんも書かれていたので例として出しただけで、特に大ファンという訳ではありません)

何にしろ、私もよっしーさんに色々不愉快な思いをさせてしまったようで申し訳ありません。

私は、意見の違いはあまり気にならないのですが、こういう「理解してもらえない」「受け止めてもらえない」というのには昔から弱いですね。やっぱりちょっと傷つくというか。
そういう望みが極端に強い訳ではないけれど、ちょっと傷つく程度にはある。弱点なので、何とかしないとなあ・・・と思います。


tara | URL | 2016/09/23/Fri 00:35 [編集]
りーらさん、
安心していただけて、本当に良かったです!
こちらもほっとしました。
私も、これからはこのような誤解を受けないよう、頑張りたいと思いますので、
よろしくお願いします。(^ ^)

> なるほど!お返事を読んでホッとしました(^-^;
> 黒斎さんが好きで発言内容も信じてるところがあるのてま、恐くなっちゃったんですよね。今も大変なのにもっととんでもないことに!?みたいな。。。
> まぁなるようにしかならないですしね。リラックスして今を生きるしかないですね。
> 丁寧なお返事ありがとうございました。m(_ _)m
よっし~ | URL | 2016/09/23/Fri 23:26 [編集]
Re: お返事有難うございます。
taraさま

傷つける意図がなかったこと、
ご理解いただけて本当に有難うございます。m(_ _)m

そこがご理解いただけたのと、
コミュニケーションを受け止めて欲しいという事が分かりましたので、
もう少し書かせていただきますね。

スピの話は言葉にし得ないものを言葉にするという意味で、
すごく難しくて、会って話してさえ、
意図が伝わらない時が多々あります。

さらに、非二元の話を二元で話そうとすればなおさらで、
それは、スピの大家の山川こうや氏でさえ、受け入れ難いと言わしめたほどで、
その難しさは、想像できるかと思います。

雲さんに関して言えば、
幻想にすぎないのに、なぜ幻想の行動を問題視するんだろう、と感じていて、
これをどう表現すればいいか悩んでいました。

ただでさえ理解しがたいこの概念は、ストレートにかけば、
受け取り手によっては、馬鹿にされたと思うかもしれません。
ケンカをふっかけられたと思うかもしれません。
詭弁と思われるか、茶化して逃げていると思われるかもしれません。

その私の姿勢に、話題がずれて、
話題が複雑化、感情化し、すれ違いが大きくなることを恐れたのです。

なので、一番リスクがない方法としては、
特に今現在、黒斎さんに問題を感じていないことを表せれば、
相手を傷つけず、思っていることも伝わるかと思いました。

もちろん、taraさんの仰るとおりのエゴを肥大させる危険な存在も
存在するとは思います。
その事については考えたことがあり、記事にもしましたので、
もしお時間、ご興味がおありでしたら、見てみてください。
http://mofumofuyosshi.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

また、taraさんの真意がわからないと書きつつ、
文章が上手いっていうのも、確かに変ですよね。
ごめんなさいー。(>_<)

でも、taraさんは文章を書いて、コミュニケーションを取られることに
情熱がある気がしたので、ブログが向いているのではと思いました。
それに、言語化しにくいスピ系では
意味が上手く伝わらないのも、本当に仕方なかったりしますので。

また、特にバシャールに思い入れはないご様子、
こちらも大変失礼いたしました。



今回のことで、考えさせられ、学ぶことがありました。
本当に、いろいろと有難うございました。
よっし~ | URL | 2016/09/23/Fri 23:33 [編集]
これで一連のコメントを終わりにするつもりだったのですが
ごめんなさい、どうしても気になった事が。

「雲さんは幻想にすぎないのに、どうして幻想の行動を問題視するのだろう?」と思われていたとの事ですが・・・・よっしーさんは、我々は幻想ではないが、「ガイド・天使・マスター・ハイアーセルフ」といった存在は幻想だと思われているのでしょうか。それとも、我々も含めすべては幻想だと思われているのでしょうか。

私は後者(すべては幻想)と解釈したのですが、しかしそうすると疑問が。
それならば何故、よっしーさんには悩みがあるのか。すべては幻想と本気で思われているなら、悩む事などないと思うのですが。
それと、最近の記事で小池百合子都知事に対する都議の子供っぽさについて書かれていましたが、すべては幻想なら、何故彼らの行動を問題視するのか?
「雲さん」が幻想でその行動を問題視するのがおかしいなら、「都議の人たち」も同様のはずです。勿論、都議に限らずすべての人たちについてもですが。

それとも、前者の意味でしょうか。私は同意しませんが、それなら分かります。


(繰り返すようですが、最初「えっどうしてこういう受け取り方を?」と思いましたが、考えてみればもっと上手く書く事は出来たな・・・と。今回のコメントも気分を害されたら本当にすみません)


tara | URL | 2016/09/25/Sun 18:17 [編集]
Re: これで一連のコメントを終わりにするつもりだったのですが
taraさん、コメントありがとうございます。

ただ、これについては、あえてお答えしないでおきます。
それは、決して意地悪からではないこと、
よく考えての事すので、なにとぞご容赦ください。m(_ _)m
また、気分も害していませんので、ご安心下さい。(^ ^)

ある一つの理由としては、私の様々な言葉が弊害になり、
taraさんご本人の理解を妨げてしまうこともあげられます。

ご希望のお答えとは違うと知りつつも…。
恐縮ではありますが、ご理解下さいませ。
よっし~ | URL | 2016/09/26/Mon 22:26 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© よっし~のできるかな?. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。